復縁

復縁でしてはいけない
30のこと

  • 別れた直後に、
    復縁のアプローチをしてはいけない。
復縁でしてはいけない30のこと

もくじ
  1. 別れた直後に、復縁のアプローチをしてはいけない。

    別れた直後の復縁は、難しいのが現実です。
    もちろん別れた直後の復縁がうまくいくケースもあります。
    代表的なのは、思い込みや勘違いで別れた場合です。

  2. 安易な気持ちで、元恋人に連絡をしない。

    元恋人との連絡は慎重になりましょう。
    別れた人に連絡を取るのは、新しい可能性を生む行為でもあります。
    「少し気になる」

  3. 電話やメールをしすぎない。

    復縁したい気持ちが強くても、電話やメールのしすぎには要注意です。
    想像してみてください。
    元恋人から、しつこく電話やメールがやってくる状況を。

  4. 復縁の大事な判断まで、占いやおまじないに頼ってはいけない。

    「いつアプローチすればいいか分からない」
    「どうアプローチをすればいいか迷っている」
    復縁では、タイミングやアプローチの仕方に悩む人も多いでしょう。

  5. 復縁マニュアルを、うのみにしてはいけない。

    ちまたには、多くの復縁マニュアルがあふれています。
    有料のマニュアルもあれば、無料のマニュアルもあります。
    プロが執筆したものもあれば、自分の体験談をもとにした内容もあるなど、多種多様です。

  6. 心に余裕のない状態で、復縁を迫ってはいけない。

    復縁で大切な要素の1つ。
    それは、心の余裕です。
    ここでいう「余裕」とは「お金」「時間」「体力」などの余裕ではなく「心」の余裕のことを言います。

  7. 体験談を参考にしないで、復縁のアプローチをしない。

    復縁のアプローチをする前は、復縁の体験談を参考にしましょう。
    交際にも失敗があるように、復縁にも失敗があります。
    中には「体験談なんて必要ない」「自己流で復縁する」という人もいるでしょう。

  8. 1人で思い悩んでいてはいけない。

    復縁は、1人で思い悩んでいてはいけません。
    人によっては「相談しないで、すべて自分で考える」という人もいるでしょう。
    もちろん人に頼ってばかりではいけません。

  9. 突然会いに行かない。

    一刻も早く復縁したいとき、先走った行動を取ることがあります。
    その1つが「突然会いに行く」という行動です。
    以前に付き合っていた関係ですから、相手の住所を知っていることが多いでしょう。

  10. ブログやSNSで、元恋人への気持ちをつづらない。

    世の中には、便利な連絡手段があります。
    ブログやSNSです。
    元恋人に復縁したい気持ちを伝えるとき、ブログやSNSを考える人もいるかもしれません。

  11. 復縁に迷いながらアプローチをしない。

    復縁を切り出す前に迷うのはいいのです。
    「復縁したほうがいいのか。諦めたほうがいいのか」
    復縁を切り出す前、気持ちが本物であるかどうか確かめるのは大切です。

  12. 久しぶりに送るメールが、長文や重い内容になってはいけない。

    久しぶりに送るメールは、文章量や内容に注意しましょう。
    連絡を取っていない時期が長いと、話したいことがたくさんあって長文になりがちです。
    復縁したい気持ちが強いと、強い感情が込められた内容になりやすい。

  13. いきなり復縁の話を持ち出さない。

    復縁の第1段階は、相手と連絡を取ることです。
    相手と連絡を取らないことには、復縁しようにもできません。
    さて問題は、どんな内容で連絡を取るか。

  14. メールの返信がないとき、しつこくメールしない。

    復縁で久しぶりに連絡を取るときは、メールが最適です。
    いきなり電話すると、相手を驚かせ、冷静に話がしにくくなります。
    メールなら、相手の都合のいいときに読めて、返信ができます。

  15. 過去を引きずっている様子は見せない。

    復縁のアプローチでネガティブな言葉は不要です。
    できるだけ前向きな話をしたほうが、復縁の成功率も高くなります。
     

  16. 脅しや嫌がらせなど、強引な手段で復縁してはいけない。

    復縁をするとき、脅しや嫌がらせは厳禁です。
    「復縁しないと嫌がらせをするぞ」と言って脅す。
    復縁するまでしつこく電話やメールをして、嫌がらせをする。

  17. 異性と遊んでいる話をしない。

    久しぶりに元恋人と話をすると、最近の様子について話が及ぶでしょう。
    もはや「必ず出る話題」と言っても過言ではありません。
    「久しぶりだね。最近はどうしているの」という話の流れになるのが定番です。

  18. まめな連絡はよくても、しつこい連絡はいけない。

    元恋人と連絡を取り合うようになれば、少しずつ連絡頻度を上げていきます。
    いきなり復縁の話を持ち出すのではなく、まず普通の会話を通して信頼関係を取り戻すのが優先です。
    最初は友達からやり直す状況でも、コミュニケーションを重ねていけば、少しずつ親しくなっていけるでしょう。

  19. 忙しいとき、復縁のアプローチをしてはいけない。

    相手が忙しいとき、復縁のアプローチは控えたほうがいいでしょう。
    相手が忙しいときに復縁のアプローチをしても、うまくいかないことが多いからです。
     

  20. 物やお金で釣らない。

    復縁で強引な方法は厳禁です。
    しつこい電話やメールで復縁を迫っても、好かれるどころか、かえって嫌われるでしょう。
    相手の迷惑になるような方法で復縁するのはいけません。

  21. いくら気持ちを伝えたいとはいえ、強引に会うのはいけない。

    いくら気持ちを伝えたいとはいえ、強引に会うのはいけません。
    一度別れた関係だからこそ、再会するときのアプローチには気をつけたい。
    復縁するためには、相手の理解を得ることが必要です。

  22. ずけずけ話をしすぎない。
    話を聞いてばかりもいけない。

    久しぶりに話をすると、つい自分の話をずけずけしたくなるでしょう。
    話していない期間が長ければ長いほど、話したい話題が山積みです。
    話したいことが山ほどあると、息つく暇もなく話してしまうでしょう。

  23. 相手だけ責めて、自分は反省しないのはいけない。

    「別れた原因は相手にある。謝ってほしい」
    そう思って、相手を責めることがあるかもしれません。
     

  24. 偉そうな態度をしてはいけない。

    復縁では、偉そうな態度に要注意です。
    偉そうな態度が嫌われるのは、どんな人間関係でも同じですが、特に復縁では気をつけたい。
    「メールの返信が遅い」

  25. 嫉妬をあおるようなアプローチをしてはいけない。

    相手の気を引こうとして思い浮かぶのは、嫉妬をあおる方法です。
    「最近モテて困っている」
    「ある人から告白された」

  26. お酒を飲みながら復縁の話をしてはいけない。

    お酒を飲みながら復縁の話をしたいと考える人もいるでしょう。
    復縁の話をするときは、緊張が伴います。
    お酒を飲んでほろ酔いになれば、緊張が解け、いい気分で話しやすくなるでしょう。

  27. 久しぶりに会ったとき、しつこくボディータッチをしてはいけない。

    久しぶりに会ったときは、ボディータッチに要注意です。
    すでに別れているとはいえ、以前は付き合っていた関係です。
    ましてや復縁したい気持ちがあると、久しぶりに会ったとき、相手の体に触れたくなるかもしれません。

  28. 照れるのはいいが、もじもじするのはいけない。

    「やり直そう」
    復縁のアプローチで最も大切な言葉の1つです。
    復縁を意味する言葉はほかにもありますが、回りくどい表現は使わず、ストレートに伝えるのが一番。

  29. 「復縁してくれないと自殺する」などと脅迫してはいけない。

    「復縁してくれないと自殺する」などの発言は厳禁です。
    自分の命の危険をほのめかせば、相手は必死で引き止めてくることが予想できます。
    相手の注意を自分に向かせ、強引な復縁ができるかもしれません。

  30. 元恋人に交際相手がいるなら、プライベートに深入りしない。

    復縁したくても、相手はすでに交際相手がいることもあります。
    自分と別れた後、相手は縁に恵まれ、別の人と付き合うのはよくあること。
    もちろん普通に近づいて話すくらいならいいでしょう。

同じカテゴリーの作品