生き方

幸せの神様に愛される
30の方法

6
6

自分が壊れそうになったときは
「ブレーキを踏め」のサイン。

自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。 | 幸せの神様に愛される30の方法

「自分が壊れそう!」

そう思う瞬間はありませんか。

  • 大量の仕事を抱え込んでいるとき
  • 毎日夜遅くまで残業続きのとき
  • やることが多すぎて、目が回りそうなとき

プライベートで嫌なことがあって、猛烈にむしゃくしゃすることがあるでしょう。

そんなとき「自分が壊れそう!」と思うことがあります。

思考を整理できなくなったり、感情の波が激しくなったりして、正常な自分を保てなくなるのです。

 

「ブレーキを踏め」のサイン

 

もし自分が壊れそうになったなら、1つ言えることがあります。

それは「ブレーキを踏め」のサインです。

壊れそうなのは、スピードを出しすぎていて、許容範囲をオーバーしている状態です。

壊れそうになっているのですから、ブレーキを踏んで、スピードを落とさなくてはなりません。

壊れそうな状態を放置していると、ますます状況が悪化します。

それ以上アクセルを踏むのはやめておくことです。

自分が壊れそうになっているときにアクセルを踏むと、自分の限界を超えてしまい、本当に壊れてしまいます。

もっとアクセルを踏みたくても、壊れてからではいけません。

仕事が多すぎるなら、ブレーキを踏んで減らしましょう。

 

仕事が忙しすぎるなら、休暇を入れましょう。

いっぱいいっぱいの状態ですから、余裕を作らなければいけません。

休むことに罪悪感を持つ必要はありません。

「休むのも仕事の1つ」と考えることです。

休みにくい雰囲気もあるかもしれませんが、健康以上に大切なものはないのですから、優しく自分をいたわってください。

今すぐ有給休暇の申請を出しましょう。

 

大量の仕事を抱え込んでいるなら、誰かにお手伝いをお願いしましょう。

1人で仕事を抱え込みすぎている状態ですから、誰かと手分けをするのが正解です。

複数人で手分けしたほうが、結果として仕事の質も高まります。

「ちょっと手伝ってもらえるかな」という一言を言うだけのことです。

 

気分転換をするのもいいアイデアです。

気分転換も、ブレーキを踏む1つになります。

趣味を楽しんだり、温泉に浸かったりすれば、心身がリラックスします。

 

壊れそうな自分を救うのは、自分

 

「誰かが自分を救ってくれる」と期待しないことです。

みんな自分のことで精いっぱいです。

あなたのことにかまっている暇はありません。

壊れそうな自分を救うのは、自分です。

 

 

壊れそうなときは、自分の健康を最優先に考えるのが正解

 

責任感や使命感があって、ブレーキを踏むのにためらうこともあるでしょう。

責任感や使命感があるのは素晴らしいことですが、壊れそうなときは例外です。

壊れそうなときは「緊急事態」ですから、自分の健康を最優先に考えるのが正解です。

そういうときに踏むブレーキは、神様も許してくれます。

「きちんとブレーキを踏めて偉い!」と褒めてくれるでしょう。

仕事に悪影響が出るかもしれませんが、ブレーキを踏まなければ、もっと大きな悪影響が出るでしょう。

自分のためであり、これからの人生のためでもあります。

壊れてからでは遅いのです。

いったん壊れてしまうと、普通のことすら普通にできなくなり、後悔することになるでしょう。

まだ壊れていない今なら、ぎりぎり間に合います。

壊れそうになったときの振る舞い方で、あなたの人生が決まります。

自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサインなのです。

幸せの神様に愛される方法(6)
  • 自分が壊れそうになったときは、勇気を出してブレーキを踏む。
言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。

もくじ
幸せの神様に愛される30の方法
自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。 | 幸せの神様に愛される30の方法

  1. 神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。
    神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。
  2. 神様にも、好きなタイプと苦手なタイプの人がいる。
    神様にも、好きなタイプと苦手なタイプの人がいる。
  3. 「幸せではない」という人は、幸せが逃げていく。<br>「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。
    「幸せではない」という人は、幸せが逃げていく。
    「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。
  4. 神様は、見るものではなく、感じるもの。
    神様は、見るものではなく、感じるもの。
  5. 1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。<br>神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。
    1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。
    神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。
  6. 自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。
    自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。
  7. 言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。
    言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。
  8. 誰も見ていないところで、いいことをしよう。<br>きちんと天から神様が見ている。
    誰も見ていないところで、いいことをしよう。
    きちんと天から神様が見ている。
  9. 批判する人にも、存在価値がある。<br>あなたを批判する人が、一番よく見ている。
    批判する人にも、存在価値がある。
    あなたを批判する人が、一番よく見ている。
  10. 神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。<br>笑顔である。
    神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。
    笑顔である。
  11. 命は有限。<br>笑う回数も有限。
    命は有限。
    笑う回数も有限。
  12. 神様はトイレにいる。<br>トイレを掃除すると、神様から愛される。
    神様はトイレにいる。
    トイレを掃除すると、神様から愛される。
  13. 落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。
    落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。
  14. 神様は、にこにこしている人が大好き。
    神様は、にこにこしている人が大好き。
  15. 「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。<br>誰にでも幸せになる権利がある。
    「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。
    誰にでも幸せになる権利がある。
  16. どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。
    どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。
  17. 見送る側も、神様に見られている。
    見送る側も、神様に見られている。
  18. あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。
    あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。
  19. 天の神様は、ずるいことを見逃さない。<br>ずるいことをすると、必ず罰が当たる。
    天の神様は、ずるいことを見逃さない。
    ずるいことをすると、必ず罰が当たる。
  20. 神様は、脱いだままの衣類を「ごみ」と見なす。
    神様は、脱いだままの衣類を「ごみ」と見なす。
  21. 長時間の集中で疲れたら、大きく背伸びをしよう。<br>神様が優しく抱きしめてくれる。
    長時間の集中で疲れたら、大きく背伸びをしよう。
    神様が優しく抱きしめてくれる。
  22. あなたが書く日記は、神様の読み物。
    あなたが書く日記は、神様の読み物。
  23. ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。
    ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。
  24. 急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。
    急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。
  25. 英雄になるためにはピンチが必要。<br>ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。
    英雄になるためにはピンチが必要。
    ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。
  26. 売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。
    売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。
  27. 理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。
    理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。
  28. 「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。<br>「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。
    「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。
    「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。
  29. 運が悪かったときは、自分のせい。<br>運がよかったときは、神様のおかげ。
    運が悪かったときは、自分のせい。
    運がよかったときは、神様のおかげ。
  30. 神様は、こつこつ努力をする人が大好き。<br>神様を追いかけるのではなく、追いかけてもらおう。
    神様は、こつこつ努力をする人が大好き。
    神様を追いかけるのではなく、追いかけてもらおう。

同じカテゴリーの作品