幸せの神様に愛される
30の方法

28
7

「○○してください」と願う人は、
神様に嫌われる。
「○○してくださり、
ありがとうございます」と感謝する人は、
神様に愛される。

「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。 | 幸せの神様に愛される30の方法

あなたが神様に語りかけるときの言葉を思い出してください。

たとえば、神社で神様に向かってお祈りをするとき、どんな言葉を発しているでしょうか。

「○○してください」

もしこうしたフレーズに心当たりがあるなら、少し注意したほうがいいかもしれません。

言う側ではなく、言われる側になって考えると、印象がよくわかります。

あなたが神様の立場になったと仮定してください。

「お金持ちにしてください!」

「早く病気を治してください!」

「もっと運をよくしてください!」

「志望校に合格させてください!」

「○○してください」と願う人には、少し強欲な印象を受けるのではないでしょうか。

一方的でわがままな印象があります。

がつがつしていて威圧感があります。

しかも「○○してください」というのは、命令口調です。

聞き方によっては偉そうにも聞こえるでしょう。

いくら神様でも、命令口調でお願いされると、むっとします。

神様は「欲張りだな。一方的だな。なんてわがままなのだろう。自分で本当に実現できないことなの?」と疑問に思うでしょう。

あれこれ注文が多いと、神様もげんなりします。

一方的な言い方にはとげがあり、マナーのない人だと誤解されるでしょう。

「○○してください」と願う人は、神様に嫌われるのです。

では、どんな願い方がいいのでしょうか。

そもそも願うのではありません。

感謝するのです。

「いつも見守ってくださり、ありがとうございます」

「おかげさまで平和な日々を送っています。ありがとうございます」

「先日は幸運な出来事がありました。素晴らしい機会を与えていただき、ありがとうございます」

特別嬉しい出来事がないので感謝できないと思う人もいるかもしれませんが、誤解です。

特別嬉しい出来事がなくても、感謝することができます。

「平穏な日々を与えてくださり、ありがとうございます」と感謝することができるでしょう。

また「健康」「安全」「安心」といった当たり前のことでも感謝できます。

きちんと感謝の言葉を伝えると、神様も喜びます。

「きちんとしている人だな。優しくて謙虚な人だな」

神様は感動して、マナーと良識のある人だと認めてくれます。

「それでは自分の願いが叶えられない」と不満に思うかもしれませんが、そこに誤解があります。

そもそも願いを叶えるのは、神様の仕事ではありません。

自分の仕事です。

夢も目標も何もかも、自分が行動することで実現させていくものです。

志望校に合格するのも、自分の仕事です。

しっかり勉強を頑張ればいいことです。

自分がしっかり勉強するから合格するのであり、神様の仕事ではありません。

恋愛がうまくいくかどうかも、神様の仕事ではなく、自分の仕事です。

丁寧に好意をアピールして、勇気を出しながらきちんと行動することで、恋愛成就に近づけます。

お金持ちになれるかどうかも、神様の仕事ではなく、自分の仕事です。

節約・節制を心がけつつ、人や社会に価値を提供することで、大きなお金を手に入れることができます。

今まで神様に願っていたことがあるなら、あらためて振り返ってください。

それらの願いのほとんどは、自力で何とかなることのはずです。

自力で何とかなることなら、神様に願うのではなく、自分が努力すればいいことです。

神様に向ける言葉は、常に「感謝」が正解です。

神様に対して発する言葉は「個人的な願い」より「日頃の感謝」を心がけましょう。

どうしても願いを言いたいなら、言い方を工夫しましょう。

まず感謝してから願い事を伝えるのです。

「いつも見守ってくださり、ありがとうございます。今は大変な時期ですが、頑張ります。できればお力添えをお願いします」

こういう言い方なら、神様もうなずいてくれるでしょう。

きちんと感謝して、こつこつ努力を重ねている上で助けを願うなら、悪い気はしません。

きちんと感謝すれば、優しい心と謙虚な姿勢が神様に伝わって喜ばれます。

神様は「運」や「チャンス」という形で、ときどきプレゼントを贈ってくださいます。

「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛されるのです。

幸せの神様に愛される方法(28)
  • 神様に対しては「○○してください」と願うのではなく「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する。
運が悪かったときは、自分のせい。
運がよかったときは、神様のおかげ。

幸せの神様に愛される30の方法
幸せの神様に愛される30の方法

  1. 神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。
    神様はいると信じる人には、神秘的な力が宿る。
  2. 神様にも、好きなタイプと苦手なタイプの人がいる。
    神様にも、好きなタイプと苦手なタイプの人がいる。
  3. 「幸せではない」という人は、幸せが逃げていく。<br>「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。
    「幸せではない」という人は、幸せが逃げていく。
    「すでに幸せ」という人に、幸せが集まってくる。
  4. 神様は、見るものではなく、感じるもの。
    神様は、見るものではなく、感じるもの。
  5. 1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。<br>神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。
    1日・1週間・1カ月は、神様のリズム。
    神様のリズムを大切にすることは、神秘的な力を引き寄せることになる。
  6. 自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。
    自分が壊れそうになったときは「ブレーキを踏め」のサイン。
  7. 言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。
    言葉遣いを丁寧にするだけで、すべてが好転する。
  8. 誰も見ていないところで、いいことをしよう。<br>きちんと天から神様が見ている。
    誰も見ていないところで、いいことをしよう。
    きちんと天から神様が見ている。
  9. 批判する人にも、存在価値がある。<br>あなたを批判する人が、一番よく見ている。
    批判する人にも、存在価値がある。
    あなたを批判する人が、一番よく見ている。
  10. 神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。<br>笑顔である。
    神様は、人に万能のコミュニケーションツールを与えた。
    笑顔である。
  11. 命は有限。<br>笑う回数も有限。
    命は有限。
    笑う回数も有限。
  12. 神様はトイレにいる。<br>トイレを掃除すると、神様から愛される。
    神様はトイレにいる。
    トイレを掃除すると、神様から愛される。
  13. 落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。
    落ち込んでいるときは、そばに神様がいることをイメージしよう。
  14. 神様は、にこにこしている人が大好き。
    神様は、にこにこしている人が大好き。
  15. 「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。<br>誰にでも幸せになる権利がある。
    「自分は不幸でいい」と諦める必要はない。
    誰にでも幸せになる権利がある。
  16. どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。
    どれだけ幸せであるかは、どれだけ心が満たされているかで決まる。
  17. 見送る側も、神様に見られている。
    見送る側も、神様に見られている。
  18. あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。
    あなたの目の前にある困難は、神様からのプレゼント。
  19. 天の神様は、ずるいことを見逃さない。<br>ずるいことをすると、必ず罰が当たる。
    天の神様は、ずるいことを見逃さない。
    ずるいことをすると、必ず罰が当たる。
  20. 神様は、脱いだままの衣類を「ごみ」と見なす。
    神様は、脱いだままの衣類を「ごみ」と見なす。
  21. 長時間の集中で疲れたら、大きく背伸びをしよう。<br>神様が優しく抱きしめてくれる。
    長時間の集中で疲れたら、大きく背伸びをしよう。
    神様が優しく抱きしめてくれる。
  22. あなたが書く日記は、神様の読み物。
    あなたが書く日記は、神様の読み物。
  23. ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。
    ぎりぎりアウトは「やめておきなさい」という神様からのアドバイス。
  24. 急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。
    急に予定が空いたら「好きなことをしてもいい」という神様からのお告げ。
  25. 英雄になるためにはピンチが必要。<br>ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。
    英雄になるためにはピンチが必要。
    ピンチは、神様が与えた飛躍のチャンス。
  26. 売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。
    売り切れは「たまには違うものを買ってみよう」という神様からの提案。
  27. 理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。
    理不尽な人は、いずれ天の裁きを受ける。
  28. 「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。<br>「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。
    「○○してください」と願う人は、神様に嫌われる。
    「○○してくださり、ありがとうございます」と感謝する人は、神様に愛される。
  29. 運が悪かったときは、自分のせい。<br>運がよかったときは、神様のおかげ。
    運が悪かったときは、自分のせい。
    運がよかったときは、神様のおかげ。
  30. 神様は、こつこつ努力をする人が大好き。<br>神様を追いかけるのではなく、追いかけてもらおう。
    神様は、こつこつ努力をする人が大好き。
    神様を追いかけるのではなく、追いかけてもらおう。

同じカテゴリーの作品

6:02
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION