気力

挑戦する力がつく
30の言葉

1
27

精神的な時間を作って、
心の健康を保とう。
精神的な時間を大切にすると、
仕事も質も向上する。

精神的な時間を作って、心の健康を保とう。精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。 | 挑戦する力がつく30の言葉

あなたの日常に「精神的な時間」はありますか。

精神的な時間とは何か。

精神的な時間とは、心の働きを整えたり活性化させたりする時間のことをいいます。

心に集中したり、気持ちを落ち着かせたりする時間と言い換えてもいいでしょう。

 

私たち人間は、心を持つ人間です。

心や精神は目に見えませんが、日常に影響を及ぼしています。

頑張って仕事をするとはいえ、取り組んでいる人の精神状態が悪ければ、仕事の質も悪くなります。

 

精神状態と仕事の善しあしは無関係に思えますが、誤解です。

直接的に関係していなくても、間接的に関係しています。

精神に余裕がないときは、頭の働きが鈍くなったり根気や集中力が出なかったりして、仕事の質も低くなります。

集中したくてもできなかったり、根気を出したくても出せなくなったりします。

精神に余裕があるときは、頭の働きがスムーズになったり根気や集中力や出てきたりして、仕事の質も高くなります。

100パーセントのパワーが発揮できるだけでなく、実力以上のパワーを発揮できることも少なくありません。

仕事の質を上げたいなら、精神的な時間を作ることが大切です。

精神の健康が盲点になっている

私たちは肉体の健康ばかりに注意が向きがちです。

もちろん肉体の健康も大切ですが、一方で精神の健康が盲点になっています。

いま一度、精神の健康にも注意を向けたい。

肉体だけでなく、精神も健康であってこそ、仕事がスムーズにできるようになり、素晴らしい成果を発揮できます。

 

仕事の質を向上させたいなら「精神的な時間」を作ることをおすすめします。

精神的に充実する時間であり、心のゆとりを作る時間であり、ストレスから解放される時間です。

形にとらわれず、心が落ち着いたり充実したりしているならOKです。

本を読むのもよし。

ヨガを楽しむのもよし。

ペットと戯れるのもよし。

 

瞑想めいそうも効果的です。

私たちは、1日におよそ187000項目のことを考えていると言われています。

つまり、1日中、何かを考えている状態です。

瞑想めいそうによって意図的に何も考えない時間を作ることで、心と精神にゆとりを作る時間になります。

「何も考えない」という時間ですが、だからこそ意味があります。

 

ぼうっとしながらのんびり散歩をするのもいい時間になるでしょう。

何も考えていない時間に思えますが誤解です。

何も考えていない時間は、心や精神の働きを整えている時間でもあります。

映画で感動することも、精神的な時間の1つ

意外と思われるかもしれませんが、映画を見て感動することも、精神的な時間の1つです。

映画で感動して、涙を流したり鳥肌が立ったりする状態は、まさしく心が動かされている状態。

何かに強い印象を受け、心を奪われることは大切な経験です。

心が動いているため、精神的に充実している時間の1つと言えます。

義務感で取り組むのではなく、楽しむ気持ちで取り組む

あなたの日常に「精神的な時間」を作りましょう。

1日1回が難しければ、3日1回でもかまいません。

3日1回が難しければ、週に1回でもかまいません。

大切なことは「定期的に精神的な時間があること」です。

たとえば、週に1回の映画鑑賞やヨガ教室なら、無理なく打ち込めるでしょう。

週に1回、2時間程度であっても、内容の濃い時間を送れるはずです。

義務感で取り組むのではなく、楽しむ気持ちで取り組むと、長続きします。

精神的な時間は定期的に作る

精神に問題があってから精神的な時間を作るのではありません。

定期的に精神的な時間を作り、常に精神が「良好」の状態を目指しましょう。

心の中が毎日「晴れの日マーク」がついている状態になれば、理想的です。

まとめ

挑戦する力がつく言葉 その27
  • 精神的な時間を作って、日頃から心の健康を保つ。
意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。

もくじ
挑戦する力がつく30の言葉
精神的な時間を作って、心の健康を保とう。精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。 | 挑戦する力がつく30の言葉

  1. あれこれ考えるな。
    とにかく動け!
  2. 無難なことばかり選んでいると、心が弱って臆病になる。
    たまには危険なことを選んでみよう。
  3. 他人が断った仕事は、あなたが引き受けるチャンス。
  4. 縁起の悪いことがあれば、わざとやってみよう。
    意外と何でもないことに気づくだろう。
  5. チャレンジする前から「どうせ無理」と諦めていないか。
  6. お礼の言葉を強調する一工夫。
  7. いい思い込みをして、ポジティブな錯覚を引き起こそう。
    「以前に経験したことがある」と思えば、恐怖が半減する。
  8. 機嫌がいいときは、新しいことを始めるベストタイミング。
  9. 恥ずかしいなら、恥ずかしがる暇がなくなるくらい、スピードを出せばいい。
  10. 「トラブル」と呼ぶから、苦しく感じる。
    「イベント」と呼べば、楽しく感じる。
  11. 必ずうまくいくことばかり挑戦していないか。
    うまくいくとは限らないことに挑戦するのがかっこいい。
  12. あなたは「勇気がない」と思い込んでいる。
    小さな勇気しか出ないなら、小さな勇気でできることをすればいい。
  13. 今からでも遅くない。
    諦めていたことに、もう一度挑戦してみよう。
  14. 「あと○○しかない」を「まだ○○もある」と言い換えるだけで、可能性が見えてくる。
  15. 野球のストライクゾーンは、すでに決まっている。
    あなたのストライクゾーンは、自由に決めていい。
  16. あなたの心は、もっと軽くなる。
    心が軽くなるだけで、新しい自分に生まれ変われる。
  17. 自分のことを「大物」という人に、大物はいない。
  18. 小さな夢だから、叶わない。
    大きな夢のほうが、叶う。
  19. 強い人は、そこそこの成功しかできない。
    弱い人こそ、大きな成功を成し遂げる。
  20. 「挑戦」は「冒険」と言い換えよう。
    恐怖が半減して、わくわく感が倍増する。
  21. 元気を出しすぎてはいけない。
  22. 背伸びには2種類ある。
    「無理な背伸び」と「安全な背伸び」
  23. たっぷり趣味を楽しんでぐったり疲れた日を「充実した1日」と呼ぶ。
  24. 「くだらない」という口癖があると、何でも嫌になる。
    「面白い」という口癖があると、何でも楽しくなる。
  25. 「うまくいった試しがない」と言われたら、こう切り返そう。
    「じゃあ、次はうまくいかせます」
  26. お金より夢を追いかけよう。
    流行より自分らしさを追いかけよう。
  27. 精神的な時間を作って、心の健康を保とう。
    精神的な時間を大切にすると、仕事も質も向上する。
  28. 意地を張って名作を見ないのは、機会損失になっている。
  29. 大人になってから遊ぶときは、制限を設けておくほうがいい。
  30. あなたは今、明日の自分を作っている。

同じカテゴリーの作品