人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
仕事効率化
運が悪い人は、決まって「遅い」。
仕事効率化
迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。
さっと決めれば、すぐ行動できる。
仕事効率化
スピードがあれば、自動的に勝ってしまう。
仕事効率化
恋のチャンスをつかむ人には、スピードがある。
ビジネスマナー
話しかけるときには、タイミングを考えよう。
成功哲学
痛いことでも、受け身ができれば、痛くない。

スピードのあるになる
30方法

お気に入り7 読んだ
25

じっとしていると、
つい、
かさぶたをってしまう

じっとしていると、つい、かさぶたを触ってしまう。 | スピードのある人になる30の方法

神的な心の痛みは「じっとしているとき」に感じます。

  • 失恋で涙を流しているとき
  • 怒鳴られて気持ちが沈んだとき
  • 仕事の失敗に落ち込んだとき

逆を言えば、じっとさえしていなければ、感じなくなります。

ある日、道端で転び、膝を擦りむいてしまいました。

膝の治療をしようとじっとしていると、不思議と痛みがさらに強く感じられるようになります。

注意が傷口に集中するため、痛みがより鮮明になります。

悪いことは、じっとしていると、人間ですから、かさぶたが気になり始め、つい手で触ってしまいます。

見慣れないかさぶただから、気になって触ってしまうのです。

触っているうちに、かさぶたをはいでしまい、傷口の状態をさらに悪化させてしまいます。

かさぶたを触ってはいけないことは、頭では分かっているのですが、触りたくなるのが人間です。

擦りむいたくらいのけがなら、ばんそうこうを1枚張って、普通に生活をすればいいのです。

かさぶたは気にならなくなり、痛みも感じなくなります。

けがは、いつの間にか、治っています。

失恋に悩んでいる人がいれば、私は「とにかく外へ出かけよう」とアドバイスします。

とにかく部屋でじっとしていること以外なら、仕事でも遊びでも何でもいいのです。

じっとしていると、痛みに集中してしまい、余計に悪化させてしまいます。

少々の失恋くらいなら、多少の痛みはあっても、部屋に引きこもらずに外に出たほうがいいのです。

傷は悪化するように思え、そのほうが実は回復が早くなります。

普通に生活していると、かさぶたがあっても気にならなくなります。

ほうっておけば、人間の自然治癒力により、いつの間にか取れて治っています。

単なる気分転換という意味だけではなく、けがの早期回復のためにも、けがのときこそ、普通に生活が大切なのです。

スピードのある人になる方法 その25

  • 多少があるときこそ、
    移動する
自分から行動すれば、仕事が早く進み、自分も成長する。

もくじ
(スピードのある人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品