人生の教科書



読み上げ動画・音声
夫婦関係
テレビを消せば、改善する。
夫婦関係
どんなに喧嘩をしても、寝る前までには仲直りをすること。
夫婦関係
コミュニケーション手段は、多ければ多いほど、いい。
結婚
結婚式の写真が、夫婦としての自覚を促す。
夫婦関係
大きな将来設計は、紙に書いたほうが実現しやすくなる。
夫婦関係
自分のセンスを、相手に押し付けない。

夫婦関係改善させる
30方法

お気に入り4 読んだ
15

えるほど、
性格的くなってしまう突破口

なたが夫婦喧嘩をして、何か気に入らないことがあり、恨み続けていたとします。

なぜ、恨み続けているのでしょうか。

あらためて考えてみましょう。

恨み続けることで、夫婦仲を改善させるために役立つでしょうか。

いいえ、まったく立ちませんね。

考えるだけ、余計に疲れるだけです。

いつまでも恨み続けていると、いらいらを感じる時間も長くなります。

その状態では、夫婦喧嘩も再発しやすくなります。

嫌なことはさっさと忘れてしまうことも、夫にも妻にも必要です。

夫婦で喧嘩をしても、次の瞬間には忘れることです。

 

さて、忘れると言っても、できるのは人にもよります。

  • 「もともと堅い性格でできない。考えるほど緊張が走る」

事実、性格的にどうしても、考え始めると肩に力が入ったり、緊張しすぎて体が硬直したりしてしまう人もいるでしょう。

頭で考えてうまくいかないときは、頭で考えるのをやめます。

そういうときは最後の頼みとして「お酒の力」です。

夫婦で晩酌を交わしていれば、軽い気持ちになりやすく、嫌なことも忘れて会話をしやすくなります。

タイミングがよければ、夫婦で居酒屋に飲みに出かけてもいいでしょう。

夫婦で居酒屋だからこそ、雰囲気があっていい。

もちろんお酒の量は、ほどほどを守りましょう。

あくまでもお酒の力は「きっかけ作り」です。

量が多すぎたり、慢性的になったりしないよう気をつけましょう。

それさえ守ることができれば、お酒は夫婦関係を改善する突破口になるでしょう。

飲みすぎると体に毒ですが、適量なら、ストレスを緩和させてくれる効果があるのもたしかです。

ほんの少しお酒の力を借りて、嫌なことはさらりと忘れましょう。

夫婦関係を改善させる方法 その15

  • りて、
    なことは、
    すぐれる
はっきり話すタイプと、もやもや話すタイプの2人は、ぶつかりやすい。

もくじ
(夫婦関係を改善させる30の方法)

同じカテゴリーの作品