自分を高める
30の方法

13
0

心の状態を体温に例えると、
わかりやすくなる。

心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。 | 自分を高める30の方法

心の状態を正確に表現するのは、なかなか難しい

私たちが心の状態を表現するとき、副詞や形容詞を使うのが一般的です。

たとえば「ちょっと落ち込んでいる」「かなりいらいらしている」「本当に怒っている」などです。

よく聞かれる表現ですが、わかりにくいところもあります。

「ちょっと」「かなり」「本当に」という言葉には、幅があります。

人によって感じ方が違う上、主観も混じっているため、正確に伝えにくいものです。

こんなときに役立つ表現方法があります。

「心の状態を体温に例える」という方法です。

体温に例えることのメリットは「数字で表現できる」ということ

体温は私たちにとって、最も身近な数字の1つです。

自分の平熱を基準に低い温度や高い温度で言い換えると、わかりやすく表現しやすくなります。

自分の身に置き換えてイメージしやすくなり、良しあしの程度を実感しやすくなります。

体温に例えることのメリットは「数字で表現できる」ということです。

言葉による説明だけでは曖昧で抽象的になりがちですが、数字を使えば、正確かつ具体的に表現できます。

心の状態を体温に例えてみよう

元気がない状態なら、低い体温に例えてみます。

「少し落ち込んでいて元気がない、体温に例えると35度5分くらい」

「35度5分」という数字で表すことで、不調の程度が伝わりやすくなります。

自分の身に置き換えて想像することで、悪寒が感じられるでしょう。

逆にいらいらしているときには、高い温度で表現しましょう。

「少しいらいらしている、体温に例えると、37度5分くらいかな」

「37度5分」は微熱です。

頭に血が上っていて、熱くなっている様子がイメージしやすくなるでしょう。

直感的に、ほてった感じだとわかります。

怒りに震えているなら、さらに高い体温で表現してみます。

「今ものすごくいらいらして、爆発しそう。体温に例えると、39度か40度くらい」

体温で39度や40度は明らかに高熱であり、大変危険な状態です。

死にそうなほど熱くたまらないイメージが湧いてくるでしょう。

トラブルが収まり、心が正常に戻ったなら、平熱で伝えてみます。

「気持ちが落ち着きました。体温に例えると36度5分。まったく普段どおりです」

「普通」という言葉も悪くありませんが、体温を使って数字に例えて表現すると、説得力が増します。

自分の心の状態を伝えるときには、わかりやすく表現する工夫も大切です。

この表現方法を身につけることで、あなたのコミュニケーション能力がアップにつながります。

自分を高める方法(13)
  • 心の状態を表現するときは、体温に例えてみる。
人の悪口を言うのはNG。
自分の悪口を言うのもNG。

自分を高める30の方法
自分を高める30の方法

  1. 向上心を持つことも、向上の1つ。
    向上心を持つことも、向上の1つ。
  2. 「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
    「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
  3. 「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。<br>「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
    「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。
    「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
  4. 「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
    「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
  5. 「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
    「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
  6. 見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
    見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
  7. くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。<br>仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
    くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。
    仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
  8. 応援されないとできないことは、好きなことではない。<br>才能は、応援されなくてもできるところにある。
    応援されないとできないことは、好きなことではない。
    才能は、応援されなくてもできるところにある。
  9. 何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
    何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
  10. 決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
    決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
  11. 眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
    眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
  12. 譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
    譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
  13. 心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
    心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
  14. 人の悪口を言うのはNG。<br>自分の悪口を言うのもNG。
    人の悪口を言うのはNG。
    自分の悪口を言うのもNG。
  15. 体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
    体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
  16. 遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。<br>「大丈夫でしたか」と優しく接する。
    遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。
    「大丈夫でしたか」と優しく接する。
  17. 同じ靴を2日続けて履かない。<br>昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
    同じ靴を2日続けて履かない。
    昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
  18. 不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
    不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
  19. 負けてもいい。<br>損をしてもいい。<br>トータルで勝って、得をすればいい。
    負けてもいい。
    損をしてもいい。
    トータルで勝って、得をすればいい。
  20. 落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。<br>元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
    落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。
    元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
  21. 準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
    準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
  22. 本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
    本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
  23. 初対面から深い話をしてもいい。
    初対面から深い話をしてもいい。
  24. 小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
    小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
  25. どん底ではない。<br>どん底にいると思い込んでいるだけだ。
    どん底ではない。
    どん底にいると思い込んでいるだけだ。
  26. いつも無難な服ばかりになっていませんか。<br>たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
    いつも無難な服ばかりになっていませんか。
    たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
  27. 抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
    抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
  28. 嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。<br>理由は後から考える。
    嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。
    理由は後から考える。
  29. 相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。<br>相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
    相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。
    相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
  30. 残り時間は少なくてもいい。<br>時間が限られているほうが、たくさんのことができる。
    残り時間は少なくてもいい。
    時間が限られているほうが、たくさんのことができる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION