公開日:2022年2月3日
執筆者:水口貴博

心の安定を保つ
30の方法

  • 心の安定を保つためには
    「嫌なものは見ない努力」が大切。
心の安定を保つ30の方法

心の安定を保つためには「嫌なものは見ない努力」が大切。

あなたの身の回りに「嫌な気持ちにさせるもの」はありませんか。
態度の悪い人、心が締め付けられるニュース、整備が行き届いていない道、ネガティブに満ちたウェブサイトなどなど。
嫌な気持ちにさせるものがあれば、見ない努力をしましょう。

心の安定を保つためには「嫌なものは見ない努力」が大切。

精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。

あなたの日常に「精神的な時間」はありますか。
精神的な時間とは何か。
精神的な時間とは、心の働きを整えたり活性化させたりする時間のことをいいます。

精神的な時間を作って、心の健康を保とう。精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。

ワイヤーガラスのような心を持とう。
ひびは入っても、割れにくい。

割れにくいガラス窓といえば「ワイヤーガラス」です。
ガラスの中に細い鉄線を入れ、1枚に加工したものです。
見栄えと透明感は少し落ちるものの、頑丈な構造になっています。

ワイヤーガラスのような心を持とう。ひびは入っても、割れにくい。

わかってもらえなくていらいらするのは「わかってもらえて当然」と思っているから。

コミュニケーションでは、わかってもらえないことがあります。
わかってほしいことがあって話をするものの、相手から否定的な反応が返ってくる。
「同意できない」

わかってもらえなくていらいらするのは「わかってもらえて当然」と思っているから。

心が不安定になったときは、日光東照宮の三猿を思い出そう。

心の安定を保つ上で参考になるのは、日光東照宮の三猿です。
「見ざる、聞かざる、言わざる」で有名でご存じの方も多いでしょう。
三猿とは猿を擬人化したものであり、子どもの健やかな成長するうえで大切な教えが込められています。

心が不安定になったときは、日光東照宮の三猿を思い出そう。

「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる魔法の言葉。

心の安定を促す言葉があります。
「大丈夫、大丈夫」です。
落ち込んだとき、いらいらしたとき、焦ったとき。

「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる魔法の言葉。

心の安定には、一定の貯蓄が必要。

心の安定には、一定の貯蓄が必要です。
お金には、悪い印象を持っていませんか。
お金には、善も悪もありません。

心の安定には、一定の貯蓄が必要。

支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。

気力を出したいときは、支えてくれている人を思い出してください。
今のあなたがいるのは、多くの人から支えてもらっているおかげです。
関係の深い人はもちろん、関係の浅い人も思い出していきましょう。

支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。

美人は、体重より姿勢に力を入れる。

美人になりたいなら、体重より姿勢を大切にしてください。
女性が気にすることといえば、もっぱら体重です。
寝ても覚めても体重のことばかり。

美人は、体重より姿勢に力を入れる。

ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。

ストレスを解消するなら「逆のこと」をするとスムーズです。
キーワードは「静」と「動」です。
デスクワークの仕事をしている人は「静」の時間が長いので、体を動かすことでストレスを解消しましょう。

ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。

重い病気を持つ人に、軽い人はいない。

重い病気を持つ人には、ある共通点があります。
「軽い人はいない」という点です。
悪ふざけをしたり浮ついた言葉を発したりしません。

重い病気を持つ人に、軽い人はいない。

「電車は座るもの」と思うから、いらいらする。
「電車は立つもの」と思えば、いらいらしない。

いらいらする人は「電車は座るもの」という考え方になっています。
電車に乗るやいなや、すぐ座れる席を探していませんか。
「どこか空いている席はないかな」ときょろきょろ見回します。

「電車は座るもの」と思うから、いらいらする。「電車は立つもの」と思えば、いらいらしない。

冷蔵庫の中は、あなたの自己管理能力を表している。

突然ですが、質問です。
今すぐ冷蔵庫の中身を即答できますか。
注目したいのは、次の2つのポイントです。

冷蔵庫の中は、あなたの自己管理能力を表している。

「どうして自分だけが……」と思うから、つらくなる。
「多くの人が経験していること」と思えば、楽になる。

大きなストレスに襲われたときは、余裕を失ったり視野が狭くなったりしがちです。
そんなときよくあるのが「どうして自分だけが……」という悲観的な思いにとらわれてしまうことです。
「どうして自分だけこんな不幸なのだろう」

「どうして自分だけが……」と思うから、つらくなる。「多くの人が経験していること」と思えば、楽になる。

光の刺激が強すぎることもある。
暗い環境が落ち着くときは、無理に部屋の電気をつけなくてもいい。

暗い環境が落ち着くこともあります。
落ち込んでいるときは、光は刺激が強すぎるのです。
小さな光すら妙にまぶしくてストレスに感じることがあります。

光の刺激が強すぎることもある。暗い環境が落ち着くときは、無理に部屋の電気をつけなくてもいい。

怒りや憎しみは、心の猛毒。
怒りや憎しみの感情があると、病気にかかりやすくなる。

負の感情と病気には関係があります。
怒りや憎しみの感情があると、病気にかかりやすくなります。
すぐ風邪を引いたり体調を崩しやすくなったりします。

怒りや憎しみは、心の猛毒。怒りや憎しみの感情があると、病気にかかりやすくなる。

心の痛みは、活動していれば気にならない。

心の痛みは「じっとしているとき」に感じます。
・失恋で涙を流しているとき
・怒鳴られて気持ちが沈んだとき

心の痛みは、活動していれば気にならない。

絶景写真集は、気軽に旅行気分を味わえる本。
旅行ができないときは絶景写真集を眺めて、旅行気分だけでも味わおう。

旅行したくてもできないときがあるでしょう。
お金や時間がなくてできない事情もあれば、療養による外出制限という事情もあるでしょう。
そんなときにおすすめなのは「絶景写真集」です。

絶景写真集は、気軽に旅行気分を味わえる本。旅行ができないときは絶景写真集を眺めて、旅行気分だけでも味わおう。

大きな我慢には気づいても、小さな我慢に気づく人は少ない。
小さな我慢も、積み重なると大きくなる。

我慢は体に毒です。
人の度量には限界があります。
我慢しなければならないことは長続きしません。

大きな我慢には気づいても、小さな我慢に気づく人は少ない。小さな我慢も、積み重なると大きくなる。

休まないことを自慢してはいけない。
皆勤賞は結果であって、目的にしてはいけない。

休まないことを自慢してはいけません。
休養を取ることも仕事の1つです。
休まないことは「休養」という仕事をサボっていることになります。

休まないことを自慢してはいけない。皆勤賞は結果であって、目的にしてはいけない。

ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。
ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。

人からひどいことを言われることがあります。
失礼な一言を言われたとき。
汚い言葉で侮辱されたとき。

ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。

「気分リセットの儀式」がある人は、ストレスに強くなる。

あなたには「気分リセットの儀式」がありますか。
聞き慣れない言葉かもしれませんが、難しいことや堅苦しいことではありません。
一言で言うと「気分を整える小さな行い」です。

「気分リセットの儀式」がある人は、ストレスに強くなる。

疲れるのはいい。
疲れをためるのがいけない。

疲れるのはいいのです。
一生懸命頑張った証拠です。
しっかり頭や体を働かせた証拠です。

疲れるのはいい。疲れをためるのがいけない。

本屋は、あなたの街の元気スタンド。
落ち込んだときは本屋に駆け込もう。

落ち込んだときは本屋に駆け込んでください。
どれだけ落ち込んでいても、本屋に行くくらいならできるはずです。
本屋には小説からビジネス書までさまざまな本がそろっています。

本屋は、あなたの街の元気スタンド。落ち込んだときは本屋に駆け込もう。

それはアウトではない。
アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。

「もうダメだ。アウトだ。何もかも終わりだ」
頑張っていたにもかかわらず、アウトになってしまいました。
アウトはアウト。

それはアウトではない。アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。

何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。

心がもやもやしたとき、気分転換に取り組むことがあります。
読書、音楽鑑賞、映画鑑賞。
ヨガ、ストレッチ、マッサージ。

何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。

裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。
負の連鎖は、あなたのところで止める。

人生では裏切られることがあります。
裏切りは、人生で最もショッキングな出来事の1つです。
深い悲しみで涙を流したり、孤独を感じたり、どん底まで落ち込んだりするでしょう。

裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。負の連鎖は、あなたのところで止める。

「言わなくてもわかる」と思うことから、トラブルが始まる。

すでにわかりきったことは「言わなくてもわかる」と思いがちです。
当たり前のことを伝えるのは手間があり、面倒に思うでしょう。
「いちいち言わなくても、相手はわかっているはずだ」

「言わなくてもわかる」と思うことから、トラブルが始まる。

元気になれる歌を歌えるようになっておこう。
いざというとき、心の救いとなる。

「遭難したときは、歌を歌って過ごしました」
そんな生還者の体験談を耳にしたことはありませんか。
遭難したとき、悲観に暮れることを防ごうと歌を口ずさみます。

元気になれる歌を歌えるようになっておこう。いざというとき、心の救いとなる。

寝る前に1日を頑張った自分をねぎらおう。
「今日もお疲れ様」

たった一言でいいのです。
寝る前に頑張った自分をねぎらいましょう。
「今日もお疲れ様」と。

寝る前に1日を頑張った自分をねぎらおう。「今日もお疲れ様」

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION