公開日:2024年1月6日
執筆者:水口貴博

人間関係のトラブルをスムーズに解決する
30の方法

  • トラブルは、
    相手や自分を理解するチャンス。
人間関係のトラブルをスムーズに解決する30の方法

トラブルは、相手や自分を理解するチャンス。

仕事の進め方や考え方の違いで、トラブルが起こることがあります。
価値観も考え方も、人によって千差万別です。
しかし、そうしたお互いの違いによるトラブルは、見方によって、相手や自分を理解するチャンスになります。

トラブルは、相手や自分を理解するチャンス。

トラブル解決では、話し合いが欠かせない。

トラブル解決で一番大切なのは「話し合い」です。
こちらの言い分を伝えるにせよ、相手の言い分を聞くにせよ、話し合いをなくしては不可能です。
話し合いを避けていると、真剣に問題と向き合っていないと見なされやすくなります。

トラブル解決では、話し合いが欠かせない。

トラブル解決に必要なのは、謙虚な心。

トラブル解決に必要なのは「謙虚な心」です。
トラブルの種類は関係ありません。
仕事のトラブルでも、対人トラブルでも、金銭トラブルでも、何でもそうです。

トラブル解決に必要なのは、謙虚な心。

謝罪に整った言葉は必要ない。
言葉が下手であっても、わびる気持ちが伝わることが大切。

「謝罪の言葉に自信がありません」
「どんな言葉で謝ればいいのかわかりません」
「おわびの文例を探しています」

謝罪に整った言葉は必要ない。言葉が下手であっても、わびる気持ちが伝わることが大切。

トラブルになる可能性があるものは、早めに対処しておく。

車のタイヤが摩耗しているのに、タイヤを交換しない人がいます。
摩耗したタイヤのまま運転していると、ブレーキの利きが悪くなり、事故につながる可能性が急上昇します。
これは「起こるべくして起こるトラブル」です。

トラブルになる可能性があるものは、早めに対処しておく。

喧嘩には負けておく。

喧嘩になってトラブルになることがあります。
腹が立つので、ぐうの音も出ないほど徹底的に打ち負かしてやりたいと思います。
このとき「喧嘩に勝つ=トラブルを解決する」という思考になりがちです。

喧嘩には負けておく。

トラブルのストレスを、人にぶつけない。

トラブルが起こったときに注意したいのは、ストレスです。
トラブルのストレスを、人にぶつける人がいます。
とげとげしい言葉を言ったり、反抗的な態度で当たったりです。

トラブルのストレスを、人にぶつけない。

専門家への費用を値切らない。

トラブルでは、専門家に頼ることがあります。
このとき、値切ろうとする人がいます。
「格安でお願いします」「もう少し安くなりませんか」などと言うのです。

専門家への費用を値切らない。

専門家と相性が悪いと感じたら、変更することも検討する。

トラブルのとき、専門家の力を借りることがあります。
特に法律が関わるトラブルは、法律家を頼るケースがほとんどになるでしょう。
自分一人の力では限界があります。

専門家と相性が悪いと感じたら、変更することも検討する。

専門家のやり方に、余計な口出しはしない。

トラブルのとき、頼りになるのが専門家です。
自分の代わりに仕事をしてくるので、楽であるうえ、きっちり仕事をしてくれます。
難しいトラブルでも、専門家の力を借りればスムーズに進んで、あっさり解決します。

専門家のやり方に、余計な口出しはしない。

「笑えるトラブル」と「笑えないトラブル」を区別する。

トラブルには、2種類あります。
「笑えるトラブル」と「笑えないトラブル」です。
トラブルとは、もめ事やいざこざ、故障や事故、不調といった状況をいいます。

「笑えるトラブル」と「笑えないトラブル」を区別する。

「○○してください」より「○○をお願いします」「○○していただけませんか」。

ファミリーレストランのドリンクバーで、コーヒーマシンの豆が切れました。
ボタンを押しても豆がないので、マシンが動かず、コーヒーを作れません。
このとき、店員さんに「豆を補充してください」と言う人がいます。

「○○してください」より「○○をお願いします」「○○していただけませんか」。

2つ以上のトラブルが重なっても、焦らない、慌てない。

仕事でもプライベートでも、トラブルが2つ以上重なることがあります。
1つのトラブルでも大変だというのに、よりによって2つ以上のトラブルが重なるのです。
まさにてんやわんやの状況です。

2つ以上のトラブルが重なっても、焦らない、慌てない。

迷惑をかけた相手の前でポジティブな発言をすると、ますますピンチに陥る。

人に迷惑をかけてしまったとき、ポジティブな発言には注意してください。
「ポジティブな発言は良いことじゃないの?」と思うかもしれません。
もちろん基本的に良いことではあるのですが、時と場合によって、口に出すのがNGとなるケースがあります。

迷惑をかけた相手の前でポジティブな発言をすると、ますますピンチに陥る。

涙が出そうなときは、きちんと泣こう。

トラブルになったとき、涙がこぼれそうになることがあります。
強い緊張やストレスにさらされたときや、押し潰されそうなとき、自然と目元がうるうるして、涙が浮かんでくるのです。
こうしたとき「泣いてはいけない。涙は我慢しなければいけない」と考える人がいます。

涙が出そうなときは、きちんと泣こう。

謝罪の方法に迷ったときは、丁寧なほうを選ぶのが良い。

トラブルでは、おわびをしなければいけないときがあります。
抵抗を感じるところではありますが、自分が迷惑をかけた側であれば、おわびが欠かせません。
謝罪の方法は、トラブルの程度によって変わります。

謝罪の方法に迷ったときは、丁寧なほうを選ぶのが良い。

謝罪の場で、笑顔は厳禁。
半笑いも控えておくこと。

メディアを通して謝罪会見を見にすることがあります。
多くの記者や報道陣を前に、深く頭を下げて謝罪の意を表し、トラブルについての詳細説明や質疑応答が行われます。
謝罪会見でよくある失敗があります。

謝罪の場で、笑顔は厳禁。半笑いも控えておくこと。

トラブルのとき、逆ギレをしてはいけない。

トラブルが発生したとき、逆ギレには注意しましょう。
トラブルのときは、その対応に忙しくなって、身も心も余裕がなくなります。
心身の消耗が激しかったり、疲労で頭が回らなかったり、睡眠不足になったりするものです。

トラブルのとき、逆ギレをしてはいけない。

トラブルを乗り越えた話に、ハズレはない。

世の中にはトラブルを乗り越えた人がいます。
私たちの知らないところに大勢いるのです。
トラブルを乗り越えた話に触れる機会があれば、ぜひ聞かせていただきましょう。

トラブルを乗り越えた話に、ハズレはない。

「ちょっとご相談があるのですが」より「折り入ってご相談があるのですが」。

人に相談するとき、どんな声をかけるかです。
よく聞かれるのは「ちょっとご相談があるのですが」という言い方です。
小さな相談や簡単な相談のときであれば、ぴったりのフレーズです。

「ちょっとご相談があるのですが」より「折り入ってご相談があるのですが」。

トラブルは、立ち向かうだけでも素晴らしい。

トラブルに立ち向かったら、その時点で自分を褒めてください。
まだ解決できていなくていいのです。
取り組み始めたばかりでもいいのです。

トラブルは、立ち向かうだけでも素晴らしい。

「あなたには解決できない」という言葉は、真に受けなくていい。

トラブルが起こったとき「あなたには解決できない」と言われることがあります。
その言葉を真に受けないことです。
第三者はどうとでも言えます。

「あなたには解決できない」という言葉は、真に受けなくていい。

おわびの品は、ないよりあったほうがいいもの。

大きな迷惑をかけた場合は、謝罪に行く必要があります。
謝罪に行く際は、おわびの品を持参するとスムーズです。
「おわびの品は不要だ」という声も聞かれます。

おわびの品は、ないよりあったほうがいいもの。

面会を断られたなら、無理に会わないほうがいい。

大きな迷惑をかけたときは、相手のところまで謝りに行きます。
電話やメールの謝罪だけでは不十分です。
きちんと許してもらうためには、誠意を見せる必要があります。

面会を断られたなら、無理に会わないほうがいい。

「あなたのせいでこうなった」は、心で思っても言わないこと。

トラブルが起こったとき「あなたのせいでこうなった」と言う人がいます。
自分に非はまったくなくて、相手に非があるケースがあります。
「100パーセントあなたが悪い」という意味です。

「あなたのせいでこうなった」は、心で思っても言わないこと。

他人のトラブルでも、自分にも原因の一端があるのなら、手伝う。

自分のミスだからといって、自分にトラブルが降りかかるとは限りません。
自分のミスが、自分ではなく、他人に降りかかることがあります。
偶然もあれば、不可抗力もあります。

他人のトラブルでも、自分にも原因の一端があるのなら、手伝う。

苦しいときこそ、真正面から立ち向かうのが良い。

トラブルになったとき、どの方向からアプローチしていくかです。
1つ言えることは「真正面から立ち向かうのが良い」ということです。
後ろや斜めからアプローチするのは要注意です。

苦しいときこそ、真正面から立ち向かうのが良い。

トラブルを解決することも、成功の1つ。

「成功」という言葉を聞くと、どんなイメージを浮かべるでしょうか。
「良い結果を出すこと」「難しい目的を達成すること」といったイメージを持つ人が多いでしょう。
「富や社会的地位を得ること」をいうイメージを持つ人も少なくないはずです。

トラブルを解決することも、成功の1つ。

「諦めていいよ」と言われたときが、正念場。

トラブルの解決に向けて頑張ります。
全力を尽くしているにもかかわらず、どうにもこうにもうまくいきません。
いくら頑張っても解決できず、気づけば、何日も経っていることがあります。

「諦めていいよ」と言われたときが、正念場。

あらゆるトラブルは、人間力が試される仕事。

トラブルは、誰でも嫌なもの。
逃げたいものであり、できれば避けたいと思います。
そんなトラブルに対して、どんな姿勢を見せるかです。

あらゆるトラブルは、人間力が試される仕事。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION