感謝の気持ちを忘れない
30の方法

  • 私たちに足りないのは
    「ありがたい」と思う習慣。
    「ありがとう」と言うことはあっても
    「ありがたい」と思うことは少ない。
感謝の気持ちを忘れない30の方法

私たちに足りないのは「ありがたい」と思う習慣。
「ありがとう」と言うことはあっても「ありがたい」と思うことは少ない。

あなたに質問です。
最近「ありがとう」と言いましたか。
きっと「ある」と答えるでしょう。

私たちに足りないのは「ありがたい」と思う習慣。「ありがとう」と言うことはあっても「ありがたい」と思うことは少ない。

あなたの両親は、あなたの誕生を喜んだ。
だからあなたも、自分の誕生を喜ぼう。

あなたのご両親は、あなたが生まれてきたとき、さぞ誕生を喜んだことでしょう。
「早く会いたかったよ!」
「無事に生まれてきてよかった!」

あなたの両親は、あなたの誕生を喜んだ。だからあなたも、自分の誕生を喜ぼう。

当たり前に感謝してしすぎることはない。
当たり前に感謝することは、人生を楽しむことになる。

私たちの身の回りには「当たり前」がたくさん存在しています。
当たり前に囲まれて生活しています。
・住む家があること

当たり前に感謝してしすぎることはない。当たり前に感謝することは、人生を楽しむことになる。

たまには胸に手を当て、心臓に感謝しよう。
「心臓さん、いつも働いてくれてありがとう」

胸に手を当ててみてください。
リズミカルな鼓動を感じることができるでしょう。
それは心臓です。

たまには胸に手を当て、心臓に感謝しよう。「心臓さん、いつも働いてくれてありがとう」

送料無料を軽視しない。
そこにかかるコストを理解して、配送に携わる人たちに感謝する。

ネットショッピングが一般的になった今「送料無料」という表記を目にすることが増えました。
最初から送料が無料に設定されていることもあれば、購入価格が一定額に達すると、送料が無料になることもあります。
送料にお金をかけたくない人にとっては嬉しいサービスですね。

送料無料を軽視しない。そこにかかるコストを理解して、配送に携わる人たちに感謝する。

感謝の気持ちを忘れないためのシンプルな方法とは。

私たちの身の回りは「感謝」にあふれています。
衣食住があること、勉強ができること、愛情を注いでくれる親がいること、生活を支えてくれる人がいること。
小さなことにも注意を向け、感謝の気持ちを持ち続けることは大切です。

感謝の気持ちを忘れないためのシンプルな方法とは。

相手が謝罪の言葉を述べているときは、途中で遮らないこと。

人から謝罪の言葉を受けることがあります。
「謝る側」ではなく「謝られる側」になることがあるでしょう。
相手が謝罪の言葉を述べているとき、途中で遮って返事をする人がいます。

相手が謝罪の言葉を述べているときは、途中で遮らないこと。

ごみ箱も、陰であなたを支えている存在の1つ。

ごみ箱の身になってみてください。
ごみ箱が接するものといえば、ごみばかりです。
掃除で取れたほこり、不要になった紙くず、食べ終わったお菓子の袋、カップめんの容器、台所から出た生ごみ。

ごみ箱も、陰であなたを支えている存在の1つ。

写真を撮ってもらったら「お撮りしましょうか」と声をかけるのがマナー。

旅先で誰かに写真撮影を手伝ってもらいたいときがあります。
シャッタータイマーを使おうにも、カメラを立てるようなところがなくて困ることがあるでしょう。
自撮り棒があったとしても限界があります。

写真を撮ってもらったら「お撮りしましょうか」と声をかけるのがマナー。

「お撮りしましょうか」という気遣いを断るとき、大切にしたいマナー。

旅先でほかの観光客から「お撮りしましょうか」と声をかけられることがあるでしょう。
絶妙のタイミングで親切に声をかけてくれる人がいるものです。
誰かに撮ってもらいたいと思っていたところであればベストタイミング。

「お撮りしましょうか」という気遣いを断るとき、大切にしたいマナー。

親切は、してあげるものではない。
させてもらうものだ。

親切は素晴らしい行いです。
人のためになることであり、思いやりの表現です。
困っている人に親切をすれば「ありがとう」と感謝されるでしょう。

親切は、してあげるものではない。させてもらうものだ。

お礼を言ったかどうか覚えていないときは、念のためお礼を言っておくほうがいい。

誰かにお世話になったときは、お礼です。
そのときお礼を言うのは当然ですが、後日会ったときもお礼を言うのがマナーです。
「先日はお世話になりました」「この前はありがとうございました」という一言があるだけで、人間関係は向上します。

お礼を言ったかどうか覚えていないときは、念のためお礼を言っておくほうがいい。

義務教育は素晴らしい制度。
義務教育に感謝してしすぎることはない。

「義務教育」という言葉を聞いたとき、どんなイメージがあるでしょうか。
「義務」という言葉があるためでしょうか。
勉強を強いられるイメージを持つ人もいるかもしれません。

義務教育は素晴らしい制度。義務教育に感謝してしすぎることはない。

チェックアウトで部屋から出る際、お辞儀をして感謝を伝える。

ホテルや旅館に宿泊することがあるでしょう。
1泊のときもあれば、何泊か泊まることもあるでしょう。
宿泊の最終日、チェックアウトで部屋から出る際、心を豊かにするマナーがあります。

チェックアウトで部屋から出る際、お辞儀をして感謝を伝える。

真夏日にもかかわらず「我慢が美徳」と思ってクーラーをつけないでいるのは、命の問題に関わる。

真夏日にもかかわらず、クーラーに頼らない人がいます。
毎年夏の時期になると、クーラーを我慢したせいで命を落とした人のニュースが流れます。
残念ながら、それは現在も絶えません。

真夏日にもかかわらず「我慢が美徳」と思ってクーラーをつけないでいるのは、命の問題に関わる。

スーパースターと同じ時代を生きているあなたは運がいい。
素晴らしい奇跡に感謝する。

世の中には「スーパースター」と呼ばれる人たちがいます。
スポーツ界のスーパースター、将棋界のスーパースター、映画界のスーパースター、音楽界のスーパースター。
スーパースターには国民的な人気・世界的な人気があります。

スーパースターと同じ時代を生きているあなたは運がいい。素晴らしい奇跡に感謝する。

特別お世話になったとき「ありがとう」と言ってはいけない。

人から特別お世話になることがあるでしょう。
特別な協力をしてもらえたり、特別親切な対応をしてもらえたりです。
わざわざ忙しいところを助けてもらったり、自分のために大きな時間や労力を割いてもらったりすることもあるでしょう。

特別お世話になったとき「ありがとう」と言ってはいけない。

お会計のときに感謝するポイントは、3つある。

日常が豊かになるポイントは「お会計の場面」にあります。
お会計のとき、何を考えながら支払っているでしょうか。
おそらく多く人は、特に何も考えず、ぼんやりしながらお金を支払っているでしょう。

お会計のときに感謝するポイントは、3つある。

助けたことは忘れにくい。
助けてもらったことは忘れやすい。

私たちに必要なのは何でしょうか。
「助けてもらったことを思い出すこと」です。
私たちの記憶は面白いもので、助けたことはよく覚えているです。

助けたことは忘れにくい。助けてもらったことは忘れやすい。

車や自転車に乗ることはあっても、馬に乗ることは少ない。
たまには乗馬体験を楽しんでみませんか。

車や自転車は、私たちの生活に浸透している乗り物の1つ。
車も自転車も、便利で身近な移動手段です。
通勤通学で利用したり、休日にはドライブやサイクリングを楽しんだりする人も多いでしょう。

車や自転車に乗ることはあっても、馬に乗ることは少ない。たまには乗馬体験を楽しんでみませんか。

得意な分野がなければ、作る。
得意分野を作るのに遅すぎることはない。

あなたには「得意分野」がありますか。
胸を張って「これが得意です!」と言えることがあればいいのです。
得意分野は未来を切り開く武器になります。

得意な分野がなければ、作る。得意分野を作るのに遅すぎることはない。

感じをよくするために意識することは1つだけ。
「相手を尊重すること」。

感じをよくするためにはどうすればいいのでしょうか。
相手に好印象を与えるにはどうすればいいのでしょうか。
感じをよくするといってもさまざまな心がけがあり、態度・言葉遣い・振る舞い方など多岐にわたります。

感じをよくするために意識することは1つだけ。「相手を尊重すること」。

結露の水滴で濡れたテーブルに、腹を立てない。

カフェで座ろうとしたとき、テーブルが水で濡れていることがあります。
自由席形式のカフェの場合、入れ替わり立ち替わり、お客さんが椅子に座ります。
アイス系の飲み物の場合、結露で水滴ができ、テーブルの上が濡れます。

結露の水滴で濡れたテーブルに、腹を立てない。

清掃中のトイレを使うときは、清掃員に一声かけるのがマナー。

トイレを使おうとしたところ、トイレ前に「清掃中」の看板が立っていることがあります。
トイレの中では清掃員が一生懸命掃除をしています。
こんなときどうするかです。

清掃中のトイレを使うときは、清掃員に一声かけるのがマナー。

ネガティブな話題で雰囲気が暗くなったときは「話題を変えましょう」の一言が役立つ。

人と会話をしているとき、ネガティブな話題になってしまうことがあります。
愚痴、悪口、噂話など、ネガティブな話題になることがあるでしょう。
社会の混乱や経済状況の悪化など、未来への不安の話題になることもあるはずです。

ネガティブな話題で雰囲気が暗くなったときは「話題を変えましょう」の一言が役立つ。

手書きのはがきは、裏面だけでなく表面もじっくり味わう。

手書きのはがきを受け取ったとき、じっくり見るのはどこでしょうか。
やはり裏面のメッセージではないでしょうか。
裏面にはメッセージが書かれています。

手書きのはがきは、裏面だけでなく表面もじっくり味わう。

どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。

専門スキルの「限定性」に嘆く人がいます。
「専門スキルが身につくのはいいが、ほかの職場では生かせない」
「専門スキルを生かせるのはいいが、限られた分野でしか通用しない」

どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。

お墓参りができないときは、心の中で拝もう。
感謝の気持ちは、距離を超越する。

仕事が忙しくて、お墓参りをしたくても帰省ができないときがあるでしょう。
仕方ない事情とはいえ、ちょっと心残りになるものですね。
ご先祖様がいるおかげで今の自分が存在しています。

お墓参りができないときは、心の中で拝もう。感謝の気持ちは、距離を超越する。

支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。

気力を出したいときは、支えてくれている人を思い出してください。
今のあなたがいるのは、多くの人から支えてもらっているおかげです。
関係の深い人はもちろん、関係の浅い人も思い出していきましょう。

支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。

多数の人に好かれるより、少数の人からとことん愛されるほうが幸せだ。

「たくさんの人から好かれれば好かれるほど幸せになれるはずだ」
そう思う人が少なくありません。
多数の人から「いいね」をもらえれば、承認欲求が満たされるでしょう。

多数の人に好かれるより、少数の人からとことん愛されるほうが幸せだ。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION