執筆者:水口貴博

心の安定を保つ
30の方法

21
51

ひどい言葉を言われたから、
心が傷つくのではない。
ひどい言葉を気にしているから、
心が傷つく。

ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。 | 心の安定を保つ30の方法

人からひどいことを言われることがあります。

失礼な一言を言われたとき。

汚い言葉で侮辱されたとき。

生き方を否定する言葉を言われたとき。

特に人格や尊厳を否定される言葉は、心にぐさりと突き刺さるでしょう。

人からひどいことを言われると、心が傷ついて落ち込むかもしれません。

肉体は傷ついていなくても、心では大きな傷を負い、ぼろぼろになることもあるでしょう。

こういうとき、役立つ言葉があります。

ひどいことを言われて心が傷ついたら、こう思いましょう。

「だから何?」と。

冷たい言葉に思えますが、この冷たさが肝心です。

冷たい言葉で一度自分を突っぱねることで、冷静を取り戻す効果があります。

一瞬で興奮が落ち着き、理性と自制心を取り戻せるでしょう。

あらためて考えてみてください。

ひどいことを言われたところで何なのでしょう。

体を傷つけられたわけではありません。

お金を盗まれたわけでもありません。

命を取られたわけでもありません。

実際のところ、何でもありません。

自分で勝手に「ひどい、ひどい! 心が傷ついた!」と騒いでいるだけ。

「傷ついた」と騒げば騒ぐほど、心の傷口が広がっていきます。

ここで気づいてほしいことがあります。

ひどいことを言われたから、心が傷つくのではありません。

ひどい言葉を気にしているから、心が傷つくのです。

つまり、心を傷つけている張本人は、自分です。

ひどい言葉を気にしたところで仕方ありません。

ひどい言葉の最善策は「気にしないこと」に尽きます。

どんなひどい一言も、あなたが気にしなければ無害です。

無視をする。

相手にしない。

真面目に向き合わない。

風に揺れるすすきのように、さらりと聞き流せばOKです。

いちいちくだらない言葉を気にしていると、余計なエネルギーを消耗するだけです。

たとえ人格や尊厳を否定される言葉を言われても、聞き流しましょう。

もし気にしそうになれば、再び「だから何?」と自分に問いかけ、冷静になってください。

とにかく気にしないのが一番。

当然ですが、仕返しなんてしないことです。

恨みや憎しみの感情が湧くのは、言葉を気にしている証拠です。

「一生恨んでやる」と思っても、苦しむのは自分です。

仕返しをすると、待っているのは後悔です。

「こんな無駄なことに時間を使うべきではなかった。もっと重要なことに時間を使うべきだった」と悔やむでしょう。

恨みも憎しみも、人生の歯車を狂わす原因になります。

仕返しするパワーがあるなら、趣味や仕事に向けて発散させたほうが、はるかに健全です。

心の安定を保つ方法(21)
  • ひどいことを言われたら、自分に「だから何?」と言い聞かせ、聞き流す。
「気分リセットの儀式」がある人は、ストレスに強くなる。

心の安定を保つ30の方法
心の安定を保つ30の方法

  1. 心の安定を保つためには「嫌なものは見ない努力」が大切。
    心の安定を保つためには「嫌なものは見ない努力」が大切。
  2. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。<br>精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
    精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  3. ワイヤーガラスのような心を持とう。<br>ひびは入っても、割れにくい。
    ワイヤーガラスのような心を持とう。
    ひびは入っても、割れにくい。
  4. わかってもらえなくていらいらするのは「わかってもらえて当然」と思っているから。
    わかってもらえなくていらいらするのは「わかってもらえて当然」と思っているから。
  5. 心が不安定になったときは、日光東照宮の三猿を思い出そう。
    心が不安定になったときは、日光東照宮の三猿を思い出そう。
  6. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる魔法の言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる魔法の言葉。
  7. 心の安定には、一定の貯蓄が必要。
    心の安定には、一定の貯蓄が必要。
  8. 支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。
    支えてくれている人たちを思い出せば、気力が出る。
  9. 美人は、体重より姿勢に力を入れる。
    美人は、体重より姿勢に力を入れる。
  10. ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
    ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
  11. 重い病気を持つ人に、軽い人はいない。
    重い病気を持つ人に、軽い人はいない。
  12. 「電車は座るもの」と思うから、いらいらする。<br>「電車は立つもの」と思えば、いらいらしない。
    「電車は座るもの」と思うから、いらいらする。
    「電車は立つもの」と思えば、いらいらしない。
  13. 冷蔵庫の中は、あなたの自己管理能力を表している。
    冷蔵庫の中は、あなたの自己管理能力を表している。
  14. 「どうして自分だけが……」と思うから、つらくなる。<br>「多くの人が経験していること」と思えば、楽になる。
    「どうして自分だけが……」と思うから、つらくなる。
    「多くの人が経験していること」と思えば、楽になる。
  15. 光の刺激が強すぎることもある。<br>暗い環境が落ち着くときは、無理に部屋の電気をつけなくてもいい。
    光の刺激が強すぎることもある。
    暗い環境が落ち着くときは、無理に部屋の電気をつけなくてもいい。
  16. 怒りや憎しみは、心の猛毒。<br>怒りや憎しみの感情があると、病気にかかりやすくなる。
    怒りや憎しみは、心の猛毒。
    怒りや憎しみの感情があると、病気にかかりやすくなる。
  17. 心の痛みは、活動していれば気にならない。
    心の痛みは、活動していれば気にならない。
  18. 絶景写真集は、気軽に旅行気分を味わえる本。<br>旅行ができないときは絶景写真集を眺めて、旅行気分だけでも味わおう。
    絶景写真集は、気軽に旅行気分を味わえる本。
    旅行ができないときは絶景写真集を眺めて、旅行気分だけでも味わおう。
  19. 大きな我慢には気づいても、小さな我慢に気づく人は少ない。<br>小さな我慢も、積み重なると大きくなる。
    大きな我慢には気づいても、小さな我慢に気づく人は少ない。
    小さな我慢も、積み重なると大きくなる。
  20. 休まないことを自慢してはいけない。<br>皆勤賞は結果であって、目的にしてはいけない。
    休まないことを自慢してはいけない。
    皆勤賞は結果であって、目的にしてはいけない。
  21. ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。<br>ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
    ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。
    ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。
  22. 「気分リセットの儀式」がある人は、ストレスに強くなる。
    「気分リセットの儀式」がある人は、ストレスに強くなる。
  23. 疲れるのはいい。<br>疲れをためるのがいけない。
    疲れるのはいい。
    疲れをためるのがいけない。
  24. 本屋は、あなたの街の元気スタンド。<br>落ち込んだときは本屋に駆け込もう。
    本屋は、あなたの街の元気スタンド。
    落ち込んだときは本屋に駆け込もう。
  25. それはアウトではない。<br>アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。
    それはアウトではない。
    アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。
  26. 何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
    何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
  27. 裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。<br>負の連鎖は、あなたのところで止める。
    裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。
    負の連鎖は、あなたのところで止める。
  28. 「言わなくてもわかる」と思うことから、トラブルが始まる。
    「言わなくてもわかる」と思うことから、トラブルが始まる。
  29. 元気になれる歌を歌えるようになっておこう。<br>いざというとき、心の救いとなる。
    元気になれる歌を歌えるようになっておこう。
    いざというとき、心の救いとなる。
  30. 寝る前に1日を頑張った自分をねぎらおう。<br>「今日もお疲れ様」
    寝る前に1日を頑張った自分をねぎらおう。
    「今日もお疲れ様」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION