幸せの神様に愛される
30の方法

22
4

あなたが書く日記は、
神様の読み物。

あなたが書く日記は、神様の読み物。 | 幸せの神様に愛される30の方法

日記で難しいのは「書くときのモチベーション」です。

「よし、日記を書くぞ!」

書き始めたころは意気込んでいたものの、続けていくにつれて、だんだんマンネリ感が出てきます。

小説やコラムなど、誰かが読んでくれるなら、書くモチベーションも上がりますが、日記は違います。

日記は、プライベートなものです。

自分を除いて、誰も読んでくれません。

誰かに読んでもらえるわけでもなければ、褒められるわけでもありません。

真面目に書いたからといって、ご褒美があるわけではありません。

「日記をサボっても、誰にも迷惑をかけないよね」と思ってしまう。

だんだん日記をサボることが増え、最終的にやめてしまうことになるのです。

ここで気づいてほしいことがあります。

実は「ある存在」に読まれている。

誰も読んでくれないと感じるのは誤解です。

誰も読んでくれないように思えるだけで、実際は「ある存在」が、あなたの日記を読んでくれています。

神様が読んでくれているのです。

日記を書き終わった後、あなたが書いた日記をこっそりのぞき見します。

「ふむふむ、今日はこんなことがあったのだね」と神様は納得します。

毎日書くあなたの日記は、神様にとって楽しみにしているコンテンツです。

「今日はどんなことがあるのだろう」と更新を楽しみにしています。

毎日更新される有名人のブログは、読者を楽しませるように、毎日更新されるあなたの日記も神様を楽しませます。

日記を書くときは「神様にメッセージを届けている」と考えよう

「自分は有名人ではない。平凡な日常を書いてもつまらない」

そう思っているなら誤解です。

自分では「一般人」と思っていても、神様にとっては「有名人」です。

神様にとってあなたはかけがえのない存在であるため、有名人と同レベルです。

だから毎日きちんと日記を書きましょう。

今日あった出来事を、ありのまま書き記しましょう。

日記を書くときは「神様にメッセージを届けている」と考えてください。

嬉しいことや楽しいことがあれば、正直に書きましょう。

正直に幸せな出来事があったことを書けば、神様は応援してくれます。

恥ずかしいことも情けないことも、正直に書くことが大切です。

正直につらい出来事があることを書けば、神様が助けてくれます。

夢や目標があれば、やはりきちんと書くことが大切です。

あなたの生き方を知った神様は、運やチャンスを与えてくれるでしょう。

きちんと日々の出来事を報告できる人は、神様から愛される

日記をサボりそうになったら、あなたの日記を楽しみに待っている神様を思い出してください。

神様は、あなたの大ファンです。

「今日はどんなことがあったのだろう。更新はまだかな」と心待ちにしています。

神様をがっかりさせたくないなら、きちんと日記を書くことです。

どんなささいな出来事も、神様にとっては興味津々です。

自分ではつまらないと思う出来事も、神様にとっては有益なコンテンツです。

「なるほど。そういう出来事があったのですね」

にこにこしながら神様は読んでくれるでしょう。

きちんと日々の出来事を報告できる人は、神様から愛されます。

誰も読まない日記ではありません。

神様が読む日記です。

あなたが書く日記は、神様の読み物なのです。

幸せの神様に愛される方法(22)
  • 神様にメッセージを届けているつもりになって、日記を書く。
ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。

幸せの神様に愛される30の方法
幸せの神様に愛される30の方法

  1. 神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。
    神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。
  2. 神様にも、好きなタイプと苦手なタイプの人がいる。
    神様にも、好きなタイプと苦手なタイプの人がいる。
  3. 「幸せではない」という人は、幸せが逃げていく。<br>「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。
    「幸せではない」という人は、幸せが逃げていく。
    「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。
  4. 神様は、見るものではなく、感じるもの。
    神様は、見るものではなく、感じるもの。
  5. 1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。<br>神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。
    1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。
    神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。
  6. 自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。
    自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。
  7. 言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。
    言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。
  8. 誰も見ていないところで、いいことをしよう。<br>きちんと天から神様が見ている。
    誰も見ていないところで、いいことをしよう。
    きちんと天から神様が見ている。
  9. 批判する人にも、存在価値がある。<br>あなたを批判する人が、一番よく見ている。
    批判する人にも、存在価値がある。
    あなたを批判する人が、一番よく見ている。
  10. 神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。<br>笑顔である。
    神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。
    笑顔である。
  11. 命は有限。<br>笑う回数も有限。
    命は有限。
    笑う回数も有限。
  12. 神様はトイレにいる。<br>トイレを掃除すると、神様から愛される。
    神様はトイレにいる。
    トイレを掃除すると、神様から愛される。
  13. 落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。
    落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。
  14. 神様は、にこにこしている人が大好き。
    神様は、にこにこしている人が大好き。
  15. 「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。<br>誰にでも幸せになる権利がある。
    「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。
    誰にでも幸せになる権利がある。
  16. どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。
    どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。
  17. 見送る側も、神様に見られている。
    見送る側も、神様に見られている。
  18. あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。
    あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。
  19. 天の神様は、ずるいことを見逃さない。<br>ずるいことをすると、必ず罰が当たる。
    天の神様は、ずるいことを見逃さない。
    ずるいことをすると、必ず罰が当たる。
  20. 神様は、脱いだままの衣類を「ごみ」と見なす。
    神様は、脱いだままの衣類を「ごみ」と見なす。
  21. 長時間の集中で疲れたら、大きく背伸びをしよう。<br>神様が優しく抱きしめてくれる。
    長時間の集中で疲れたら、大きく背伸びをしよう。
    神様が優しく抱きしめてくれる。
  22. あなたが書く日記は、神様の読み物。
    あなたが書く日記は、神様の読み物。
  23. ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。
    ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。
  24. 急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。
    急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。
  25. 英雄になるためにはピンチが必要。<br>ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。
    英雄になるためにはピンチが必要。
    ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。
  26. 売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。
    売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。
  27. 理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。
    理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。
  28. 「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。<br>「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。
    「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。
    「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。
  29. 運が悪かったときは、自分のせい。<br>運がよかったときは、神様のおかげ。
    運が悪かったときは、自分のせい。
    運がよかったときは、神様のおかげ。
  30. 神様は、こつこつ努力をする人が大好き。<br>神様を追いかけるのではなく、追いかけてもらおう。
    神様は、こつこつ努力をする人が大好き。
    神様を追いかけるのではなく、追いかけてもらおう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION