夫婦関係

まとめ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)
まとめ | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

  • 喧嘩でしてはいけない行為に注意する。
  • 喧嘩をしたときの6つの逃げ場を把握しておく。
  • まずそばに近寄って、会う回数を増やす。
  • 日常会話を通して、少しずつ仲直りをしていく。
  • 相手のよいところを思い出す。
  • 昔もらったラブレターを読み返して、仲直りをしたい気持ちを高める。
  • 喧嘩の後でも、できるだけ普段と同じ態度で接する。
  • 抵抗感はあっても、できるだけ同じ行動を心がける。
  • 話しかけられたときは、長めの返事を意識する。
  • 弁当や料理に、仲直りをしたいメッセージを書いてみる。
  • パートナーの機嫌がよくなるポイントを刺激する。
  • 「相手も他人」と割り切って考えてみる。
  • 喧嘩で腹が立っていても、一緒に寝る。
  • サプライズで相手が喜ぶプレゼントを贈ってみる。
  • 「仲直りしてくれるまで家事をしない」という要求を突きつけて、家事のストライキを起こす。
  • わざとすねて、相手の同情を誘う。
  • 家を出て行くふりで相手を動揺させ、仲直りをしやすい状況にする。
  • たっぷり気持ちをつづった手紙を送ってみる。
  • 仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたタイミングを狙う。
  • 仲直りに、スキンシップを取り入れる。
  • 生理による悪影響が大きい体質なら、生理前・生理中の仲直りには注意する。
  • 喧嘩の仲直りに、過失割合の話を持ち込まない。
  • 必要な人であることを、たっぷり伝える。
  • 喧嘩中でも、記念日は無視せず、きちんと祝う。
  • 自分たちのためだけでなく、子供のためにも、仲直りをする。
  • 家を出て行った相手と仲直りをするときは、3つのポイントを意識する。
  • 浮気をしたパートナーとは、上手な仲直りを心がける。
  • 2人だけで仲直りが難しい場合は、第三者に入ってもらう。
  • 仲直りができてしばらくは「明るい話題」と「明るい笑顔」を心がける。
  • 仲直りができたら、仲直りのお祝いをして、喧嘩の余韻を吹き飛ばす。

同じカテゴリーの作品