公開日:2022年9月26日
執筆者:水口貴博

心に余裕がないときの
30の言葉

  • 余裕ができるから遊び心を持つのではない。
    遊び心を持つから余裕ができる。
心に余裕がないときの30の言葉

余裕ができるから遊び心を持つのではない。
遊び心を持つから余裕ができる。

余裕を作るためにはどうすればいいのでしょうか。
「遊び心」を持ってください。
遊び心は、余裕を作るために欠かせない要素です。

余裕ができるから遊び心を持つのではない。遊び心を持つから余裕ができる。

励ましの言葉が浮かばないときは、無理に言葉をひねり出さなくていい。

落ち込んでいる人がいると「励まさなければいけない」と考えがちです。
わが子が落ち込んでいれば、親として励ましたいと思うでしょう。
友人や恋人が落ち込んでいれば、励ましや応援の声をかけてあげたいと思うでしょう。

励ましの言葉が浮かばないときは、無理に言葉をひねり出さなくていい。

あなたが不自由なのは「こう思われたい」に縛られているから。

なぜあなたは不自由なのか。
それは「こう思われたい」に縛られているからです。
「かっこいいと思われたい」

あなたが不自由なのは「こう思われたい」に縛られているから。

人生の不調に悩んでいる人は、人生に浮き沈みがあることを忘れていないか。

「人生が停滞している」
「何をやってもうまくいかない」
「最近は良いことがなくて、悪いことばかりが続いている」

人生の不調に悩んでいる人は、人生に浮き沈みがあることを忘れていないか。

スマホのホーム画面がごちゃごちゃしていませんか。
使わなくなったアプリは、どんどん削除しよう。

スマホのホーム画面を見てみてください。
アプリでごちゃごちゃになっていませんか。
物であれば、物理的なスペースを占有します。

スマホのホーム画面がごちゃごちゃしていませんか。使わなくなったアプリは、どんどん削除しよう。

出会って早々相手に名前を呼ばれたら、こちらも名前で呼ぶのがマナー。

出会って早々、名前で呼んでくれる人に出会うことはありませんか。
「○○さん、よろしくお願いします」
「○○さん、いかがですか?」

出会って早々相手に名前を呼ばれたら、こちらも名前で呼ぶのがマナー。

どんなスポーツにもルーツがある。
ルーツを知ると、もっと好きになれる。

どんなスポーツにもルーツがあります。
楽しんでいるスポーツがあるなら、ぜひルーツを調べてみてください。
スポーツでは、ルールやマナーを覚えることが重視されます。

どんなスポーツにもルーツがある。ルーツを知ると、もっと好きになれる。

自分の趣味を、人に押しつけない。

自分の趣味を人に押しつける人がいます。
「私は今こんな趣味にはまっている。楽しいからあなたも絶対やったほうがいい!」
自分の趣味について語るだけでなく、相手にも強く勧めて、仲間に入れようとします。

自分の趣味を、人に押しつけない。

疲れやすいのは、窮屈な服や靴のせいではないか。

「疲れやすいなあ」
そう思ったら、自分の服や靴をチェックしてみてください。
窮屈な服や靴を身につけていないでしょうか。

疲れやすいのは、窮屈な服や靴のせいではないか。

あなたがモテないのは、出会いがないからではないか。

あるところに、モテなくて悩んでいる人がいました。
「全然モテません。恋人ができません。ずっと独り身になるかもしれない」
自分磨きを頑張っているにもかかわらず、なかなか恋人ができないとのこと。

あなたがモテないのは、出会いがないからではないか。

劇場や美術館に入るときは、入り口に注目しよう。
芸術鑑賞の時間は、劇場や美術館の入り口から始まっている。

劇場や美術館に到着したとき「もったいない」と思うことがあります。
「早く中に入りたい!」という気持ちがあるためでしょうか。
来場客の多くは入り口に向かってそそくさ歩き、館内に入っていきます。

劇場や美術館に入るときは、入り口に注目しよう。芸術鑑賞の時間は、劇場や美術館の入り口から始まっている。

身近な人から休むことを勧められたとき、表面的な返事だけになっていないか。

真面目な人や頑張り屋さんにありがちな光景があります。
あるとき、家族や職場の人から休むことを勧められます。
「働きすぎですよ。ちょっと休みましょう」

身近な人から休むことを勧められたとき、表面的な返事だけになっていないか。

いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。
ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。

いらいらしたとき、簡単に心を静める方法があります。
大空に浮かぶ雲を眺めましょう。
美しい青を背景に、白い雲が浮かんでいるでしょう。

いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。

ただ道を進むのではない。
道を究めるのだ。

道とは、方面です。
自分が専門とする分野です。
自分の才能を発揮するところです。

ただ道を進むのではない。道を究めるのだ。

「疲れた」が口癖になっていると、疲れやすくなる。

ことあるごとに「疲れた」とつぶやく人がいます。
「疲れたなあ……」
「ああ、疲れた……」

「疲れた」が口癖になっていると、疲れやすくなる。

世の中に、欠点しかない人は1人もいない。

運動音痴だからといって、ばかにしてはいけません。
運動がまったくダメでも、すこぶる勉強ができるかもしれません。
勉強ができないからといって、ばかにしてはいけません。

世の中に、欠点しかない人は1人もいない。

社運をかけたことは、おおむね失敗に終わる。

時折ニュースで「社運をかけた○○」というフレーズを見かけることがあります。
「社運をかけた新製品」
「社運をかけたプロジェクト」

社運をかけたことは、おおむね失敗に終わる。

休むことが苦手な頑張り屋さんは、発想を転換しよう。
「休むという仕事を頑張る」と思えばいい。

仕事では、定期的に休むことが大切です。
人は機械ではなく、生身の生き物です。
休まないで働き続けていると、いつか充電が切れてエンストを起こします。

休むことが苦手な頑張り屋さんは、発想を転換しよう。「休むという仕事を頑張る」と思えばいい。

自慢話で仲は深まらない。
失敗談で仲は深まる。

相手と仲を深めたいなら、まず自慢話に注意しましょう。
自慢話で仲は深まりません。
自分を大きく見せたいと、つい自慢話をしがちですが、注意したいところです。

自慢話で仲は深まらない。失敗談で仲は深まる。

どんなに大変な時期も、ずっと続くことはない。
「今は耐えるとき」と言い聞かせよう。

大変な時期が来ても、ずっと続くことはありません。
大雨や大雪が降っていても、いずれやみます。
嵐や台風がやってきても、いずれ去っていきます。

どんなに大変な時期も、ずっと続くことはない。「今は耐えるとき」と言い聞かせよう。

本当のプロは、道具に八つ当たりしない。

野球で負けたとき、バットに当たる人がいます。
ゴルフでミスをしたとき、クラブを地面に叩きつける人がいます。
テニスで試合に負けたとき、ラケットをコートに叩きつける人がいます。

本当のプロは、道具に八つ当たりしない。

「私が責任を取る」と断言するリーダーに、部下はついていく。

部下として心配なのは、失敗したとき、誰が責任を負うかです。
どれだけチャレンジをしたくても、失敗したときの責任が怖いと、なかなか一歩踏み出せません。
「責任」という言葉ほど重いものはありません。

「私が責任を取る」と断言するリーダーに、部下はついていく。

「やる気がないから動けない」はうそ。

「やる気がないから動けない」という人がいます。
やる気がないときは、体が鉛のように重く感じられるものです。
ガス欠になった車のような感覚で、力が入らず、動こうにも動けないように思われます。

「やる気がないから動けない」はうそ。

「締め切り日の提出」と「締め切り前の提出」は、似て非なるもの。

依頼された仕事には、締め切り日の設定があります。
締め切り日は、仕事の進め方を決める重要な基準です。
カレンダーに締め切り日を書き込み、締め切り日から逆算して仕事の予定を立てるでしょう。

「締め切り日の提出」と「締め切り前の提出」は、似て非なるもの。

元気がないとき、下を向くのではない。
元気がないときこそ、上を向く。

元気がないときは、下を向いてしまいがちです。
なかなか体に力が入らず、魂が抜けたような状態となります。
気力が乏しいときは、顔も視線も下向きになることが多いもの。

元気がないとき、下を向くのではない。元気がないときこそ、上を向く。

うらやましい気持ちになって終わるのではない。
心の変換機でパワーに変えるのだ。

あるとき「うらやましい気持ち」になることがあるでしょう。
モテる人、仕事ができる人、英語を流暢りゅうちょうに話す人、経済的な成功を収めている人、自分らしい生き方を実現している人。
そんな人を見ると「いいな、うらやましい」と思ってしまうもの。

うらやましい気持ちになって終わるのではない。心の変換機でパワーに変えるのだ。

バーゲンセールのときほど、財布のひもにご用心。

デパートではバーゲンセールが行われることがあります。
夏や年末は、バーゲンセールの定番時期ですね。
表に看板が出ていたり、垂れ幕が下がっていたりして、お祭りのような雰囲気が広がっています。

バーゲンセールのときほど、財布のひもにご用心。

全力で逃げるときは、振り返らない、立ち止まらない。

逃げるときに一番大切なことは何でしょうか。
それは「振り返らないこと」「立ち止まらないこと」です。
全力で逃げるときは、まず振り返らないでください。

全力で逃げるときは、振り返らない、立ち止まらない。

どんなに時間をかけても、判断を誤ることはある。
判断で大切なのは「時間をかけること」ではなく「熟考」。

重要な判断を下すとき、とにかく時間をかけたがる人がいます。
「即断即決をしてはいけない」
「時間を置いて考える必要がある」

どんなに時間をかけても、判断を誤ることはある。判断で大切なのは「時間をかけること」ではなく「熟考」。

「できて当たり前」というセリフには要注意。

「できて当たり前」というセリフを口にする人がいます。
「仕事ができて当たり前」
「英語はできて当たり前」

「できて当たり前」というセリフには要注意。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION