復縁

別れて後悔・復縁したいときの
30の言葉

  • ふとしたときに別れた人の笑顔が浮かぶなら
    「まだ愛している」ということ。
別れて後悔・復縁したいときの30の言葉

もくじ

ふとしたときに別れた人の笑顔が浮かぶなら「まだ愛している」ということ。

ふとしたときに別れた人の笑顔が浮かぶなら「まだ愛している」ということ。

「ふとしたときに、いつもあの人の笑顔が浮かぶ」
その瞬間を見逃してはいけません。
何気ないことかもしれませんが、大事な心理が隠れています。

同じ人と2回目の恋愛も、あっていい。

同じ人と2回目の恋愛も、あっていい。

「同じ人と2回目の恋愛があってはいけない」
そんなことを言う人がいれば、こう言い返してください。
「そんなルールがどこにあるのか」と。

別れて後悔しているかどうかは、元恋人の夢を見るかどうか。

別れて後悔しているかどうかは、元恋人の夢を見るかどうか。

自分の本心は、わかっているようでわかっていないもの。
別れて後悔しているかどうかを確かめるために、シンプルな方法が1つあります。
それは、元恋人の夢を見るかどうかです。

正直な心の反応は、復縁の手がかりになる。

正直な心の反応は、復縁の手がかりになる。

復縁すべきか迷ったとき、手がかりになるポイントがあります。
付き合っていたころの様子を思い出したとき、どんな気持ちになるかです。
付き合っていたころの様子を思い出したとき、ポジティブな感覚があるなら、まだ特別な感情があるのでしょう。

「ひどい別れ方をしてしまった」と思ったなら、まだ間に合う。

「ひどい別れ方をしてしまった」と思ったなら、まだ間に合う。

別れ方を悔やんだことはありますか。
相手の話を聞かず、一方的な話で別れてしまった。
感情的になって言いすぎてしまい、相手を傷つけてしまった。

友達からやり直そう。
片思いからやり直そう。

友達からやり直そう。片思いからやり直そう。

いきなり復縁を目指すのは要注意です。
元恋人とはいえ、すでに別れている関係です。
恋愛感情もゼロ、もしくはほぼゼロでしょう。

別れ方は関係ない。
反省と誠実の強さが、成功率を高める。

別れ方は関係ない。反省と誠実の強さが、成功率を高める。

ひどい別れ方をすれば、復縁も難しいと思われがちです。
たとえば、大喧嘩をして別れたなら、復縁もしにくく感じるでしょう。
ひどく傷つけ合う別れ方をすれば、会って話すだけでも精いっぱい。

酔っているとき「別れて後悔」と考えたなら、勘違いかもしれない。

酔っているとき「別れて後悔」と考えたなら、勘違いかもしれない。

「別れて後悔。復縁したい」
そう考えるときには、波があります。
特にお酒を飲んで酔っているときは「別れて後悔。復縁したい」と考えやすい。

別れた直後の復縁は、可能なのか。

別れた直後の復縁は、可能なのか。

別れた直後に復縁を考えることも、あるかもしれません。
実際に別れると、今まで見えなかった相手の魅力に気づき、復縁したくなることもあるでしょう。
人間ですから、過ちは誰にでもあります。

別れて後悔するのは、まだいいほう。
本当の後悔は、別れた後悔をそのままにしておくこと。

別れて後悔するのは、まだいいほう。本当の後悔は、別れた後悔をそのままにしておくこと。

別れて後悔するのは、まだいいほうです。
たしかに後悔ですが、致命的ではありません。
別れたことを悔いても、まだ復縁という敗者復活のチャンスがあるからです。

別れた後「もっとののしっておけばよかった」と思ったとき。

別れた後「もっとののしっておけばよかった」と思ったとき。

後から別れ方を思い出して悔やむことがあります。
「もっと冷静な態度をしておけばよかった」という後悔ではありません。
「もっとののしっておけばよかった」という後悔です。

誰でも最初は未熟から始まる。
誰にでも間違いはあるもの。

誰でも最初は未熟から始まる。誰にでも間違いはあるもの。

別れてから自分の過ちに気づき、後悔します。
「自分の配慮が足りなかった」
「自分の勘違いで別れてしまった」

復縁は、いわば敗者復活戦。
成功のコツは「できる」と信じて全力を尽くすこと。

復縁は、いわば敗者復活戦。成功のコツは「できる」と信じて全力を尽くすこと。

人生には、敗者復活戦があります。
ゲームでは、復活のチャンスに恵まれることがあります。
学校でも、追試験のチャンスを与えられることがあります。

復縁を経験したことがなければ、体験談を探せばいい。

復縁を経験したことがなければ、体験談を探せばいい。

復縁はどのようにすればいいのでしょうか。
復縁を経験したことがなければ、復縁のイメージも湧きにくいでしょう。
初めて別れを経験した人にとって、復縁もやはり初めてです。

「復縁なんてかっこ悪いだけ」と考えるほうが、かっこ悪い。

「復縁なんてかっこ悪いだけ」と考えるほうが、かっこ悪い。

「復縁なんてかっこ悪い」と思っていませんか。
一度別れた人に「やり直そう」と言うのは、少し恥ずかしいように思えます。
特に自分から振っておきながら復縁を迫るのは、矛盾しているように思えるでしょう。

恋愛をしているうちは、ずっと心が青春。

恋愛をしているうちは、ずっと心が青春。

失恋して恋愛をやめると、どうなるか。
急に老けます。
好きな人がいるときは、自分を魅力的に見せようと努力します。

恋愛は、バラのようなもの。
少し離れたほうが、見た目も香りも楽しめる。

恋愛は、バラのようなもの。少し離れたほうが、見た目も香りも楽しめる。

バラは美しい。
そして、とろけるような甘い香りがします。
しかし、いくら美しいバラでも、間近で見ると印象が変わります。

復縁は、古い道を引き返すこととは限らない。
心を入れ替えてやり直すなら、新しい1歩。

復縁は、古い道を引き返すこととは限らない。心を入れ替えてやり直すなら、新しい1歩。

復縁といえば、どんなイメージがありますか。
「よりを戻せて幸せ」というポジティブなイメージがある一方、ネガティブなイメージも多いのではないでしょうか。
「過去に執着する」「同じことを繰り返す」「くよくよする」などのイメージを持つ人もいるでしょう。

復縁に失敗しても怖くない。
もともと別れている状態だから。

復縁に失敗しても怖くない。もともと別れている状態だから。

「復縁に失敗したらどうしようか」
復縁が確実に成功できればいいのですが、残念ながら失敗することもあります。
告白して振られることがあるように、復縁しても振られることは珍しくありません。

ほかの異性と遊ぶと、心に余裕ができる。

ほかの異性と遊ぶと、心に余裕ができる。

最近、異性と接したのはいつですか。
復縁のアプローチの前に、ほかの異性と接しておくことをおすすめします。
もちろん同性と接するのもいいですが、異性と接するのはもっと大切です。

「別れて後悔した」と思える人に出会えたことが、すでに幸せ。

「別れて後悔した」と思える人に出会えたことが、すでに幸せ。

「別れて後悔した」
そう思ったなら喜んでください。
そう思えた人に出会えたことが、すでに幸せだからです。

復縁に運命を感じる人が、成功する。

復縁に運命を感じる人が、成功する。

「復縁したい」と思ったら、こう考えましょう。
「これは運命なのだ」と。
なぜ運命なのか。

復縁に失敗している場面を考えてはいけない。
復縁に成功している場面を考える。

復縁に失敗している場面を考えてはいけない。復縁に成功している場面を考える。

復縁に失敗した場面を考えてはいけません。
もはや禁止です。
復縁に失敗した場面を考えると、頭の中で、失敗したときの様子をイメージしてしまいます。

寂しいから復縁したいのか。
好きだから復縁したいのか。

寂しいから復縁したいのか。好きだから復縁したいのか。

復縁したいなら動機が大切です。
なぜ動機が大切なのか。
それは、復縁の成功率だけでなく、復縁した後にも影響するからです。

「復縁の連絡は、別れ話を切り出した側からすべきだ」と決めてつけていないか。

「復縁の連絡は、別れ話を切り出した側からすべきだ」と決めてつけていないか。

自分が振られた立場のとき、復縁の連絡の順番に困ります。
「別れ話を切り出したのは相手だから、復縁の連絡も相手からすべきだ」
そう決め付けていませんか。

あなたから連絡が来るのを、相手は待っているかもしれない。

あなたから連絡が来るのを、相手は待っているかもしれない。

お互い復縁したい気持ちがあっても、偶然お互いとも連絡をためらう状況があります。
別れたものの、以前は付き合っていた関係です。
情も絆もあるでしょう。

「幸せにしたい」と思っているうちは、復縁できない。
「絶対幸せにする」と思うとき、復縁できる。

「幸せにしたい」と思っているうちは、復縁できない。「絶対幸せにする」と思うとき、復縁できる。

復縁をするときには、相手を幸せにする気持ちが大切です。
幸せにしたい気持ちは、どんな復縁でも必要です。
相手の幸福と幸運を願う気持ちがあってこそ、相手の気持ちを引き寄せられます。

少し沈んでいるくらいでちょうどいい。
沈まないと、うまく泳げない。

少し沈んでいるくらいでちょうどいい。沈まないと、うまく泳げない。

「気持ちが晴れない」
「なかなか元気が出ない」
「心の中に不安や心配がある」

復縁してうまくいく保証はない。
別れて後悔している気持ちが、唯一の保証。

復縁してうまくいく保証はない。別れて後悔している気持ちが、唯一の保証。

もし復縁ができたとして、本当にうまくいくのでしょうか。
それはわかりません。
うまくいく保証なんてありません。

別れの原因が相手にあっても、許す準備はしておきたい。

別れの原因が相手にあっても、許す準備はしておきたい。

「相手が謝るまで、絶対許さない」
それも1つの考えでしょう。
心が深く傷つく出来事があり、忘れたくても忘れられない。

同じカテゴリーの作品