食の喜びと感動を増やす
30の言葉

2
0

食の感動体験は、
やってくるものではなく、
出会いに行くもの。

食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。 | 食の喜びと感動を増やす30の言葉

食の感動体験はどこにあるのか

食の感動体験を待っていませんか。

「どこかにおいしいものはないかな」

「誰かおいしいものをプレゼントしてくれないかな」

「誰かいいレストランを見つけて紹介してくれないかな」

チャンスが訪れるのをじっと待っている人もいるでしょう。

食の感動体験をしたくて、天に祈っている人もいるかもしれません。

残念ですが、じっと待っていたところで、不毛な時間が過ぎるばかりでしょう。

あったとしても本当にまれです。

食の感動体験は、やってくるものではないからです。

食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの

食の感動体験は、やってくるものではありません。

出会いに行くものです。

受動的にならないことです。

食の感動体験がしたいなら、積極的なアクションが大切です。

こちらからアクションを起こしていくほうが早い。

食の感動体験をしたいなら、まず外に出て、繁華街を歩き回りましょう。

パン屋さん、お菓子屋さん、デパートの食品売り場。

いろいろなところを見て回れば、おいしいものと出会える可能性がアップします。

動けば動くほど、食の発見・食の感動体験に恵まれます。

食の感動体験のために、こちらからアクションを起こしていこう

美食を堪能したいなら、評判のいいレストランを探して、実際に行ってみましょう。

運任せではなく、こちらから探し出すことが可能です。

雑誌やインターネットを使えば、すぐ見つけられるでしょう。

玉石混交で信用できる情報とは限りませんが、少なくとも参考にする価値はあるでしょう。

気になるお店があれば、実際に入ってみましょう。

横を通り過ぎたり遠くから眺めたりするだけでは何も始まりません。

勇気を出して入ってみれば、初めて見る光景が広がっているでしょう。

おいしい料理があれば、おいしい食体験ができます。

面白い料理や珍しい料理があって、新しい食体験ができることもあるでしょう。

1人で行くのが恥ずかしいなら、友人を誘えばOKです。

チラシや新聞広告で気になる商品を見かけたら、試しに注文してみるといいでしょう。

「これはどんなものだろう。食べてみたい」

ぴんときたら、熱が冷めないうちにさっそく注文です。

軽いフットワークが重要です。

高価なものなら慎重になるところですが、たいていは安く手に入るものでしょう。

遠くにあって買いに行けなくても、配送してもらえば、すぐ手に入ります。

食の感動体験をしたいなら「こちらから出会いに行く」という意識が大切です。

これが積極的なアクションです。

時にはハズレを引くこともありますが、ごあいきょうです。

少なくとも勇気を出して実際に動いた経験は残ります。

食の感動体験はほかに代えることができない

お金がかかってもいいのです。

お金がかかるとしても、食の感動体験ができるのなら有意義な使い方です。

心身の健康につながるだけでなく、サービスを学べたり経験として残ったりアイデアのヒントが得られたりします。

感動体験によってあなたの視野と世界観が広がるでしょう。

成長につながるなら、投資の1つになります。

手や足をしっかり動かしてください。

見るだけで終わらせるのではなく、具体的な行動をすることです。

恥ずかしがらず、勇気を出してください。

こちらからどんどんアクションを起こしていきましょう。

その気になれば、今日中に食の感動体験を実現することも可能です。

食の感動体験はほかに代えることができません。

食の喜びと感動を増やす言葉(2)
  • 食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行く。
食欲があることは、素晴らしいこと。

食の喜びと感動を増やす30の言葉
食の喜びと感動を増やす30の言葉

  1. 幸せな人は、おいしさの幅が広い。
    幸せな人は、おいしさの幅が広い。
  2. 食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。
    食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。
  3. 食欲があることは、素晴らしいこと。
    食欲があることは、素晴らしいこと。
  4. とてもおいしいときだけ喜ぶのではない。<br>ちょっとおいしいときもきちんと喜ぼう。
    とてもおいしいときだけ喜ぶのではない。
    ちょっとおいしいときもきちんと喜ぼう。
  5. 食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。<br>食費にお金をかけることは、自分のため。
    食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。
    食費にお金をかけることは、自分のため。
  6. お店に入るのに理由はいらない。<br>「なんとなく」でいい。
    お店に入るのに理由はいらない。
    「なんとなく」でいい。
  7. 私たちは、歴史を食べている。
    私たちは、歴史を食べている。
  8. 下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。
    下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。
  9. 間食とはいえ、れっきとした食事の1つ。<br>量は少なくても、じっくり味わう。
    間食とはいえ、れっきとした食事の1つ。
    量は少なくても、じっくり味わう。
  10. おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。
    おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。
  11. カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。
    カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。
  12. 今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。
    今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。
  13. 新しいお店は、自宅の近所にある。
    新しいお店は、自宅の近所にある。
  14. 未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。
    未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。
  15. おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。
    おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。
  16. おいしいお店を見つけるのも、才能。
    おいしいお店を見つけるのも、才能。
  17. 「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。
    「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。
  18. 食べるのが遅いのは、幸せなことである。
    食べるのが遅いのは、幸せなことである。
  19. 人気店・有名店を否定しない。
    人気店・有名店を否定しない。
  20. 食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
    食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
  21. 地球上にある全種類の食べ物を食べるつもりになる。
    地球上にある全種類の食べ物を食べるつもりになる。
  22. 「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。
    「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。
  23. まずくても、いらいらしない。<br>「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。
    まずくても、いらいらしない。
    「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。
  24. 年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。<br>少量の範囲で楽しめばいい。
    年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。
    少量の範囲で楽しめばいい。
  25. お店は今日もあなたを呼んでいる。<br>「おいで、おいで」という声に気づこう。
    お店は今日もあなたを呼んでいる。
    「おいで、おいで」という声に気づこう。
  26. おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。
    おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。
  27. クローシュは、自分で開けないのがマナー。<br>お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。
    クローシュは、自分で開けないのがマナー。
    お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。
  28. 「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。
    「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。
  29. 全額負担の順番は交互でなくていい。<br>最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。
    全額負担の順番は交互でなくていい。
    最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。
  30. 食べるという行為は、生きているうちしかできない。<br>「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。
    食べるという行為は、生きているうちしかできない。
    「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION