公開日:2024年2月16日
執筆者:水口貴博

人間関係のトラブルをスムーズに解決する30の方法

17

謝罪の場で、笑顔は厳禁。半笑いも控えておくこと。

謝罪の場で、笑顔は厳禁。半笑いも控えておくこと。 | 人間関係のトラブルをスムーズに解決する30の方法

メディアを通して謝罪会見を見にすることがあります。

多くの記者や報道陣を前に、深く頭を下げて謝罪の意を表し、トラブルについての詳細説明や質疑応答が行われます。

謝罪会見でよくある失敗があります。

にやけた表情を見せたばかりに失敗するケースが少なくありません。

謝罪の場で、笑顔は厳禁です。

半笑いもNGです。

笑えるようなやりとりがあったとしても、笑いません。

謝罪の場ですから、むしろ笑顔になってはいけない場面です。

にやけた表情を見せると、謝罪の印象が半減します。

軽く捉えているように見えます。

被害者が見れば、感情を逆なですることにもなりかねません。

自分は真剣に謝罪しているつもりでも、少しでも半笑いがあれば、悪いほうに解釈されます。

たとえそれが一瞬であっても、笑顔は笑顔です。

マスメディアは、その一瞬の笑顔を切り取って大々的に報道します。

当然ですが、ジョークやユーモアも厳禁です。

謝罪の場は、重く堅苦しい雰囲気に包まれます。

ちょっと面白いことを言ってやろうと思うことがあるかもしれません。

プレゼンでは、ジョークやユーモアで場の雰囲気を和ませるのが定番ですが、謝罪会見では一切不要です。

うっかりジョークやユーモアを言おうものなら大変です。

「誠意が足りない」「軽んじている」と思われ、せっかくの謝罪が台無しになります。

どれだけ頭を下げようと、どれだけ謝罪の言葉を述べようと、そこに笑顔があると、一発でアウトです。

謝罪の場では、終始真剣な表情を見せるのがベストです。

人間関係のトラブルをスムーズに解決する方法(17)
  • 謝罪の場では、笑顔も半笑いも一切見せず、終始真剣な表情を見せる。
トラブルのとき、逆ギレをしてはいけない。

人間関係のトラブルをスムーズに解決する30の方法

  1. トラブルは、相手や自分を理解するチャンス。
  2. トラブル解決では、話し合いが欠かせない。
  3. トラブル解決に必要なのは、謙虚な心。
  4. 謝罪に整った言葉は必要ない。
    言葉が下手であっても、わびる気持ちが伝わることが大切。
  5. トラブルになる可能性があるものは、早めに対処しておく。
  6. 喧嘩には負けておく。
  7. トラブルのストレスを、人にぶつけない。
  8. 専門家への費用を値切らない。
  9. 専門家と相性が悪いと感じたら、変更することも検討する。
  10. 専門家のやり方に、余計な口出しはしない。
  11. 「笑えるトラブル」と「笑えないトラブル」を区別する。
  12. 「○○してください」より「○○をお願いします」「○○していただけませんか」。
  13. 2つ以上のトラブルが重なっても、焦らない、慌てない。
  14. 迷惑をかけた相手の前でポジティブな発言をすると、ますますピンチに陥る。
  15. 涙が出そうなときは、きちんと泣こう。
  16. 謝罪の方法に迷ったときは、丁寧なほうを選ぶのが良い。
  17. 謝罪の場で、笑顔は厳禁。
    半笑いも控えておくこと。
  18. トラブルのとき、逆ギレをしてはいけない。
  19. トラブルを乗り越えた話に、ハズレはない。
  20. 「ちょっとご相談があるのですが」より「折り入ってご相談があるのですが」。
  21. トラブルは、立ち向かうだけでも素晴らしい。
  22. 「あなたには解決できない」という言葉は、真に受けなくていい。
  23. おわびの品は、ないよりあったほうがいいもの。
  24. 面会を断られたなら、無理に会わないほうがいい。
  25. 「あなたのせいでこうなった」は、心で思っても言わないこと。
  26. 他人のトラブルでも、自分にも原因の一端があるのなら、手伝う。
  27. 苦しいときこそ、真正面から立ち向かうのが良い。
  28. トラブルを解決することも、成功の1つ。
  29. 「諦めていいよ」と言われたときが、正念場。
  30. あらゆるトラブルは、人間力が試される仕事。

同じカテゴリーの作品

1:57

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION