プラス思考

ダメな自分を励ます
30の言葉

38
14

ひどい言葉を言われたから、
心が傷つくのではない。
ひどい言葉を気にしているから、
心が傷つく。

ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。 | ダメな自分を励ます30の言葉

人からひどいことを言われることがあります。

失礼な一言を言われたとき。

汚い言葉で侮辱されたとき。

生き方を否定する言葉を言われたとき。

特に人格や尊厳を否定される言葉は、心にぐさりと突き刺さるでしょう。

人からひどいことを言われると、心が傷ついて落ち込むかもしれません。

肉体は傷ついていなくても、心では大きな傷を負い、ぼろぼろになることもあるでしょう。

こういうとき、役立つ言葉があります。

ひどいことを言われて心が傷ついたら、こう思いましょう。

「だから何?」と。

冷たい言葉に思えますが、この冷たさが肝心です。

冷たい言葉で一度自分を突っぱねることで、冷静を取り戻す効果があります。

一瞬で興奮が落ち着き、理性と自制心を取り戻せるでしょう。

あらためて考えてみてください。

ひどいことを言われたところで何なのでしょう。

体を傷つけられたわけではありません。

お金を盗まれたわけでもありません。

命を取られたわけでもありません。

実際のところ、何でもありません。

自分で勝手に「ひどい、ひどい! 心が傷ついた!」と騒いでいるだけ。

「傷ついた」と騒げば騒ぐほど、心の傷口が広がっていきます。

ここで気づいてほしいことがあります。

ひどいことを言われたから、心が傷つくのではありません。

ひどい言葉を気にしているから、心が傷つくのです。

つまり、心を傷つけている張本人は、自分です。

ひどい言葉を気にしたところで仕方ありません。

ひどい言葉の最善策は「気にしないこと」に尽きます。

どんなひどい一言も、あなたが気にしなければ無害です。

無視をする。

相手にしない。

真面目に向き合わない。

風に揺れるすすきのように、さらりと聞き流せばOKです。

いちいちくだらない言葉を気にしていると、余計なエネルギーを消耗するだけです。

たとえ人格や尊厳を否定される言葉を言われても、聞き流しましょう。

もし気にしそうになれば、再び「だから何?」と自分に問いかけ、冷静になってください。

とにかく気にしないのが一番。

当然ですが、仕返しなんてしないことです。

恨みや憎しみの感情が湧くのは、言葉を気にしている証拠です。

「一生恨んでやる」と思っても、苦しむのは自分です。

仕返しをすると、待っているのは後悔です。

「こんな無駄なことに時間を使うべきではなかった。もっと重要なことに時間を使うべきだった」と悔やむでしょう。

恨みも憎しみも、人生の歯車を狂わす原因になります。

仕返しするパワーがあるなら、趣味や仕事に向けて発散させたほうが、はるかに健全です。

ダメな自分を励ます言葉(14)
  • ひどいことを言われたら、自分に「だから何?」と言い聞かせ、聞き流す。
元気が出ないと感じることはあっても、その理由まで考える人は少ない。

もくじ
ダメな自分を励ます30の言葉
ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。 | ダメな自分を励ます30の言葉

  1. 失敗した自分を責めるな。<br>努力した自分を褒めろ。
    失敗した自分を責めるな。
    努力した自分を褒めろ。
  2. 笑わない日もあっていい。<br>別の日にたっぷり笑えばいい。
    笑わない日もあっていい。
    別の日にたっぷり笑えばいい。
  3. 「失敗した自分を許せない」と思うのではない。<br>「絶対自分を許す」と思うのだ。
    「失敗した自分を許せない」と思うのではない。
    「絶対自分を許す」と思うのだ。
  4. プレッシャーは、苦しむものではなく、生かすもの。
    プレッシャーは、苦しむものではなく、生かすもの。
  5. 他人が持っているものを羨むのではない。<br>自分が持っているものを大切にしよう。
    他人が持っているものを羨むのではない。
    自分が持っているものを大切にしよう。
  6. 弱みがあるのは幸せ。<br>あなたの弱みは、楽しませる力だけでなく、親しくなる力もある。
    弱みがあるのは幸せ。
    あなたの弱みは、楽しませる力だけでなく、親しくなる力もある。
  7. ダメ人間でも、幸せになれる。
    ダメ人間でも、幸せになれる。
  8. つまずいても転ばなければいい。<br>転んでも起き上がればいい。<br>起き上がれなくても這っていけばいい。
    つまずいても転ばなければいい。
    転んでも起き上がればいい。
    起き上がれなくても這っていけばいい。
  9. 弱い人ほど、弱い人の気持ちがわかる。
    弱い人ほど、弱い人の気持ちがわかる。
  10. 長所や得意がわかれば喜ぼう。<br>短所や苦手がわかっても喜ぼう。
    長所や得意がわかれば喜ぼう。
    短所や苦手がわかっても喜ぼう。
  11. 自分だけできないことを嘆くのではない。<br>自分しかできないことを喜ぼう。
    自分だけできないことを嘆くのではない。
    自分しかできないことを喜ぼう。
  12. 自信とは、小さな成功体験の集合体。
    自信とは、小さな成功体験の集合体。
  13. 挫折をしたのではない。<br>方向転換をしたのだ。
    挫折をしたのではない。
    方向転換をしたのだ。
  14. ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。<br>ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
    ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。
    ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
  15. 元気が出ないと感じることはあっても、その理由まで考える人は少ない。
    元気が出ないと感じることはあっても、その理由まで考える人は少ない。
  16. 小さなコンプレックスは、笑い飛ばせ。<br>大きなコンプレックスは、忘れてしまえ。
    小さなコンプレックスは、笑い飛ばせ。
    大きなコンプレックスは、忘れてしまえ。
  17. うっかり間違えたときは、自分で自分を「ばかだな」と笑ってしまおう。
    うっかり間違えたときは、自分で自分を「ばかだな」と笑ってしまおう。
  18. 「最初から全力を出そう」と思うと、なかなか始められない。<br>「まず少し頑張ろう」と思うと、すぐ始められる。
    「最初から全力を出そう」と思うと、なかなか始められない。
    「まず少し頑張ろう」と思うと、すぐ始められる。
  19. 「死にそう」という口癖は、百害あって一利無し。
    「死にそう」という口癖は、百害あって一利無し。
  20. 1日の終わりに反省するのはいいが、寝る直前に反省するのはよくない。
    1日の終わりに反省するのはいいが、寝る直前に反省するのはよくない。
  21. 「自慢にならない」と思っていることでも、誰かに自慢できる。
    「自慢にならない」と思っていることでも、誰かに自慢できる。
  22. どんなに不幸な人生でも、全面的に肯定しよう。
    どんなに不幸な人生でも、全面的に肯定しよう。
  23. 明るいときも元気なときも自分。<br>暗いときも落ち込んでいるときも自分。
    明るいときも元気なときも自分。
    暗いときも落ち込んでいるときも自分。
  24. 足が遅いカメでもいい。<br>歩き続けるカメになればいい。
    足が遅いカメでもいい。
    歩き続けるカメになればいい。
  25. 簡単に夢を諦めるな。<br>簡単に自分を捨てるな。<br>簡単に人生に絶望するな。
    簡単に夢を諦めるな。
    簡単に自分を捨てるな。
    簡単に人生に絶望するな。
  26. 「一生続けるわけではない」と考えれば、心の折り合いがつく。
    「一生続けるわけではない」と考えれば、心の折り合いがつく。
  27. トラブルが起こったら「大変だ」と騒ぐのではない。<br>「そんなこともあるさ」と気楽に考えよう。
    トラブルが起こったら「大変だ」と騒ぐのではない。
    「そんなこともあるさ」と気楽に考えよう。
  28. 苦手や困難に取り組むだけが挑戦ではない。<br>娯楽や興味関心に取り組むことも挑戦の1つ。
    苦手や困難に取り組むだけが挑戦ではない。
    娯楽や興味関心に取り組むことも挑戦の1つ。
  29. マイペースを無視すると、途中棄権を招く。<br>マイペースを尊重すると、無事にフィニッシュできる。
    マイペースを無視すると、途中棄権を招く。
    マイペースを尊重すると、無事にフィニッシュできる。
  30. 自分をけなすことは、親や友達をけなすことになる。<br>自分を認めることは、親や友達を認めることになる。
    自分をけなすことは、親や友達をけなすことになる。
    自分を認めることは、親や友達を認めることになる。

同じカテゴリーの作品