執筆者:水口貴博

心の不安を取り除く
30の言葉

26
0

普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、
こう考えよう。
「何かあって余裕がないのだろう」

普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。「何かあって余裕がないのだろう」 | 心の不安を取り除く30の言葉

普段穏やかな人が、突然荒々しくなって驚かされることがあります。

早口になったり声が大きくなったり言葉遣いが乱暴になったりです。

表情も険しくなっていて、ぴりぴりしている感じのときがあるでしょう。

相手に不快な思いをさせた心当たりはありません。

普段穏やかな人が、急に荒々しくなると「どうしたのだろう?」と首をかしげるところでしょう。

これには理由があります。

なぜ態度が悪くなったのか。

何かあって余裕がなくなっているのです。

一時的に余裕がなくなるのは、誰にでも起こること

その人は一時的に余裕がなくなっているのです。

急ぎの仕事を急に頼まれ、時間がないのかもしれません。

何らかの不幸があって、気が動転しているのかもしれません。

プライベートでトラブルがあり、精神的に余裕がないのかもしれません。

何らかの事情があってばたばたしていると、いっぱいいっぱいの状態になって余裕がなくなります。

余裕がなくなると、無意識のうちに態度や言葉遣いにも現れます。

これは仕方ありません。

日頃から余裕を心がけていても、不運やトラブルが重なると、すぐぎりぎりの状態に達します。

あなたも余裕がなくなるときがあるのではないでしょうか。

普段は余裕があっても、不運やトラブルが重なるといっぱいいっぱいになって、一時的に余裕がなくなることがあるでしょう。

あなたがそうであるように、相手もそうです。

人間ですから、いっぱいいっぱいになることはあります。

前もって避けようにも、不可抗力ということもあります。

相手の事情を察することです。

これだけで理解力が高まります。

事情が気になるところですが、しつこく詮索しないのがマナーです。

相手から話してきたならいいのですが、こちらから無理に聞き出そうとすると、不快な思いをさせることがあります。

「どうしたの?」「何かあったの?」と軽く聞くくらいはいいのですが、無理に聞き出そうとするのは控えたほうがいいでしょう。

何かあって、余裕がなくなっていると思えば十分です。

厳しい態度をされて、ちょっとショックを受けるかもしれませんが、あまり深く気にする必要はありません。

たまに態度の悪いときであっても「何かあって余裕がないのだろう」と理解して、さらりと流しましょう。

しばらくすれば、また普段の様子に戻っているはずです。

心の不安を取り除く言葉(26)
  • 普段穏やかな人の態度が悪くなったときは「何かあって余裕がないのだろう」と考える。
悪口は、心を無にして無視するのが一番。

心の不安を取り除く30の言葉
心の不安を取り除く30の言葉

  1. 不安や寂しさは、ダンスのパートナー。
    不安や寂しさは、ダンスのパートナー。
  2. 不安は、誰かに話すだけで軽くなる。
    不安は、誰かに話すだけで軽くなる。
  3. 心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
    心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
  4. 他人が持っているものを羨むのではない。<br>自分が持っているものを大切にしよう。
    他人が持っているものを羨むのではない。
    自分が持っているものを大切にしよう。
  5. 「悩んでいるのはささいなこと」と思えば、心の苦しみは今すぐ軽くなる。
    「悩んでいるのはささいなこと」と思えば、心の苦しみは今すぐ軽くなる。
  6. 世界を変えるのは実は簡単。<br>自分が変わればいい。
    世界を変えるのは実は簡単。
    自分が変わればいい。
  7. いらいらを感じてしまうのは、半径5メートルの人間関係だ。
    いらいらを感じてしまうのは、半径5メートルの人間関係だ。
  8. 電話を切った直後の一言が、あなたの本音。
    電話を切った直後の一言が、あなたの本音。
  9. 「大丈夫?」と聞かれたとき「大丈夫」と返事するのがパターン化されていませんか。
    「大丈夫?」と聞かれたとき「大丈夫」と返事するのがパターン化されていませんか。
  10. 感情を抑えるたびに、頑張った自分を褒めていい。
    感情を抑えるたびに、頑張った自分を褒めていい。
  11. 自然と嫌われるのはいい。<br>わざと嫌われるのはいけない。
    自然と嫌われるのはいい。
    わざと嫌われるのはいけない。
  12. 焦りがあると、できることもできなくなる。
    焦りがあると、できることもできなくなる。
  13. 禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
    禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
  14. 気持ちの切り替えに時間がかかると思っていないか。
    気持ちの切り替えに時間がかかると思っていないか。
  15. 予感も直感の1つ。<br>嫌な予感がしたら、念のため確認を取っておくほうがいい。
    予感も直感の1つ。
    嫌な予感がしたら、念のため確認を取っておくほうがいい。
  16. できないことは「できない」と答えるのが正解。
    できないことは「できない」と答えるのが正解。
  17. 「つまらない」と言う人は、いつの間にか損をしている。
    「つまらない」と言う人は、いつの間にか損をしている。
  18. ごみ箱に捨ててから「やっぱり必要かな」と思ったとき、どうするか。
    ごみ箱に捨ててから「やっぱり必要かな」と思ったとき、どうするか。
  19. 人は、車を1人で運転するとき、本性が現れる。
    人は、車を1人で運転するとき、本性が現れる。
  20. 知らない電話番号からの留守番電話は、抵抗があっても、早めに確認しておくほうがいい。
    知らない電話番号からの留守番電話は、抵抗があっても、早めに確認しておくほうがいい。
  21. 自分の中に「モード」を持つ人は、気持ちの切り替えがスムーズになる。
    自分の中に「モード」を持つ人は、気持ちの切り替えがスムーズになる。
  22. 批判する人にも、存在価値がある。<br>あなたを批判する人が、一番よく見ている。
    批判する人にも、存在価値がある。
    あなたを批判する人が、一番よく見ている。
  23. 神社のご祈願で迷ったときは、健康祈願がベスト。
    神社のご祈願で迷ったときは、健康祈願がベスト。
  24. 何でもかんでも低気圧のせいにしてはいけない。
    何でもかんでも低気圧のせいにしてはいけない。
  25. 共感は、求めるものではない。<br>自然と生まれるものだ。
    共感は、求めるものではない。
    自然と生まれるものだ。
  26. 普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。<br>「何かあって余裕がないのだろう」
    普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。
    「何かあって余裕がないのだろう」
  27. 悪口は、心を無にして無視するのが一番。
    悪口は、心を無にして無視するのが一番。
  28. 被害者意識を持っている人は、自分が被害者意識を持っていることに気づいていない。
    被害者意識を持っている人は、自分が被害者意識を持っていることに気づいていない。
  29. 海を見て、癒やされない人はいない。<br>心が疲れたときは、海を見に行こう。
    海を見て、癒やされない人はいない。
    心が疲れたときは、海を見に行こう。
  30. 時代が大きく変化するときに腹を立てない。<br>歴史の節目に立ち会えてラッキーと喜ぶ。
    時代が大きく変化するときに腹を立てない。
    歴史の節目に立ち会えてラッキーと喜ぶ。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION