人生の教科書



復縁
復縁は、必ず成功するものではない。
復縁
復縁が最も難しいパターン。
復縁
性的な表現を出さない。
連想させる表現もいけない。
復縁
単純な喧嘩別れは、復縁しやすい。
復縁
復縁の成功率を上げるキーワードは「結婚」。
復縁
男性と女性。
復縁の難易度が高いのはどちらか。
復縁

復縁の成功率を上げる
30の心得

  • 復縁には段階がある。
復縁の成功率を上げる30の心得

もくじ

1
★0

復縁には段階がある。

復縁をするときに、心得ておきたいことの1つ。 それは「復縁には段階がある」という鉄則です。 いきなり復縁ができる場合もありますが、限られた状況のみです。 たとえば、単純な喧嘩別れであったり、誤解があって別れてしまったりした場合です。 別れの原因が小さなことなら、復縁も簡単にできるでしょう。 しかし、一般的に復縁はいくつかの段階があります。 まず冷却期間を置く。 メールから連絡を取り始める。 何度かコミュニケーションを交わして、信頼関係を取り戻していく。 そしてようやく、復縁の話を持ち出す。 階段を1段ずつ上るように、復縁も1歩ずつ段階を踏んで進めていかなければいけません。 時間がかかり、努力も必要です。 精神力も必要であり、臨機応変も大切です。 時には運が関わることもあります。 早く復縁したくても、早まった行動は失敗を招く原因になります。 1段飛ばしや2段飛ばしは、つまずくきっかけになる。 復縁は、相手の同意があってこそ成立します。 相手にとって無理がないよう、少しずつ段階を経て進めていく必要があります。 すでに分かっている人もいるかもしれませんが、あらためて意識しておく必要があります。 「復縁には段階がある」 復縁の成否を分ける、重要な心得の1つです。 「復縁には段階がある」という点を、あらためて認識する。

2
★0

復縁は、必ず成功するものではない。

復縁を考えるとき、心得ておきたい前提があります。 「復縁は、必ず成功するものではない」という前提です。 「そんなことは当たり前」という人もいるかもしれませんが、いま一度、しっかり認識しておきたいことです。 「絶対復縁を成功させる」「成功するまで諦めない」という人もいるでしょう。 もちろん意気込みは素晴らしいのですが、復縁では注意が必要です。 諦めない気持ちが強いと、相手が復縁してくれるまで執着する状態になります。 相手をねちねち追いかけ回してしまう。 相手にしつこくメールや電話をしてしまう。 復縁のアプローチが強引になります。 この状態は、もはやストーカーです。 犯罪行為であり、最悪の場合、警察沙汰になる可能性もあります。 復縁は、一方の思いや願いだけでは成立しません。 復縁は、お互いの同意があった上で成立します。 強引な方法は厳禁であり、相手の気持ちを考えたアプローチが欠かせません。 自分の愛情や反省が足りなければ、断られることもあります。 相手が「もう関わらないで」と断ってきたときは、素直にそれ以上の関わりを控えなければいけません。 いくら復縁したい気持ちが強くても、相手の同意が得られないなら、潔く諦める勇気も必要です。 相手の意見を尊重です。 「復縁は、必ず成功するものではない」という前提の上、誠意を持って挑むことが大切です。 「復縁は必ず成功するものではない」という前提を、あらためて認識しておく。

3
★0

単純な喧嘩別れは、復縁しやすい。

一般的に単純な喧嘩別れは、復縁しやすい傾向があります。 別れの原因は、価値観の違いや性格の不一致などが、さまざまです。 もちろん暴力や浮気など、致命的な原因がある場合は、復縁までに険しい道のりがあるでしょう。 不可能ではありませんが、重大な裏切り行為があったため、信頼関係がゼロに近い状態です。 信用の回復には時間がかかるため、復縁も簡単には実現できない可能性があります。 しかし、単純な喧嘩別れの場合は違います。 重大な裏切り行為があったわけではなく、日常のすれ違いから言い争いが始まった。 もちろん喧嘩はよくありませんが、重大な裏切り行為があったわけでもなければ、信頼関係が失われたわけでもありません。 あくまでお互いが「自分が正しい」と信じて譲らなかった結果、激しく言い合っただけです。 見かけは喧嘩であっても、実際は「本音を本気で話し合っている状態」と言えます。 信頼関係に多少の傷はついたにせよ「謝れば済む」という場合が多い。 したがって、きちんとお互いが非を認めれば、意外と簡単に復縁できる可能性があるのです。 思い出してください。 世の中には「喧嘩するほど仲がいい」という言葉もあります。 喧嘩と仲の良さは、関係する部分があります。 喧嘩しているから仲が悪いとは限りません。 暴力・浮気など、致命的な原因がある場合に比べれば、単純な喧嘩別れは、復縁しやすいと言えます。 単純な喧嘩別れは、復縁しやすいことを知る。

4
★0

復縁が最も難しいパターン。

復縁が最も簡単なパターンは、単純な喧嘩別れです。 単純な喧嘩別れは、あくまでお互い「自分が正しい」と信じて譲らなかった結果、激しく言い合っただけです。 もちろん喧嘩はよくありませんが、絶対よくないとも言えません。 見方を変えると「本音を本気で話し合っている状態」と言えます。 世の中には「喧嘩するほど仲がいい」という言葉もあります。 喧嘩と仲の良さは関係する部分があるため、きちんと謝って話し合えば、あっさり復縁できる可能性があります。 では、逆に復縁が最も難しいパターンは何でしょうか。 それは、完全に信頼関係が失われた場合です。 たとえば、残酷な暴力・ひどい不貞行為・重大な裏切り行為などです。 信頼関係が大きく損なわれた場合、普通に謝ったり話し合ったりするだけでは済みません。 復縁では、相手の信頼を取り戻すことが必要不可欠。 どれだけ謝っても話し合っても、信頼されなければ「どうせまた同じことになる」と思われ、復縁を一蹴されます。 信頼の回復には、時間も労力も必要です。 時間をかけて、いかに誠意を見せていくかが重要になります。 特に絶望的なほど信頼関係が失われた場合、復縁には大変険しい道のりが待っていると言えるでしょう。 見栄もプライドも捨てて、本気の誠意を最大限に見せる必要があります。 場合によっては「復縁は不可能」という現実を受け入れなければいけないこともあります。 復縁が最も難しいパターンを理解する。

5
★1

相手が好きでも、復縁しないほうがいい3つのパターン。

いくら相手が好きとはいえ、復縁しないほうがいいケースもあります。 注目したいのは「別れた理由」です。 別れた理由によっては、復縁できたとしても、幸せになれない可能性が高いケースがあります。 あくまで復縁は、幸せになるためにするもの。 復縁が不幸をもたらすなら、復縁しないほうがいいでしょう。 相手が好きでも復縁しないほうがいい代表例は、3つあります。 「浮気」「暴力」「金銭問題」が関係している場合です。 (1)浮気 浮気は、治る可能性が低い癖です。 正式な病気ではありませんが、病気に近いものがあります。 相手が「もう二度と浮気をしない」と言ってきても、簡単に信じるのは注意が必要です。 相手の今までの交際歴を確認して、浮気が治らず繰り返しているようなら、今回の復縁も慎重になっておくのが賢明です。 (2)暴力 暴力を振るうのは、人として最低の行為。 暴力も、浮気と似ているところがあり、治りにくい傾向があります。 「暴力があってもいいから交際したい」と思うのは、愚かな考えです。 心にも体にも、一生消えない傷が残る可能性があります。 暴力はエスカレートする傾向があり、程度によっては命に関わることもあります。 暴力に、デメリットはあっても、メリットはありません。 今後の人生を真剣に考えるなら、暴力を振るう人との復縁は避けておくのが賢明です。 (3)金銭問題 金銭問題で別れた場合も、復縁はおすすめしません。 金銭問題は、自己管理ができない証拠です。 自己管理ができない人と復縁してうまくやっていくのは難しいでしょう。 相手の世話を自分が引き受けることになる可能性があります。 相手が借金を抱えているなら、借金がゼロになるまで復縁を待つほうがいいでしょう。 相手の金銭問題が自分にも波及すると、自分の人生までめちゃくちゃになる可能性もあります。 浮気・暴力・金銭問題が理由で別れた場合の復縁は、慎重になる。

6
★1

自分の環境が落ち着いていないと、復縁も難しい。

復縁をする前に、自分の環境を整えることから始めましょう。 身の回りの整理整頓です。 一見すると、復縁と環境は無関係に思えるかもしれませんが、深いところでつながっています。 環境が整っていないと、なかなか落ち着けません。 きちんと環境が整っていると、客観的に自分を見つめることができたり、復縁に集中しやすくなったりします。 ●部屋の掃除 まず部屋の掃除です。 散らかった部屋で冷静に復縁を考えるのは難しいでしょう。 すっきり整理整頓された部屋のほうが、冷静に考えやすくなります。 いらないものは、整理整頓するのではなく、思いきって処分するほうがすっきりします。 1年以上使っていないものは「必要ない」と判断して、処分しましょう。 ●人間関係 人間関係についても整理しましょう。 惰性で付き合っている人とは距離を置き、本当に大切な人と付き合うようにします。 仕事の人間関係など、どうしても付き合わなければいけない人とは、最低限の付き合いで対応します。 大切な人と親交を深めたほうが、時間もお金も有効に使えます。 仲のいい人だからこそ、復縁の相談も親身になって考えてくれるでしょう。 ●お金 お金の環境もきちんと整えておきましょう。 もし自分に借金があるなら、できるだけ早く返済するようにします。 自分が借金を抱えたまま復縁をしても、余裕がないため、破綻する可能性が高い。 無理のない返済計画を立て、少しずつ借金額を減らすようにします。 できれば少しでも貯金を増やすようにしましょう。 お金は、精神状態にも影響を与えます。 貯金が増えれば増えるほど、気持ちにも余裕が出てくるようになります。 自分の環境を整理整頓する。

7
★0

男性と女性。
復縁の難易度が高いのはどちらか。

男女別で復縁の成功率を見ると、ある傾向に気づきます。 同じ人間だから成功率も同じに思えますが、実際は違います。 復縁の成功率は、女性より男性のほうが低い場合が目立ちます。 実は世界的に見ても、復縁は、女性より男性のほうが難しいとされています。 男性のアプローチが弱いからではありません。 女性のガードが堅いのです。 女性は男性に比べて生物学的に体格が小さく、力も体力も劣る傾向があります。 そのため女性は、できるだけ失敗やリスクを避けようとして、何事も慎重になるケースが目立ちます。 節約志向に女性が多かったり起業家に女性が少なかったりするのも、同じ理由が関係しています。 その守りの姿勢が復縁でも表れやすいため、女性に復縁を迫る難易度も高くなりやすいとされています。 ただし、男性から女性への復縁が不可能というわけではありません。 あくまで難易度が高い傾向があるだけであり、きちんと信頼関係を取り戻せば可能性はあります。 男性が女性に復縁を迫るなら、特に信頼関係を重視するのがポイントです。 女性は、無責任な態度や甘えた考えのある男性を嫌います。 男性が復縁を迫るなら、時間と労力を惜しまない覚悟が必要でしょう。 きちんと女性に信頼されれば、復縁の可能性は十分あります。 女性に復縁を迫るなら、特に信頼関係を重視したアプローチをする。

8
★3

復縁は、相手と話し合う前に、自分と話し合うことが必要。

復縁で相手と話し合う前に、話し合わなければいけない人物がいます。 自分です。 復縁について、まず自分と話し合いましょう。 何を話し合うかというと、復縁に関係するすべてのことです。 「なぜ、別れてしまったのか」 「なぜ復縁したいと思うのか」 「自分にとって復縁は、正しい選択なのか」 「過去にすがっているだけではないのか」 「相手のどこに魅力を感じているのか」 「自分は相手を、どんな方法で幸せにするか」 「同じ失敗を繰り返さないか」 「その根拠は何か」 「復縁できれば、どんなことをしたいのか」 「復縁を諦める人生は考えられないのか」 復縁について、あらゆる方向から自問自答を繰り返しましょう。 自分と話し合って納得できなければ、相手との話し合いもうまくいきません。 きちんと答えられない質問には、きちんと答えられるまで考え抜きます。 自分と話し合うことは、論理武装することにもつながります。 自分と話し合って納得できれば、実際に相手を説得するときも、スムーズに話ができます。 復縁は、相手と話し合う前に、自分と話し合う。

9
★1

面倒な気持ちがあるなら、最初から復縁は諦めたほうがいい。

「復縁が面倒だ」 「アプローチをするのが面倒くさい」 もしそうした気持ちがあるなら、残念ですが、最初から復縁は諦めたほうがいいでしょう。 復縁は、時間や労力が必要です。 根気も忍耐も必要になり、簡単には実現できません。 もし最初から面倒な気持ちがあるなら、復縁したい気持ちが弱いと分かります。 復縁のアプローチをする前から、うまくいかない可能性が高い。 「復縁できればいいな」「できれば復縁したい」という中途半端な気持ちは、失敗を招きます。 本気で復縁したいなら、面倒な気持ちは出てきません。 「どんなことでもする!」「手間暇をかけてでも復縁したい!」と思います。 面倒な気持ちがあるなら、復縁の気持ちが弱いので、しばらく様子見をするか、諦めておくほうがいいでしょう。 厳しい考え方もしれませんが、結局は自分のためです。 さっと気持ちを切り替えて別の道に進むほうが、限りある貴重な資源を有効に使えます。 むしろ手間暇がかかっても面倒と思わない人を見つけるほうが大事です。 「進んで手間暇をかけたい」と思う人を見つけて、自分の資源を集中させたほうが、幸せな人生を送れます。 「復縁が面倒」と思うなら、最初から復縁は諦める。

10
★1

復縁の冷却期間の目安。

復縁の冷却期間の見極め方は難しい。 冷却期間は、中途半端よりしっかり取っておくほうがいいでしょう。 冷却期間には、2人の関係を落ち着かせ、反省や改善を促す働きがあります。 しっかり冷却期間を置くほうが、時間が味方になり、復縁の可能性も高まります。 別れ方がひどければひどいほど、冷却期間も長めに取っておくほうがいいでしょう。 ただし、冷却期間が長くなりすぎるのも危険があります。 相手が別の人と付き合ってしまったり、遠くへ引っ越したりする可能性があります。 復縁の適切な冷却期間を考えるなら、以下を目安にするのがいいでしょう。 ▼冷却期間の目安 ・単純な喧嘩別れの場合、1週間程度 ・軽い別れ方の場合、1カ月程度 ・普通の別れ方の場合は、3カ月程度 ・深刻でひどい別れ方の場合、半年以上 ▲ あくまで目安ですが、別れ方の状況に応じて参考にするといいでしょう。 冷却期間は「3カ月」を基本にして考えるのがいいでしょう。 3カ月はおよそ100日。 普通の別れ方の場合、ひとまず落ち着きを取り戻すには、100日がいい区切りになるでしょう。 判断に迷ったら、長めが無難です。 復縁には失敗が許されないため、冷却期間は短いより長いほうがベターです。 特に深刻でひどい別れ方の場合は「半年が最低ライン」と考えたほうがいいでしょう。 トラウマになるような別れ方は、復縁にも時間がかかって当然です。 冷却期間の判断は、占いやおまじないに頼るより、きちんと現実を見た上で判断するほうが正確です。 復縁の冷却期間の目安を知る。

11
★1

誠意を見せるなら、基本は1人。

「1人で復縁に挑戦できるが、友達に頼ることもできる」 そんな状況があるとします。 こんなとき、1人で挑戦するか友達に頼るか、迷うのではないでしょうか。 「得られる協力は得たほうがいい」と思う一方「大切なことだから自分でしたい」という気持ちもあり、悩みがちです。 もちろん自分だけで対処が難しい場合は、第三者に協力を求めたほうがいいでしょう。 たとえば、込み入った話し合いなら、共通の友達に仲介してもらうこともあっていいでしょう。 さらに複雑な事情なら、探偵や復縁工作業者に頼る場面もあるかもしれません。 しかしそうした特殊な状況を除けば「復縁は1人で挑戦するのが基本」と考えてください。 誠意を見せるためには「1人」という状態が重要だからです。 舞台のオーディションでは「付き添いがいると不合格になりやすい」と言われています。 付き添いがいるのは「困ったときには協力してほしい」という保険を求める気持ちがあります。 不安な気持ちは分かりますが、面接官から見ると、誰かに助けてもらおうとする姿勢は不誠実に映ります。 「本気で合格したい気持ちが足りない」と判断されやすいのです。 この心理状態は、復縁でも同じです。 やはり相手に復縁の誠意を見せたければ、1人で挑むのが基本です。 最初から付き添いで友達がいると「本気で復縁したいのだろうか」と誤解されやすくなります。 確実に誠意を見せるなら、まず1人で挑むのが基本です。 最初から第三者を頼るのではなく、できるだけ1人で挑戦するようにする。

12
★1

話し合いで否定や反論が多いと、復縁に失敗しやすくなる。

復縁の話し合いでは、否定や反論に要注意です。 相手の言い分に納得できないとき「それは違う」と思って、言い返したくなるでしょう。 もちろんきちんと正しておかなければいけないことは、否定や反論も必要です。 誤解されたままでは、きちんとした話し合いも進みません。 しかし、過度には注意です。 あまり否定や反論が多いと、なかなか話が進展しません。 「でも」 「しかし」 「だけど」 「それは違う」 「納得できない」 「そうは言っても」 「そういう意味ではない」 否定や反論の連続では、その人との明るい未来を描きにくくなります。 会話にネガティブな雰囲気も漂いやすくなり、相手は復縁をためらうようになるでしょう。 関係を修復したければ、少し納得できないことがあっても、寛大になりましょう。 「なるほど」「そうだね」などの相づちを打てば、スムーズに話が進みます。 どうしても反論したいときは、一度受け止めてから言い返すのがマナーです。 「なるほど。だけど~」 「たしかにそうだね。だからこそ~」 「その考えもあるね。でも私はこう思う」 言い方を少し工夫するだけで、会話の印象がよくなります。 否定と反論はデリケート。 相手の反感を刺激しやすいため特に注意です。 「復縁の話し合いでの否定や反論は、必要最低限」と心得ておきましょう。 復縁の話し合いでの否定や反論は、必要最低限にしておく。

13
★0

相手のプライベートを聞くことはあっても、しつこく聞きすぎない。

久しぶりに連絡を取ったとき、最近の様子について聞くのが定番です。 「最近はどう過ごしているの?」 「家族のみんなは元気ですか」 「別れてから、誰かと付き合っていた?」 やはり別れてから、相手がどんな過ごし方をしていたのか気になるもの。 相手の近状が分かれば、安心できたり信頼関係が深まったりします。 しかし、相手がすべて包み隠さず話してくれるとは限りません。 話を濁されたり、言いにくそうにしていたり、黙っていたりする。 このとき、しつこく聞き出そうとするのはよくありません。 「もっと詳しく教えてよ」 「言ってくれるまで動かないよ」 「少しくらい話してくれてもいいでしょう」 誰でも言いたくない事情はあるもの。 たとえば、別れてから別の人と付き合っていたなら、元恋人には話しにくいはずです。 何か複雑な事情があるのかもしれません。 相手が言いにくそうなことは、しつこく聞かないように心がけましょう。 「相手の近状が分からないままでは信頼関係が取り戻せない」と思うかもしれませんが誤解です。 言いたくないことを無理やり聞き出そうとするほうが、信頼関係に悪影響です。 無理やり聞き出そうとすると、信頼関係を取り戻すどころか、壊れてしまうでしょう。 言いたくなさそうな様子に気づけば、それ以上深く追求せず、別の話題に移るのがスマートです。 相手の様子に不明点があると不安になるかもしれませんが、ずっと謎のままとは限りません。 お互いの信頼関係が深まるにつれて、相手から少しずつ話してくれるようになるでしょう。 相手が言いたくないことは、しつこく聞かないようにする。

14
★0

性的な表現を出さない。
連想させる表現もいけない。

復縁で説得するときは、性的な表現を使うのはよくありません。 性的な表現を出すだけで、復縁の成功率は下がるでしょう。 復縁したい気持ちが強いと、抱きしめたくなる衝動も強くなって、性的な表現が出てきてしまいがちです。 しかしここが要注意。 性的な表現が出てくると「復縁したいのは体が目的ではないか」と誤解されるかもしれません。 「キスしたい」「抱きしめたい」などのストレートな表現も控えておくのが賢明です。 ストレートな表現ではなくても、連想させる表現もいけません。 たとえば「触れたい」「手をつなぎたい」「ぬくもりを感じたい」などです。 どれも性的なことを連想させる可能性があるため、注意が必要です。 「少しくらいいいではないか」と思うかもしれませんが、誤解を招く原因になりかねません。 復縁で話し合う場は、デリケートです。 ささいな表現でも、大きく誤解されることも少なくありません。 自分は体目的のつもりでなくても、悪く誤解されるのは不本意でしょう。 復縁の場に性的な表現は不要です。 復縁の目的とは、あくまで純粋な愛情を表現して、相手を幸せにすることです。 復縁で心がけるのは、性的な表現ではなく、愛情表現です。 「愛している」「大事にする」という愛情表現のほうが、はるかに相手の心を動かす力があります。 復縁の話では、性的な表現を出さないように注意する。

15
★1

「必ず復縁する」という強い思いが必要。
ただし、執着してはいけない。

復縁には「必ず復縁する」という強い思いが必要です。 偶然や成り行きで復縁することもありますが、まれです。 現実では、やはり「必ず復縁する」という気持ちがなければ、復縁は難しい。 復縁したい気持ちが強いからこそ、根気や集中力も生まれます。 しかし「必ず復縁する」という強い思いは必要であっても、執着するのはよくありません。 ここが難しいところ。 復縁に執着すると、アプローチが強引になってしまい、相手の迷惑になるでしょう。 相手から断られても「復縁を諦めてはいけない」と思い込むと、執着心も生まれます。 復縁が難しいのは、アプローチがしつこいと、相手からストーカー扱いされることがある点です。 誤解を解くためのアプローチでも、相手が嫌がれば、追いかけ回しているのと同じ。 度がひどいと、警察沙汰になる可能性もあります。 そのため「必ず復縁する」という強い思いが必要ですが、相手の迷惑にならないことが前提になります。 復縁は、臨機応変に対応しなければいけない場面がたくさんあります。 相手の様子を見ながら、不快になっているならブレーキを踏み、喜んでいるならアクセルを踏みます。 一貫して重要なことは、とにかく「常に相手のことを考えた配慮」です。 「くどい」「わずらわしい」「ネガティブ」と思われるような言動も控えるようにします。 復縁したい気持ちを強く持ちつつ、相手の迷惑にならない範囲を心がけるようにしましょう。 復縁したい気持ちを強く持ちつつ、相手の迷惑にならない範囲を心がける。

16
★1

同性との復縁は、異性との復縁に比べて難しいのか。

復縁は、男女だけとは限りません。 世の中には、男性同士や女性同士など、同性との復縁も存在します。 たとえば、ゲイ・レズビアン・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどです。 これらを総称して「LGBT」と呼びます。 では、同性との復縁は、異性との復縁に比べて難しいのでしょうか。 実は統計で見ると、異性との復縁に比べて、成功率が高い傾向があります。 一般的な復縁と比較した場合「成功率は2倍以上」と言われています。 もちろん調査機関によって差はあるものの、いずれも高い成功率が確認されています。 なぜ、成功率が高いのか。 最も有力な理由は「LGBTの特性上、相手の立場が想像しやすい」という利点があるためと言われています。 LGBTの方々は性に敏感で、人の気持ちを察するのが優れている傾向があります。 そのため人間関係の距離感の調整がうまく、異性との復縁に比べて、成功しやすい傾向があります。 LGBTの資質を生かせば、比較的復縁でも有利に働きやすいと考えていいでしょう。 ただし、いくら成功しやすいとはいえ、復縁の基本は同じです。 「強引なアプローチはしない」「常に相手の立場を考えて行動する」などの心がけは同じ。 アプローチがしつこいと、いくら同性とはいえ、ストーカーと呼ばれることもあります。 相手の立場を尊重しながら復縁の取り組みに集中すれば、成功率も高くなります。 LGBTであっても、復縁の基本を意識しながら、復縁のアプローチをする。

17
★2

復縁ができたとき、相手にしてあげたいことを想像すると、やる気が高まる。

復縁ができたとき、相手にしてあげたいことを想像しましょう。 「復縁ができれば、これをプレゼントしたい」 「このデートスポットに連れて行ってあげたい」 「このレストランで、食事をおごりたい」 街を歩いているとき、余裕があれば考えておくといいでしょう。 「まだ復縁ができていないのに想像しても仕方ない。復縁できてから考えればいい」 そう思う人もいるかもしれませんが、誤解です。 まだ復縁できていないうちに想像するから、意味があります。 やる気や説得力を高める効果があるからです。 これは妄想ではありません。 成功に導くためのイメージトレーニングです。 復縁ができたとき、相手にしてあげたいことを想像すると、わくわくする気持ちが高まっていくでしょう。 ますます復縁したい気持ちが高まり、やる気がみなぎってきます。 具体的に想像できれば、復縁の話し合いでも具体的に説得できるようになります。 「復縁の後は、こんなことをしてあげたい」というセリフが自然と出てくるはずです。 想像したことは、実現に導く力があります。 素晴らしいことを想像するから、現実でも素晴らしいことが起こります。 復縁ができれば相手にしてあげたいことを、少しでもいいので想像してみましょう。 復縁ができたとき、相手にしてあげたいことを想像する。

18
★0

いきなり電話をしない。

久しぶりの電話は、簡単なようで難しい。 相手は今、どこで、どんな状況で、何をしているのか分かりません。 勉強中かもしれません。 仕事中かもしれません。 友達との食事中かもしれません。 久しぶりに連絡をする際、いきなり電話をかけると相手を驚かせます。 ましてや元恋人から電話なら、嬉しい気持ちはあっても、心の整理が追いつかないでしょう。 何からどう話し始めていいか、軽いパニックになるはずです。 メールとは違い、電話はタイミングを誤ると、相手の迷惑になることがあります。 そこで久しぶりに連絡をするなら、まずメールがおすすめです。 メールなら、相手の都合のいいときに読んでもらえ、返信ができます。 相手に無理のないペースで、気持ちを整理したり心の準備ができたりするでしょう。 メールで何度かやりとりをして電話をするなら、不自然な印象になりません。 電話をするときは「今から電話していいですか」とメールで尋ね、許可を得てからかけるとスムーズです。 少し手間はかかりますが、このワンクッションがあると、お互い心の準備ができ、落ち着いて話ができるでしょう。 もちろん余裕があるからこそ、話も弾みやすくなるはずです。 もし相手の都合が悪いときは、無理を言わず、タイミングを改めるようにします。 復縁は、自分の都合だけで考えるのではなく、相手の都合も考えるようにしましょう。 ちょっとした段取りを踏むだけで、電話の雰囲気もずいぶん変わります。 久しぶりの連絡は、いきなり電話ではなく、まずメールから始める。

19
★0

パワーストーンは、復縁に効果があるのか。

「復縁にはパワーストーンが効く!」 「パワーストーンで、復縁の成功者が続出!」 「復縁をするなら、このパワーストーンしかない!」 ときどき雑誌でパワーストーンの広告を見かけることがあります。 こうした広告は、少し大げさな表現が特徴です。 パワーストーンで復縁に成功した人の体験談が載っていると「効果がありそう」と感じやすくなるでしょう。 「パワーストーンのおかげです」という体験者の声があると「買ってみようかな」と思う人もいるかもしれません。 もちろん購入は自由ですが、その前に考えておきたいことがあります。 現在のところ、パワーストーンの効果は不明です。 「パワーストーンによって運気が高まる」などと言われていますが、運気の存在は科学的に証明されていません。 運気は、辞書に載っている言葉ですが、存在が証明されたものではありません。 広告の隅を見てみましょう。 おそらく小さな文字で「効果は個人差がある」「成功を保証するものではない」などの注意書きがあるはずです。 注意書きのとおり、パワーストーンを身につければ、必ず復縁できると言えないのが現実です。 復縁の成就を願ってパワーストーンを買うのは自由ですが、注意が必要でしょう。 では、パワーストーンがまったく頼りにならないかというと、そうとは言えません。 パワーストーンを身につけることで、自分の気持ちが明るくなれたり勇気や自信が持てたりするなら、効果があるでしょう。 自分が持つ力を引き出しやすくなると思うなら、パワーストーンも有効です。 そういう意味で「パワーストーンのおかげで復縁できた」という体験談も、意味を成すのです。 パワーストーンの現実を理解した上で、購入を考える。

20
★0

パワースポットには、復縁に効果があるのか。

世の中には「パワースポット」なる場所が存在します。 神社・お寺・大自然など、超自然的な力が満ちているとされる場所を言います。 ときどきパワースポットにちなんだ記事を見聞きすることがあります。 「パワースポットに行けば、復縁に効果がある」 「復縁の成功率を高めるパワースポットとして有名」 パワースポットを訪問することで、復縁の可能性を高められるとされています。 では、実際のところ、パワースポットは復縁に効果があるのでしょうか。 基本的にパワーストーンと同じ考え方です。 霊や運気の存在は、現在のところ、科学的に証明されているわけではありません。 霊や運気は、あるのかもしれないが、ないかもしれない。 霊や運気による効果を断言できないのが、現実です。 そのため、パワースポットに行けば確実に復縁できるかどうかも、不明です。 しかし、パワースポットが完全に無意味とは限りません。 一般的にパワースポットと呼ばれる場所には、独特の落ち着いた雰囲気があります。 気持ちを落ち着かせ、冷静に自分を省みる意味では効果的でしょう。 パワースポットに行くことで「パワースポットに行った」という経験ができます。 儀式的な行為をすることで「復縁できそうだ」と思えるようになり、気持ちによい変化をもたらす効果も期待できます。 つまり「本人の信じる気持ちしだい」ということになります。 「効果がある」と強く信じるなら、間接的な効果が期待できます。 パワースポットの過信には要注意ですが、信じる気持ちがあるなら、利用する価値はあるでしょう。 パワースポットを信じる気持ちがあるなら、ぜひ訪問してみる。

21
★0

復縁に風水は効果があるのか。

本や雑誌などで、復縁と風水の関係についての記事を見かけることがあります。 「復縁には風水が効く」 「復縁できる風水」 「風水によって運気が高まる」 風水は歴史も長く、一部に科学的根拠が認められています。 もともと風水は中国で生まれ、アジア各地に広まった学問です。 4000年以上の歴史があり、国学や都づくりとして用いられた実績もあります。 復縁に効果がありそうなので、風水を検討する人も多いのではないでしょうか。 では、復縁に風水は効果があるのでしょうか。 これについては、統計も科学的根拠も不足しているため、現在のところ「不明」としか言えません。 「風水によって復縁できた」という人もいる一方「特に効果がなかった」という人もいて、さまざまです。 「風水を利用すれば絶対復縁できる」と断言はできないのが現状です。 ただし風水の考え方は、生活の上で参考の1つになります。 風水は「開運のための環境学」と呼ばれることもあります。 風水を通して部屋を整えるのは、復縁に間接的なメリットをもたらすでしょう。 すっきりした部屋になれば、気持ちにも余裕が生まれます。 部屋を整理整頓すれば、結果として、復縁について冷静に考えやすくなるでしょう。 家具の置き方も、住む人にとって快適になれば、生活が向上するはずです。 そうした意味で、あながち風水は無駄とは言えず、一定の効果があると言えます。 復縁業者とは違い、風水は特殊なことをしないかぎり、多額の費用がかかるわけでもありません。 家具の配置を換える程度なら、低予算で実現できるでしょう。 どこまで信じるかはあなたしだいですが、興味があれば、参考程度に利用してみるのもいいかもしれません。 参考程度に、風水も検討する。

22
★0

なぜ高額のパワーストーンが欲しくなるのか。

高額のパワーストーンには注意が必要です。 もちろんパワーストーンが無駄とは言いません。 パワーストーンを持つことで、勇気や自信が持てたり気持ちが明るくなれたりする効果なら期待できるでしょう。 予算の範囲内でパワーストーンの購入はいいのですが、高額商品の場合、詐欺という可能性があります。 高額のパワーストーンにまつわる被害は後を絶ちません。 「購入してもまったく効果がなかった」という被害報告は山ほどあります。 しかし頭で「高額のものは危険」と分かっていても、現実では手が伸びやすい状況になりがちです。 なぜ高額のパワーストーンが欲しくなるのか。 それは、パワーストーンの非科学的な特徴につけ込んだ商法だからです。 復縁の効果を求めてパワーストーンを購入したものの、何も効果が現れないことが少なくありません。 思い出してください。 そもそもパワーストーンには、気持ちに作用する効果はあっても、科学的な効果は証明されていません。 そのためパワーストーンを購入したものの、現実に何も変化が現れないことがよくあります。 そんなとき、こう思います。 「自分の復縁がうまくいかないのは、安いパワーストーンのせいではないか」と。 すると一転して、高額のパワーストーンが魅力的に見え始めます。 頭では危険と分かっていても「もっと高額のパワーストーンなら効果が出るかもしれない」という考えが頭をよぎる。 広告で復縁の成功談や復縁がうまくいったカップルの写真を見ると、気持ちをあおられます。 ましてや復縁で余裕のない状況のときは、何でも頼りたい心理になります。 その結果、高額のパワーストーンが危険だと分かっていても、手が伸びやすくなるのです。 まさにパワーストーンの非科学的な特徴につけ込んだ商法です。 この心理状態をしっかり把握しておくことです。 「まさか自分に限ってあり得ない」と思っても、いつの間にか陥る可能性があります。 高額のパワーストーンが欲しくなったときこそ、冷静になりましょう。 高額のパワーストーンの購入は、冷静になった上でよく考える。

23
★1

「話だけでも聞いてもらいたい」と思うなら、復縁カウンセリングが役立つ。

一般的に復縁の悩みは、身近な人に話しにくい内容です。 自分のプライベートだけでなく、相手のプライベートも関わるため、どこまで打ち明けていいかも気を遣います。 何かの間違いで話が広まると、かえって復縁を妨げることもあるでしょう。 市町村が運営する窓口に相談もできますが「復縁」という特殊な相談は、なかなか親身に聞いてもらいにくいでしょう。 そんなときに頼りになるのが、復縁カウンセリングです。 「面識のない人に相談して、本当に頼りになるのだろうか」と思う人も多いのではないでしょうか。 たしかに復縁カウンセラーには国家資格が必要ないため、人によって力量に大きな差があります。 しかし「話だけでも聞いてもらいたい」と思うなら、復縁カウンセリングも無意味とは言えないでしょう。 悩みを誰かに打ち明けることは、心を軽くする効果があります。 たとえいいアドバイスがもらえなくても、話を聞いてもらうだけでも意味はあるでしょう。 特に有料のカウンセリングなら、たっぷり話を聞いてもらえるはずです。 話をしていくうちに頭の中が整理され、曖昧だった復縁の考え方が明確になることもあるでしょう。 カウンセラーには、守秘義務があるので外部に漏れることはありません。 安心して自由に相談できます。 少しお金はかかりますが、悩みを軽くする効果を考えれば、払う価値はあるでしょう。 1人で思い悩んでいてはいけません。 誰かに悩みを相談するだけでも、1歩前進することになります。 「話だけでも聞いてもらいたい」と思うなら、復縁カウンセリングを検討してみる。

24
★1

復縁カウンセリングは、カウンセラーによって力量の差が激しい。

世の中には「復縁カウンセリング」なるものが存在します。 復縁の悩みを聞いてもらえたり、アドバイスをしてもらったりするサービスです。 誰かに相談したいとき、復縁カウンセリングの利用を検討する人も多いのではないでしょうか。 さて、復縁カウンセリングを受けるのはいいのですが、知っておかなければいけないことがあります。 「復縁カウンセリングは、カウンセラーによって力量の差が激しい」という点です。 心療科や精神科でカウンセリングを行う臨床心理士になるには、国家資格が必要です。 専門的な学校に通い、専門教育を受け、国家資格に合格した上でなれます。 筆記試験だけでなく口頭試験もあり、難易度の高い試験です。 もちろん臨床心理士にも力量に幅はありますが、国家試験に合格しているので、一定の力量は保たれています。 しかし、復縁カウンセリングの場合は違います。 復縁カウンセリングに国家資格は不要です。 実際のところ「復縁カウンセラーです」と名乗れば、誰でもなれます。 臨床心理士の国家資格を持つ復縁カウンセラーもいる一方、まったく資格を持たない復縁カウンセラーもいます。 個人が自営業でやっているところもあります。 そのため復縁カウンセリングは、カウンセラーによって力量の差が激しいのが現実です。 「復縁カウンセリングが役立った」という意見もある一方「相談しても意味がなかった」という意見もよく耳にします。 復縁カウンセリングを利用するなら、相手のキャリアをよく確認した上で判断するといいでしょう。 本名と顔写真で紹介されているカウンセラーのほうが、責任が強いと判断できるので、頼りになる傾向があります。 国家資格はありませんが、代わりに実力を証明する実績やキャリアがあれば、目安になります。 復縁カウンセリングは、カウンセラーによって力量の差が激しいことを理解しておく。

25
★0

復縁カウンセラーを選ぶ際、相談の手段も、重要なポイント。

復縁の相談をしたいとき、復縁カウンセラーを頼る場合もあるでしょう。 復縁カウンセラーを選ぶ際、注意したいのはカウンセラーの質だけではありません。 相談の手段も、重要なポイントです。 できるだけ正確で具体的なアドバイスがほしければ、適切な優先順位があります。 メールより電話、電話より対面です。 それぞれの相談手段に特徴があるため、自分が求める相談レベルと照らし合わせながら、参考にしてみてください。 ●メール 最も手軽な相談方法といえば、やはりメールでしょう。 メールは、お互い都合のいいときに読んだり返信できたりするメリットがあります。 もちろんメールによる相談もいいですが、デメリットもあります。 伝えられる情報量が限られたり、やりとりにも時間がかかったりなどです。 また文字だけではニュアンスが分かりにくいため、間違って伝わる場合があります。 カウンセラーにとって、アドバイスに必要な情報が不足する可能性があります。 ●電話 メールよりおすすめなのが、電話です。 電話なら、短時間で多くの情報を伝えられます。 声で伝えるとニュアンスもきちんと伝えられるため、正確な事情を伝えられるでしょう。 話し方もカウンセラーにとっては重要な情報源です。 メールより電話で相談するほうが、カウンセラーにとってもアドバイスしやすくなります。 リアルタイムで話ができるので、疑問点もその場ですぐ解消できます。 ●対面 電話よりさらに正確なアドバイスがほしいなら、対面です。 相談者と会うことができれば、別れの事情や話し方だけでなく、相談者の全体的な雰囲気まで知ることができます。 相談者の雰囲気も、アドバイスには重要な参考情報。 カウンセラーにとっては、アドバイスに必要な情報が多いため、より具体的で正確なアドバイスをしやすくなります。 メールや電話に比べて料金も高めですが、ハイレベルな相談をしたければ、価値はあるでしょう。 復縁カウンセラーに具体的で正確なアドバイスを求めるなら「メールより電話、電話より対面」という順で考える。

26
★0

復縁カウンセリングで電話なら、あらかじめ話す内容をまとめておく。

復縁カウンセリングを電話する場合、無料の場合もありますが、有料が一般的です。 「時間にお金がかかっている」という意識を持ち、時間を有効に使う意識が大切です。 もちろん話を聞いてもらいたいだけなら、思いつくままに話すのもいいでしょう。 話すだけ話してストレスが発散できれば、お金を払う価値もあるはずです。 しかし、きちんとアドバイスをもらいたいなら、あらかじめ相談内容をまとめておくことが大切です。 復縁の相談を思いついたまま話すと、支離滅裂になりがちです。 特に別れた経緯や復縁したい理由は、複雑な心情も絡みます。 カウンセラーが内容を理解できなければ、きちんとしたアドバイスも難しくなります。 復縁カウンセリングで電話をするなら、あらかじめ相談内容を分かりやすくまとめておくことをおすすめします。 箇条書きでまとめておくだけでも、ずいぶん見やすくなります。 相談内容をまとめていくうちに、悩みが整理されていくでしょう。 電話で相談を受けるときにはメモの準備も大切です。 カウンセラーから話をメモしておけば、後から見直せます。 アドバイスの中には、すぐ話を整理して理解できるとは限りません。 そのときは理解できなくても、後からメモを見ると、意味を理解できることがあります。 ボールペンとメモだけなら、小さな金額です。 準備をしておくと、有料のカウンセリングをもっと有意義にできます。 復縁カウンセリングで電話をするなら、あらかじめ話す内容をまとめておく。

27
★0

復縁カウンセラーに相談して、期待外れだったとき。

復縁カウンセラーに相談したとき、がっかりすることがあります。 「きちんと話を聞いてくれなかった」 「いいアドバイスが聞けなかった」 「いまいち親身になってくれなかった」 カウンセラーへの期待が大きい分、思った結果が得られないと、失望感も大きくなりがちです。 「復縁カウンセラーなんてこんな程度なのか」と思いそうになりますが、早合点はいけません。 復縁カウンセラーの力量は、人によってずいぶん差があります。 復縁カウンセラーになるには国家資格が必要ないため、人によって経験量にばらつきがあります。 当たり外れの大きな世界。 相性が合わなかっただけかもしれません。 経験不足のカウンセラーに当たっただけかもしれません。 「たまたま合わないカウンセラーに当たっただけだろう」という考え方も必要です。 1人のカウンセラーに相談して期待外れでも、諦めきれなければ、別のカウンセラーに相談してみるといいでしょう。 もしお金が心配なら「1回目の相談は無料」というカウンセラーを探せばいいのです。 相談してもお金がかからないなら、気軽に相談できるでしょう。 相談して相性のいいカウンセラーを見つければ、有料プランにグレードアップするとスムーズです。 2人目がダメなら、3人目もあっていい。 そうした粘り強さは、復縁においてもプラスに働くでしょう。 復縁カウンセラーに相談して期待外れでも、諦めきれなければ、別のカウンセラーに相談してみる。

28
★0

別れた理由を口外すると、復縁は難しくなるだろう。

別れた理由は、口外しないように注意しましょう。 もちろん信頼できる人に、誰にも話さないことを約束した上で打ち明けるならいいのです。 信頼できる人なら、秘密を守りながら、よいアドバイスをしてくれたり復縁に協力してくれたりするでしょう。 いざというときの助っ人として頼りになるでしょう。 しかし、相手を考えず言いふらすように口外するのは危険です。 あなたが言いふらしていることを、元恋人が知れば、どう思うでしょうか。 「口が軽い」「不注意」「プライバシーの侵害」と思うに違いありません。 復縁では信頼関係の回復が大切ですが、ますます信頼されなくなり、復縁が難しくなるのです。 誰かに言いたい気持ちが出てくるかもしれませんが、ぐっとこらえることも必要です。 別れた理由は、自分だけでなく相手も関係しているため、口外しないのが賢明です。 うっかり見落としやすいのが、ブログやSNSです。 形は違っていても、別れた理由を公表しているのは同じです。 元恋人が知れば、いい気持ちはしないはずです。 ブログやSNSで公表するなら、匿名にしておくことが条件です。 身近に信頼できる相談相手がいなければ、守秘義務のある復縁カウンセラーに話すのも1つの方法です。 費用はかかりますが、少しでもストレスが軽くなるなら、利用する価値はあるでしょう。 信頼できる人を除き、別れた原因は周りに口外しない。

29
★1

ストーカー呼ばわりされるようになったら、一度完全に連絡をやめる。

電話なりメールなり、久しぶりに連絡を取ります。 手応えがよく、会う約束ができれば、復縁のチャンスも高まるでしょう。 しかし、思うようにうまくいかない場合も少なくありません。 気づかないうちに電話やメールが強引になってしまい、悪気はなくても、相手に迷惑をかけることがあります。 あまり連絡頻度が多くなると、追い回す印象が強くなり、気持ち悪がられる可能性もあります。 最悪の場合、ストーカー呼ばわりされることもあるのです。 もしストーカー呼ばわりされるようになったら、その後の行動が大切です。 誤解を解こうとして連絡を取ろうとすると、ますます嫌われる可能性が高い。 生理的に受け付けないほど嫌われると、復縁の可能性が絶望的になります。 もしストーカー呼ばわりされるようになったら、一度完全に連絡をやめるのが賢明です。 ストーカー呼ばわりされるのは、明らかに相手の迷惑になっている状態です。 相手から否定されたように感じて、じっとしていられないかもしれませんが、誤解を解こうと動くと逆効果は確実です。 誤解を解こうと強引に追い回して復縁できるのは、映画やドラマだけの話。 現実では明らかな迷惑行為になるのでやめましょう。 完全に諦めるかどうかは状況によりますが、少なくとも一度距離を置くのが賢明です。 ストーカー呼ばわりされるようになったら、一度完全に連絡をやめる。

30
★0

復縁を諦めるのも、1つの選択。

復縁は必ずしなければいけないわけではありません。 一度復縁を考え始めると、何が何でも復縁しないといけないような錯覚に陥りがちです。 好きでたまらないなら、常識と節度を心がけた上で、熱烈なアプローチも必要でしょう。 しかし、復縁したくても、時と場合によっては諦めたほうがいい場合もあります。 たとえば、相手から「迷惑なので関わらないでください」とはっきり断られた場合です。 相手から復縁を断られた上「関わらないでほしい」とまで言われたなら、復縁の望みは薄いでしょう。 それ以上しつこくアプローチをすると、ストーカー呼ばわりされる可能性があります。 相手から完全に断られたなら、復縁は諦めて新しい道に進むのがいいかもしれません。 また相手に新しい交際相手がいる場合も、諦めたほうがいい状況の1つです。 相手の恋愛を壊してまで復縁に迫るのは、完全な迷惑行為です。 相手がすでに誰かと付き合い始めているなら、復縁は諦め、素直に応援するのが大人の対応です。 そのほか、恋愛より夢を優先させたければ、復縁したくても諦めたほうがいい場合もあります。 「自分にとって恋愛より夢のほうが大切」と思うなら、それも正解です。 復縁をしないで後悔することもあれば、復縁することで後悔することもあります。 自分の場合はどちらになるのか、しっかり考えてみましょう。 復縁が本当に正しい選択かどうか、きちんと見極めることが大切です。 もし復縁することで後悔する状況が考えられるなら、復縁を諦めるのも1つの選択です。 そのときはつらくても、長い人生から見ると「正しい選択だった」と言えるでしょう。 復縁が本当に正しい選択かどうか、きちんと見極める。

同じカテゴリーの作品