執筆者:水口貴博

不安を解消する
30の方法

17
5

たまにはだらだらすることもあっていい。
ただし、
期限を設けること。

たまにはだらだらすることもあっていい。ただし、期限を設けること。 | 不安を解消する30の方法

だらだらしてもいいのです。

人間ですからだらだらしたくなるときもあります。

いつも緊張して張り詰めた状態で動いていては身が持ちません。

ナマケモノのようにゆったりしたくなるときもあります。

疲れているときはだらだらするのが一番。

だらだらするのは、それはそれで気持ちがいい。

無気力でスピード感のない状態ですが、だからいいのです。

身も心も締まりがないですが、全身が弛緩しかんしかんしているのでストレスを感じることがありません。

休憩するにはぴったりです。

しばらく無気力のままでいたいときもあるはずです。

ちょっと現実逃避したいときにも、だらだらするのが有効です。

ぼんやりしたりリラックスできたりして、心が落ち着くものです。

身も心も緩い状態ですが、そのだらりとした感覚が心地よいという人もいるでしょう。

だらだらする自分を責めないでください。

たまにはだらだらするのも悪くありません。

仕事に集中した後、トレーニングを頑張った後、休みの日などは、だらだらすることがあるでしょう。

日常ではだらだらすることもあって当然です。

だらだらするのも、有意義な時間の1つです。

ただし、だらだらするなら、ひとつ決めておきたいことがあります。

きちんと期限を設けましょう。

だらだらするときは、期限を設けておくこと

だらだらするのがいけないのではありません。

期限を設けず、延々とだらだらするのがいけないのです。

ずっとだらだらしたままではよくありません。

無期限にだらだらしていては、本当のナマケモノになってしまいます。

だからこそ、期限を設けることが大切になります。

だらだらするときは、きちんと期限を設けておきましょう。

「午後になったら気合を入れる」

「1時間の休憩が終わったら、スイッチを切り替える」

「明日になったら、また頑張る」

「この連休が終わったら、また仕事モードで頑張る」

きちんと期限を設ければ、むやみにだらだらすることはなくなります。

無駄な時間を過ごすことがなくなります。

そうすれば、だらだらしつつも有意義な時間を過ごせます。

不安を解消する方法(17)
  • だらだらするときは、きちんと期限を設けておく。
不安をお酒で紛らわせるのは、賢明な手段とは言えない。
酔いが覚めると、再び不安が襲ってくる。

不安を解消する30の方法
不安を解消する30の方法

  1. 不安をゼロにするのは不可能。<br>大切なのは、不安をなくすことではなく、小さくすること。
    不安をゼロにするのは不可能。
    大切なのは、不安をなくすことではなく、小さくすること。
  2. 不安を抱えているのはあなただけではない。<br>すべての人が持っている感情。
    不安を抱えているのはあなただけではない。
    すべての人が持っている感情。
  3. 紙に書き出すだけで、不安解消の扉が開く。
    紙に書き出すだけで、不安解消の扉が開く。
  4. 不安を放置しても、自然と消えることはない。<br>大きくなって返ってくる。
    不安を放置しても、自然と消えることはない。
    大きくなって返ってくる。
  5. 知恵が浮かぶから笑うのではない。<br>笑うから知恵が浮かぶ。
    知恵が浮かぶから笑うのではない。
    笑うから知恵が浮かぶ。
  6. 不安解消には「具体的なアクション」が欠かせない。
    不安解消には「具体的なアクション」が欠かせない。
  7. 不安をやる気に変えて行動する人が、成功する。
    不安をやる気に変えて行動する人が、成功する。
  8. 不安を吹き飛ばすコツは「次はきっとうまくいく!」という一言。
    不安を吹き飛ばすコツは「次はきっとうまくいく!」という一言。
  9. 厳しいだけの人は、嫌われる。<br>厳しくても愛のある人が、愛される。
    厳しいだけの人は、嫌われる。
    厳しくても愛のある人が、愛される。
  10. いい考え方と出会ったら、自分の考え方になったと思っていい。
    いい考え方と出会ったら、自分の考え方になったと思っていい。
  11. ドレッシングの量が気に入らなくても、むっとしない。<br>いつもと違ったパターンを楽しもう。
    ドレッシングの量が気に入らなくても、むっとしない。
    いつもと違ったパターンを楽しもう。
  12. 不安解消のアクションは「ゲーム」と考えてみよう。
    不安解消のアクションは「ゲーム」と考えてみよう。
  13. 命に直接関わること以外は、ささいな不安にすぎない。
    命に直接関わること以外は、ささいな不安にすぎない。
  14. 直感を信じることは、自分を信じることになる。
    直感を信じることは、自分を信じることになる。
  15. 目の前を歩く人が落とし物をしたら、あなたの出番。<br>さっと拾って急いで追いかけよう。
    目の前を歩く人が落とし物をしたら、あなたの出番。
    さっと拾って急いで追いかけよう。
  16. 不安は暇があるから考えてしまう。<br>不安を考える暇をなくせばいい。
    不安は暇があるから考えてしまう。
    不安を考える暇をなくせばいい。
  17. たまにはだらだらすることもあっていい。<br>ただし、期限を設けること。
    たまにはだらだらすることもあっていい。
    ただし、期限を設けること。
  18. 不安をお酒で紛らわせるのは、賢明な手段とは言えない。<br>酔いが覚めると、再び不安が襲ってくる。
    不安をお酒で紛らわせるのは、賢明な手段とは言えない。
    酔いが覚めると、再び不安が襲ってくる。
  19. 「不安」の前に「素晴らしい」を付けるだけで、印象がぱっと明るくなる。
    「不安」の前に「素晴らしい」を付けるだけで、印象がぱっと明るくなる。
  20. 夜は、不安が大きくなる時間帯。<br>昼は、不安が小さくなる時間帯。
    夜は、不安が大きくなる時間帯。
    昼は、不安が小さくなる時間帯。
  21. 不安を考えるから、不安を感じる。<br>不安を考えなければ、不安を感じない。
    不安を考えるから、不安を感じる。
    不安を考えなければ、不安を感じない。
  22. 実家に帰省したら、真っ先にお墓参りをしよう。<br>ご先祖様への感謝と供養の念は、スピードで見せること。
    実家に帰省したら、真っ先にお墓参りをしよう。
    ご先祖様への感謝と供養の念は、スピードで見せること。
  23. 人生という名の綱渡りは、期待と不安でバランスを取る。
    人生という名の綱渡りは、期待と不安でバランスを取る。
  24. どれだけ貧乏でも、希望だけは持ち続けること。<br>お金がなくても生きていけるが、希望をなくしたら生きていけない。
    どれだけ貧乏でも、希望だけは持ち続けること。
    お金がなくても生きていけるが、希望をなくしたら生きていけない。
  25. 不安解消に、瞑想ほど効果的な方法はない。
    不安解消に、瞑想ほど効果的な方法はない。
  26. 不安は、できるだけ口にしない。
    不安は、できるだけ口にしない。
  27. あなたが情報の海に溺れても、誰も助けてくれない。<br>自分で何とかするしかない。
    あなたが情報の海に溺れても、誰も助けてくれない。
    自分で何とかするしかない。
  28. 不安で眠れないときは、本が最高の睡眠薬。
    不安で眠れないときは、本が最高の睡眠薬。
  29. やることをやっても不安が止まらないときは、自分をなだめるのが一番。
    やることをやっても不安が止まらないときは、自分をなだめるのが一番。
  30. 次の不安を楽しみになるくらいでないと、人生はやっていけない。
    次の不安を楽しみになるくらいでないと、人生はやっていけない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION