食生活

食生活を豊かにする
30の方法

1
22

空腹は、
おいしさを高める最高の調味料。

空腹は、おいしさを高める最高の調味料。 | 食生活を豊かにする30の方法

おいしく感じるためのシンプルな方法とは

 

「おいしいものを食べたい」

そう思ったとき、あなたなら何をイメージしますか。

最初に思い浮かべるのは「大好物」ではないでしょうか。

大好物はもともと好きな食べものなので、特別おいしく感じるでしょう。

人によっては「高級料理」をイメージすることもあるかもしれません。

高級食材を使った凝った料理は、味も見た目も素晴らしく、おいしく味わえるに違いありません。

しかし、実はもっと手軽に簡単な方法で実現できる方法があります。

しかも0円で実現できます。

空腹なのです。

しっかりおなかをすかせておけばいいだけです。

普通の食べものも、おなかがすいていれば、普段よりおいしく感じられます。

おなかがすいていればいるほど、特別おいしく感じられます。

 

空腹のときなら、何を食べてもおいしく感じられる

 

胃の中を空っぽにしておき、おなかがぺこぺこの状態にしておきます。

おなかがすいていればいるほど、食欲が高まるため、普段よりおいしく感じられます。

何を食べてもおいしく感じられます。

おなかがすいているときに食べものを食べたとき「おいしい!」と感動したことがあるのではないでしょうか。

 

もし本当におなかがぺこぺこの状態であれば、感動するほどおいしく感じるでしょう。

シンプルな塩おにぎりでさえ「なんておいしいのだろう!」と心を強く動かされるはずです。

おいしさを感じたいとき「何を食べるか」も大切ですが「どれだけおなかがすいているか」も大切です。

 

空腹と大好物を組み合わせれば、最高です。

おなかがぺこぺこのときに大好物を食べれば、あまりにおいしくて涙を流すほど感動できるでしょう。

「なんておいしいのだろう!」と食の幸せを堪能できるはずです。

 

 

空腹は、おいしさを高める最高の調味料

 

お金がかからないシンプルな方法ですが、効果は絶大です。

おなかをすかせるまでに根気と時間が必要ですが、たまにはそういう食べ方を楽しんでみるのも面白いでしょう。

仕事や勉強を通してしっかり活動しておけば、おなかもすくのも早くなります。

空腹は、おいしさを高める最高の調味料です。

食生活を豊かにする方法(22)
  • おいしく食べたいときは、しっかりおなかをすかせておく。
料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。

もくじ
食生活を豊かにする30の方法
空腹は、おいしさを高める最高の調味料。 | 食生活を豊かにする30の方法

  1. まず食べることに、幸せを感じる。
    まず食べることに、幸せを感じる。
  2. 食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
    食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
  3. 食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
    食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
  4. 食事をおいしくいただくためのおまじない。<br>手を合わせて笑顔で「いただきます」。
    食事をおいしくいただくためのおまじない。
    手を合わせて笑顔で「いただきます」。
  5. 「まずい」とは言わない。<br>「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
    「まずい」とは言わない。
    「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
  6. 食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
    食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
  7. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  8. 早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
    早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
  9. 不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。<br>文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
    不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。
    文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
  10. あなたの健康運は、食べるもので決まる。
    あなたの健康運は、食べるもので決まる。
  11. 1日3食にとらわれない。<br>1日2食以下でもいい。<br>1日4食以上でもいい。
    1日3食にとらわれない。
    1日2食以下でもいい。
    1日4食以上でもいい。
  12. いらいらしたら料理を作ろう。<br>ストレス発散の効果が抜群。
    いらいらしたら料理を作ろう。
    ストレス発散の効果が抜群。
  13. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  14. 風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
    風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
  15. あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
    あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
  16. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  17. 食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
    食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
  18. 食べたいものから食べよう。<br>後回しにしていると、ろくなことにならない。
    食べたいものから食べよう。
    後回しにしていると、ろくなことにならない。
  19. 昨日の食事すべてを思い出せますか。
    昨日の食事すべてを思い出せますか。
  20. 今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
    今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
  21. 食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
    食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
  22. 空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
    空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
  23. 料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
    料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
  24. 同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
    同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
  25. 「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
    「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
  26. 急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
    急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
  27. あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
    あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
  28. 寂しいときや落ち込んでいるときは、おいしいものを食べよう。
    寂しいときや落ち込んでいるときは、おいしいものを食べよう。
  29. 大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
    大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品