心を豊かにする
30の言葉

  • 幸せとは
    「心の余裕」を持つこと。
心を豊かにする30の言葉

幸せとは「心の余裕」を持つこと。

幸せを感じたいなら「心の余裕」を持ってください。
心の余裕は、幸せを感じるために必要な要素です。
幸せを感じるために心の満足は大切ですが、心の余裕はもっと大切です。

幸せとは「心の余裕」を持つこと。

新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。

新しいことを始めるのに大きな理由はいりません。
「興味がある」だけで十分です。
「新しいことを始めるからにはそれなりの理由がなければいけない」と思いがちですが、大げさに考えすぎです。

新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。

自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。
何かいいことが起こるに違いない。

自然と早起きをしてしまう朝があるものです。
目覚まし時計が鳴るより早く起きてしまうことがあるでしょう。
自分でもなぜ早く目が覚めたのかわからない。

自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。何かいいことが起こるに違いない。

運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。
少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。

運動不足の解消で取り組むことと言えばどんなことでしょうか。
ダンベルを使った筋トレや、ジョギングやランニングなどの有酸素運動を浮かべる人が多いでしょう。
スポーツジムに行って、本格マシンで筋トレに励んだりエアロビクスで汗を流したりするイメージを浮かべる人もいるでしょう。

運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。

誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。
成功を信じる人は、自分一人で十分。

「成功するわけがない」
「どうせ失敗するよ」
「うまくいかないに決まっている」

誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。成功を信じる人は、自分一人で十分。

「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。
どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。

力を入れて仕事をすれば、素晴らしい結果が得られるでしょう。
エネルギーのすべてを仕事に注ぎ込み、まったく手抜きを許さず、休憩は最小限に抑えます。
全身全霊で仕事に打ち込めば、最高のスピードと集中力が生まれます。

「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。

リラックスしているときも、ハッピー。
心の平和は、生きている喜びそのもの。

「ハッピー」と聞くと、満たされた状態をイメージする人が多いのではないでしょうか。
物質的・精神的に満たされているとき、私たちはハッピーを感じるでしょう。
欲しいものが手に入ったとき、物欲を満たすことができてハッピーを感じるでしょう。

リラックスしているときも、ハッピー。心の平和は、生きている喜びそのもの。

悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。

生まれ変わるためにはどうすればいいのでしょうか。
悪口を言うのをやめることです。
悪口は言わないと決意して、今後二度と悪口を言わないよう心がけるのです。

悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。

夢があっさり叶ったらつまらない。
夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。

夢は、できるだけ早く叶ってほしいと思うもの。
苦労もストレスもなく、手間も時間もかからず、簡単に叶うほうがいいような気がします。
「今すぐ叶えたい」「一晩で叶えたい」「簡単に叶えたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

夢があっさり叶ったらつまらない。夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。

最高に天気のいい日は、最高の外出日和。
急な予定変更で外出してもいい。

ときどき驚くほど素晴らしい天気に恵まれることがあります。
きれいな青空が広がっていて、まさに快晴の一言。
シンプルな青一色が空が感動的に美しく、太陽もにこにこしているようです。

最高に天気のいい日は、最高の外出日和。急な予定変更で外出してもいい。

思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。
「ここから私の第2幕が始まる」

芝居やミュージカルなどの舞台劇は、2部構成が定番です。
前半に第1幕があり、後半に第2幕があります。
第1幕は「夢と希望を持ってチャレンジしたものの、トラブルの連続で思うようにいかず、諦めかける」という内容が定番です。

思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。「ここから私の第2幕が始まる」

普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。
「何かあって余裕がないのだろう」

普段穏やかな人が、突然荒々しくなって驚かされることがあります。
早口になったり声が大きくなったり言葉遣いが乱暴になったりです。
表情も険しくなっていて、ぴりぴりしている感じのときがあるでしょう。

普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。「何かあって余裕がないのだろう」

入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。
きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。

トイレの個室を利用しようとしたところ、すでに誰かが入っていました。
ドアノブのところが鍵マークや赤マークになっていると、使用中であることがわかります。
そばで待っていて、しばらくしてトイレから出てくれば、入れ替わりで入ります。

入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。

お会計のときに感謝するポイントは、3つある。

日常が豊かになるポイントは「お会計の場面」にあります。
お会計のとき、何を考えながら支払っているでしょうか。
おそらく多く人は、特に何も考えず、ぼんやりしながらお金を支払っているでしょう。

お会計のときに感謝するポイントは、3つある。

心の声はいつも小さい。
きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。

私たちの日常は、多くの「雑音」にあふれています。
テレビをつけると、事件や事故などネガティブなニュースが飛び込んでくるでしょう。
インターネットを閲覧していると、真偽不明の情報に触れるでしょう。

心の声はいつも小さい。きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。

自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。

自分より不幸な人を見て、安心感を覚えることはありませんか。
「人の不幸は蜜の味」という言葉があります。
「あの人に比べれば、まだ私は大丈夫」と、ほっとするところがあるでしょう。

自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。

健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。

「私は健康オタクです」
「健康本を読むのが好きです」
「日頃から健康には気をつけています」

健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。

あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。
効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。

基本的に「効率化」は良いことです。
無駄を省いて効率をよくすれば、スピードが生まれ、物事がスムーズに進むようになります。
時間と体力の節約になり、心にも生活にも余裕が生まれます。

あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。

許せないのは「許せない」と思っているから。
「許せる」と思えば、許せる。

あなたには「許せない人」はいますか。
ひどいことをされたり心を傷つけられたりすると、本当に腹が立ちます。
取り返しのつかないトラブルを引き起こされ、生活も人生もめちゃくちゃにされると、もはや怒りだけでは収まりません。

許せないのは「許せない」と思っているから。「許せる」と思えば、許せる。

あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。
笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。

失敗した話は、すべて笑い話になります。
「まったく笑えない」「1ミリも笑えない」「笑い話どころか記憶から消し去りたい」と思うかもしれません。
失敗は、笑いと対極であるように思えます。

あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。

直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。

直感を大切にするなら大切なことがあります。
「考えすぎないこと」です。
考えれば考えるほど、頭が情報や感情で埋め尽くされ、余計なことを考えてしまいます。

直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。

「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。
「成長」を重ねることで大人になる。

大人になるとはどういうことでしょうか。
年齢を重ねるだけで大人になるとは限りません。
年齢は、意思や努力に関係なく誰でも重ねることができます。

「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。「成長」を重ねることで大人になる。

素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。

できるビジネスマンになるポイントの1つは「素早い返事」です。
コミュニケーションで素早い返事を心がけると、相手は「おやっ」と驚くでしょう。
頭の回転が速いアピールとなり、とんとん拍子に話が進んでいくでしょう。

素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。

どうしても抵抗があることは、きちんと断る。

どうしても抵抗があるなら、あなたがすべきことはシンプルです。
きちんと断ることです。
もちろん抵抗があるとはいえ、何でも断ればいいわけではありません。

どうしても抵抗があることは、きちんと断る。

「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。
距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。

日常生活で「なんだか怪しい」と感じる瞬間がありませんか。
一見、立派で魅力的に見えても、妙な違和感を覚えることがあるでしょう。
間違いがあったり、不自然な点が目立っていたり、気味の悪い雰囲気が漂っていたりです。

「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。

年始に立てた目標が放置されていないか。

12月31日の大みそかを終え、1月1日になると、新しい1年が始まります。
正月を迎えてよくするのは「今年の目標設定」です。
新年を迎えた直後はフレッシュにあふれています。

年始に立てた目標が放置されていないか。

なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。

プロは、生活のすべてを仕事に捧げているように思われがちです。
遊ぶ暇などなく、24時間365日、ずっと仕事一色の日々を送っていると思われます。
遊びをするにしても、できるだけ仕事に関係している遊びをしていると思うかもしれません。

なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。

お金がかかることを嘆くのではない。
お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。

「なんて高額な商品なのだろう。貧乏人にとっては夢の買い物」
「このサービスは値段が高すぎる。利用したいけど手が出ない」
高額の費用がかかることを嘆く人がいます。

お金がかかることを嘆くのではない。お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。

感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。

感情に振り回されそうになったとき、どうすればいいのでしょうか。
ここでよくあるのは、無理に感情をコントロールすることです。
不可能ではありませんが、理性と自制心がしっかり発達した人でなければ難しいでしょう。

感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。

なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。

人生では、諦めなければいけないことがあります。
成果が出ないのに延々と続けるわけではいきません。
なかなか成果が出ないと、建設的な未来が描けません。

なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION