トラブル対処

対人関係のストレスが小さくなる
30のスキル

  • 小さくてもいい。
    まずは明るくなることから始めよう。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル

もくじ

小さくてもいい。
まずは明るくなることから始めよう。

小さくてもいい。まずは明るくなることから始めよう。

人間は、光が大好きです。
明るいものが大好きです。
人に好かれたいと思ったら、まず明るさを心がけることです。

完璧な人は1人もいない。
だからおおらかになろう。

完璧な人は1人もいない。だからおおらかになろう。

この世に、完璧な人は1人もいません。
どんな人でも、うっかり記憶を思い出せないことがあります。
猿だって木から落ちることはありますし、弘法も間違った字を書くことはあります。

悪くないときこそ、謝ろう。

悪くないときこそ、謝ろう。

あなたが謝るときといえば、どのようなときですか。
一般的に考えると、やはり「相手に迷惑をかけてしまったとき」ですね。
自分が悪いですから、謝って当然です。

目を見て感謝すれば、感動がもっと伝わる。

目を見て感謝すれば、感動がもっと伝わる。

「ありがとうございます」と感謝するときに、目を見ないで口にする人がいます。
それでは、相手にきちんと気持ちが伝わりません。
心が通っていない言葉になっています。

「あと30分しかない」ではなく「まだ30分もある」と考える。

「あと30分しかない」ではなく「まだ30分もある」と考える。

「あと30分しかない!」
友達と一緒にいるとき、あと30分でお別れしないといけない時間が迫ってきました。
仲のいい友達と一緒にいると、時間があっという間に過ぎていきます。

他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。

他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。

人間関係は、鏡です。
相手の態度は、実はあなたの態度を反射させて映し出しているにすぎません。
あなたの態度に反応して、相手も同じように反応しています。

考えを押し付ける議論はしない。

考えを押し付ける議論はしない。

議論が好きな人がいます。
特に、自分の知識に自信を持っている知識人です。
高学歴の政治家・教育者・文化人には、議論好きの人が目立ちます。

自分でできることは、自分でする。

自分でできることは、自分でする。

私の職場に、頼み癖のある人がいます。
初めは「助けて」と言われるのは頼りにされている感じがして、嬉しいです。
期待に応えたい気持ちがあり、助けます。

相手の犯したうっかりミスを、意外で驚きのイベントとして受け入れる。

相手の犯したうっかりミスを、意外で驚きのイベントとして受け入れる。

あらゆるストレスを軽くさせる考え方があります。
「まあいいじゃないか。だから面白い」という考え方です。
レストランでは、注文した料理とは違う食事が出てくることがあります。

人とぶつかっても「こら!」と怒鳴るのではない。

人とぶつかっても「こら!」と怒鳴るのではない。

あなたは、通りを歩いていたとき、人とぶつかったことはありますか。
これにNOと答える人はいないでしょう。
ぼうっとしながら通りを歩いているときは、人とぶつかりやすくなります。

人との出会いは、すべて宝石との出会いである。

人との出会いは、すべて宝石との出会いである。

人との出会いを、すべて宝石だと思いましょう。
宝石は美しく輝いています。
実は、人間もみんな、美しく輝いています。

ご祝儀に迷ったら、高いほうがいい。

ご祝儀に迷ったら、高いほうがいい。

結婚式で、祝う気持ちを表すために贈る金品といえば「ご祝儀」です。
結婚式に出席するときには、ご祝儀をいくらにしようかなと迷うことはありませんか。
たいてい相場は決まってはいるものの、わずかな金額の差に迷うことがあります。

私たちは、プレゼントを買うお金のために働いている。

私たちは、プレゼントを買うお金のために働いている。

人間が幸せを感じるのは、人間関係からです。
人間関係なくして、幸せはありません。
人からたくさんの笑顔を受け取って、幸せになります。

どんなにお金持ちになっても、他人を喜ばせるために使わない人は、心の貧乏だ。

どんなにお金持ちになっても、他人を喜ばせるために使わない人は、心の貧乏だ。

お金持ちでも、心のむなしい人がいます。
お金を自分のためだけに使う人です。
もちろん最低限の衣食住を買い揃えるためには、お金がかかります。

意見がぶつかる原因は、あなたの理解不足が原因だ。

意見がぶつかる原因は、あなたの理解不足が原因だ。

最近、あなたは誰かと喧嘩をしましたか。
喧嘩の原因は何でしたか。
原因と言ってもさまざまですが、1つ挙げると「意見がぶつかったとき」です。

私たちのいらいらは、どれも茶番劇。

私たちのいらいらは、どれも茶番劇。

「セルバンテス」という作家をご存知ですか。
名作『ドン・キホーテ』を書いた作家と言えば、思い出す人も多いのではないでしょうか。
私がお話ししたいのは『ドン・キホーテ』の物語ではありません。

突然のキャンセルを、笑顔で受け入れる。

突然のキャンセルを、笑顔で受け入れる。

友達と会う約束があり、約束の場所に向かっている途中、友達から電話がかかってきます。
「ごめん。急に用事ができた」
急なキャンセルは、誰でも不機嫌になります。

お風呂に入って汗を流せば、その日のストレスがリセットできる。

お風呂に入って汗を流せば、その日のストレスがリセットできる。

人間関係の悩みは、誰にもあります。
そのストレスは、ためないことが大切です。
人間には、限界があります。

誰でも一度は失態を犯す。
大切なのは反省すること。

誰でも一度は失態を犯す。大切なのは反省すること。

人間は、あるとき、腹が立つことがあります。
人間関係では、よくあることです。
一時的な怒りのせいで、人に冷たく当たってしまうことがあります。

人に優しくできる人は、かつて人に冷たくされた経験を持っている。

人に優しくできる人は、かつて人に冷たくされた経験を持っている。

人が優しくなるためには、人から冷たくされた経験が必要です。
人に優しくできる人は、かつて人に冷たくされた経験を持っています。
たくさん冷たくされた経験がある人は、それだけ優しくなれます。

言い訳は「ごめんなさい」と謝った後にする。

言い訳は「ごめんなさい」と謝った後にする。

人とトラブルがあったときに、言い訳をしていませんか。
「電車が遅れた」
「急用ができた」

当たり前の挨拶を、心がける。

当たり前の挨拶を、心がける。

「おはようございます」
「こんにちは」
「こんばんは」

お互いをよく知っているようでも、実はまだ知らないことがたくさんある。

お互いをよく知っているようでも、実はまだ知らないことがたくさんある。

一緒に仕事をしている同僚とは、一緒にいる時間も長く、お互いのことをよく知っていると思っています。
同じ職場で、同じ時間に、同じ仕事をする同僚が見せる表情や態度は、いつも同じです。
毎日会っているし、一緒に過ごしている時間も長いため、相手のことをよく知っていると思います。

態度が悪いと、反抗したくなるのが人間。

態度が悪いと、反抗したくなるのが人間。

狭い道を通っているときに、対向車がやってきました。
狭い道なので、脇に寄ることはできません。
どちらか一方が引き下がるしか、道を空ける手段はありません。

相手が避けようとする話題を、むやみに探ろうとしない。

相手が避けようとする話題を、むやみに探ろうとしない。

人間関係では、触れてはいけない「禁断の話題」があります。
何が禁断の話題になるのかは、人それぞれです。
まずわかりやすい例を挙げれば「太っている話題」です。

すべての人には、面白い部分が必ずある。

すべての人には、面白い部分が必ずある。

学校のクラスには「人気者」と言われる人が1人はいます。
そういう人の周りには、いつもたくさんの人が集まります。
面白い人に人が群がるのは、どこでも共通です。

人に囲まれている環境は、それだけで幸せ。

人に囲まれている環境は、それだけで幸せ。

あなたの身近にいる友達は、友達でありながら、実は家庭教師です。
友達とはいえ、いらいらすることもあるでしょう。
そういうときは、自分の人間性を高めるチャンスだと思ってください。

どれほど自分にけちでも、人にはけちになるな。

どれほど自分にけちでも、人にはけちになるな。

節約に「成功する人」と「失敗する人」がいます。
その違いは、節約できたかどうかの結果ではありません。
節約をして、以前より幸せになれたか、失ったかです。

「違う」「間違っている」を、口にしない。

「違う」「間違っている」を、口にしない。

人間には、共通のアレルギーを持つ言葉があります。
「違う」と「間違っている」という言葉です。
この2つは、発言を完全に否定する言葉です。

別れ際の余韻を、気持ちよくしよう。

別れ際の余韻を、気持ちよくしよう。

人と会えば、別れます。
出会ったときには、挨拶が基本です。
気持ちよく出会いの挨拶を交わすことで、気持ちよく会話ができることでしょう。

同じカテゴリーの作品