心を豊かにする
30の言葉

12
0

普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、
こう考えよう。
「何かあって余裕がないのだろう」

普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。「何かあって余裕がないのだろう」 | 心を豊かにする30の言葉

普段穏やかな人が、突然荒々しくなって驚かされることがあります。

早口になったり声が大きくなったり言葉遣いが乱暴になったりです。

表情も険しくなっていて、ぴりぴりしている感じのときがあるでしょう。

相手に不快な思いをさせた心当たりはありません。

普段穏やかな人が、急に荒々しくなると「どうしたのだろう?」と首をかしげるところでしょう。

これには理由があります。

なぜ態度が悪くなったのか。

何かあって余裕がなくなっているのです。

一時的に余裕がなくなるのは、誰にでも起こること

その人は一時的に余裕がなくなっているのです。

急ぎの仕事を急に頼まれ、時間がないのかもしれません。

何らかの不幸があって、気が動転しているのかもしれません。

プライベートでトラブルがあり、精神的に余裕がないのかもしれません。

何らかの事情があってばたばたしていると、いっぱいいっぱいの状態になって余裕がなくなります。

余裕がなくなると、無意識のうちに態度や言葉遣いにも現れます。

これは仕方ありません。

日頃から余裕を心がけていても、不運やトラブルが重なると、すぐぎりぎりの状態に達します。

あなたも余裕がなくなるときがあるのではないでしょうか。

普段は余裕があっても、不運やトラブルが重なるといっぱいいっぱいになって、一時的に余裕がなくなることがあるでしょう。

あなたがそうであるように、相手もそうです。

人間ですから、いっぱいいっぱいになることはあります。

前もって避けようにも、不可抗力ということもあります。

相手の事情を察することです。

これだけで理解力が高まります。

事情が気になるところですが、しつこく詮索しないのがマナーです。

相手から話してきたならいいのですが、こちらから無理に聞き出そうとすると、不快な思いをさせることがあります。

「どうしたの?」「何かあったの?」と軽く聞くくらいはいいのですが、無理に聞き出そうとするのは控えたほうがいいでしょう。

何かあって、余裕がなくなっていると思えば十分です。

厳しい態度をされて、ちょっとショックを受けるかもしれませんが、あまり深く気にする必要はありません。

たまに態度の悪いときであっても「何かあって余裕がないのだろう」と理解して、さらりと流しましょう。

しばらくすれば、また普段の様子に戻っているはずです。

心を豊かにする言葉(12)
  • 普段穏やかな人の態度が悪くなったときは「何かあって余裕がないのだろう」と考える。
入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。
きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。

心を豊かにする30の言葉
心を豊かにする30の言葉

  1. 幸せとは「心の余裕」を持つこと。
    幸せとは「心の余裕」を持つこと。
  2. 新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。
    新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。
  3. 自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。<br>何かいいことが起こるに違いない。
    自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。
    何かいいことが起こるに違いない。
  4. 運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。<br>少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。
    運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。
    少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。
  5. 誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。<br>成功を信じる人は、自分一人で十分。
    誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。
    成功を信じる人は、自分一人で十分。
  6. 「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。<br>どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。
    「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。
    どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。
  7. リラックスしているときも、ハッピー。<br>心の平和は、生きている喜びそのもの。
    リラックスしているときも、ハッピー。
    心の平和は、生きている喜びそのもの。
  8. 悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。
    悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。
  9. 夢があっさり叶ったらつまらない。<br>夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。
    夢があっさり叶ったらつまらない。
    夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。
  10. 最高に天気のいい日は、最高の外出日和。<br>急な予定変更で外出してもいい。
    最高に天気のいい日は、最高の外出日和。
    急な予定変更で外出してもいい。
  11. 思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。<br>「ここから私の第2幕が始まる」
    思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。
    「ここから私の第2幕が始まる」
  12. 普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。<br>「何かあって余裕がないのだろう」
    普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。
    「何かあって余裕がないのだろう」
  13. 入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。<br>きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。
    入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。
    きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。
  14. お会計のときに感謝するポイントは、3つある。
    お会計のときに感謝するポイントは、3つある。
  15. 心の声はいつも小さい。<br>きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。
    心の声はいつも小さい。
    きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。
  16. 自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
    自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
  17. 健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。
    健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。
  18. あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。<br>効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。
    あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。
    効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。
  19. 許せないのは「許せない」と思っているから。<br>「許せる」と思えば、許せる。
    許せないのは「許せない」と思っているから。
    「許せる」と思えば、許せる。
  20. あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。<br>笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。
    あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。
    笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。
  21. 直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。
    直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。
  22. 「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。<br>「成長」を重ねることで大人になる。
    「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。
    「成長」を重ねることで大人になる。
  23. 素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。
    素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。
  24. どうしても抵抗があることは、きちんと断る。
    どうしても抵抗があることは、きちんと断る。
  25. 「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。<br>距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
    「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。
    距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
  26. 年始に立てた目標が放置されていないか。
    年始に立てた目標が放置されていないか。
  27. なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。
    なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。
  28. お金がかかることを嘆くのではない。<br>お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。
    お金がかかることを嘆くのではない。
    お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。
  29. 感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
    感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
  30. なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。
    なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION