人生の教科書



失恋・別れ
別れた人の悪口は、言いたくても言わない。
復縁
別れた直後の復縁は、可能なのか。
復縁
自分勝手な音信不通で別れた後の復縁は、可能なのか。
失恋・別れ
別れたことを公表すべきか。
復縁
別れた理由を口外すると、復縁は難しくなるだろう。
復縁
相手だけ責めて、自分は反省しないのはいけない。
復縁

復縁でしてはいけない
30のこと

  • 別れた直後に、
    復縁のアプローチをしてはいけない。
復縁でしてはいけない30のこと

もくじ

1
★1

別れた直後に、復縁のアプローチをしてはいけない。

別れた直後の復縁は、難しいのが現実です。 もちろん別れた直後の復縁がうまくいくケースもあります。 代表的なのは、思い込みや勘違いで別れた場合です。 お互い何らかの思い込みや勘違いがあり、別れてから気づくことがあります。 この場合はもともと問題が存在していなかったわけですから、別れた直後の復縁も可能です。 「誤解を解く」という意味になるので、別れた直後でもすぐ復縁ができる可能性は高いでしょう。 そのほか、ささいなトラブルで別れた場合も、謝ればすぐ許してくれることがあります。 しかし、そうした一部の状況を除けば、一般的に失恋直後の復縁は難しいのが現実です。 大きなトラブルがあって別れた後、お互いに険悪な雰囲気が漂い、しばらく関係が複雑です。 たとえば、大喧嘩をして別れた後は「会いたくない」「顔も見たくない」となるでしょう。 冷静な話し合いをしたくても、興奮が高ぶっていたりトラブルの記憶が鮮明であったりすると、仲直りを妨げます。 そのため復縁をするなら、ほとぼりが冷めるまで待つ時間が必要です。 まず冷却期間を置いた上でアプローチをするほうが、スムーズに進むでしょう。 2人の状況にも寄りますが、最低でも1週間以上は時間を置くようにします。 余裕があれば、3週間以上は時間を置きたいところ。 冷却期間は、中途半端に連絡を取るのではなく、完全に連絡を取らないようにします。 完全に連絡を取らない時間があるほうが、落ち着くことに集中できるため、不仲の改善も早くなります。 一部の状況を除き、別れた直後の復縁はしない。

2
★1

安易な気持ちで、元恋人に連絡をしない。

元恋人との連絡は慎重になりましょう。 別れた人に連絡を取るのは、新しい可能性を生む行為でもあります。 「少し気になる」 「何となく声が聞きたい」 「ちょっと連絡を取ってみようかな」 別れて後悔しているとはいえ、安易な考えで連絡するのは避けたほうがいい。 軽い気持ちで連絡を取ると、恋愛感情が再燃して、すぐ昔の関係に戻る可能性があります。 自分はブレーキを踏みたくても、相手がアクセルを踏んでくるかもしれません。 逆に相手はブレーキを踏んでいても、自分がアクセルを踏んでしまうかもしれません。 連絡を取った後、思いも寄らない展開になる可能性があります。 特に縁を切った人と再び連絡するのは、矛盾が生じます。 不本意な成り行きもあり得るため、連絡を取る前によく考えておくことが大切です。 少し大げさに思えますが、連絡を取って中途半端な関係になると、お互いの関係がぐだぐだになるかもしれません。 せっかくきれいに締めくくった恋愛に、泥を塗ってしまう可能性もあるでしょう。 元恋人との人間関係は人生にも大きく影響を与えることですから軽視できません。 連絡を取るなら、別れたことの後悔が明確で、復縁を前提にするくらいの気持ちで連絡するのが賢明です。 連絡を取るなら、後悔なり復縁なり、考えを固めた上で連絡を取る。

3
★1

電話やメールをしすぎない。

復縁したい気持ちが強くても、電話やメールのしすぎには要注意です。 想像してみてください。 元恋人から、しつこく電話やメールがやってくる状況を。 いくら相手が元恋人とはいえ、嬉しい気持ちより困る気持ちのほうが大きいのではないでしょうか。 あまりひどいと、気持ち悪くなり、だんだん相手のことが嫌いになっていくでしょう。 最悪の場合、着信拒否される可能性もあります。 好かれるどころか、かえって嫌われてしまうことになるのです。 一度相手に嫌われると、復縁はますます困難になります。 電話もメールも手軽な連絡手段。 いつでもどこでも連絡できます。 だからこそ、電話やメールの頻度には要注意。 連絡を取る際は、あまりしつこくならないよう、適切な頻度を心がけるようにしてください。 連絡頻度に、具体的な決まりはありません。 相手が忙しそうなら、1日1回の連絡でも迷惑に感じます。 相手が歓迎しているなら、1日3回の連絡でも迷惑にはならないでしょう。 適度を考えるのは難しいですが、相手の立場を想像して考えてみると、一定の範囲が見えてくるはずです。 細やかな心配りが必要とされる場面です。 忙しい相手の様子を見ながら、迷惑にならない頻度を見極めることが大切です。 連絡を取るときは、電話やメールをしすぎず、適切な頻度を心がける。

4
★3

復縁の大事な判断まで、占いやおまじないに頼ってはいけない。

「いつアプローチすればいいか分からない」 「どうアプローチをすればいいか迷っている」 復縁では、タイミングやアプローチの仕方に悩む人も多いでしょう。 そんなとき、占いやおまじないに頼る人もいるのではないでしょうか。 占いやおまじないに頼れば、すぐ一定の答えが返ってきます。 将来を決めたいなら、これほど楽な方法はありません。 もちろん気持ちを高める手段として、占いやおまじないを利用する分にはいいのです。 占いやおまじないには、自分に勇気を与えたり注意を促したりする効果があります。 前向きな結果が出れば、アプローチの勇気も出るでしょう。 しかし、復縁の大事な判断まで、占いやおまじないに頼るのはよくありません。 占いやおまじないには、十分な根拠がないからです。 占いやおまじないに頼ると、状況に応じた判断や対処がしにくくなり、かえって成功率を下げてしまうでしょう。 復縁は、いい加減なタイミングや方法で切り出すものではありません。 自分や相手の立場を考えた上で行動するもの。 忙しいときはアプローチをあえて控えます。 相手の反応に応じて対応を考えていきます。 きちんと誠意を見せることで信頼関係を取り戻していけます。 意味や理由を考えながら行動するからこそ、成功率を高められます。 占いやおまじないを楽しむのはいいのですが、依存には要注意。 復縁に成功するのは、自分の頭でしっかり考える人です。 復縁の大事な判断は、状況を見た上で自分が決めましょう。 復縁の大事な判断は、占いやおまじないに頼らず、状況を見た上で自分が決める。

5
★0

復縁マニュアルを、うのみにしてはいけない。

ちまたには、多くの復縁マニュアルがあふれています。 有料のマニュアルもあれば、無料のマニュアルもあります。 プロが執筆したものもあれば、自分の体験談をもとにした内容もあるなど、多種多様です。 初めての復縁に挑戦するなら「まずマニュアルがほしい」と思う人も多いのではないでしょうか。 基本が分かるだけでも、考え方や振る舞い方がずいぶん楽になるでしょう。 もちろん復縁マニュアルを求めるのはいいのですが、注意したいことがあります。 「復縁マニュアルをうのみにしてはいけない」という点です。 復縁マニュアルは、すべてが正しいとは限りません。 復縁マニュアルに書かれていることは、正解ではなく、あくまでヒントだからです。 「書かれていることはすべて正解」と思って信じ込むと、復縁マニュアルに振り回されるでしょう。 成功に導くどころか、逆に失敗に導いてしまうこともあり得ます。 世の中に同じ人がいないなら、恋愛マニュアルも復縁マニュアルも絶対はありません。 「マニュアルから、自分に合った方法を見つける」という感覚で読み進めていきましょう。 「参考にしよう」 「そういう方法もあるね」 「余裕があれば、挑戦してみよう」 自分の立場と照らし合わせて、参考になる部分は採用して、参考にならない部分は無視します。 復縁マニュアルの中には「そんなことは分かっている」という基本もあるかもしれません。 当たり前の内容があっても、無駄とは考えず「再確認」という機会にしましょう。 最終的な真偽は、自分が判断すること。 あくまでヒントとして活用するなら、復縁マニュアルは強力な指針になるでしょう。 復縁マニュアルは、すべて正解として信じ込むのではなく、ヒントとして参考にする。

6
★0

心に余裕のない状態で、復縁を迫ってはいけない。

復縁で大切な要素の1つ。 それは、心の余裕です。 ここでいう「余裕」とは「お金」「時間」「体力」などの余裕ではなく「心」の余裕のことを言います。 復縁において、お金・時間・体力の余裕は不十分でもやりくりできますが、心の余裕だけは必要です。 心に余裕のない状態で復縁を迫るのは、失敗しに行くようなもの。 「本当に私が悪かった!」 「お願いだ。やり直そう!」 「どうしても復縁したい!」 心に余裕のない状態で復縁を迫ると、強引で必死にならざるを得なくなり、痛々しい様子が目立ちます。 必死な形相は、近寄りがたい雰囲気が漂うでしょう。 「困っている。助けてくれ」と言わんばかりの印象になってしまいます。 復縁を迫るときは、いくら相手が好きであっても、心に余裕のある状態で迫るようにしましょう。 別れた人との関係には、大きなひびがあります。 だからこそ、復縁するときには、傷ついた相手を受け止められるだけの精神状態が必須です。 心に余裕があってこそ、ひび割れた関係を修復できるようになります。 心に余裕があればあるほど、少々のトラブルにも寛大に対応できるため、復縁の成功率も高くなります。 心にどのくらい余裕がありますか。 まだ心に余裕がなければ、復縁のアプローチはもう少し落ち着くのを待ったほうがいいでしょう。 いきなり復縁のアプローチをするより、今は心に余裕を作るほうが先決です。 心に余裕がある状態で、復縁を迫る。

7
★2

体験談を参考にしないで、復縁のアプローチをしない。

復縁のアプローチをする前は、復縁の体験談を参考にしましょう。 交際にも失敗があるように、復縁にも失敗があります。 中には「体験談なんて必要ない」「自己流で復縁する」という人もいるでしょう。 もちろんあくまで自分たちの事情ですから、他人の意見に惑わされる必要はありません。 参考にならない体験談もあるはずです。 しかし自己流とはいえ、それが間違った考え方や方法かもしれません。 間違った考え方や方法であっても、学ぶチャンスがなければ、気づくチャンスもありません。 復縁は、自分の都合だけでなく相手の都合も考えなければいけないため、幅広い視野が必要です。 失敗してから気づいても遅いのです。 復縁は、すでに一度失敗しているのですから、二度目の失敗は許されません。 失敗を繰り返さないためにも、やはりできるだけ体験談は参考にしておくのが賢明です。 参考にする体験談は、成功談に偏らず、失敗談も吸収しましょう。 成功と失敗の両面から復縁を考えることで、より正しい判断や振る舞いがしやすくなります。 身近に復縁の経験者がいなければ、インターネットで探せば簡単に見つかります。 大きな費用がかかるわけではないので、行動力さえあれば、今すぐ始められます。 情報は武器になります。 防げる失敗は確実に防いでおくこと。 そのために、体験談は有益です。 復縁の体験談を参考にして、未然に失敗を防いでおく。

8
★2

1人で思い悩んでいてはいけない。

復縁は、1人で思い悩んでいてはいけません。 人によっては「相談しないで、すべて自分で考える」という人もいるでしょう。 もちろん人に頼ってばかりではいけません。 復縁するのは自分ですから、大切なことは自分が決断を下す必要があります。 しかし復縁に悩む段階は、1人で抱え込まず、誰かに相談したほうがいい。 「相談しないで、すべて1人で考える」という状態は、かっこいいかもしれませんが、危険です。 ずっと1人で考えていると、客観が失われ、主観に偏りやすいからです。 復縁について毎日ずっと考えていると、だんだん頭がもやもやしてきます。 その結果、悪気はなくても、強引な復縁をしてしまうかもしれません。 非常識な方法を、普通だと勘違いすることもあるでしょう。 悩むのもいいですが、悩みすぎはよくありません。 偏った考えや過激な方法に陥っても、それを指摘してくれる人がいなければ、なかなか自分だけでは気づけない。 だからこそ、復縁に悩んだときは1人で抱え込まず、誰かに相談することをおすすめします。 相談するのは、できるだけ信頼できる人がいいでしょう。 あなたをよく知る人なら、あなたの性格や背景を考慮した上で、具体的なアドバイスをしてくれるはずです。 厳しい言葉も意見の1つとして謙虚に受け止めれば、復縁に役立ちます。 あなたの親友が、復縁のキューピッドになることもあるのです。 復縁に悩んだときは、1人で抱え込まず、誰かに相談する。

9
★0

突然会いに行かない。

一刻も早く復縁したいとき、先走った行動を取ることがあります。 その1つが「突然会いに行く」という行動です。 以前に付き合っていた関係ですから、相手の住所を知っていることが多いでしょう。 元恋人同士ですから、相手の生活リズムや行動パターンを把握していることも多いでしょう。 突然会いに行けば、復縁の気持ちを早く伝えられます。 サプライズの演出にもなるので「復縁に効果的」と思うかもしれません。 これは完全なマナー違反。 いくら元恋人とはいえ、事前の連絡もなく自宅に来られると、対応に困ります。 相手は急ぎの用事があるかもしれません。 翌日には仕事があるでしょう。 すでに交際相手がいて、一緒に暮らしているかもしれません。 非常識な行動をすると、ストーカーのような行動に相手は恐怖を感じ、いっそう復縁が遠のくでしょう。 突然会いに行って受け入れてくれることもあるかもしれませんが「運がよかっただけ」と考えること。 早まった行動は失敗を招きます。 復縁で大切なのは、信頼関係。 きちんと信頼関係を取り戻すためにも、良識ある行動を心がけたほうが近道です。 焦っているときは、自制心を失いやすい傾向があります。 焦る気持ちが強いときは、胸に手を当て「非常識なことをしようとしていないか」と自問自答するといいでしょう。 早く復縁したくても、突然会いに行かない。

10
★1

ブログやSNSで、元恋人への気持ちをつづらない。

世の中には、便利な連絡手段があります。 ブログやSNSです。 元恋人に復縁したい気持ちを伝えるとき、ブログやSNSを考える人もいるかもしれません。 直接電話やメールをするのは勇気がいるので、ブログやSNSで間接的に気持ちを伝えようとします。 復縁をほのめかすようなメッセージもあれば、独り言のようなポエムで表現することもあるでしょう。 ブログやSNSなら、共通の友達や同じサークルの仲間たちに見てもらえます。 周りからの注目があるほうが、相手も真剣になってくれるのではないかと思うかもしれません。 しかし、これはNGです。 2人しか見られない状況ならまだいいですが、不特定多数が見られる状況はよくありません。 復縁は、あくまでプライベートなこと。 元恋人への気持ちを不特定多数に公開するのはやめたほうがいいでしょう。 自分はよくても、相手が恥ずかしい思いをします。 赤裸々な内容を見られたくない、知られたくないと思う人もたくさんいます。 純粋な気持ちで復縁がしにくくなるでしょう。 また、そうしたデリカシーのない方法で復縁する人にも幻滅するはずです。 もちろん相手を愛する気持ちを伝えても、うまくいかないこともあります。 「個人名を伏せていれば大丈夫ではないか」と思うかもしれませんが、注意が必要です。 あなたを詳しく知る人物なら、勘が働いて分かってしまうこともあります。 インターネットは、一度情報が広まると収拾がつかない危険もあります。 ブログやSNSを活用するなら、2人しか見られない状況にしておくのが賢明です。 プライバシーを尊重した方法のほうが、復縁もスムーズにいくでしょう。 相手の気持ちを、ブログやSNSなど、不特定多数が見る場で公開しない。

11
★0

復縁に迷いながらアプローチをしない。

復縁を切り出す前に迷うのはいいのです。 「復縁したほうがいいのか。諦めたほうがいいのか」 復縁を切り出す前、気持ちが本物であるかどうか確かめるのは大切です。 時間がかかってもいい。 たくさん悩むのもいいことです。 1人で決められなければ、信頼できる人に相談するのもいいでしょう。 自分と向き合い、何度も問いかけ、しっかり考えましょう。 よく考えた上で「やはり復縁は諦めたほうがいい」と思うなら諦めたほうがいいでしょう。 しかし「やはり好きだ」という確信が得られたなら、復縁します。 どちらの判断でもいいのですが、1つ注意したいことがあります。 それは、復縁を迷いながらのアプローチです。 復縁を迷いながらアプローチするのだけは避けてください。 決意が中途半端な状態は、ほとんど復縁はうまくいかないでしょう。 「よりを戻したいかもしれない」 「まだ好きな気持ちが残っているような気がする」 「暇だったら、また付き合ってほしい」 復縁の決意が中途半端では、表現も中途半端になるでしょう。 中途半端な言い方では、愛情が伝わりません。 アプローチをしても、決意が弱いと説得力も弱くなるため、なかなか復縁がうまくいかないのです。 復縁は、決意を固めた上で挑むもの。 復縁をするにせよ諦めるにせよ、中途半端な状態だけは避けましょう。 復縁をしたいなら、する。 諦めるなら、諦める。 どちらかはっきりさせるようにしてください。 復縁に迷いながらアプローチをしない。

12
★2

久しぶりに送るメールが、長文や重い内容になってはいけない。

久しぶりに送るメールは、文章量や内容に注意しましょう。 連絡を取っていない時期が長いと、話したいことがたくさんあって長文になりがちです。 復縁したい気持ちが強いと、強い感情が込められた内容になりやすい。 しかし、久しぶりに送られてきたメールが長文や重い内容だと、相手はどう感じるでしょうか。 長い文章では「読みにくい」と感じ、驚かれたりうんざりされたりするでしょう。 強い気持ちが込められていると、返事の仕方に困るはずです。 いくら元恋人からのメールが嬉しくても、長文や重い内容であったりすると、対応に困ってしまうのです。 では、どうするか。 久しぶりのメールでは「短文」かつ「軽い内容」を心がけましょう。 文章量は、さっと読める程度がいいでしょう。 メールの内容も、重い内容ではなく、軽い雑談程度が適切です。 たとえば「久しぶりだね。元気にしている?」という感じなら、抵抗も小さいでしょう。 短文で軽い雰囲気のほうが、相手も気軽に返信しやすくなります。 それがあくまで復縁を目的とするメールであっても、そう感じさせないくらい軽い内容であることがポイントです。 軽いメールをきっかけにして再び連絡を取り合う関係になれば、復縁の糸口をつかみやすくなります。 もちろんずっと短文で軽い内容のままというわけではありません。 何度かやりとりをしていくうちに、だんだん打ち解けていけるでしょう。 信頼関係を取り戻していくにつれて、メールが親密になっていくならOKです。 もしメールが長くなったり内容が濃くなったりしても自然になれば、そろそろ会ってもいい時期と考えていいでしょう。 いきなり近づくのではなく、相手の立場を考えながら、少しずつ近づいていきましょう。 久しぶりのメールでは、長文や重い内容は避け、短文で軽い内容を心がける。

13
★1

いきなり復縁の話を持ち出さない。

復縁の第1段階は、相手と連絡を取ることです。 相手と連絡を取らないことには、復縁しようにもできません。 さて問題は、どんな内容で連絡を取るか。 最初に交わす会話が大切です。 まず避けたいのは、いきなり復縁の話を持ち出すことです。 久しぶりの会話で「実は復縁がしたい」と言っても、相手を驚かせるだけでしょう。 突然始まる大きな話に、相手は戸惑うはずです。 以前付き合っていた関係とはいえ、久しぶりに連絡があると、相手は警戒心もあるでしょう。 復縁で焦りは禁物。 早く復縁の話を出したくても、ぐっとこらえておくのが得策です。 最初は、軽い雑談から話を始めるのが得策です。 「久しぶりだね。元気?」 「最近はどうしているの?」 「仕事の調子はどう?」 軽い感じで連絡を取り、相手の様子をうかがいましょう。 変に昔の関係を意識するのではなく、友達と久しぶりに接するような感覚のほうが打ち解けやすくなります。 以前に付き合っていた関係ですから、それほど時間はかからないでしょう。 打ち解けるにつれて、だんだん親密な話もするようにします。 「週末は、どんな過ごし方をしているの?」 「新しい恋人はできた?」 「最近、新しい出会いはあった?」 相手に恋人がいないと確認できれば、望みはあります。 復縁の具体的なアプローチは、打ち解けた雰囲気になってから始めるようにしましょう。 久しぶりの連絡では、いきなり復縁の話を出すのではなく、軽い雑談で打ち解けた雰囲気作りから始める。

14
★2

メールの返信がないとき、しつこくメールしない。

復縁で久しぶりに連絡を取るときは、メールが最適です。 いきなり電話すると、相手を驚かせ、冷静に話がしにくくなります。 メールなら、相手の都合のいいときに読めて、返信ができます。 久しぶりに連絡しても、比較的冷静なやりとりができるでしょう。 ところが、メールを送っても返信がない場合もあります。 心を込めてメールを送ったのに連絡がなければ、残念な気持ちになります。 「どうしたのだろう」と不安になって、何度もメールをしてしまいやすい場面です。 「無視された」と感じて、怒りを感じる人もいるかもしれません。 このときです。 返信をしない相手に腹が立ち、相手をののしるメールを送ってしまうことがあります。 感情的になりやすい場面ですが、こういうときこそ落ち着いた対応が必要です。 一般的にメールの返信がなければ「関わりたくない」というネガティブな意志表示と考えてください。 残念ながら、メールを送っても、好意的に返信してくれるとは限らないこともあります。 決まりはありませんが、メールを送るなら3回まででしょう。 メールを3回送ってすべて無視されれば、潔く諦めるのが賢明です。 何らかの事情で、メールが届いていない場合もあるため、別の手段で連絡を取ってみるのもいいでしょう。 その場合も、しつこくならないように注意が必要です。 あらかじめ「アプローチが報われないこともある」と覚悟しておくのがいいでしょう。 アプローチが報われないとき、仕返しや嫌がらせに発展しないよう、自分をコントロールすることが大切です。 メールを送って返信がなくても、感情的な対応を取らない。

15
★2

過去を引きずっている様子は見せない。

復縁のアプローチでネガティブな言葉は不要です。 できるだけ前向きな話をしたほうが、復縁の成功率も高くなります。 ところがポジティブな話をしているつもりが、いつの間にかネガティブな話になっていることがあります。 その代表例は「過去を引きずっている話」です。 次のような一言に心当たりがあれば、要注意です。 「別れてから、心に穴が空いているまま」 「いつも君のことが気になって、仕事に集中できない」 「別れてから、いつも君のことを考えている」 自分では「あなたを大切に思っている」というポジティブな意味を伝えるために言っているつもりです。 相手の気を引くために言っていることもあるでしょう。 しかし、実際は逆効果です。 過去を引きずって努力をしない人に、元恋人は魅力を感じないでしょう。 遠回りに「こんな悲惨な自分になったのはあなたのせいだ」と言っているような雰囲気さえあります。 相手から、復縁どころか「早く新しい恋人を見つけたほうがいいよ」と説得されてしまうかもしれません。 余計な誤解を生みやすくなるのです。 復縁のアプローチでは、あくまで前向きな様子を見せていきましょう。 「最近、新しい習い事を始めた」 「今、仕事が充実している」 「試験に合格した。資格を取った。新規の契約が取れた」 前向きに生きる様子を見せることで、その人の人間的な魅力が輝いているように見えます。 生き生きとした様子が伝われば「復縁したら、今度はうまくいきそう」と予感させるでしょう。 過去を引きずっている様子は見せず、前向きに今を生きている様子を見せながらアプローチする。

16
★0

脅しや嫌がらせなど、強引な手段で復縁してはいけない。

復縁をするとき、脅しや嫌がらせは厳禁です。 「復縁しないと嫌がらせをするぞ」と言って脅す。 復縁するまでしつこく電話やメールをして、嫌がらせをする。 「脅しや嫌がらせをすれば、強引に復縁できる」と考える人もいるかもしれませんが、大きな誤解です。 強引な手段は、もはやストーカーと同じ。 わざと相手の迷惑になる行為をして、復縁を迫るのは、あってはならないことです。 かえって仲を険悪にさせます。 常識としても社会人としても問題ですが、脅迫罪として事件に発展する可能性もあります。 お互い良好な関係が改善した上で復縁が成立しますから、脅しや嫌がらせは逆効果。 相手を不快にさせたところで、何も解決しません。 それどころかますます嫌われ、復縁の可能性が絶望的になるでしょう。 当然ですが、復縁してくれなかったから報復をするのは言語道断です。 「よりを戻す」というのは「相手の好意が戻る」という意味でもあります。 復縁とは「気持ちが離れた相手と、いかに仲直りできるか」という勝負でもあります。 常に相手の気持ちを尊重しながら接していくことが必要です。 まず関係改善に努め、少しずつ信頼関係を取り戻していきます。 時間も手間もかかりますが、必要なことであり、避けて通れません。 強引な手段に頼らず、誠実で真面目な対応を心がけることが、復縁の近道です。 脅しや嫌がらせなど、強引な手段で復縁しない。

17
★1

異性と遊んでいる話をしない。

久しぶりに元恋人と話をすると、最近の様子について話が及ぶでしょう。 もはや「必ず出る話題」と言っても過言ではありません。 「久しぶりだね。最近はどうしているの」という話の流れになるのが定番です。 もちろん基本的に自由な会話を楽しんでいいのですが、注意したい話題があります。 それは、異性と遊んでいる話題です。 一般的に復縁の前は、心の余裕を作るため、異性と接する状況を保っておくことが大切です。 異性と接していると、自分に余裕ができたり自信がついたりします。 「失恋しても、異性と接することができている」という現実が、復縁への自信を与えてくれます。 ただし、異性と遊ぶのはよくても、異性と遊んでいる話は出さないようにしたい。 「異性の友達がたくさんできた」 「最近は異性の友達とよく遊んでいる」 こうした話をすれば、元恋人は心が離れていくでしょう。 「もうすぐ付き合えそうだね」「私との復縁は必要ないね」などと思われます。 復縁の可能性を、上げるどころか下げてしまうことになりかねません。 特に自分からずけずけ話すのは控えておくのが賢明です。 最近の過ごし方を聞かれたら、趣味や仕事などの話題を出しておくのが無難です。 失恋を吹っ切り、充実した日々を送っている様子を見せるのが一番です。 もし気になる異性の存在について聞かれたときは、当たり障りのない返事が賢明です。 「たまに会うこともある」「ときどき話すこともある」というくらいがいいでしょう。 最近の様子を聞かれたとき、ほかの異性と遊んでいる話題は出さないようにする。

18
★1

まめな連絡はよくても、しつこい連絡はいけない。

元恋人と連絡を取り合うようになれば、少しずつ連絡頻度を上げていきます。 いきなり復縁の話を持ち出すのではなく、まず普通の会話を通して信頼関係を取り戻すのが優先です。 最初は友達からやり直す状況でも、コミュニケーションを重ねていけば、少しずつ親しくなっていけるでしょう。 ただし、連絡頻度を上げるとき、注意したいことがあります。 「まめな連絡は心がけても、しつこい連絡は避ける」という配慮です。 「まめな連絡」と「しつこい連絡」は、似て非なるもの。 どちらも「頻繁に連絡する」という点は同じですが、実際はまったく別物です。 では、まめな連絡としつこい連絡の違いはどこにあるのか。 最大の違いは「相手の状況を考えることなく、自分の都合を押し付けているかどうか」です。 まめな連絡は、相手の状況を考えた上で、喜ばれるような連絡をするのが特徴です。 たとえば、相手が落ち込んでいるときに送る、励ましのメールです。 心が明るくなるようなメールなら、感謝されるでしょう。 相手が喜んだり助かったりする連絡は、温かい心と配慮が感じられます。 まめな連絡は、すればするほど好かれます。 一方、しつこい連絡は、相手の状況を考えず、自分の都合を押し付けているのが特徴です。 たとえば、深夜に電話をしたり、突然家を訪問したりなどです。 いくら思いやりの気持ちがあっても、結果として相手の迷惑になっているならNGです。 「相手の状況を考えず、自分の都合を押し付けているかどうか」という点で考えると、区別しやすくなります。 ちょっとした違いですが、人間関係には大きな違いをもたらします。 まめな連絡は心がけても、しつこい連絡は避けるようにする。

19
★2

忙しいとき、復縁のアプローチをしてはいけない。

相手が忙しいとき、復縁のアプローチは控えたほうがいいでしょう。 相手が忙しいときに復縁のアプローチをしても、うまくいかないことが多いからです。 たとえば、相手が勉強や仕事で忙しいときに復縁の話を持ち出しても、うまく復縁が進まないでしょう。 忙しいときは、気持ちを整理する余裕がありません。 ゆっくり話し合う時間もなければ、気持ちを整理する時間もありません。 いくら復縁の話が嬉しくても、お互いの信頼関係を取り戻す時間がなければ、途中で挫折するでしょう。 相手の状況を見て、忙しそうなら少し時期をずらしたほうが賢明です。 また時間に余裕がないのは、相手だけでなく、自分にも言えます。 自分が忙しいときは焦りがちになるため、復縁のアプローチでミスをしやすくなります。 早く復縁したい気持ちがあっても、焦りは禁物です。 復縁のアプローチをするなら、お互いの時間に余裕があるときが最適です。 すでに一度失敗しているだけに、二度目に失敗は許されません。 敗者復活戦にやり直しはない。 アプローチが遅れると復縁も遅れますが、失敗を避けるには必要な時間です。 時には、じっと待つことも必要です。 最高のタイミングもあれば、最悪のタイミングもあります。 最悪のタイミングは避け、最高のタイミングを狙いたい。 お互いの時間に余裕が出てから復縁のアプローチをしたほうが、成功率も高くなります。 復縁のアプローチは、お互い忙しい時期は避け、時間に余裕があるときにする。

20
★0

物やお金で釣らない。

復縁で強引な方法は厳禁です。 しつこい電話やメールで復縁を迫っても、好かれるどころか、かえって嫌われるでしょう。 相手の迷惑になるような方法で復縁するのはいけません。 では、逆のパターンはどうでしょうか。 押してダメなら、引いてみる。 つまり、物やお金で釣る方法です。 「復縁したら、旅行をプレゼントする」 「やり直してくれるなら、何でも好きなものを買ってあげる」 こう言えば、相手を振り向かせられるような気がするかもしれません。 物やお金を与えるなら、相手が得することはあっても、損することはありません。 法に反することでもない。 「物やお金で釣れば、復縁しやすくなるのではないか」と考える人もいるかもしれません。 しかし残念ですが、この方法は失敗に終わるでしょう。 物やお金で釣ろうとしても、元恋人は「分かっていない。大切なのはそこではない」と思うはずです。 復縁で最も大切なのは、誠意です。 物やお金で釣ろうとするのは、相手に迷惑はかからなくても、誠意が感じられません。 むしろそうした下品で非常識な方法で復縁しようとする相手に幻滅するでしょう。 仮に物やお金で釣って復縁できたとしても、恋人関係が冷めやすいのが特徴です。 あくまで物やお金に釣られて復縁したため、目的が達成されれば気持ちも冷めてしまいます。 物やお金は、相手の注意を引くことはできても、恋愛感情までは動かせないのです。 本気で復縁をしたいなら、物やお金で釣らないこと。 あくまで誠意を見せて挑むのがポイントです。 物やお金で釣ろうとしない。

21
★0

いくら気持ちを伝えたいとはいえ、強引に会うのはいけない。

いくら気持ちを伝えたいとはいえ、強引に会うのはいけません。 一度別れた関係だからこそ、再会するときのアプローチには気をつけたい。 復縁するためには、相手の理解を得ることが必要です。 相手の立場を考えず、強引に会おうとすると「身勝手」「わがまま」など、ネガティブな印象を与えます。 「会えば分かる」 「とにかく会おう」 「詳しいことは会ってから話す」 強引に会おうとすると、相手はますます警戒を強くします。 自分としては早く復縁したい気持ちでいっぱいかもしれませんが、焦りは禁物。 あまり強引に誘おうとすると、最悪の場合、ストーカー呼ばわりされる可能性もあります。 強引に会うのではなく、相手の都合のいいときに会うのが適切です。 まず相手の都合を尋ねましょう。 「都合はいかがですか」 「時間があれば、会いましょう」 「もしよかったら久しぶりに会いませんか」 「時間があれば」「もしよかったら」などと前置きをすれば、言葉の印象が和らぎます。 相手の警戒心を解くように誘えば、相手も会いやすくなります。 もし都合が合わないようなら「都合のいいときを教えてほしい」と尋ねましょう。 無理やり聞き出すような言い方ではなく、優しく尋ねるような聞き方を心がけるのがポイントです。 強引に会うのではなく、いい雰囲気で会うようにしましょう。 そのためにも相手に余裕があるタイミングのほうが、話も真剣に聞いてもらいやすくなります。 お互いに余裕があるときのほうが、記憶に残る運命的な再会ができます。 強引に会おうとするのではなく、相手の都合のいいときに会うようにする。

22
★0

ずけずけ話をしすぎない。
話を聞いてばかりもいけない。

久しぶりに話をすると、つい自分の話をずけずけしたくなるでしょう。 話していない期間が長ければ長いほど、話したい話題が山積みです。 話したいことが山ほどあると、息つく暇もなく話してしまうでしょう。 しかし、勢いよく話をすると、相手は驚いて引いてしまいます。 自分の話をするばかりでは、相手を疲れさせ、うんざりさせるでしょう。 「自分を理解してほしい。分かってほしい」という気持ちは大切ですが、度が過ぎると、うっとうしくなります。 では、聞いてばかりがいいかというと、そうではありません。 ずっと聞いてばかりでは自分の話ができません。 もちろん相手の話を聞くのは大切ですが、ある程度は自分の話をしないと、相手に自分の様子を伝えられません。 失恋を乗り越えて充実した日々を送っていることも、きちんとアピールすることが必要です。 ずけずけ話をしすぎてはいけませんが、話を聞いてばかりもいけない。 元恋人との会話では「話す」と「聞く」のそれぞれを、バランスよく心がけましょう。 自分が話せば、次は相手の話を聞く番です。 相手の話を聞けば、次は自分の話をする番です。 お互いがバランスよく話したり聞いたりするからこそ、会話のテンポがよくなり、盛り上がります。 理解が深まるから、信頼関係も深まるのです。 元恋人との会話では「話す」と「聞く」をバランスよく心がける。

23
★0

相手だけ責めて、自分は反省しないのはいけない。

「別れた原因は相手にある。謝ってほしい」 そう思って、相手を責めることがあるかもしれません。 しかし、別れた原因が相手にあっても「相手だけが悪い」というのはまれです。 あらためて別れを振り返ると「別れた原因はお互いにある」という状況が大半ではないでしょうか。 人間は不完全ですから、関係が決裂するときも、お互いに非があることでしょう。 にもかかわらず、相手だけ責めて、自分は反省しないのはNGです。 「別れたのはあなたのせい。復縁はしたいけれど謝ってほしい。反省してほしい。直してほしい」 一方的に謝罪や改善を求めるのは、相手からすると難しい注文です。 自分の不都合には触れず、復縁だけ求めるのは身勝手です。 相手に反省を促すだけして、自分は反省しないなら、根本的な解決になりません。 残念ながら、復縁は難しいでしょう。 復縁のアプローチをするなら「自分こそ反省する」という態度が大切です。 自分の悪かったことは素直に謝る。 悪いところはきちんと改める。 反省する姿勢があってこそ「次はうまくいきそうだ」と思わせ、相手の心を動かします。 いきなり相手を責めるのではなく、先に自分から反省しましょう。 自分から先に謝って反省すれば、その素直さに心を動かされ、結果として相手も反省してくれるでしょう。 自分から先に謝ることが、お互いの反省を促すコツです。 相手だけ責めるのではなく、先に自分から反省する。

24
★0

偉そうな態度をしてはいけない。

復縁では、偉そうな態度に要注意です。 偉そうな態度が嫌われるのは、どんな人間関係でも同じですが、特に復縁では気をつけたい。 「メールの返信が遅い」 「そんなことはどうでもいいでしょう」 「何でもいいから、とにかく復縁しよう」 相手を見下すような態度では、相手との信頼関係を取り戻せなくて当然です。 相手の話を途中で遮ったり、自己主張が強引であったりすると、不快な気持ちにさせます。 好かれるどころか、ますます嫌われてしまうでしょう。 特に気をつけたいのは、気づかないうちに偉そうな態度をしてしまうことです。 たとえば、腕や足を組みながら話す態度に心当たりはありませんか。 腕や足を組みながら話す癖があるなら、すでにイエローカードです。 少なくとも好印象につながる態度ではありません。 本人に悪気はなくても、相手から見ると、人を見下すような態度に見えやすい。 また、相手の発言をせかすときも、いつの間にか偉そうな態度になりやすいため気をつけましょう。 たとえば「何が言いたいの」「私が言いたいことは分かるよね」などです。 偉そうな印象がある発言や態度は、全般的にNGです。 どんなに誠意のある言葉をしても、偉そうな言い方では無意味です。 自分の言動を振り返り、偉そうな態度が見つかれば改めていきましょう。 復縁で心がけたいのは、偉そうな態度ではなく、謙虚な態度です。 出しゃばらない。 素直に相手の意見を受け入れる。 最後まで話を聞く。 謙虚な態度を心がけていれば、着実に信頼関係を取り戻せていけるでしょう。 偉そうな態度ではなく、謙虚な態度を心がける。

25
★0

嫉妬をあおるようなアプローチをしてはいけない。

相手の気を引こうとして思い浮かぶのは、嫉妬をあおる方法です。 「最近モテて困っている」 「ある人から告白された」 「昨日は異性の友達と2人で遊びに出かけた」 自分がモテていることをアピールすれば、相手の嫉妬をあおることができるでしょう。 たしかに自分に注意を向ける意味では、多少の効果があるでしょう。 しかし嫉妬をあおるようなアプローチは、失敗するパターンが大半です。 嫉妬心をあおるような発言を聞いた相手は、悔しがったりいら立ったりして、よい印象を持ちません。 それどころか「その人と付き合えばいい」「私なんて必要ない」などと思われ、余計に心が離れていくでしょう。 嫉妬をあおるようなアプローチは、逆効果になる可能性が高い。 たとえモテているのが事実であっても、わざわざ復縁したい相手に伝えるのは、失敗を招くようなもの。 復縁において、異性をちらつかせるような発言は控えるのが賢明です。 相手と復縁したいなら、相手の立場になって考えましょう。 相手の気を引きたくても、相手が不快になるようなアプローチはやめたほうがいいでしょう。 本当に相手の気を引きたければ、目標に向かって前向きに生きている様子を見せましょう。 失恋を乗り越え、充実した生活を送っている話のほうが効果的です。 過去にくよくよしている人より、未来に向けて頑張っている人のほうがきらきら見えます。 嫉妬をあおって、相手の気を引くのはやめる。

26
★0

お酒を飲みながら復縁の話をしてはいけない。

お酒を飲みながら復縁の話をしたいと考える人もいるでしょう。 復縁の話をするときは、緊張が伴います。 お酒を飲んでほろ酔いになれば、緊張が解け、いい気分で話しやすくなるでしょう。 もちろんお酒の力は素晴らしいのですが、復縁の話をするときは、できるだけお酒は控えておくのが賢明です。 お酒に酔ってふらふらしながら復縁を切り出しても、相手の心には響かないでしょう。 お酒が入っていると、本気で話しているのか冗談で話しているのか、分かりません。 自分では真面目に話しているつもりでも、酔った状態では言葉を疑われやすい。 酔った勢いで復縁の話をする様子は「誠意に欠けている」と誤解されます。 せっかく会って話ができても、酔っていては言葉の重みが半減するのです。 自分がお酒を飲まなくても、相手がお酒を飲む場合も注意が必要です。 相手が酔いながら復縁にOKしても、本当に復縁できたとは限りません。 酔うと思考力が低下して、不本意な復縁になりやすい。 酔いが覚めてから「復縁を受け入れるべきではなかった」と後悔する可能性があります。 会って復縁の話をするなら、お互いしらふの状態で話し合うのがベストです。 飲み物を飲むなら、お茶・紅茶・コーヒーなど、アルコールを含まない飲み物がいいでしょう。 どうしてもお酒を飲みたいときは、できるだけ度数の低いものを選ぶようにします。 酔う一歩手前の状態なら、さほど悪影響はないはずです。 会って復縁の話をするときは、お酒を控える。

27
★0

久しぶりに会ったとき、しつこくボディータッチをしてはいけない。

久しぶりに会ったときは、ボディータッチに要注意です。 すでに別れているとはいえ、以前は付き合っていた関係です。 ましてや復縁したい気持ちがあると、久しぶりに会ったとき、相手の体に触れたくなるかもしれません。 手をつなぎたくなったり、抱きしめたくなったりする衝動に駆られる。 もちろん普通に握手をしたり、肩を寄せ合ったりの程度なら自然でしょう。 気をつけたいのは、しつこいボディータッチです。 たとえば、強引に相手の体を触ったり、不自然に触ったりすると、いくら元恋人とはいえ警戒が強くなります。 性的なニュアンスが強くなり、思わぬ誤解をされるでしょう。 復縁で焦りは禁物です。 早まった行為は、失敗の原因になります。 せっかく親しい仲を取り戻しかけていても、余計なボディータッチのせいで、気持ちがすっと離れる可能性があります。 肌の触れ合いは、デリケートな行為。 久しぶりの再会では悪い誤解を与えやすいため、ボディータッチは控えるのが賢明です。 十分な信頼関係が戻るまで、ボディータッチはお預けです。 何度か会って、お互いが親密になれば、ボディータッチも自然に感じるでしょう。 久しぶりに会ったとき、しつこくボディータッチをしない。

28
★0

照れるのはいいが、もじもじするのはいけない。

「やり直そう」 復縁のアプローチで最も大切な言葉の1つです。 復縁を意味する言葉はほかにもありますが、回りくどい表現は使わず、ストレートに伝えるのが一番。 ストレートな一言で、復縁したい意志表示を素直に表現できます。 この一言は、言うのが恥ずかしい言葉でもあります。 言いたくても、感情をはっきり表現した言葉は言いにくく感じる人も多いでしょう。 照れがあって、もじもじした態度になりやすい。 しかし照れるのはいいですが、もじもじするのはいけません。 一番大切な言葉をもじもじしながら言っていると「やり直したい意思が弱い」と思われます。 「軽い気持ちではないか」 「勢いで言っているだけではないか」 「また同じ失敗が繰り返されるのではないか」 もじもじしながら「やり直そう」と言っても、言葉と態度が一致しないため、相手を不安にさせます。 言葉と態度を一致させましょう。 小さな声やおどおどした態度はよくありません。 大切な言葉ほど、相手の目をしっかり見て伝えましょう。 照れていても「やり直そう」という言葉だけは、きちんと言うようにします。 言葉も大切ですが、それ以上に大切なのは態度です。 堂々とした態度で伝えるから、力強い言葉が力強く伝わり、相手の心を動かせます。 「やり直そう」という言葉は、堂々と言う。

29
★0

「復縁してくれないと自殺する」などと脅迫してはいけない。

「復縁してくれないと自殺する」などの発言は厳禁です。 自分の命の危険をほのめかせば、相手は必死で引き止めてくることが予想できます。 相手の注意を自分に向かせ、強引な復縁ができるかもしれません。 「どうしても復縁したい」「あの人がいないと生きていけない」という気持ちが強いと、自暴自棄になりやすい。 しかし、こうした発言も脅迫の一種です。 直接相手を脅迫しているわけではありませんが、自分の命をさらすことで、間接的に脅迫しているのと同じこと。 復縁において、強引な手段はすべてNGと考えるのが妥当です。 復縁は、片思いだけで成立しません。 自暴自棄でも成立しません。 復縁は、両思いになった上で成立するもの。 「仕方なく復縁した」という状態は、十分な愛も信頼もありません。 強引な手段で復縁しても、相手は好きで復縁したわけではないため、良好な関係を築くのは難しいのです。 その点が理解できていれば、おのずと強硬手段は不適切だと分かるでしょう。 当然ですが、本当に自殺してはいけません。 「その人しかいない」と思っても、世界にはまだまだ多くの異性がいます。 周りに目を向けていないから「もっといい人がいない」と感じるだけです。 極端な考えをするのではなく、前向きになって別の人に目を向けましょう。 「復縁してくれないと自殺する」などと言って、強引に復縁を迫らない。

30
★0

元恋人に交際相手がいるなら、プライベートに深入りしない。

復縁したくても、相手はすでに交際相手がいることもあります。 自分と別れた後、相手は縁に恵まれ、別の人と付き合うのはよくあること。 もちろん普通に近づいて話すくらいならいいでしょう。 あくまで友達として話す分には問題はありませんが、相手のプライベートに深入りするのは要注意です。 2人の前で付き合っていたころの話を持ち出せば、険悪な雰囲気になるでしょう。 あまり深く関わると、相手の恋愛関係に悪影響を及ぼします。 ましてや、相手の恋愛関係を壊して奪い返してやろうとするのは言語道断です。 略奪愛は映画やドラマで見かける内容ですが、現実では決してあってはならないこと。 自分がされたらどう感じるか考えてみると、その卑劣さが分かるでしょう。 すでに交際相手がいるにもかかわらず、昔の恋人が「やり直そう」としつこくつきまとってくると、迷惑に感じるはず。 もはやストーカーになってしまいます。 略奪愛は、事件に発展する可能性もあるので油断できません。 元恋人に交際相手がいるなら、プライベートに深入りしないのが得策です。 残念ですが、復縁は潔く諦めるのが賢明です。 できれば嫉妬するのではなく、相手の恋愛を応援するくらいがいいでしょう。 「前の恋愛はもう終わったこと。お互い、新しい道を歩もう」 諦めて気持ちを切り替えたほうが、お互いにとって幸せになれます。 相手に交際相手がいるなら、プライベートに深入りしない。

同じカテゴリーの作品