食生活

食生活を豊かにする
30の方法

1
24

料理を作る立場を経験すると、
もっと料理が味わい深くなる。

料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。 | 食生活を豊かにする30の方法

作る立場も経験してみる

 

豊かな食生活を実現させるために、一度は経験しておきたいことがあります。

それは「料理を作る立場」です。

子供の頃は、親が作ってくれた料理を食べることが大半でしょう。

レストランに入ってメニューを注文すれば、出来上がった料理が出てきます。

お店やコンビニに行けば、出来上がったお弁当やお総菜を買って食べることが多いでしょう。

目の前に出てきた料理を食べるのもいいですが、料理ができるまでにはプロセスがあります。

食生活を豊かにするなら、料理を作る立場を経験してみましょう。

 

たとえば、カレーです。

シンプルな料理の定番です。

シンプルなカレーとはいえ、作る立場になると、思った以上に苦労があることに気づかされます。

まず食材を買いに行くところから始めなければいけません。

ご飯を炊いたり、ルーを溶かしたり、包丁で具材を切ったりすることが必要です。

野菜を鍋に入れる順番を考えなければいけません。

料理を作る経験をしてみれば、いかに料理を作るのが大変なのかがわかります。

カレーに限ったことではありません。

煮物でもいため物でも揚げ物でも何でもそうです。

ちょっとしたおかずでも、そこには手間暇がかかっています。

少し間違えると、変な味になります。

シンプルな単品料理でも、実際に作る立場になると、意外と手間暇がかかることを実感できるでしょう。

ちょっとした盛り付けにも、色や見栄えなど、工夫や試行錯誤が必要であることに気づかされるでしょう。

食事を作る大変さが身にしみれば、食事をするとき感謝の気持ちが湧いて、よりおいしく味わえるようになります。

「これを作るのは大変なんだよね」と思うようになるだけでも違います。

一度作る立場を経験しておけば、食の視野が広がります。

 

迷ったら焼き飯から始めよう

 

「どこから始めていいかわからない」

そんなときは、焼き飯から取り組んでみてはいかがでしょうか。

初心者向けにはうってつけの料理です。

焼き飯であれば、ご飯と冷蔵庫にある残り物で手軽に作れます。

初心者でも取り組みやすく、適当でも作れてしまうでしょう。

料理の腕が上がって余裕が出てくれば、ほかの料理にも幅を広げてチャレンジしていけばOKです。

 

 

作る苦労を知っておけば、食べる幸せも倍増する

 

「料理を作る立場になったことが一度もない」

そういう人は、なおさら社会勉強の1つとして、一度チャレンジしてみる価値はあります。

もちろん上手に作れなくてもかまいません。

手の込んだ料理や本格的な料理である必要もありません。

あくまで作る立場の苦労を理解することが目的ですから、最初はシンプルな料理で十分です。

食の理解が深まるにつれて、よりおいしく感じられ、感謝の念が湧いてくるようになります。

毎日親が一生懸命作ってくれた料理の価値やありがたみが、身にしみるほどよくわかるようになります。

「いただきます」「ごちそうさま」という言葉の重みも再確認できるでしょう。

手の込んだ料理を見れば、もはや芸術作品のように感じるはずです。

作る苦労を知っておけば、食べる幸せも倍増するのです。

食生活を豊かにする方法(24)
  • 食べる立場だけでなく、作る立場も経験してみる。
同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。

もくじ
食生活を豊かにする30の方法
料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。 | 食生活を豊かにする30の方法

  1. まず食べることに、幸せを感じる。
    まず食べることに、幸せを感じる。
  2. 食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
    食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
  3. 「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
    「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
  4. 食事をおいしくいただくためのおまじない。<br>手を合わせて笑顔で「いただきます」。
    食事をおいしくいただくためのおまじない。
    手を合わせて笑顔で「いただきます」。
  5. 「朝から大好物を食べる」という選択肢もあっていい。
    「朝から大好物を食べる」という選択肢もあっていい。
  6. 食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
    食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
  7. 「まずい」とは言わない。<br>「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
    「まずい」とは言わない。
    「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
  8. 日々の食事は、褒めるトレーニング。
    日々の食事は、褒めるトレーニング。
  9. 早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
    早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
  10. 不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。<br>文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
    不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。
    文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
  11. あなたの健康運は、食べるもので決まる。
    あなたの健康運は、食べるもので決まる。
  12. 挨拶を交わせる店員さんを増やしていくことが、食生活の豊かさにつながる。
    挨拶を交わせる店員さんを増やしていくことが、食生活の豊かさにつながる。
  13. いらいらしたら料理を作ろう。<br>ストレス発散の効果が抜群。
    いらいらしたら料理を作ろう。
    ストレス発散の効果が抜群。
  14. 割引券を使うなら、早めに使おう。
    割引券を使うなら、早めに使おう。
  15. 風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
    風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
  16. あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
    あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
  17. 腕時計を外してみると、時間を忘れて食事ができる。
    腕時計を外してみると、時間を忘れて食事ができる。
  18. 食器のグレードアップは、食生活のグレードアップ。
    食器のグレードアップは、食生活のグレードアップ。
  19. 1日3食にとらわれない。<br>1日2食以下でもいい。<br>1日4食以上でもいい。
    1日3食にとらわれない。
    1日2食以下でもいい。
    1日4食以上でもいい。
  20. 昨日の食事すべてを思い出せますか。
    昨日の食事すべてを思い出せますか。
  21. 今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
    今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
  22. 食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
    食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
  23. 空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
    空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
  24. 料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
    料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
  25. 同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
    同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
  26. おいしいお店を紹介すると、おいしいお店を紹介される。
    おいしいお店を紹介すると、おいしいお店を紹介される。
  27. 急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
    急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
  28. あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
    あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
  29. 大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
    大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
  30. 食べたものを記録してみよう。<br>食日記は、健全な食生活を促す習慣。
    食べたものを記録してみよう。
    食日記は、健全な食生活を促す習慣。

同じカテゴリーの作品