食生活を豊かにする
30の方法

3
0

「おいしい」を口癖にすると、
食生活が豊かになる。

「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。 | 食生活を豊かにする30の方法

食生活を豊かにする口癖

食生活を豊かにする口癖があります。

「おいしい」です。

味がよいと思ったときに口ずさむ、定番の一言ですね。

口癖は本人の自由ですが、食生活を豊かにしたいなら「おいしい」という口癖を身につけておくのがおすすめです。

味の感じ方が向上します。

目の前の食事がより素晴らしく感じるようになります。

「おいしい」と言うと、おいしく感じる力が強くなる

なぜおいしいを口癖にすると、おいしく感じられるのか。

おいしく感じようとする意識が強くなり、活性化されるからです。

「おいしい」と言うことで、できるだけおいしく感じようと意識が向きます。

味覚の働きが高まって、味やおいしさを感じ取る力が強くなります。

普通の味のものは、おいしく感じられるようになります。

もともとおいしいものは、ますますおいしく感じるようになります。

ポジティブな気持ちにもなるので、目の前の食事がより素晴らしく感じるようになります。

結果として、日常に存在する料理や食べ物が、すべて素晴らしく見えてきます。

おいしいから、おいしいと言うのではありません。

おいしいと言うから、おいしくなるのです。

おいしいとする基準は緩くていい

味がよくて感動したときだけ、おいしいと言うのではありません。

普通の味・まあまあの味のときも、おいしいと言ってしまいましょう。

辛いものや苦いものを食べたときも、おいしいと言ってOKです。

何かを食べるたびに「おいしい」と言ってしまうことです。

おいしいとする基準は緩くていい。

基準は緩くなれば、おいしく感じる範囲が広がります。

おいしいと言わなくて失礼になることはあっても、おいしいと言って失礼になることはありません。

おいしいの言いすぎにルール違反はありません。

おいしいは、食生活を豊かにする魔法の言葉

嘘でも縁起でもいいので、おいしいと言ってみてください。

味覚が豊かになって、おいしく感じる範囲が広がります。

「苦いな」と思ったとき、試しに「おいしい」と言ってみてください。

味の感じ方がポジティブになって「苦くておいしい」に変わるでしょう。

おいしく楽しめる幅が広がることで、おいしいものが増えていき、食生活も華やかになっていきます。

おいしいという口癖を身につけるだけで、食生活が豊かになっていきます。

「おいしい」という口癖を身につければ、ほとんどのものがおいしく感じられるようになります。

女性に「かわいい、かわいい」という口癖があるように「おいしい、おいしい」という口癖を身につけましょう。

おいしいは、食生活を豊かにする魔法の言葉です。

あなたの口癖は「おいしい」で決まり

おいしいという口癖を身につけましょう。

普段から言っているなら、もっと頻度を上げましょう。

言いすぎることはありません。

「口癖は何?」と聞かれたら「おいしい」と答えるようにしましょう。

周りから「おいしいが口癖だね」「いつもおいしいって言っているね」と言われるようになれば合格です。

あなたの口癖は「おいしい」で決まりです。

食生活を豊かにする方法(3)
  • 「おいしい」という口癖を身につける。
食事をおいしくいただくためのおまじない。
手を合わせて笑顔で「いただきます」。

食生活を豊かにする30の方法
食生活を豊かにする30の方法

  1. まず食べることに、幸せを感じる。
    まず食べることに、幸せを感じる。
  2. 食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
    食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
  3. 「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
    「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
  4. 食事をおいしくいただくためのおまじない。<br>手を合わせて笑顔で「いただきます」。
    食事をおいしくいただくためのおまじない。
    手を合わせて笑顔で「いただきます」。
  5. 「朝から大好物を食べる」という選択肢もあっていい。
    「朝から大好物を食べる」という選択肢もあっていい。
  6. 食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
    食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
  7. 「まずい」とは言わない。<br>「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
    「まずい」とは言わない。
    「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
  8. 日々の食事は、褒めるトレーニング。
    日々の食事は、褒めるトレーニング。
  9. 早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
    早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
  10. 不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。<br>文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
    不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。
    文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
  11. あなたの健康運は、食べるもので決まる。
    あなたの健康運は、食べるもので決まる。
  12. 挨拶を交わせる店員さんを増やしていくことが、食生活の豊かさにつながる。
    挨拶を交わせる店員さんを増やしていくことが、食生活の豊かさにつながる。
  13. いらいらしたら料理を作ろう。<br>ストレス発散の効果が抜群。
    いらいらしたら料理を作ろう。
    ストレス発散の効果が抜群。
  14. 割引券を使うなら、早めに使おう。
    割引券を使うなら、早めに使おう。
  15. 風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
    風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
  16. あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
    あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
  17. 腕時計を外してみると、時間を忘れて食事ができる。
    腕時計を外してみると、時間を忘れて食事ができる。
  18. 食器のグレードアップは、食生活のグレードアップ。
    食器のグレードアップは、食生活のグレードアップ。
  19. 1日3食にとらわれない。<br>1日2食以下でもいい。<br>1日4食以上でもいい。
    1日3食にとらわれない。
    1日2食以下でもいい。
    1日4食以上でもいい。
  20. 昨日の食事すべてを思い出せますか。
    昨日の食事すべてを思い出せますか。
  21. 今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
    今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
  22. 食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
    食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
  23. 空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
    空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
  24. 料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
    料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
  25. 同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
    同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
  26. おいしいお店を紹介すると、おいしいお店を紹介される。
    おいしいお店を紹介すると、おいしいお店を紹介される。
  27. 急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
    急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
  28. あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
    あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
  29. 大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
    大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
  30. 食べたものを記録してみよう。<br>食日記は、健全な食生活を促す習慣。
    食べたものを記録してみよう。
    食日記は、健全な食生活を促す習慣。

同じカテゴリーの作品

4:22
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION