人生の教科書



復縁
復縁の悩みに、年齢は関係ない。
恋愛トラブル
尽くせば尽くすほど、相手に利用される。
出会い
育て、育てられる関係になる。
失恋・別れ
別れた人の悪口は、言いたくても言わない。
復縁

復縁の可能性を高める
30の方法

  • 復縁は、
    普通の恋愛と違う。
復縁の可能性を高める30の方法

もくじ

1
★0

復縁は、普通の恋愛と違う。

「復縁も普通の恋愛」 そう思う人もいるでしょう。 たしかに復縁も、恋愛の一部です。 ・相手に愛情を抱き、心から相手の幸せを願うこと ・2人だけの世界を分かち合いたいと思うこと ・ほかのすべてを犠牲にしてでも、恋仲になりたいと思うこと お互い恋をして、愛を感じるようになる点では「復縁も恋愛」と呼べるのは間違いありません。 しかし復縁は恋愛であっても、普通の恋愛と違うと考えたほうがいいでしょう。 復縁は、普通の恋愛と重なるところはあっても、厳密には違います。 普通の恋愛は、お互いの関係をゼロの状態から始めることになりますが、復縁はそうはいきません。 お互いすでに関係を持った過去が存在しています。 相手がどんな人なのかよく分かっている状態なので、普通の恋愛のように、白紙から始めるわけにはいきません。 しかも「破局」という失敗を犯しています。 復縁では、相手を愛するだけでなく、反省も必要です。 別れ方によっては、お互い心の傷を負っていることもあるでしょう。 復縁の場合、普通の恋愛と違い、警戒心を解いて信頼関係を取り戻すことから始めなければなりません。 そのため復縁では、日頃から見かける「恋愛マニュアル」が参考にならないことがあります。 「恋愛マニュアル」と「復縁マニュアル」の内容は大きく異なります。 「復縁は、普通の恋愛と違う」という点を理解した上で復縁に挑むほうが、気持ちを引き締めることができるでしょう。 「復縁は、普通の恋愛と違う」という点を理解しておく。

2
★1

復縁のきっかけは、待つものではなく、作るもの。

復縁のきっかけを待っていませんか。 それはいけません。 今すぐ改めましょう。 待っている状態は、復縁を運や偶然に任せるのと同じこと。 仮に奇跡が起こって復縁のきっかけが得られたとしても、交際中に受け身では関係がうまくいかないでしょう。 じっと待っている状態は「熱意がない」「意欲が足りない」と見なされます。 それはつまり「愛情もない」と思われることにもつながります。 復縁のきっかけは、待つものではなく、作るものです。 自分から動いて、きっかけを作っていきましょう。 用事がなければ用事を作ります。 自分からメールをしてもいい。 メールする用事がなければ「教えてほしい」という口実で用事を作ればいい。 もちろんしつこいアプローチはいけませんが、常識の範囲でアプローチすればいいだけです。 相手が忙しくて連絡が迷惑になるなら、会わなくてもできることをすればいい。 今こうしている間にも、何かできることがあるはずです。 たとえば、体をシェイプアップするのも、間接的に会う準備の1つになります。 本を読んで知識を深めたり、生活習慣を改めたりすることも、復縁のきっかけを促していることになります。 本気で復縁したいなら、じっとしたくても、していられないはずです。 復縁のきっかけは、受動的に待つのではなく、積極的に作っていきましょう。 自分できっかけを作る人が、復縁の成功をつかむのです。 復縁のきっかけは、受動的に待つのではなく、積極的に作っていく。

3
★1

復縁に正解はない。

復縁占いや復縁カウンセラーを利用するときの前提があります。 「復縁に正解はない」ということです。 「復縁にはどこかに正解がある」と思うかもしれません。 正しい答えを求めて、専門の占いやカウンセラーを頼ることもあるでしょう。 復縁占いや復縁カウンセラーに頼れば「正解が得られる」と思いがちです。 しかし残念ですが、復縁に正解はないのです。 お金さえ払えば、正しい方法が分かるなら誰も苦労しません。 復縁占い・復縁カウンセラーから得られる情報は、正解ではなく、ヒントです。 「こうすれば成功率が上がるかもしれませんよ」 「こういう方法もありますよ」 「こんな考え方をすれば、気持ちが楽になりますよ」 あくまで第3者としての助言であり、手がかりです。 復縁占い・復縁カウンセラーを利用するのはいいのですが、過度の期待や依存は控えたほうがいいでしょう。 完全に正解だと信じ込むと、臨機応変な対応ができなくなり、かえって失敗を招きやすくなります。 復縁占い・復縁カウンセラーから得られた情報は、正解ではなく、あくまでヒントとして受け止めます。 「本当の正解は、自分が行動しながら見つけていく」と考えるようにしましょう。 復縁の主人公は、あくまで自分です。 自分が正解を見つけていく姿勢が大切です。 復縁占いや復縁カウンセラーから得られる情報は、正解ではなく、ヒントとして受け止める。

4
★0

復縁したくなりやすい4つの状況。

復縁したくなりやすいのは「状況」が関係しているのかもしれません。 「自分に限って大丈夫」と思っても、ある状況になると、復縁したくなるかもしれません。 きちんと別れたつもりでも、復縁したくなりやすい状況があると、考えが変わりやすくなります。 復縁したくなりやすい状況は、次の4つが代表的です。 (特徴1)不本意な別れだった 不本意な別れだった場合、復縁したくなりやすい傾向があります。 たとえば、振られた場合です。 振られる側にとっては「好きなまま別れた」という状況になりやすいでしょう。 振る側であっても、事情があって好きなまま別れたときは、後から復縁したい気持ちになりやすい。 別れてすぐ次のステップに進めればいいのですが、元恋人のことが忘れられず、復縁したい気持ちが高ぶりやすくなります。 (特徴2)思い出の写真やプレゼントを、捨てずに持っている 別れた後にも、元恋人にちなんだ思い出の写真やプレゼントを持ち続けていると、復縁したくなる傾向があります。 思い出の写真やプレゼントを見るたびに、元恋人のことも思い出すことになるでしょう。 忘れかけていた元恋人の記憶がよみがえり、だんだん愛情がよみがえってくるのです。 (特徴3)別れた後も連絡を取り続けている 恋人関係を解消させ、友達関係に戻ろうとしても、うまくいくとは限りません。 別れた後も連絡を取り続けていると、別れた現実を受け入れられず、復縁したくなることがあります。 声を聞いたり接したりしているうちに「好きだ」という気持ちを再確認して、愛情が戻ってくることがあります。 (特徴4)新しい恋人ができたとき、元恋人と比較してしまう 新しい恋人ができてから、復縁したい気持ちが強まるケースもあります。 別れてしばらくは問題なくても、新しい恋人ができると、比較対象ができます。 新しい恋人が素晴らしい人ならいいのですが、そうとは限りません。 新しい恋人との関係が思うように行かなければ「前の人のほうがよかった」と思う。 あらためて元恋人の素晴らしさに気づき、復縁の考えが浮かぶことがあります。 復縁したくなりやすい4つの状況を把握する。

5
★0

体験談は、脚色が加えられている可能性を理解する。

復縁でも体験談が役立ちます。 先輩からの貴重な話は、行動の指針になったり勇気や自信が得られたりなど、有益です。 いきなり復縁をするのではなく、体験談を参考にしてからアプローチするのがいいでしょう。 成功談も失敗談も両方が役立ちます。 さて、体験談を参考にするのはいいのですが、すべて信じるのは控えたほうが賢明です。 体験談は、脚色が加えられやすい傾向があるからです。 あなたが体験談を話すときの状況を思い出してください。 「少しでも相手の役に立ちたい」と思うと、自然と脚色が加えられることがあるのではないでしょうか。 現実より大げさなストーリーを話してしまう。 誇張した表現を使ってしまう。 大げさな話は人の興味関心をかき立て、楽しませます。 もちろん本人に悪気はないのですが、相手に満足してもらいたい気持ちがあると、脚色が加えられがちです。 やはり他人が話す体験談も同じ傾向があります。 実際より大げさに表現されたり、脚色が加えられたりしている可能性を理解しておくといいでしょう。 すべて信じるのではなく「8割くらいが真実」と思って聞くのがベスト。 矛盾しているようですが「疑いながら真剣に聞く」という態度が必要です。 「8割くらいが真実」と思って聞くほうが、体験談とよい付き合い方ができます。 体験談は「すべて真実」と考えるのではなく「8割くらいが真実」と考える。

6
★2

復縁の最大の味方とは。

復縁の最大の味方とは何でしょうか。 友達でしょうか。 工作方法でしょうか。 時の運でしょうか。 たしかにどれも味方ですが、もっと強力な味方がいます。 「時間」なのです。 別れの後に復縁しようとすると、まず冷却期間が必要です。 冷却期間の省略は、失敗しに行くようなもの。 時間がなければ、復縁の実現は困難でしょう。 単純な喧嘩別れでもないかぎり、普通は冷却期間を置くのが基本です。 失恋直後の心の傷を癒してくれるのも、時間のおかげ。 2人の険悪な関係がだんだん落ち着いていくのも、時間のおかげ。 信頼関係を取り戻すチャンスが得られるのも、時間のおかげ。 時間があるおかげで、あらゆる復縁の可能性が得られます。 時間ほど、ありがたい存在はありません。 時間がなければ何もできませんが、時間があればチャンスは得られます。 そんな時間に感謝しながら、今あなたの目の前を通り過ぎる1分1秒を感じましょう。 お金もかからず、誰でも手に入りますが、これほど強力な味方はいません。 1秒、1秒、また1秒。 時が経つにつれて、復縁の可能性も高まっています。 時間という味方を感じながら、勝負の時期に備えて、自分が今やるべきことに集中しましょう。 復縁の最大の味方は時間であることに気づく。

7
★2

復縁で何をしていいか分からなくなったとき。

復縁では、何をしていいか分からなくなる瞬間があります。 本当は今すぐ復縁したいが実際は難しいもの。 相手が忙しいと、連絡したくても控えなければいけません。 かといって、何もせずにいるのも、復縁から遠ざかっている気がして落ち着かないでしょう。 復縁の実現には多くの選択肢がありますが、選択肢が多すぎて、どうしていいか分からなくなるときがあります。 さて、復縁で何をしていいか分からなくなったときのベストアンサーがあります。 ひとまず自分磨きをすれば間違いありません。 自分磨きだけは、復縁の結果にかかわらず、無駄にならないからです。 読書をして、見識を広げる。 勉強をして、知識を増やす。 仕事に専念して、結果を出す。 生活を見直して、習慣を改める。 体を動かして、筋力・体力をつける。 体に悪いところがあれば、きちんと治療する。 一見すると復縁に関係ないような行動ですが、実際は復縁に関係しています。 たとえば、勉強や仕事で結果を出せば、自分に自信がついて、堂々とできたり説得力が高まったりするでしょう。 体を動かしてシェイプアップできれば、見た目の魅力も増して、復縁のアピール力が向上します。 自分磨きによって、あなたの魅力が高まれば、復縁の成功にもよい影響を与えます。 自分磨きに集中することで、邪念が取り払われ、寂しさを紛らわせる効果もあります。 万が一、復縁に失敗したとしても、自分磨きによる結果は無駄になりません。 復縁で何をしていいか分からなくなれば、ひとまず自分磨きに専念しましょう。 復縁で何をしていいか分からなくなったときは、ひとまず自分磨きをする。

8
★1

復縁で自分磨きをする、2つのデメリットとは。

復縁で何をしていいか分からなくなったときは、自分磨きです。 自分磨きによって能力や魅力を高めることは、復縁の成功率を高めることにつながります。 もし復縁がうまくいかなくても、自分磨きは無駄になりません。 自分磨きは、復縁に限らず、私生活でも仕事でも役立つためおすすめです。 ひとまず自分磨きをしていれば、有効に時間を使えると考えていいでしょう。 ただし、そんな自分磨きでも、メリットばかりではありません。 復縁に関して言えば、実はデメリットが2つ存在します。 (デメリット1)復縁のタイミングを見逃しやすくなる 自分磨きに没頭すると、復縁のタイミングを見逃しやすくなる傾向があります。 1つに集中すればするほど、成果も出しやすくなる反面、周りが見えなくなります。 その結果「気づけばタイミングを逃していた」という状況があり得ます。 自分磨きにも集中しつつ、復縁のタイミングには最低限の注意を払っておくのがいいでしょう。 (デメリット2)復縁に興味がなくなることがある 自分磨きを始めると、自分磨きが楽しくなります。 それは集中できている証拠であり素晴らしいことなのですが、一方で復縁に興味がなくなることがあります。 「気持ちを切り替えた結果、元に戻らなくなってしまった」という状態です。 ただしこれは、考え方によってメリットとも言えます。 結果として過去を振り切り、次のステップに進めるなら、無駄にはならないはずです。 復縁で自分磨きをするデメリットを把握する。

9
★0

復縁の悩みに、年齢は関係ない。

復縁といえば「若いカップルがするもの」と思い込んでいませんか。 復縁の体験談を見るとき、つい年齢を見てしまう。 若い年齢の体験談が目立つと「いい年をした大人が復縁を考えるのはおかしいだろうか」と不安になってしまう。 その影響でしょうか。 「復縁は若いカップルがするもの」という印象があるかもしれません。 しかし、それは誤解です。 復縁を「年齢」という枠組みで考えるのはナンセンス。 復縁の悩みに年齢は関係ありません。 お互いの存在価値に気づき、関係をやり直す気持ちがあれば、復縁をする資格は誰にでもあります。 10代や20代だけでなく、30代でも40代でもそれ以上でも復縁できます。 世の中を見ると、若いときに離婚したカップルが、高齢になってから同じ人と再婚したケースは数多くあります。 中年や高齢であっても、復縁を考えるのが恥ずかしいことではありません。 むしろ年齢にとらわれていることのほうが恥ずかしいことです。 反省と改善に年齢は関係ないように、復縁も年齢は関係ありません。 昔の恋人と関係をやり直したい気持ちになった瞬間、復縁の資格を手に入れているのです。 復縁に年齢は関係ないことに気づく。

10
★0

見栄や体裁が関係した復縁は、失敗しやすい。

失敗しやすい復縁の1つ。 それは、見栄や体裁が関係している復縁です。 あなたは、見栄や体裁を気にしやすい性格ですか。 愛があって復縁したいのはいいのですが、見栄や体裁が関係して復縁したいなら要注意。 見栄や体裁が関係した復縁は失敗しやすくなるでしょう。 見栄を張りやすい性格の人は、相手の内面ではなく、ステータスを見る傾向があります。 「復縁できれば、高い生活水準になる。周りに恋人を自慢できる。周りから羨ましがられるだろう」 たしかにお金も地位も肩書も、ないよりあったほうがいいものです。 元恋人がお金持ちだったり地位や肩書があったりすると、それらに魅力を感じてしまいがちです。 しかしそれは、相手に引かれているのではなく、物やお金に引かれている状態です。 相手を愛しているのではなく、復縁できた後の自分の豊かさが目的になっています。 相手に愛がない、もしくは不足しているので、復縁のアプローチも的外れになりやすい。 仮に復縁できたとしても、再び揉めて失敗しやすいのです。 見栄や体裁が関係した復縁は、失敗しやすい傾向があります。 お金は今後の2人の関係に欠かせないものですが、それだけではいけません。 どんな復縁でも、最初に愛が必要不可欠。 もともと自分に見栄を張る傾向があるなら、注意しておくといいでしょう。 見栄や体裁を気にしないほうが、復縁の成功率は高くなります。 見栄や体裁を理由に復縁しない。

11
★2

冷却期間にときどき連絡を取っては、意味がない。

復縁のアプローチをする前には、冷却期間を置くのが基本です。 単純な理由で別れた場合、例外として別れた直後でも復縁は可能ですが、普通は冷却期間を置くのが一般的です。 この冷却期間について注意点があります。 冷却期間に、ときどき連絡を取るのはよくありません。 完全に関係が途切れるのを心配して、ときどき元恋人と連絡を取りたくなるかもしれません。 「1週間に1回くらいならいいかな」「10日に1回くらいならいいのではないか」と思ってしまう。 たしかに最低限のつながりを維持する意味では、ときどき連絡を取っておくほうがいいでしょう。 ここでの判断が復縁の結果を左右します。 ときどき連絡を取ってしまうと、冷却期間の意味がなくなります。 冷却期間は、お互いの関係を落ち着かせ、反省を促すのが目的です。 ときどき連絡を取り合うと、落ち着きも反省も中途半端になるため、冷却の意味も中途半端になります。 冷却期間は、完全に連絡を取らないのが得策です。 冷却期間は別れ方によって変わりますが、仮に「冷却期間は1カ月」と決めたら、1カ月間は一切連絡を取らないようにします。 連絡を取りたくなれば、やるべき仕事や自分磨きに集中して気を紛らわせるのがいいでしょう。 きちんと冷却期間を置くと落ち着きと反省が促され、復縁の可能性も高くなります。 冷却期間は、ときどき連絡を取り合うのではなく、完全に連絡を取らないようにする。

12
★0

人の悪口を言っているうちは、復縁できない。

人の悪口を言っているうちは、復縁できません。 悪口を言うことは「自分の性格は悪い」と言っているのと同じです。 性格の悪い人と復縁したいと誰が考えるでしょうか。 そもそも悪口を言う人は、その悪く言う癖が、別れの原因に関係しているのではないでしょうか。 別れの原因が改善していないなら、復縁もうまくいかなくて当然です。 「よりを戻しても、また悪く言われるだろう」と相手は察して、復縁をためらいます。 そして復縁に失敗すれば、今度は元恋人のことを悪く言い始めるのです。 悪く言う習慣を改め、褒める習慣を身につけましょう。 褒めるところがないと思うのは、探していないだけです。 褒めるところを探せば、どんな人にも1つはあります。 人を褒めるようにすれば、あなたには明るい雰囲気が漂います。 久しぶりに元恋人と会ったときも褒めましょう。 「見違えるほど立派になったね。すごい」 「仕事を頑張っているみたいだね。私も見習いたい」 「いつもメールで気遣ってくれてありがとう。気が利くね」 もし昔と変わらないなら「元気そうだね」「相変わらずスタイルがいいね」という褒め方ができるはずです。 人を褒めるのは、相手を喜ばせるのと同じです。 相手を喜ばせられるだけでなく、あなたの性格もよくなります。 悪口を言う癖を改め、褒める習慣を身につければ、復縁できる可能性もぐっと高まります。 悪口を言う癖を改め、褒める習慣を身につける。

13
★0

相手がよく行く場所に行けば、偶然会える確率も上がる。

元恋人がよく利用する場所はありませんか。 よく利用する本屋・喫茶店・駅などです。 もしあれば、賢く利用するチャンスがあるかもしれません。 相手がよく行きやすい場所だから避けるのではなく、あえてよく行くようにしてみましょう。 たとえば、用事があって本屋に行くなら、相手がよく行く本屋を利用するようにします。 疲れて休憩をするなら、わざと相手がよく行く喫茶店を選んで利用するようにします。 移動するときは、相手がよく利用する駅や電車を優先するといいでしょう。 相手がよく行く場所に自分も用事があって行くようにすれば、一定の確率で偶然会うことがあり得ます。 相手が利用しやすい時間帯を狙えば、偶然会える確率がさらに上がるでしょう。 この方法なら、相手を追い回しているわけではないため、法的に問題ありません。 もし会えなくても、自分も用事があって行くわけですから無駄な行為になりません。 もちろん空振りが大半になるはずですが、1パーセントでも可能性が上がるなら意味はあるでしょう。 偶然会うことができれば、相手は「運命」を感じて心理的に働きかけられます。 もし元恋人がよく行く場所があれば、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。 時の運が味方をすれば、あっさり復縁の糸口が見つかるかもしれません。 相手がよく行く場所があれば、自分も用事があるとき、積極的に利用する。

14
★0

待ち伏せて偶然を装う方法もある。

復縁工作で最も有名な方法の1つ。 それが「待ち伏せて偶然を装う方法」です。 相手がよく出入りする場所で待ち伏せて、偶然を装って再会すれば、積極的に復縁のアプローチができます。 「こんなところで会うなんて偶然だね。何だか映画みたいだね」 あくまで表向きは偶然なので、相手は「運命」を感じやすくなるでしょう。 再会に驚きつつも、どきどきした場面になりやすいため、復縁のきっかけをつかみやすくなります。 「待ち伏せはやりすぎではないか」と思うかもしれませんが、一概には言えません。 好きな人にラブレターを渡すため待ち伏せることがあるように、復縁の再会のため待ち伏せるのも1つの方法です。 相手に迷惑がかからない範囲なら、行動してみる価値はあるでしょう。 手間暇はかかりますが、自発的に再会を促せます。 実際のところ、復縁工作業者が利用するのは、この偶然を装うケースが主流です。 偶然の再会がロマンチックな状況なら、ますます復縁につながりやすくなるでしょう。 待ち伏せまでするかどうかは、人によって意見が分かれやすいところです。 自分の良心と道徳心が許すなら、手間暇はかかりますが、選択肢の1つとしてあっていいでしょう。 ただし、この方法にはリスクもあります。 もし相手に待ち伏せていたことがばれると、ひどく迷惑がかかる可能性があります。 また相手が「関わらないでほしい」と注意している状況での待ち伏せは、法に触れる可能性があるため、注意が必要です。 余裕があれば、待ち伏せて偶然を装って再会を促す。

15
★2

「自分を理解してほしい」という姿勢では、復縁できない。
「相手を理解する」という姿勢のとき、復縁できる。

「自分を理解してほしい」という気持ちが強いと、復縁は難しいでしょう。 自分を認めてもらいたいと、自己中心的でわがままな印象が目立ちます。 もちろん自分を理解してほしい気持ちはあっていいのです。 承認欲求はすべての人が持つ、基本的な欲求の1つ。 しかし、ずけずけ自分を理解してほしい気持ちを出すのは、復縁によい影響を与えません。 復縁は、相手の好意を取り戻す必要があります。 「自分を理解してほしい」という姿勢が強いと、相手に自分の都合を押し付けるようになり、嫌煙されるでしょう。 好意どころか、嫌がられる可能性があります。 どんな復縁でも必要なのは「相手を理解する」という姿勢です。 まず優先したいのは、自分を理解してもらうより、まず相手を理解することです。 相手の気持ちを理解すると、自然な形で相手に近づけるでしょう。 「無理をさせてしまってごめんね。大変だったよね」 「あのときは迷惑をかけてしまったね。つらい気持ちにさせてごめんね」 「最近調子はどうですか。無理していませんか。何かできることがあったら言ってね」 相手を理解する姿勢になったとき、あなたに優しく明るい雰囲気が漂います。 その雰囲気に引かれて、相手も警戒心が解け、復縁しやすくなるのです。 「自分を理解してほしい」ではなく「相手を理解する」という姿勢になる。

16
★0

復縁のアプローチを始めれば、半年以内に結論を出したい。

冷却期間が終われば、復縁のアプローチの開始です。 強引にならないよう、自分の気持ちを伝えていきましょう。 もちろん相手の立場を考えながらアプローチするのは基本です。 時には相手を待つこともあったり、忙しいときは連絡を控えたりなど、焦らず落ち着いた対応を心がけましょう。 ただし、時間をかけてゆっくり復縁するのもいいですが、だらだらになってはいけません。 あまり時間をかけすぎるとだらだらしてしまい、復縁の成功率を下げてしまいます。 人生の時間は有限ですから、復縁のアプローチでは大まかな締め切りを作っておくほうがいいでしょう。 締め切りの目安は「半年」です。 復縁のアプローチを始めれば、半年以内に結論を出したい。 アプローチをするならてきぱき動き、事情がないかぎり、早めに結論を出したい。 実際の復縁の成功談を見ても、アプローチを始めてから半年以内に結論が出ている場合が多く見られます。 いくら元恋人が好きであっても、半年かかっても出口が見えていなければ、順調とは言いがたい。 半年かかっても結論が出なければ、今後の展望も明るくない可能性があります。 半年はあくまで目安ですが、基準の1つとして意識しておくといいでしょう。 中には1年や2年かかって復縁できたケースもありますが、まれです。 半年以上時間をかけてうまくいくこともありますが「可能性は低い」と考えるのが妥当です。 だらだらしてばかりもいられません。 過去にとらわれず、次に向かったほうがいい場合もあります。 復縁のアプローチを始めれば「半年以内」を目安に、結論を出す。

17
★2

手応えが悪くても、深刻に受け止めるのではなく、気軽に受け止める。

復縁で連絡するとき、手応えの悪さもポジティブに考えましょう。 アプローチの手応えが悪いとき、すぐ「復縁できない」と決め付けるのはよくありません。 諦めるのが早すぎると、本当に復縁が不可能になってしまいます。 完全に相手から「迷惑だ」と言われたなら別ですが、少し手応えが悪いくらいなら、別に落ち込む必要はありません。 手応えが悪くても、深刻に受け止めるのではなく、気軽に受け止めましょう。 たとえば、メールを送ったとき、相手からよそよそしい返事が返ってきたとします。 こんなとき「冷たい返事でがっかりだな。復縁できないかもしれない」と落ち込むのではありません。 「この話題は苦手なのかな。次は別の話題にしてみよう」と前向きに考えます。 メールを送ったとき、相手の返信が遅かったときがあるとします。 「メールの返事が遅いな。復縁は無理なのかな」と考えるのではありません。 「今は忙しいみたいだな。別のタイミングに、もう一度メールしてみよう」と気軽に考えます。 手応えが悪いたびに落ち込んでは、明るい将来が描けません。 相手からの手応えが悪くてもポジティブに考え、楽しむ姿勢を心がけましょう。 前向きな考え方や姿勢があると、復縁でもプラスに働きます。 別の話題に変えたり、時間を改めたりすると、次のアプローチではうまくいくかもしれません。 相手からの手応えが悪くてもポジティブに考え、楽しむ姿勢を心がける。

18
★0

物理的な距離は、復縁の成功率に影響を与える条件の1つ。

復縁の成功率に影響する1つが、物理的な距離です。 相手との物理的な距離は、どのくらいありますか。 一般的に相手との物理的な距離が近いほうが、復縁も成功しやすいと言われています。 会いたいときに会えると、コミュニケーションがしやすくなり、恋愛関係も継続しやすいからです。 一方で、復縁できても遠距離恋愛になると分かれば、ためらう気持ちが出るでしょう。 もちろん遠距離恋愛でも、2人の気持ちが強ければ乗り越えられますが、難しい場合もあります。 もしすでに相手との物理的な距離が近ければ、復縁の成功率によい影響を与えるかもしれません。 さて、この条件を知ったところで「物理的な距離はどうしようもない」と思う人もいるのではないでしょうか。 たしかに物理的な距離を近づけようとすると、普通は引っ越しが伴い、話が大げさになります。 では、復縁の話し合いのときに都合が合えば、次のようなセリフを含めてみてはいかがでしょうか。 「復縁したら、同棲しよう」 「復縁できれば、近くに引っ越しするよ」 話し合いでこんな一言が登場すれば、相手の気持ちを動かしやすくなるでしょう。 今は物理的な距離は離れていても、これから近くなるニュアンスを出せばいいのです。 自分から物理的な距離を近づける話を持ち出すことで、復縁への本気をアピールできるでしょう。 物理的な距離を近づける話を持ち出して、復縁の成功率を高める。

19
★0

「不可能」「あり得ない」と言われたから、可能性もゼロとは限らない。

「復縁は不可能」 「復縁はあり得ない」 そう言われたとき、どう思うかが大切です。 「そうか。復縁は無理だな」と思って諦めそうになりますが、ちょっと待ってください。 それはあくまで現時点の話です。 今は復縁する気持ちはなくても、この先も同じ気持ちのままとは限りません。 後から気持ちが変わるかもしれません。 もっと丁寧で熱心なアプローチをすれば、相手の気持ちが変わる可能性はあるでしょう。 一時的な気持ちで「不可能」「あり得ない」と言っているだけかもしれない。 つまり「不可能」「あり得ない」と言われたから、可能性もゼロとは限りません。 本当に復縁を望むなら、少々厳しい言葉を言われても、可能性を信じてもう少し頑張ってみるのもいいかもしれません。 世の中の恋愛では、最初にうまくいかなくても、熱烈なアプローチを繰り返した結果、復縁できたケースもあります。 ただし「迷惑なのでやめてほしい」「もう関わらないでほしい」など言われたときはNGです。 相手がはっきり禁止の意志表示をしているため、それ以上アプローチはいけません。 強引にアプローチをすると、ストーカーになってしまいます。 相手から禁止されるように言われたときは、残念ですが、潔く諦めるのが賢明です。 「復縁はあり得ない」と言われても、可能性はまだ残っていると考える。

20
★1

「私のことを愛してる?」と聞くだけでは、愛情は伝わらない。

自分は愛情を伝えているつもりで、空回りになっているパターンがあります。 その1つが「私のことを愛してる?」という一言です。 表現に「愛」という言葉が含まれているためでしょうか。 愛を伝えるつもりで「私のことを愛してる?」と聞く人がいるようです。 もちろん相手の気持ちを確かめる意味で聞くならいいのですが、愛情を伝える意味で使っているなら要注意です。 実際は、あくまで相手に問いかけている状態です。 相手は「質問されたから普通に答える」という状態に受け止めるだけでしょう。 愛を伝えたことにはなっていません。 特に注意したいのは、何度も繰り返すとしつこい印象が出やすい点です。 何度も「私のことを愛してる?」と聞けば、本人に悪気はなくても、不快感を与えることがあります。 本人は愛を伝えていると誤解している上、相手から嫌われてしまい、復縁がこじれる可能性があるのです。 愛を伝える基本は「好きです」「愛しています」という一言です。 余計な飾りは必要ありません。 ストレートな言葉が一番分かりやすくて、心に響きます。 本当に愛情を伝えられているのか、あらためて自分の言葉を振り返ってみることが大切です。 「私のことを愛してる?」ではなく「好きです」「愛しています」と伝える。

21
★1

相手の心をぐっと引き寄せるフレーズ。
「覚えているよ。
○○だったよね」。

復縁したいときに使ってほしいフレーズがあります。 「覚えているよ。○○だったよね」です。 「○○」には、相手にちなんだ言葉を入れるようにします。 たとえば、相手が趣味について話をしたとします。 そのときあなたは、こう言うのです。 「覚えているよ。ずっと前から夢中になっていたよね」と。 またあるとき、相手が仕事の目標について話をしたとします。 そのときあなたは、こう言うのです。 「覚えているよ。ずっと前から言っていたよね」と。 このフレーズを使うことで、相手は「さすが。覚えてくれていて嬉しい」と感心してくれるでしょう。 さりげなく会話に含めることで「あなたのことを理解していますよ」というニュアンスを伝えられます。 相手はあなたにポジティブな印象を持つようになる。 たとえ冷却期間が長くても、それを感じさせない親近感が湧くようになるでしょう。 このフレーズを何度か使っていると、相手は「この人は自分をよく理解している」と思うようになるでしょう。 相手の心をぐっと引き寄せられるのです。 会話中、相手のことで覚えている話が出れば「覚えているよ。○○だったよね」という一言を使っていきましょう。 フレーズの内容も、できるだけポジティブな内容にするのがコツです。 「覚えているよ。昔から努力家だったよね」 「覚えているよ。前から頑張っていたよね」 「覚えているよ。ずっと目標にしていたよね」 何度も繰り返していれば、いつの間にか「自分を理解しているのはこの人しかいない」と思うようになっているはずです。 さりげなく会話に「覚えているよ。○○だったよね」というフレーズを含める。

22
★0

復縁が不可能であっても、相手がはっきり言ってくれるとは限らない。

相手がはっきり「復縁は不可能」と言ってくれれば、まだいいのです。 厳しい言葉ですが、実は分かりやすい言葉でもあります。 相手からはっきり復縁の可能性を否定されたなら、潔く諦められます。 さっと気持ちを切り替え、次のステップに向けて歩き始められます。 難しいのは、はっきり「復縁は不可能」と言ってくれない場合です。 実際は不可能であっても、相手はあなたを傷つけないように、別の表現を使うことがあります。 たとえば、次のような言動に心当たりはありませんか。 ・何度連絡しても無視される ・自分を異性として見てくれなくなった ・「昔には戻れない」「いい思い出を壊したくない」と言われた ・「もう会う約束はできない」「これ以上話すのは時間の無駄」と言われた ・「ほかに好きな人がいる」「すでに付き合っている人がいる」と言われた 頑張れば可能性がありそうな気がするかもしれませんが、実際は誤解です。 実際は「復縁は不可能」という暗黙のメッセージとして考えていいでしょう。 はっきり「復縁は不可能」と言っているわけではありませんが、実際は「復縁は不可能」と同じ意味です。 こうした状況があるにもかかわらず「まだ見込みがある」と思い込んでアプローチを続けるのはよくありません。 ストーカーと間違えられ、問題に発展する可能性があります。 一見不可解な言動であっても、何らかのメッセージが隠されている可能性があります。 相手の言動の意味を読んで「復縁は不可能」というサインに気づきましょう。 「復縁は不可能」というサインに気づく。

23
★1

何もしないで復縁できた事例もある。

世の中には、羨ましい復縁の体験談があります。 「何もしないで復縁できた」という事例です。 別れてから復縁したくなったが、最初から諦めていて、何も行動しなかった。 ところが数カ月後、急に相手から「よりを戻したい」という連絡があって、復縁できてしまった。 たまたま相手も同じ気持ちで、たまたま相手からアプローチしてくれたので、自分は何もする必要がありませんでした。 少なからず「何もしないで復縁できた」という体験談が存在するのは事実です。 復縁を願う人にとって羨ましく思うでしょう。 こんな事例を見聞きすると、ふとこう思うかもしれません。 「何もしないことが復縁成功のコツではないか」と。 しかしこれは誤解です。 この場合、たまたま相手から連絡があったからよかっただけのこと。 相手から連絡がなかったかもしれません。 相手から連絡がなければ、そのまま復縁もできなかったでしょう。 あくまで運がよかったにすぎないと考えたほうがいい事例です。 何もしないで復縁できた事例があるとはいえ、自分の復縁では、きちんと行動することが大切です。 一般的な復縁は、自分の意思で積極的に進めるもの。 復縁したくなれば、自分の正直な気持ちに従って行動するのが一番です。 運や偶然に任せるのは、自分がやるべきことをやってからです。 何もしないで復縁できたケースがあっても、自分の場合は、きちんと行動するようにする。

24
★1

久しぶりに会うときは、イメージチェンジをしておくと効果的。

久しぶりに元恋人と会うときは、イメージチェンジをしておくと効果的です。 もちろん以前と同じ雰囲気で会うのも悪くありません。 普通に「相変わらずだね」という会話から始まるでしょう。 以前と変わっていない様子に、相手はほっと安心してくれるでしょう。 しかし、何も変わっていない様子は、悪くありませんがよくもありません。 何も変わっていない印象を与えると、復縁の話もなかなか説得力がありません。 「同じまま」という印象が前提にあると、言葉の真実味が十分伝わらない可能性があります。 そこで心がけたいのが、イメージチェンジです。 髪型、メイク、服装、アクセサリー。 以前とは少し違った雰囲気を出してみましょう。 生まれ変わったかのように、明るい雰囲気でイメージチェンジをするのがポイントです。 すると、相手は「雰囲気が変わったな。前よりよくなっている」という印象を受けるでしょう。 外見を変えるだけですが、やはり人間は見た目から受ける印象が大きい。 イメージチェンジをすることで、ポジティブな印象を与えることができます。 最初に「変わった」という印象を与えておくと、復縁の話を持ち出したときも、真実味が増すのです。 イメージチェンジによって、自信がついたり気持ちが明るくなったりすると、復縁にも好影響。 必須ではありませんが、余裕があれば心がけておくといいでしょう。 久しぶりに会うときは、少し明るくイメージチェンジをしておく。

25
★0

復縁したい人とお金の貸し借りはNG。

復縁では、お金の貸し借りに要注意です。 久しぶりに元恋人と連絡を取り始めて仲良くなると、お金の相談をされることがあるかもしれません。 よくあるのが「お金を貸してほしい」という相談です。 好きな人が困っているなら、できるだけ助けたいと思う。 しかも復縁しかけていると、ますます断りにくい。 「少しくらいならいいかな」と思って油断しそうになりますが、冷静になりたい場面です。 お金の貸し借りにまつわるトラブルは後を絶ちません。 いくら復縁したい相手からのお願いとはいえ、お金に関する相談は特に注意が必要です。 もちろん缶ジュース1本くらいの小さな金額ならまだいいのですが、大きな金額は危険が潜んでいます。 相手がお金に困っているのは、お金の管理能力がない証拠。 お金を貸しても、返してもらえるかどうか疑わしいでしょう。 お金の貸し借りの怖いところは、返してくれないとき、相手との関係まで悪くなってしまうことです。 借金は、貸したほうは覚えていても、借りたほうはすぐ忘れるもの。 なかなか貸したお金を返してもらえないと、相手の信頼を失います。 相手のためを思ってお金を貸しても、結果として復縁の妨げになります。 最悪の場合、縁が切れてしまうこともあります。 復縁したい人とお金の貸し借りは、小さな金額を除いて控えること。 当然ですが、あなたから借金のお願いをするのもよくありません。 借金で揉めると、確実に復縁にも悪影響です。 本当に復縁を成功させたいからこそ、お金の貸し借りは厳禁です。 復縁したい人とお金の貸し借りは、小さな金額を除いて、控える。

26
★0

おごりを上手に活用して、復縁につなげよう。

復縁したい人とお金の貸し借りはいけません。 借金問題がこじれると、人間関係を悪化させます。 最悪の場合、縁が切れる可能性もあり、復縁どころではなくなります。 しかし、借金はいけませんが、おごりならOKです。 借金とおごりは、似ていますが違います。 借金は、手持ちのお金がなくて借りることであり、返済義務があります。 おごりは、相手のために振る舞うことであり、返済義務はありません。 どちらもお金が絡んでいますが、別々と考えたほうがいいでしょう。 そのため、復縁で借金はいけなくても、おごりならOKです。 むしろおごりは、どんどん積極的にしたほうがいいでしょう。 たとえば、食事をおごったときは「今度はおごってね」という約束ができるでしょう。 逆に、相手におごってもらったときは「今度は私がごちそうするね」という約束ができます。 いずれも次に会う約束ができる上、相手への配慮や優しさも伝わるため、復縁に好都合です。 女性のほうが使いやすいセリフですが、男性でもやんわり言えば、不自然ではありません。 まさしく「次につながるお金の使い方」と言っていいでしょう。 賢くお金を使えば、復縁の可能性を高められるのです。 おごったりおごられたりして、次に会う約束をする。

27
★0

記念日にプレゼントを贈ってみませんか。

相手の大切な記念日にプレゼントを贈ってみませんか。 たとえば、誕生日です。 自分が生まれた日は、誰にとっても大切な記念日です。 そんな日にわざわざ祝ってくれる人は、ひときわ印象深く残るでしょう。 そのほかバレンタインデー・ホワイトデー・クリスマスなどの記念日も要チェックです。 もし相手が職場で昇進したなら、昇進祝いを贈るのもよいアイデアです。 誰かに祝ってもらえると「認められた」と思い、喜んでくれるはずです。 「物で釣るなんてひきょう」と思うかもしれませんが、誤解です。 もちろん見返りを求めたプレゼントはよくありませんが、この場合は違います。 あくまで純粋に記念日を祝う気持ちなら、プレゼントをもらって嫌な気持ちになる人はいないでしょう。 小さな配慮ですが、わざわざプレゼントを添えて祝ってくれる人がいると、やはり嬉しく感じるもの。 「配慮が細かいな」 「私の気持ちをよく分かっているな」 記念日に気前よく行動すれば、ぐっと相手の心を引き寄せられるはずです。 もし余裕があれば、プレゼントに手書きの手紙を添えると、さらに好感度が上がります。 日頃の感謝の気持ちをつづると喜んでもらえるでしょう。 状況が許せば、さりげなく復縁をほのめかしてみるのも悪くありません。 相手はあなたのことを考えずにはいられなくなるでしょう。 相手の記念日に、プレゼントを贈ってみる。

28
★0

時間が経って復縁したい気持ちが冷めたなら、その程度。

時間が経つにつれて、復縁したい気持ちが冷めることがあります。 最初は復縁したい気持ちが満々だった。 ところが時間が経つにつれて、熱意も意欲が弱くなり「復縁しなくてもいいかな」と思い始める。 「こうなるなら、やる気があるうちに行動しておけばよかったかな」と思うかもしれません。 たしかにやる気は生ものですから、気持ちが熱いうちに行動する考えも一理あります。 しかし、復縁の場合は違います。 時間が経ったくらいで復縁したい気持ちが冷めたなら「それでよかった」と考えましょう。 結局のところ「復縁したい気持ちはその程度しかなかった」と分かるからです。 本当に復縁したければ、時間が経っても気持ちの大きさは変わりません。 むしろ時間が経てば経つほど、復縁したい気持ちが強くなる傾向があります。 復縁は「後悔」が軸になっているため、時間が気持ちを高める要因になります。 時間が経ったくらいで復縁したい気持ちが冷めたなら、それは勢いや勘違いだった可能性が高い。 復縁したい気持ちが中途半端なままアプローチしても、相手は迷惑でしょう。 仮に復縁できたとしても、相手への愛情が弱ければ、再び別れる可能性が高い。 見方を変えれば、思考を切り替えるチャンスでもあります。 元恋人を忘れられなくて苦しむ人が多い中、自然な状態で忘れることができています。 復縁の考えはなかったことにして、次の道に向けて歩き始めるといいでしょう。 時間が経つにつれて復縁したい気持ちがなくなれば、そのまま諦め、新しい道に歩み始める。

29
★0

復縁しかけているとき、突然音信不通になる理由とは。

復縁しかけているとき、突然音信不通になることがあります。 いくら電話やメールをしても、連絡が取れない。 期待が高まっている中でのトラブルは、特に不安が大きくなるところでしょう。 復縁しかけているとき、突然音信不通になるのは、次のような可能性が考えられます。 (可能性1)相手の環境に大きな変化があった まず考えられる可能性としては、相手の環境に大きな変化があったことです。 ・大きなけがや病気で緊急入院になった ・家族に一大事があり、連絡する余裕がなくなった ・何かの事件に巻き込まれた (可能性2)「復縁は不可能」というサイン 「復縁しかけていた」というのは、自分の勘違いだったのかもしれません。 「復縁しかけている」と思っているのは自分だけで、相手はそう思っておらず、むしろ迷惑だった可能性もあります。 手応えがよさそうでも、実際は演技ということもあり得ます。 相手が「復縁は無理」と決断した場合、完全に振り切るため、突然音信不通になることがあります。 (可能性3)第3者からの提言があった 相手が誰かに復縁の相談をしていた場合、その人が「復縁はやめたほうがいい」と提言することがあります。 特に別れた理由が浮気・ギャンブル・金銭問題などの場合、復縁に反対する声がよく聞かれます。 第3者からのすすめで復縁に反対された結果、突然音信不通になる場合があります。 (可能性4)実は相手に複雑な恋事情があった ・新しい恋人ができた ・実はほかに本命の人がいた ・実は二股をされていて、別の人と結婚することになった どれもあまり考えたくない可能性ですが、ゼロではありません。 復縁しかけていたのは、あなたを「キープ」として扱っていたせいかもしれません。 復縁しかけたとき、相手の不審な行動に心当たりがあれば、可能性はあるでしょう。 さて、連絡が取れないかぎり、どの可能性も考えられるため、なかなか結論を出せません。 不測の事態が起こっても慌てないこと。 正確な事情は不明ですが、こちらとしては「連絡をしてほしい」というメッセージを残して待つしかありません。 復縁しかけていたとき、急に音信不通になる可能性を把握する。

30
★0

諦めてから、復縁できることもある。

復縁の体験談では、面白い成功談を見かけることがあります。 「復縁を諦めたら復縁できた」という成功談です。 普通は復縁を諦めれば、成功できるはずがないと思います。 にもかかわらず、成功談には「復縁を諦めたら復縁できた」というケースが少なからずあります。 なぜ、復縁を諦めたら復縁できたのか。 体験談によると、諦めた後に漂う適度な雰囲気がプラスに作用したようです。 復縁を成功させるためには、アプローチが必要です。 できるだけ強引にならないように、相手の立場を考えながら自然に近づいていくことが大切です。 しかし実際は頭では「がつがつしてはいけない」と分かっていても、アプローチであるかぎり、押しの雰囲気が出やすい。 復縁に向かって一直線になっているときは、ぎらぎらした雰囲気も出やすい。 その様子が相手に圧迫感を与え、かえって復縁を妨げることがあります。 しかし、完全に復縁を諦めると、アプローチがぱたりとなくなります。 ぎらぎらした様子もなくなり、自然な状態になる。 すると相手は「どうしたのだろう」と、急に連絡が来なくなったことが気になり始めます。 復縁を諦めたことが、結果として、相手の気を引く効果になっていることもあります。 その結果、2人の間に適度な雰囲気ができ、復縁できることがあるようです。 欲張るのをやめたほうが、自然な雰囲気が出るのでしょう。 諦めたから可能性もゼロになるとは限りません。 復縁を諦めてからも、可能性はわずかに残っているのです。 復縁を諦めた後にも、わずかな可能性を信じる。

同じカテゴリーの作品