公開日:2024年1月6日
執筆者:水口貴博

人間関係のトラブルをスムーズに解決する30の方法

16

謝罪の方法に迷ったときは、丁寧なほうを選ぶのが良い。

謝罪の方法に迷ったときは、丁寧なほうを選ぶのが良い。 | 人間関係のトラブルをスムーズに解決する30の方法

トラブルでは、おわびをしなければいけないときがあります。

抵抗を感じるところではありますが、自分が迷惑をかけた側であれば、おわびが欠かせません。

謝罪の方法は、トラブルの程度によって変わります。

小さなトラブルの場合、電話・メールの謝罪で済ませられます。

大きなトラブルの場合、電話・メールの謝罪で済ませるのではなく、相手のところまで出向いて直接謝罪します。

トラブルの程度に応じて、適切な謝罪を心がけることが大切です。

難しいのが、中程度のトラブルの場合です。

小さなトラブルというわけでもなく、かといって大きなトラブルというわけでもないときがあります。

電話やメールの謝罪だけで済ませていいのか、直接出向いて謝罪するのがいいのか、迷いやすいところです。

難しそうに思えますが、実は考え方はシンプルです。

「迷ったら、丁寧なほうを選ぶ」です。

謝罪は、丁寧に越したことはありません。

謝罪が足りなければ、なかなかトラブルが収まらず、長引くことがあります。

謝罪は、不足して失礼になるより、十分丁寧であるほうが良いのです。

距離があって移動が大変だとしても、できるだけ都合をつけて、直接出向いて謝罪するのがいいでしょう。

しっかりおわびをすることで、トラブルが早く沈静化するのです。

人間関係のトラブルをスムーズに解決する方法(16)
  • 謝罪の方法に迷ったときは、丁寧なほうを選ぶ。
謝罪の場で、笑顔は厳禁。
半笑いも控えておくこと。

人間関係のトラブルをスムーズに解決する30の方法

  1. トラブルは、相手や自分を理解するチャンス。
  2. トラブル解決では、話し合いが欠かせない。
  3. トラブル解決に必要なのは、謙虚な心。
  4. 謝罪に整った言葉は必要ない。
    言葉が下手であっても、わびる気持ちが伝わることが大切。
  5. トラブルになる可能性があるものは、早めに対処しておく。
  6. 喧嘩には負けておく。
  7. トラブルのストレスを、人にぶつけない。
  8. 専門家への費用を値切らない。
  9. 専門家と相性が悪いと感じたら、変更することも検討する。
  10. 専門家のやり方に、余計な口出しはしない。
  11. 「笑えるトラブル」と「笑えないトラブル」を区別する。
  12. 「○○してください」より「○○をお願いします」「○○していただけませんか」。
  13. 2つ以上のトラブルが重なっても、焦らない、慌てない。
  14. 迷惑をかけた相手の前でポジティブな発言をすると、ますますピンチに陥る。
  15. 涙が出そうなときは、きちんと泣こう。
  16. 謝罪の方法に迷ったときは、丁寧なほうを選ぶのが良い。
  17. 謝罪の場で、笑顔は厳禁。
    半笑いも控えておくこと。
  18. トラブルのとき、逆ギレをしてはいけない。
  19. トラブルを乗り越えた話に、ハズレはない。
  20. 「ちょっとご相談があるのですが」より「折り入ってご相談があるのですが」。
  21. トラブルは、立ち向かうだけでも素晴らしい。
  22. 「あなたには解決できない」という言葉は、真に受けなくていい。
  23. おわびの品は、ないよりあったほうがいいもの。
  24. 面会を断られたなら、無理に会わないほうがいい。
  25. 「あなたのせいでこうなった」は、心で思っても言わないこと。
  26. 他人のトラブルでも、自分にも原因の一端があるのなら、手伝う。
  27. 苦しいときこそ、真正面から立ち向かうのが良い。
  28. トラブルを解決することも、成功の1つ。
  29. 「諦めていいよ」と言われたときが、正念場。
  30. あらゆるトラブルは、人間力が試される仕事。

同じカテゴリーの作品

2:52

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION