公開日:2022年1月23日
執筆者:水口貴博

心の成長が加速する
30の言葉

  • 常に成長している人は、
    常にチャレンジしている人。
心の成長が加速する30の言葉

常に成長している人は、常にチャレンジしている人。

常に成長している人はどんな人でしょうか。
「常にチャレンジしている人」です。
チャレンジには成長につながる要素にあふれています。

常に成長している人は、常にチャレンジしている人。

体の成長には限界がある。
心の成長には限界がない。

体の成長には限界があります。
身長を伸ばしたくても、限界があります。
身長は遺伝や成長ホルモンが関係しているため、いったん成長期を過ぎると、伸ばすのが難しくなります。

体の成長には限界がある。心の成長には限界がない。

成長の早い人は「驚きの目」を持っている。

成長したいなら「驚きの目」を持つことです。
驚くことを見つける力であり、素直に驚きを表現することをいいます。
私たちは驚いた瞬間、脳の働きが活性化されます。

成長の早い人は「驚きの目」を持っている。

読書中に知らない言葉と出会ったら、積極的に辞書を引く。

読書中に知らない言葉と出会うことがあるでしょう。
よくあることですが、ここがあなたの成長の分かれ道です。
知らない言葉と出会ったら「成長のチャンス」と考えてください。

読書中に知らない言葉と出会ったら、積極的に辞書を引く。

「しなければならない」を減らすのコツは「積極性」と「好奇心」。

「しなければならない」は、ストレスの元です。
しなければならないことには、義務感・強制感があります。
「仕事をしなければならない」

「しなければならない」を減らすのコツは「積極性」と「好奇心」。

人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。

コンプレックスを憎む人は多い。
コンプレックスがあると、劣等感につながったり自分に自信が持てなかったりして、悩みのタネになっているでしょう。
コンプレックスが自己嫌悪の原因の1つになっている人もいるはずです。

人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。

固い頭を柔らかくするには「アップデート」という考え方が有効。

頑固な人は、人の言うことを聞かず、自分の考えに固執しています。
「意見を変えたら負け」「何が何でも考えを曲げてはいけない」とかたくなになっています。
「自分の主張は貫き通すもの」「信念は貫かなければならない」という思考にとらわれていて、考えを変えようとはしません。

固い頭を柔らかくするには「アップデート」という考え方が有効。

愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。
愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。

愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まります。
愚痴を言った瞬間、誰かに責任をなすりつけることになります。
「自分は悪くない」と思うようになり、現実から逃げ、反省しなくなる。

愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。

ゆっくり落ち着いた口調で「なるほど」と言えば、心の奥まで響く。

「なるほど」という言葉があります。
ご存じのとおり、納得・同意を表すときに使うフレーズです。
相手の話を聞いて、納得・同意ができれば「なるほど」という一言を口にするでしょう。

ゆっくり落ち着いた口調で「なるほど」と言えば、心の奥まで響く。

どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。

専門スキルの「限定性」に嘆く人がいます。
「専門スキルが身につくのはいいが、ほかの職場では生かせない」
「専門スキルを生かせるのはいいが、限られた分野でしか通用しない」

どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。

耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。
音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。

耳が不自由な人の気持ちは、どうすれば理解できるのでしょうか。
耳を手でふさいでみればみるのです。
私たちの耳の穴は、目や口とは違い「閉じる」という機能がありません。

耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。

成長のタネは「嫌いな人」にある。

成長のタネはどこにあるのでしょうか。
「嫌いな人」にあります。
「嫌いな人のどこに成長のタネがあるの?」と不思議に思うかもしれませんが、あるのです。

成長のタネは「嫌いな人」にある。

試合中のプレイだけが勇姿ではない。
負けた後に受けるインタビューも勇姿の1つ。

スポーツ観戦を楽しむ際、多くの人が注目するのは、試合中の選手のプレイでしょう。
魅せるプレイや気迫のある動きなど、試合中の勇姿に心を打たれます。
ときどきスーパープレイが飛び出すことがあって、目を見張ることがあるものですね。

試合中のプレイだけが勇姿ではない。負けた後に受けるインタビューも勇姿の1つ。

会話量が少ないことは悪いことではない。
大切なのは、会話量より思考量。

「人と会話することが少ないです」
「声を発することがほとんどありません」
会話量が少ないことに悩んでいる人がいます。

会話量が少ないことは悪いことではない。大切なのは、会話量より思考量。

元気がないとき、下を向くのではない。
元気がないときこそ、上を向く。

元気がないときは、下を向いてしまいがちです。
なかなか体に力が入らず、魂が抜けたような状態となります。
気力が乏しいときは、顔も視線も下向きになることが多いもの。

元気がないとき、下を向くのではない。元気がないときこそ、上を向く。

本棚は心の窓。
本棚を見ると、その人がわかる。

友人や恋人の理解を深めるにはどうすればいいのでしょうか。
友人宅・恋人宅に遊びに行ったとき、本棚に目を向けてください。
どんな本が置いてあるか、チェックしてみましょう。

本棚は心の窓。本棚を見ると、その人がわかる。

突き刺さる言葉は、出会うものではなく、作り出すもの。

本を読んでいると「突き刺さる言葉」と出会う言葉があるでしょう。
短いフレーズであっても、大きなインパクトがあると、心をぐっと動かされます。
あるときは励まされ、あるときは勇気づけられ、あるときは元気をもたらしてくれるでしょう。

突き刺さる言葉は、出会うものではなく、作り出すもの。

友人の数を自慢してはいけない。
大切なのは、どれだけ親しいか。

ときどき友人の数を自慢している人がいます。
「私には○○人も友人がいます」
「多くの友人に囲まれています」

友人の数を自慢してはいけない。大切なのは、どれだけ親しいか。

ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。

「環境が悪かった」
ミスや失敗する人によく聞かれる言い訳です。
責任をほかになすりつけると、自分の責任が半減して楽になります。

ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。

心の成長のためには、自分とは違った意見に触れていくことが必要。

心の成長のためには、自分と同じ意見ばかりではいけません。
自分とは違った意見に触れることが大切です。
SNS・ブログ・動画サイトを楽しむ際、私たちは自分と同じ意見を求める傾向があります。

心の成長のためには、自分とは違った意見に触れていくことが必要。

心は、1ミリ大きくなるだけでいい。

人生における憧れの1つ。
それは「大きな心」です。
「いらいらしない人になりたい」

心は、1ミリ大きくなるだけでいい。

人生は、根性がなくて生きていける。

「私には根性がありません」と悩んでいる人がいます。
根性がないと、自分を追い込めません。
勝負所で踏ん張れません。

人生は、根性がなくて生きていける。

「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。
大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。

「伝える」と「伝わる」は似て非なるものです。
響きは似ていますが、意味がまったく違います。
天と地ほどの差があって、ここを混同すると、不要なトラブルを招くことがあります。

「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。

1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。
2回笑って若返るのだ。

中国のことわざに「一笑一若、一怒一老」という言葉があります。
「一笑一若」とは「1回笑えば、1つ若返る」という意味です。
笑いは心身に好影響を及ぼす感情です。

1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。2回笑って若返るのだ。

あなたがしていることは、1つしかない。
毎日ベストを尽くしているだけ。

頑張り屋のあなたは、毎日、一生懸命生きていることでしょう。
真面目にやるべきことをやっているでしょう。
朝から晩まで何かしら取り組んでいるはずです。

あなたがしていることは、1つしかない。毎日ベストを尽くしているだけ。

耐えなければいけないストレスは「心の筋トレ」と思って乗り越える。

社会に出て働くと、ストレスを感じる場面の連続です。
難しい仕事を依頼されたり、緊張するプレゼンがあったり、ぎすぎすした人間関係に悩んだりです。
特に上司から厳しい叱責を受けたときは、強いストレスを感じるに違いありません。

耐えなければいけないストレスは「心の筋トレ」と思って乗り越える。

「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。

アイデアを考えるときは、2つの考え方を取り入れましょう。
それは「分解」と「結合」です。
分解と結合は、アイデアを考えるときの基本発想です。

「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。

夢中になれば、いつの間にか嫌なことも忘れている。

嫌なことがあったとき、一番楽な方法は時間で解決することです。
しかし、それでも「時間が経つのを待っていられない。今すぐ忘れたい」というなら、よい方法があります。
何かに「夢中」になることです。

夢中になれば、いつの間にか嫌なことも忘れている。

いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。
ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。

いらいらしたとき、簡単に心を静める方法があります。
大空に浮かぶ雲を眺めましょう。
美しい青を背景に、白い雲が浮かんでいるでしょう。

いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。

自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。

自分より不幸な人を見て、安心感を覚えることはありませんか。
「人の不幸は蜜の味」という言葉があります。
「あの人に比べれば、まだ私は大丈夫」と、ほっとするところがあるでしょう。

自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION