健康のためになる
30の散歩術

12
6

健康で大切なのは
「1日に歩いた歩数」より
「歩き続けた日数」。

健康で大切なのは「1日に歩いた歩数」より「歩き続けた日数」。 | 健康のためになる30の散歩術

「1日に何歩歩けば、健康になれるのだろうか」

健康維持には、やはり目標がなくてはなりません。

このくらい歩くべきという具体的な数字があれば、取り組みやすくなるでしょう。

往々にして、ここでほとんどの人が勘違いをします。

たしかに歩く歩数は大切ですが、もっと大切なのは「歩き続けた日数」です。

たとえば「1日5,000歩」と考えましょう。

1日5,000歩は、少し頑張ればすぐ達成できます。

運動が得意な人なら、少し甘い目標かもしれません。

しかし、それでもいい。

これを確実に、365日、毎日続けられるなら、間違いなく効果があります。

健康で大切なのは「歩いた歩数」より「歩き続けた日数」です。

「いかに継続できるか」

これが重要です。

たとえ5,000歩でも、きちんと毎日続けられるなら、確実に効果があります。

続けるからこそ積み重ねができ、健康面にいい影響を及ぼします。

1日に歩く歩数の大小はあっていいので、とにかく毎日続けることです。

5,000歩のときもあれば、7,000歩のときがあってもいい。

「1日に歩いた歩数」を意識しすぎていませんか。

たしかに1日に歩く歩数は大切ですが、1日に歩く歩数を意識するなら、毎日継続することに意識を向けたほうがいいのです。

健康のためになる散歩術(12)
  • 「1日に歩いた歩数」より「歩き続けた日数」を意識する。
健康を意識するなら、最低でも1日5,000歩は歩くべきだ。

健康のためになる30の散歩術
健康のためになる30の散歩術

  1. なぜ、老いるときには、あっという間に老いるのか。
    なぜ、老いるときには、あっという間に老いるのか。
  2. ウォーキング初心者は「歩数単位」より「時間単位」で始めるほうがうまくいく。
    ウォーキング初心者は「歩数単位」より「時間単位」で始めるほうがうまくいく。
  3. 「たった3分だけ歩こう」そう思うほうが始めやすい。
    「たった3分だけ歩こう」そう思うほうが始めやすい。
  4. 歩数計は、歩数を測るだけの道具ではない。<br>やる気を発生させる効果もある。
    歩数計は、歩数を測るだけの道具ではない。
    やる気を発生させる効果もある。
  5. 高機能な歩数計は、よきアドバイザー役になる。
    高機能な歩数計は、よきアドバイザー役になる。
  6. スポーツにかけるお金は、健康への投資であり、医療費の節約と考える。
    スポーツにかけるお金は、健康への投資であり、医療費の節約と考える。
  7. 外を歩くだけで、自然と免疫力が上がる。
    外を歩くだけで、自然と免疫力が上がる。
  8. 人生を決める分岐点は、学生時代だけではない。<br>社会人になってからもある。
    人生を決める分岐点は、学生時代だけではない。
    社会人になってからもある。
  9. 自分の平熱は把握しているのに、1日の歩数を把握していない人は、多い。
    自分の平熱は把握しているのに、1日の歩数を把握していない人は、多い。
  10. 睡眠時間はためられないが、歩いた歩数ならためることができる。
    睡眠時間はためられないが、歩いた歩数ならためることができる。
  11. ウォーキングの目標は「1日単位」より「1週間単位」のほうがうまくいく。
    ウォーキングの目標は「1日単位」より「1週間単位」のほうがうまくいく。
  12. 健康で大切なのは「1日に歩いた歩数」より「歩き続けた日数」。
    健康で大切なのは「1日に歩いた歩数」より「歩き続けた日数」。
  13. 健康を意識するなら、最低でも1日5,000歩は歩くべきだ。
    健康を意識するなら、最低でも1日5,000歩は歩くべきだ。
  14. なぜ、足は第2の心臓と呼ばれるのか。
    なぜ、足は第2の心臓と呼ばれるのか。
  15. ウォーキングの初心者は、坂道や不安定な道は避けておきたい。
    ウォーキングの初心者は、坂道や不安定な道は避けておきたい。
  16. きれいな姿勢で歩く、3つのチェックポイント。
    きれいな姿勢で歩く、3つのチェックポイント。
  17. 大型デパートは、楽しみながら歩ける散歩コースの穴場。
    大型デパートは、楽しみながら歩ける散歩コースの穴場。
  18. 歩く習慣は、老若男女が死ぬまで一生楽しめるスポーツだ。
    歩く習慣は、老若男女が死ぬまで一生楽しめるスポーツだ。
  19. 大きな目印があると、歩きやすくなる。
    大きな目印があると、歩きやすくなる。
  20. 年を取るにつれて、運動量は増やさなければいけない。
    年を取るにつれて、運動量は増やさなければいけない。
  21. ウォーキングが大変だと思っている本当の正体。
    ウォーキングが大変だと思っている本当の正体。
  22. 水中ウォーキングには、陸の上ではできないメリットがある。
    水中ウォーキングには、陸の上ではできないメリットがある。
  23. 気分転換には、コーヒーより散歩のほうが効果的。
    気分転換には、コーヒーより散歩のほうが効果的。
  24. 空腹状態でのウォーキングは控える。<br>特に朝は要注意。
    空腹状態でのウォーキングは控える。
    特に朝は要注意。
  25. なぜ、食事をした直後の運動は、おなかが痛くなるのか。
    なぜ、食事をした直後の運動は、おなかが痛くなるのか。
  26. 「激しい運動かどうか」の基準は「走る運動かどうか」でわかれる。
    「激しい運動かどうか」の基準は「走る運動かどうか」でわかれる。
  27. 自動販売機やコンビニを利用すれば、ペットボトルを持ち歩く手間から解放される。
    自動販売機やコンビニを利用すれば、ペットボトルを持ち歩く手間から解放される。
  28. 歩きながらの計算で、右脳だけでなく左脳も鍛える。
    歩きながらの計算で、右脳だけでなく左脳も鍛える。
  29. ただ歩くだけで、多くの筋肉を同時に鍛えることができる。
    ただ歩くだけで、多くの筋肉を同時に鍛えることができる。
  30. なぜ山登りを始めると、足が止まらなくなるのか。
    なぜ山登りを始めると、足が止まらなくなるのか。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION