執筆者:水口貴博

心の不安を取り除く
30の言葉

25
1

共感は、
求めるものではない。
自然と生まれるものだ。

共感は、求めるものではない。自然と生まれるものだ。 | 心の不安を取り除く30の言葉

共感を得る手軽なツールとして、SNSが人気です。

共感は支持です。

共感は快感です。

多くの人に共感されると、それだけ多くの支持を受けたことになり、快感を覚えるでしょう。

「わかります!」「共感します!」と言われると、とても気持ちがいいもの。

頑張ってきたことが報われた気がします。

疲れも一気に吹き飛び、承認欲求も満たされます。

共感が多ければ多いほど、自分が人気者になったような感覚を覚えるでしょう。

SNSで発信する際、できるだけ共感されるような言葉を選んでいる人も多いはずです。

もちろん共感されたい気持ちは誰にでもあるものであり、それ自体は悪いことではありません。

しかし、エスカレートすると話は変わります。

共感を求める気持ちが強くなるにつれて、人目を気にすることにつながります。

発言や行動の基準が、自分軸ではなく他人軸になっています。

できるだけ多くの人に共感されようとすると、それだけ多くの人を意識するようになります。

共感を重視すればするほど、周りの目を気にしなければいけなくなってストレスを感じます。

「どんな発言をすると共感されるか」といったことばかり考えるようになり、自分の気持ちが後回しになる。

ここまでくると、もはや共感中毒です。

共感されるために発言や行動を意識することほど愚かなことはありません。

共感を得るために必死になればなるほど、自分の本心が陰に隠れていき、いずれ自分を見失うことになるのです。

共感について大事な心得があります。

共感は、求めるものではありません。

自然と生まれるものです。

積極的になるものではなく、勝手にされるものと考えてください。

わざわざ共感されるために行動しないことです。

発言や行動の際、共感されるかどうか意識する必要はありません。

共感されたらされたで嬉しいですが、共感されなくても気にしないことです。

「共感されたらラッキー」と思うくらいでいいのです。

「自分のやりたいようにやっていたら、いつの間にか共感されていた」というのが理想です。

あなたの好きなようにしてください。

やりたいことも、好きなことも、叶えたい夢も、あくまで自分の気持ちが第一です。

発言も行動も生き方も、自分の意思を尊重して、自分の軸で進めていくことです。

共感されなくても気にしません。

周りからどう思われようと関係なし。

思ったことも感じたことも、素直にありのまま発信することです。

そんな中、意図せず人から共感されることがあります。

それで十分です。

共感は、求めるものではなく、自然と生まれるものなのです。

心の不安を取り除く言葉(25)
  • わざわざ共感されるような発言や行動を意識しない。
普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。
「何かあって余裕がないのだろう」

心の不安を取り除く30の言葉
心の不安を取り除く30の言葉

  1. 不安や寂しさは、ダンスのパートナー。
    不安や寂しさは、ダンスのパートナー。
  2. 不安は、誰かに話すだけで軽くなる。
    不安は、誰かに話すだけで軽くなる。
  3. 心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
    心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
  4. 他人が持っているものを羨むのではない。<br>自分が持っているものを大切にしよう。
    他人が持っているものを羨むのではない。
    自分が持っているものを大切にしよう。
  5. 「悩んでいるのはささいなこと」と思えば、心の苦しみは今すぐ軽くなる。
    「悩んでいるのはささいなこと」と思えば、心の苦しみは今すぐ軽くなる。
  6. 世界を変えるのは実は簡単。<br>自分が変わればいい。
    世界を変えるのは実は簡単。
    自分が変わればいい。
  7. いらいらを感じてしまうのは、半径5メートルの人間関係だ。
    いらいらを感じてしまうのは、半径5メートルの人間関係だ。
  8. 電話を切った直後の一言が、あなたの本音。
    電話を切った直後の一言が、あなたの本音。
  9. 「大丈夫?」と聞かれたとき「大丈夫」と返事するのがパターン化されていませんか。
    「大丈夫?」と聞かれたとき「大丈夫」と返事するのがパターン化されていませんか。
  10. 感情を抑えるたびに、頑張った自分を褒めていい。
    感情を抑えるたびに、頑張った自分を褒めていい。
  11. 自然と嫌われるのはいい。<br>わざと嫌われるのはいけない。
    自然と嫌われるのはいい。
    わざと嫌われるのはいけない。
  12. 焦りがあると、できることもできなくなる。
    焦りがあると、できることもできなくなる。
  13. 禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
    禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
  14. 気持ちの切り替えに時間がかかると思っていないか。
    気持ちの切り替えに時間がかかると思っていないか。
  15. 予感も直感の1つ。<br>嫌な予感がしたら、念のため確認を取っておくほうがいい。
    予感も直感の1つ。
    嫌な予感がしたら、念のため確認を取っておくほうがいい。
  16. できないことは「できない」と答えるのが正解。
    できないことは「できない」と答えるのが正解。
  17. 「つまらない」と言う人は、いつの間にか損をしている。
    「つまらない」と言う人は、いつの間にか損をしている。
  18. ごみ箱に捨ててから「やっぱり必要かな」と思ったとき、どうするか。
    ごみ箱に捨ててから「やっぱり必要かな」と思ったとき、どうするか。
  19. 人は、車を1人で運転するとき、本性が現れる。
    人は、車を1人で運転するとき、本性が現れる。
  20. 知らない電話番号からの留守番電話は、抵抗があっても、早めに確認しておくほうがいい。
    知らない電話番号からの留守番電話は、抵抗があっても、早めに確認しておくほうがいい。
  21. 自分の中に「モード」を持つ人は、気持ちの切り替えがスムーズになる。
    自分の中に「モード」を持つ人は、気持ちの切り替えがスムーズになる。
  22. 批判する人にも、存在価値がある。<br>あなたを批判する人が、一番よく見ている。
    批判する人にも、存在価値がある。
    あなたを批判する人が、一番よく見ている。
  23. 神社のご祈願で迷ったときは、健康祈願がベスト。
    神社のご祈願で迷ったときは、健康祈願がベスト。
  24. 何でもかんでも低気圧のせいにしてはいけない。
    何でもかんでも低気圧のせいにしてはいけない。
  25. 共感は、求めるものではない。<br>自然と生まれるものだ。
    共感は、求めるものではない。
    自然と生まれるものだ。
  26. 普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。<br>「何かあって余裕がないのだろう」
    普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。
    「何かあって余裕がないのだろう」
  27. 悪口は、心を無にして無視するのが一番。
    悪口は、心を無にして無視するのが一番。
  28. 被害者意識を持っている人は、自分が被害者意識を持っていることに気づいていない。
    被害者意識を持っている人は、自分が被害者意識を持っていることに気づいていない。
  29. 海を見て、癒やされない人はいない。<br>心が疲れたときは、海を見に行こう。
    海を見て、癒やされない人はいない。
    心が疲れたときは、海を見に行こう。
  30. 時代が大きく変化するときに腹を立てない。<br>歴史の節目に立ち会えてラッキーと喜ぶ。
    時代が大きく変化するときに腹を立てない。
    歴史の節目に立ち会えてラッキーと喜ぶ。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION