子育て上手な親になる
30の方法

18
15

「じゃあ自分たちで、
何とかしなさい」

「じゃあ自分たちで、何とかしなさい」 | 子育て上手な親になる30の方法

兄弟がいれば、もちろん兄弟喧嘩が起こります。

私にも妹が1人いて、小さいころはよく喧嘩をしていました。

テレビのチャンネルの取り合いで喧嘩になったり、分け与えられたケーキの大きさの違いで喧嘩になったりなどです。

子供のころの喧嘩というのはたわいないことから始まります。

私は妹と喧嘩をしていたとき、母がちょうどやってきます。

「どうしたの。なぜ喧嘩しているの」と、尋ねてきたので、私は「妹のケーキのほうが大きい。ずるい」と言いました。

てっきりうまく仲裁をしてくれるのかと期待していましたが、外れました。

「あ、そう。じゃあ自分たちで、何とかしなさい」

一言冷たく言って、終わりです。

喧嘩の理由が大事ではないことを知った母は、自分が介入するほどのことではないと思ったのでしょう。

それから母はどこかへ行き、私たちは放置の状態になりました。

「自分たちで何とかしなさい」と一言で締めくくられると、あっけなさに、喧嘩の熱も冷めます。

子供は親に「自分たちで何とかしなさい」と言われると、困ります。

「これ以上、喧嘩をしても意味がない」と思うのです。

そこで私と妹は、仕方なくではありましたが何とか「仲直り」をしていました。

喧嘩をすれば仲直りというのが、1つのセットです。

喧嘩をしたままで終わらせてはいけません。

そこで仲直りが必要であり、その仲直りをする経験も親が奪ってはいけないのです。

仲直りも子供には大切な勉強です。

親が仲介してうまく取り繕っては「仲直りをする機会」を取り上げてしまいます。

意外なことと思うでしょうが、子供の喧嘩はほうっておきましょう。

他人に迷惑をかけたり、命に関わったりするいざこざなら、もちろん親がしっかりしなければなりません。

しかし、そうでなければほうっておいてもいいのです。

仲直りも、お金の勉強と同じように、学校では教えてくれないことです。

学校で喧嘩が起きると、必ずといっていいほど先生が飛んでやってきます。

先生が間に入り、うまく取り繕いますが、自分たちの力で仲直りする機会を奪っているだけです。

こうなったら仲直りをする勉強は、日常しかありません。

親は喧嘩の事情だけを聞いて大きな問題ではないことがわかれば「後は自分たちで何とかしなさい」とだけ言えばいいのです。

はじめこそ親が仲介して「仲直りとはどういうものなのか」「どうすればいいのか」ということを教えます。

しかし、いったん基本的なことさえ教えれば、後は子供たちの力で仲直りをさせるのです。

最初はうまく仲直りができないかもしれませんが、数をこなせばうまくなるというものです。

仲直りができるようにならなければ、大人になってから大変に苦労をします。

友人関係でめたり、恋人関係でめたり、お金のことでめたりと、何かと喧嘩をしてしまう機会は多くあります。

子供のころから仲直りの練習をしておかないと、大人になってからうまく仲直りができなくなってしまうのです。

子育て上手な親になる方法(18)
  • 仲直りは、自分たちでさせる。
親も、子供から学んでいく。

子育て上手な親になる30の方法
子育て上手な親になる30の方法

  1. 子供の一生を決めるのは、親の育て方しだい。
    子供の一生を決めるのは、親の育て方しだい。
  2. 子供は、失敗をする天才である。
    子供は、失敗をする天才である。
  3. 教育の基本はとってもシンプル。<br>「許す」と「教える」。
    教育の基本はとってもシンプル。
    「許す」と「教える」。
  4. 愛のない教育は、子供にとってむしろ毒となる。
    愛のない教育は、子供にとってむしろ毒となる。
  5. 子供は、真似の天才である。
    子供は、真似の天才である。
  6. チョウを与えるより、虫取りアミを与えるほうがいい。
    チョウを与えるより、虫取りアミを与えるほうがいい。
  7. 子供は、小さな暴れん坊将軍。<br>暴れるのが、お仕事。
    子供は、小さな暴れん坊将軍。
    暴れるのが、お仕事。
  8. たくさんの紙を与えてあげると、子供の書く力はどんどん伸びていく。
    たくさんの紙を与えてあげると、子供の書く力はどんどん伸びていく。
  9. 親の器の大きさが、子供の器の大きさになる。
    親の器の大きさが、子供の器の大きさになる。
  10. 「できなかった話」の前に「できた話」をすること。
    「できなかった話」の前に「できた話」をすること。
  11. 親の言葉遣いが、子供の言葉遣いになる。
    親の言葉遣いが、子供の言葉遣いになる。
  12. 嫌がることをやらせても、本当に身につかない。
    嫌がることをやらせても、本当に身につかない。
  13. よその子と比べないほうがいい。
    よその子と比べないほうがいい。
  14. 子供には、全力を出すことだけに意識させればいい。
    子供には、全力を出すことだけに意識させればいい。
  15. 子供から、お金を取り上げてはならない。<br>お金の勉強は、学校では教えてくれない。
    子供から、お金を取り上げてはならない。
    お金の勉強は、学校では教えてくれない。
  16. 遊びも立派な勉強となる。
    遊びも立派な勉強となる。
  17. 親が勉強していると、子供も勉強したくなる。
    親が勉強していると、子供も勉強したくなる。
  18. 「じゃあ自分たちで、何とかしなさい」
    「じゃあ自分たちで、何とかしなさい」
  19. 親も、子供から学んでいく。
    親も、子供から学んでいく。
  20. 子供が生まれて初めて目にする人間関係は、お父さんとお母さんの夫婦関係。
    子供が生まれて初めて目にする人間関係は、お父さんとお母さんの夫婦関係。
  21. 親が、親の悪口を言ってはいけない。
    親が、親の悪口を言ってはいけない。
  22. 親の習慣が、子の習慣になる。
    親の習慣が、子の習慣になる。
  23. 「ありがとう」が言えない子供は、社会に出てから苦労をする。
    「ありがとう」が言えない子供は、社会に出てから苦労をする。
  24. 食事中のお説教はしない。<br>せっかくのおいしい食事が台無しになる。
    食事中のお説教はしない。
    せっかくのおいしい食事が台無しになる。
  25. 「うちの子に限って」という考え方はやめよう。
    「うちの子に限って」という考え方はやめよう。
  26. 近所のおじさんおばさんにも、怒ってもらおう。
    近所のおじさんおばさんにも、怒ってもらおう。
  27. いらいらしても、子供の人格や存在は否定しない。
    いらいらしても、子供の人格や存在は否定しない。
  28. 子供の欠点を褒めるのは、親の仕事。
    子供の欠点を褒めるのは、親の仕事。
  29. 無条件に大切にすることが、愛である。
    無条件に大切にすることが、愛である。
  30. いずれ自立する子供のために、親は子を育てる。
    いずれ自立する子供のために、親は子を育てる。

同じカテゴリーの作品

4:00
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION