人生の教科書



人付き合い
人間関係とは、鏡である。
相手の表情は、自分の表情を反射している。
会話
答えてくれたことには、笑顔で喜ぶ。
ビジネスマナー
取り出したものは、使い終われば、元の場所に戻す。
プラス思考
忙しいときの表情が、あなたの未来を決める。
復縁

別れて後悔・復縁したいときの
30の言葉

  • ふとしたときに別れた人の笑顔が浮かぶなら
    「まだ愛している」ということ。
別れて後悔・復縁したいときの30の言葉

もくじ

1
★0

ふとしたときに別れた人の笑顔が浮かぶなら「まだ愛している」ということ。

「ふとしたときに、いつもあの人の笑顔が浮かぶ」 その瞬間を見逃してはいけません。 何気ないことかもしれませんが、大事な心理が隠れています。 ふとしたときに別れた人の笑顔が浮かぶのは「まだ愛している」ということと同じです。 自分が望んだ別れなら、ふとしたときに笑顔は浮かんできません。 思い浮かんだとしても、笑顔ではなく、普通の表情でしょう。 もちろん嫌いな人なら、むしろ思い出さないようにするはずです。 ふとしたときに笑顔が浮かぶのは、心のどこかにまだ恋愛感情が残っています。 「ふとした瞬間のことなんて当てにならない」と思うのは誤解です。 ふとした瞬間だからこそ、本心が表れやすい。 別れたのは、単なる勢いだったのかもしれません。 魔が差しただけかもしれません。 きちんと自分と向き合って、自分の本当の気持ちに気づいてください。 心のどこかで、復縁を願っています。 もう1人のあなたが「復縁をしてみてはどうか」と語りかけているのです。 ふとしたときに別れた人の笑顔が浮かぶ状況から、自分の本心に気づく。

2
★1

同じ人と2回目の恋愛も、あっていい。

「同じ人と2回目の恋愛があってはいけない」 そんなことを言う人がいれば、こう言い返してください。 「そんなルールがどこにあるのか」と。 同じ人と2回目の恋愛があってはいけないルールは、どこにもありません。 「どうせ復縁しても、同じ失敗が繰り返されるだけ」と思うのは、先入観です。 もちろんやめたほうがいい復縁があるのも事実です。 たとえば、過去に逃げたり寂しさを紛らわしたりする復縁です。 行き詰まった状況を何とかするために復縁をしても、反省がないため、同じ失敗を繰り返すでしょう。 しかし、きちんと反省した上での復縁なら、以前よりよい関係が築けます。 同じ相手との交際でも、1回目と2回目は違います。 同じ映画でも、2回目は感じ方が変わるように、同じ相手との交際も、2回目は感じ方が変わります。 すでに1回目を経験しているので、2回目は細かいところまで注意を行き届かせた楽しみ方ができます。 自分で勝手に可能性を制限しないことです。 「別れて後悔している」「同じ失敗があってはいけない」「今度こそ幸せにする」という気持ちがあると、接し方が変わります。 反省する気持ちが強ければ、同じ人とする交際でも、新しい恋愛です。 だから、同じ人と2回目の恋愛も、あっていい。 失敗した後の恋愛は、考えも感じ方も変わります。 深く反省した上での復縁ほど、素晴らしいものはありません。 2回目こそ、本当の恋愛の始まりです。 同じ人と2回目の恋愛も、不自然と考えず、受け入れる。

3
★1

別れて後悔しているかどうかは、元恋人の夢を見るかどうか。

自分の本心は、分かっているようで分かっていないもの。 別れて後悔しているかどうかを確かめるために、シンプルな方法が1つあります。 それは、元恋人の夢を見るかどうかです。 夢には、不確かな点もありますが、まったく当てにならないとも言い切れません。 夢は、深層心理が現れやすい特徴があります。 睡眠中は意識を抑制する力が弱くなるため、夢には無意識や潜在意識が表れやすくなります。 たとえば、期待を膨らませているときは、物事がうまくいっている夢を見やすくなります。 不安を抱えているときは、追いかけられたり壊れたりするような夢を見がちです。 別れて後悔しているときも、やはり元恋人の夢を見やすくなる傾向があります。 最近、どんな夢を見ましたか。 元恋人との夢を見たなら、心のどこかで気になっている証拠です。 さらに注目したいのは、夢の内容です。 元恋人との夢は、ポジティブな内容なのか、ネガティブな内容なのか。 もし復縁するような内容なら、表向きは後悔していないつもりでも、実際は後悔している可能性があります。 元恋人の夢を頻繁に見るようなら、ますます後悔している可能性が高いと言えます。 自分の本心を確かめる目安の1つとして、夢を活用してみてください。 自分の本音や本心を探る、大切な材料の1つになるはずです。 別れて後悔しているかどうかを確かめる材料の1つとして、元恋人の夢を生かす。

4
★1

正直な心の反応は、復縁の手がかりになる。

復縁すべきか迷ったとき、手がかりになるポイントがあります。 付き合っていた頃の様子を思い出したとき、どんな気持ちになるかです。 付き合っていた頃の様子を思い出したとき、ポジティブな感覚があるなら、まだ特別な感情があるのでしょう。 たとえば、自然と胸の鼓動が高鳴ったり、体温が上がったり、幸せな気持ちになったりなどです。 どきどきするのは、まだ気持ちがある証拠。 自分では「相手に気持ちがない」と思っていても、実際はまだ恋愛感情が残っている可能性があります。 一方、付き合っていた頃の様子を思い出したとき、ネガティブな感覚があるなら、復縁はやめたほうがいいかもしれません。 たとえば、考えるだけでいらいらしたり、吐き気がしたり、落ち込んだりなどです。 ストレスを感じるのは、相手への抵抗感がある証拠。 相手にまだ気持ちがあると思っていても、実際は勘違いである可能性が高いと言えます。 うまく復縁できたとしても、複雑な感情がよみがえり、うまくいかない可能性が高いでしょう。 そのほか、ポジティブ・ネガティブのどちらの感覚もなければ、やはり特別な感情はないと判断できるでしょう。 自分の深層心理を探るテストです。 付き合っていた頃の様子を思い出したとき、心がどんな反応をするか確認してみましょう。 正直な心の様子を手がかりにすると、復縁すべきかどうか判断しやすくなります。 付き合っていた頃の様子を思い浮かべたときの心の反応を確認する。

5
★0

「ひどい別れ方をしてしまった」と思ったなら、まだ間に合う。

別れ方を悔やんだことはありますか。 相手の話を聞かず、一方的な話で別れてしまった。 感情的になって言いすぎてしまい、相手を傷つけてしまった。 相手の所有物を壊してしまった。 別れた後、自分の恥ずかしい行為に気づいて「ひどい別れ方をしてしまった」と後悔することがあります。 後悔は仕方ありません。 後悔は誰にでもあります。 大切なのは、後悔をして、どうするかです。 「ひどい別れ方をしてしまった」と思ったなら、罪の自覚があるうちに反省や謝罪を心がけましょう。 謝って済む話ではないかもしれませんが、何もしないよりはベターです。 そのままにしていると、ずっと悔いが残り続けます。 「いつかしよう」と思っていると、ずるずる先延ばしになります。 しばらくするとタイミングを逃してしまい、後悔やわだかまりが残ったままになります。 長くあなたを苦しめることになりかねません。 早めに行動して、わだかまりを解消させましょう。 別れた直後ならまだ間に合います。 わがままな別れ方だったなら、誠実な別れ話をやり直します。 相手を傷つけてしまったなら、きちんと謝ります。 相手の所有物を壊してしまったなら、しっかり弁償します。 自分なりにできることをしましょう。 後悔を拭い去ることができれば、別れ方の印象も改善します。 わだかまりが解消され、心も軽くなります。 「ひどい別れ方をしてしまった」と思ったなら、早めに謝って仲直りをする。

6
★0

友達からやり直そう。
片思いからやり直そう。

いきなり復縁を目指すのは要注意です。 元恋人とはいえ、すでに別れている関係です。 恋愛感情もゼロ、もしくはほぼゼロでしょう。 自分は好きでも、相手はあなたをただの友達と考えているはずです。 とっくに恋人関係は終わっていて、それぞれが別々の道を歩んでいるさなかです。 もちろん会って話せば、仲良くなりやすいでしょう。 元恋人同士の関係ですから、初対面とは違い、心理的な距離は近い状態です。 お互いに共通の過去があるため、時間を忘れて思い出話を楽しむこともあるでしょう。 しかし、それでも油断できません。 久しぶりに会っていきなり復縁の話を持ち出すと、間違いなく相手を驚かせます。 急になれなれしく話すと、相手を不快にさせるかもしれません。 プライベートな話を根掘り葉掘り聞かれると、誰でもいい気持ちはしないでしょう。 そのため、復縁をするときは「やり直す」という気持ちが大切です。 まず友達からやり直しましょう。 片思いからやり直しましょう。 一からやり直すつもりで始めるほうが、余計なトラブルを避けられます。 油断せず、少しずつ仲良くなっていく気持ちと姿勢が大切です。 結果として、スムーズに復縁がしやすくなります。 友達や片思いからやり直すつもりになろう。

7
★2

別れ方は関係ない。
反省と誠実の強さが、成功率を高める。

ひどい別れ方をすれば、復縁も難しいと思われがちです。 たとえば、大喧嘩をして別れたなら、復縁もしにくく感じるでしょう。 ひどく傷つけ合う別れ方をすれば、会って話すだけでも精いっぱい。 「仲直りしにくい。不可能ではないか」と思います。 しかし、これは思い込みです。 復縁に別れ方は関係あっても、すべてではありません。 復縁で大切なのは、反省と誠実の強さです。 反省と誠実は、どんな復縁でも欠かせない2大要素です。 本当に反省しているなら、きちんと謝れるはずです。 反省が強ければ強いほど、自分を改めることができ、過ちを許してもらいやすくなります。 本当に誠実なら、恥ずかしくても、真剣にアピールできるはずです。 誠実であればあるほど、言葉が響いて、相手の心を動かせます。 反省と誠実が強ければ、別れ方がひどくても、やり直しができる可能性が高くなります。 ひどい別れ方をしたからとはいえ、諦めないことです。 ひどい別れ方が気にならなくなるほど、反省と誠実を強くすることが大切です。 すでに心も体も離れているかもしれませんが、可能性が1パーセントでもあるなら、挑戦する価値はあります。 可能性は、1パーセントあれば十分。 反省と誠実がしっかりあれば、別れ方にかかわらず、復縁の成功率を高めます。 復縁の成功率は、別れ方ではなく、反省と誠実の2つであることに気づく。

8
★0

酔っているとき「別れて後悔」と考えたなら、勘違いかもしれない。

「別れて後悔。復縁したい」 そう考えるときには、波があります。 特にお酒を飲んで酔っているときは「別れて後悔。復縁したい」と考えやすい。 お酒を飲んで酔うと、正常な思考を失われます。 アルコールの力によって、理性や自制心を失いやすくなり、大げさなことを考えがちです。 そのため、お酒に酔っているとき「別れて後悔」と考えたなら、勘違いかもしれません。 意識がはっきりしないときの考えを当てにしないことです。 お酒を飲んでいるときは、酔った勢いで物事を考えやすい。 お酒の場で交わした約束は、翌日になると忘れられているように、復縁の考えも一時的である可能性が高い。 酔っているとき「別れて後悔した。復縁したい」と思っても、ただの勢いという場合が考えられます。 酔った勢いで元恋人に連絡してしまうと、後から悔いることになるでしょう。 「連絡すべきではなかった」と、余計な後悔が増えるに違いありません。 復縁は、酔っているときではなく、しらふのときに考えましょう。 しらふのときにも「別れて後悔した。復縁したい」という考えが揺るがないなら、正しい可能性が高い。 大切なことほど、冷静な思考状態で考えるようにしましょう。 酔っているときの思考状態を、当てにしない。

9
★0

別れた直後の復縁は、可能なのか。

別れた直後に復縁を考えることも、あるかもしれません。 実際に別れると、今まで見えなかった相手の魅力に気づき、復縁したくなることもあるでしょう。 人間ですから、過ちは誰にでもあります。 健康を失ってからその素晴らしさに気づくように、恋人の場合、失ってからその素晴らしさに気づくことがあります。 さて、別れた直後、復縁をするのは可能でしょうか。 これは、振った側と振られた側とで状況が変わります。 ●振った側の場合 自分が振った側なら、復縁できる可能性は高いはずです。 相手にとっては不本意の別れのはずですから、別れた直後なら、まだ気持ちが残っている可能性があります。 別れた直後に別れを撤回するなら、希望はあるでしょう。 最終的には相手しだいですが、比較的復縁しやすいと考えていいでしょう。 恋人の本当の魅力に気づいたなら、今度こそよい恋人関係が気づけるはずです。 反省を生かせば、以前より親密な恋人関係が築ける可能性もあるでしょう。 ただし、しばらく時間が経ってからの復縁は、難しくなる可能性があります。 時間が経てば経つほど、相手はあなたのことを忘れ、次のステップに進み始めます。 また、相手がほかの人と付き合い始めると、復縁したくてもできなくなります。 ●振られた側の場合 自分が振られた側なら、別れた直後の復縁は難しいでしょう。 相手から失望・幻滅されているため、別れた直後に復縁を迫っても、相手にしてもらえない可能性があります。 復縁がしたいなら、冷却期間を置いてからアプローチするのが賢明です。 反省や改善をした上で復縁を切り出せば、可能性はあるでしょう。 別れた直後の復縁は、振った側と振られた側とで対応を分ける。

10
★0

別れて後悔するのは、まだいいほう。
本当の後悔は、別れた後悔をそのままにしておくこと。

別れて後悔するのは、まだいいほうです。 たしかに後悔ですが、致命的ではありません。 別れたことを悔いても、まだ復縁という敗者復活のチャンスがあるからです。 復縁のアプローチをすれば、必ずよりを戻せるとは限りませんが、可能性はあります。 反省や愛情をしっかり伝えられれば、復縁できる可能性が上がります。 では、本当の後悔とは何か。 本当の後悔は、別れた後悔をそのままにしておくことです。 別れた後悔がはっきりしているにもかかわらず、復縁に挑むこともなく、ただ何もしない。 「自分が情けない」とため息をつきながら自分を責めてばかり。 挑戦しないことの後悔は、ずっと続くことになるでしょう。 行動した後悔より行動しなかった後悔のほうが、長く残ります。 大げさに言えば、死ぬまで「別れるべきではなかった」という後悔に縛られる可能性があります。 これこそ本当に苦しいことです。 自分の気持ちと正直に向き合わなければ、幸せになれません。 本当に後悔したくなければ、勇気を出して復縁に挑むことです。 復縁に挑戦した結果うまくいかなければ、それでいいのです。 やるべきことをやったのですから、失敗しても悔いはありません。 「自分なりに最善を尽くした」という達成感があるでしょう。 別れた後悔があっても、最小限にできるのです。 本当の後悔は、別れたことではなく、別れた後悔をそのままにしておくことであると気づく。

11
★0

別れた後「もっとののしっておけばよかった」と思ったとき。

後から別れ方を思い出して悔やむことがあります。 「もっと冷静な態度をしておけばよかった」という後悔ではありません。 「もっとののしっておけばよかった」という後悔です。 たとえば、相手から別れを切り出されたとき、あまりにショックが大きく、自分は黙ってうなずいて別れたとします。 ところが別れた後になって「もっとののしっておけばよかった。顔を引っぱたいておけばよかった」と思う。 ののしることなく別れたことを後悔すれば、ストレスを発散させたい気持ちが強くなるでしょう。 別れてから怒りがこみ上げ「もっと暴れておけばよかった」と思うのです。 もちろん「もう少し冷静に話し合えばよかった」という反省はあっていいでしょう。 お互い落ち着いて話をすれば、余計な禍根を残さず、お互い納得した上で別れることができたはずです。 しかし、暴言や暴力については、やはり何もしなくてよかったのです。 ののしったり顔を引っぱたいたりして別れたとしましょう。 そのときは気分がすっきりしても、それはそれで「少しやりすぎた。大人げなかった。謝りたい」と後悔するでしょう。 ののしってしまうと、別れ話がこじれたかもしれません。 顔を引っぱたけば、殴り合いになり、お互いけがをしたかもしれません。 客観的に見れば、子供の喧嘩と同じ。 取り乱した行為は、後になって恥ずかしく思います。 ひどい別れ方をすれば、今度は最悪な別れをしたことを後悔したはずです。 暴言も暴力もなくてよかったと考えるのが一番です。 「大人の対応ができた。むかむかするけど我慢しよう」と考えることです。 仕返しも必要ありません。 むかつくことがあっても、終わったことはさっと忘れ、次に向かうのが得策です。 穏便な別れ方に不満があっても「暴力や暴言をしなくてよかった」と考える。

12
★0

誰でも最初は未熟から始まる。
誰にでも間違いはあるもの。

別れてから自分の過ちに気づき、後悔します。 「自分の配慮が足りなかった」 「自分の勘違いで別れてしまった」 「忙しくて、きちんと向き合えなかった」 自分の愚かさに情けない気持ちになる。 未熟な自分を責めやすい場面ですが、ちょっと待ってください。 誰でも最初は未熟から始まります。 誰にでも間違いはあるもの。 もちろん前もって気づければよかったのですが、気づきにくい状況もあります。 最初からすべてをスマートに対応するのは厳しいでしょう。 器を大きくするにも、そういうきっかけがなければいけません。 配慮の力を高めるにも、それに気づく出来事がなければいけません。 必要以上に間違った自分を責めないこと。 間違いに気づけただけ、まだよかったのです。 ずっと間違いに気づけないままなら、成長の機会も失っていたでしょう。 未熟な自分を改善することなく別の人と付き合っていても、きっと同じ過ちを繰り返していたでしょう。 気づけたから、よかった。 まだ成長の余地があります。 大切なのは「間違いに気づいた後、どうするか」です。 「うっかりしていた。その分、しっかり謝ろう」と思えばいいのです。 復縁を切り出すときにしっかり謝ります。 相手は「ようやく気づいてくれたね」と思うでしょう。 必要以上に間違った自分を責めない。

13
★2

復縁は、いわば敗者復活戦。
成功のコツは「できる」と信じて全力を尽くすこと。

人生には、敗者復活戦があります。 ゲームでは、復活のチャンスに恵まれることがあります。 学校でも、追試験のチャンスを与えられることがあります。 仕事でも、後からやり直しのチャンスを与えられることがあります。 もちろん恋愛でも、敗者復活戦があります。 復縁は、いわば敗者復活戦です。 別れてから後悔しても、間に合わないとは限りません。 努力と工夫とわずかな運で、再び恋人関係に戻れる可能性があります。 敗者復活戦で成功するコツがあります。 「できる」と信じて、全力を尽くすことです。 「どうせ無理だろう」「できないのではないか」と疑っていると、発揮できる力が弱くなり、可能性が半減します。 手抜きも省略もよくありません。 心から「できる」と信じるからこそ、熱意とやる気が出てきます。 全力を尽くすから、自分を最大限に発揮できます。 「できる」と信じて全力を尽くすことが、敗者復活戦で勝利をするコツ。 さあ、気分を盛り上げていきましょう。 可能性が小さいなら「自分の力で大きくしてやる」というくらいの意気込みを持ちたい。 復縁でも「できる」と信じて、全力を尽くすことが大切です。 復縁に挑むなら、成功のコツは「できる」と信じて全力を尽くすようにする。

14
★2

復縁を経験したことがなければ、体験談を探せばいい。

復縁はどのようにすればいいのでしょうか。 復縁を経験したことがなければ、復縁のイメージも湧きにくいでしょう。 初めて別れを経験した人にとって、復縁もやはり初めてです。 そんなとき、復縁のイメージを具体的にするシンプルな方法があります。 復縁した人の体験談を参考にすればいいのです。 世の中には、さまざまな体験談があふれています。 普通の恋愛の体験談だけではありません。 遠距離恋愛の体験談もあれば、年の差恋愛の体験談もあります。 もちろん復縁の体験談もあります。 身近に復縁の経験者がいれば、具体的な話を聞かせてもらいましょう。 もし身近に経験者がいなければ、今はインターネットが広く普及しています。 インターネットで復縁の体験談を探せば、参考になる話がたくさん吸収できるでしょう。 具体的な体験談を吸収していくうちに、復縁のイメージが具体的になります。 「自分も頑張ればできる」という勇気ももらえるはずです。 できれば、さまざまなパターンの体験談を見ていくといいでしょう。 いろいろなカップルの体験談に触れれば触れるほど、イメージが具体的になります。 また、成功談ばかりに偏らず、失敗談もおすすめします。 成功と失敗の両面から復縁を考えたほうが、復縁の考えが深まります。 復縁に対する視野が広がったり、予想外のことが起こったときの参考になったりします。 えり好みをせず「すべて参考になる」と思って吸収しましょう。 復縁の体験談をたくさん吸収して、復縁のイメージを膨らませる。

15
★2

「復縁なんてかっこ悪いだけ」と考えるほうが、かっこ悪い。

「復縁なんてかっこ悪い」と思っていませんか。 一度別れた人に「やり直そう」と言うのは、少し恥ずかしいように思えます。 特に自分から振っておきながら復縁を迫るのは、矛盾しているように思えるでしょう。 別れた後にも未練があって、くよくよしているように感じます。 見栄を気にしてしまい、復縁したくてもためらうことがあるでしょう。 しかし、実は「復縁なんてかっこ悪いだけ」と考えるほうが、かっこ悪い。 誰にでも過ちはあるものです。 そのときは別れるのがベストだと思っても、別れてから自分の過ちに気づき、悔やむことがあります。 「言いすぎた、勘違いをしていた、未熟だった」 にもかかわらず、自分の正直な気持ちと向き合わず、反省の気持ちをごまかし続けるのはかっこ悪いことです。 自分に対してだけではなく、人生に対しても、不誠実です。 「別れたのは間違いだった」「やっぱり好きだ」という自覚があるなら、正直な気持ちに従って復縁に挑戦しましょう。 人生は一度しかありません。 復縁に挑戦しても、うまくいくとは限りませんが、何もしなければ可能性は確実にゼロです。 幸せは、自然にやってくるものではなく、自分からつかみ取りに行くものです。 恥も外聞も気にせず、自分の気持ちに正直に生きる人が、幸せになります。 「復縁なんてかっこ悪いだけ」と考えず、自分の正直な気持ちに従って生きる。

16
★0

恋愛をしているうちは、ずっと心が青春。

失恋して恋愛をやめると、どうなるか。 急に老けます。 好きな人がいるときは、自分を魅力的に見せようと努力します。 身だしなみ・話し方・振る舞い方など、相手の関心を少しでも引きつけるために、自分の見え方を意識します。 自分の知識を増やしたり見識を広げたりなど、人間性を高める努力もするでしょう。 そのため恋愛中は、若々しい状態を保てます。 ところがいずれ恋人と別れて、失恋をします。 失恋するまではいいのですが、大切なのはその後です。 失恋をして恋愛が嫌になり「もう恋愛をしない」「恋愛なんてしたくない」と諦めたとたん、一気に老けます。 「自分がどう思われようとどうでもいい」と考えると、だらしない方向に陥ります。 スキンケアをサボり、身だしなみが不衛生でも平気になる。 向上心も衰え、表情もだらしなくなる。 相手の迷惑を考えず、自己中心的になります。 何のために、恋愛をするか。 2人の世界を分かち合うためだけではありません。 自分の若さを維持するためにも、恋愛は必要です。 好きな人がいて、心がときめいていることが大切です。 失恋して、しばらく休憩するのもいいですが、しばらくすれば、また恋愛を始めましょう。 若さを保ちたければ、恋愛です。 両思いでなくていいのです。 片思いでも立派な恋愛です。 あくまで好きな人がいることが重要であり、片思いであっても恋愛を楽しんでいることになります。 恋愛をしているうちは、ずっと心が青春です。 老けないためにも、恋愛をする。

17
★2

恋愛は、バラのようなもの。
少し離れたほうが、見た目も香りも楽しめる。

バラは美しい。 そして、とろけるような甘い香りがします。 しかし、いくら美しいバラでも、間近で見ると印象が変わります。 とげが目立って怖い。 とげが突き刺さるかもしれません。 鼻がバラに触れるほど近くでにおうと、においが強すぎます。 鼻がつんとするかもしれません。 バラは、少し離れたほうが、見た目も香りも楽しめます。 恋愛も、バラのようなものです。 素晴らしい恋愛も、お互いの距離が近すぎると刺激も強くなり、不快感が目立つようになります。 プライベートがなくなる。 束縛が増える。 自由が失われる。 愛し合っている関係でさえ、近すぎると刺激が強すぎて不快になります。 お互いのとげが突き刺さり、お互いに傷つけ合ってしまうかもしれません。 一方、遠すぎると付き合っている意味がなくなり、気持ちが冷めてしまいます。 恋愛を楽しむコツは、バラを楽しむコツに似ています。 遠すぎても近すぎてもいけない。 ほどよい距離が一番です。 少し離れたほうが、見た目も香りも楽しめるのです。 恋愛でも、バラを楽しむときのように、ほどよい距離を意識する。

18
★0

復縁は、古い道を引き返すこととは限らない。
心を入れ替えてやり直すなら、新しい1歩。

復縁といえば、どんなイメージがありますか。 「よりを戻せて幸せ」というポジティブなイメージがある一方、ネガティブなイメージも多いのではないでしょうか。 「過去に執着する」「同じことを繰り返す」「くよくよする」などのイメージを持つ人もいるでしょう。 関係をやり直すことは、歩んできた道を引き返すことだと思う人も多いはずです。 もちろん大きな理由もなく、安易な気持ちで復縁を考えるのはよくありません。 寂しさに負けて過去に逃げても、根本的な解決にはなりません。 過去に逃げるつもりで復縁しようとすると、よりが戻っても戻らなくても、後悔することになるでしょう。 しかし復縁は、古い道を引き返すこととは限りません。 歩いてきた道を後戻りするわけでもありません。 心を入れ替えてやり直すなら、新しい1歩です。 心を入れ替えたとき、新しく生まれ変わります。 同じ現実でも、別の世界を生きることになります。 ですから、心を入れ替えた上でやり直すなら、復縁でも新しい1歩になります。 新しい未来を切り開くつもりで、復縁のアプローチをしましょう。 罪悪感も恥じらいも必要ありません。 新しい気持ちで1歩を踏み出すことは、人生を大切にしながら生きることでもあります。 復縁のアプローチも、新しい1歩だと考える。

19
★4

復縁に失敗しても怖くない。
もともと別れている状態だから。

「復縁に失敗したらどうしようか」 復縁が確実に成功できればいいのですが、残念ながら失敗することもあります。 告白して振られることがあるように、復縁しても振られることは珍しくありません。 しかし、失敗しても心配は不要です。 もともと別れている状態ですから、復縁に失敗しても関係は変わりません。 今までと同じ状態のままです。 よくなったことといえば、後悔が小さくなるということです。 全力を尽くせば「やるだけのことはやった」と納得できるため、別れた後の後悔が小さくなります。 それだけでも「挑戦した意味があった」「失敗しても無駄ではなかった」と言えるでしょう。 得することはあっても、損することはありません。 復縁のアプローチを通して、精神力も鍛えられます。 だから怖がる必要はありません。 むしろ何もせず、後悔したままじっとしているほうが怖いことです。 「もともと別れている状態だから、復縁に失敗しても怖くない」と考えて、勇気を出す。

20
★2

ほかの異性と遊ぶと、心に余裕ができる。

最近、異性と接したのはいつですか。 復縁のアプローチの前に、ほかの異性と接しておくことをおすすめします。 もちろん同性と接するのもいいですが、異性と接するのはもっと大切です。 異性に対する慣れや雰囲気は、実際に異性と接していないと鈍感になります。 ある程度異性と会って話す機会がなければ、異性との接し方も忘れるでしょう。 失恋で落ち込んでいるときに異性と接していると、高揚感があって回復も早くなります。 知り合いの異性でもかまいません。 新しく知り合った異性でもOKです。 ただ会って話すだけでも、異性と接しているだけで意味があります。 異性と接することで、慣れや接し方を保て、心に余裕を与えます。 「自分にはまだ最低限の魅力が残されている」と思えば、自信の1つも出てくるでしょう。 ただ接するだけでなく、遊ぶこともできれば理想的です。 普通に雑談を楽しむため、食事に行くのもOK。 一緒にボーリングやカラオケで遊ぶのもいい。 2人きりの雰囲気に抵抗があるなら、複数人で会うのもOKです。 とにかく日頃から異性と接する状況を保つこと。 「失恋しても、異性と接することができている」という現実が、復縁への自信を与えてくれます。 その異性と親しくなれば、そのまま付き合う可能性もあります。 異性と接しているうちに、復縁の考えが変わる可能性もゼロではありません。 異性と接することは、多くの可能性と接することと同じなのです。 異性と接して、心に余裕を作っておく。

21
★3

「別れて後悔した」と思える人に出会えたことが、すでに幸せ。

「別れて後悔した」 そう思ったなら喜んでください。 そう思えた人に出会えたことが、すでに幸せだからです。 人によっては「別れてよかった。すべてが終わってすっきりした」と思う人もいるでしょう。 すっかり気持ちが冷めて別れたなら、別れに後悔することはありません。 不仲になって別れたなら、別れたことがむしろ嬉しく感じるでしょう。 しかし「別れたことに後悔した」と思えるのは、それだけ本気で相手が好きな証拠。 未練ではありません。 本気なのです。 それだけ本気で好きになれる人に出会えたことが幸せです。 そして、自分の本当の気持ちに気づけたことも幸せです。 本当に好きだと分かったなら、それにふさわしい行動をするのみ。 別れたから、恋愛が終わったわけではありません。 まだ敗者復活戦が残っています。 恋愛で差がつくのは、別れて後悔したときです。 後悔したままにするのか。 後悔したから、復縁に挑むのか。 どちらでも自由ですが、願わくは、復縁に挑む人になりたい。 「別れて後悔した」と思える人にせっかく出会えたのですから、ここで出会いを無駄にしてはいけません。 赤い糸が切れたなら、結び直せばいい。 喧嘩をしたなら、仲直りをすればいい。 「これからが本当の勝負だ。ここからやり直していこう」と、復縁に挑戦しようではありませんか。 ここで復縁が実現できれば、以前より深い関係が築けます。 「別れて後悔した」と思える人に出会えたことが、すでに幸せだと気づく。

22
★5

復縁に運命を感じる人が、成功する。

「復縁したい」と思ったら、こう考えましょう。 「これは運命なのだ」と。 なぜ運命なのか。 そもそも「復縁したい」と思うことが奇跡的だからです。 普通は嫌いだから別れます。 「二度と会いたくない」「顔も見たくない」「縁を切りたい」と思うこともあるでしょう。 にもかかわらず、別れた後に復縁したくなるのは、深いところで相手とつながっている証拠です。 表向きは別れていても、見えないところで運命の赤い糸がつながっています。 嫌いである以上に、好きが上回っています。 たしかにトラブルはあったのかもしれませんが「復縁したい」と思える人に出会えたことは貴重です。 だから、運命と考えたい。 「あなたにふさわしいのはこの人です」という、天からのおぼしめしです。 「最初から結ばれていることが決まっていた」 「離れたくても離れられない」 天や機運が味方をしていると分かれば、出ない勇気も出てくるでしょう。 別れは「自分の人生に必要な人」と気づかせるための、きっかけだったのかもしれません。 「運命」と感じるようになれば、アプローチをする勇気も行動力も出てくるようになります。 何もかもうまくいくような気がしてきます。 復縁に運命を感じる人が、成功するのです。 復縁に運命を感じながら、アプローチする。

23
★1

復縁に失敗している場面を考えてはいけない。
復縁に成功している場面を考える。

復縁に失敗した場面を考えてはいけません。 もはや禁止です。 復縁に失敗した場面を考えると、頭の中で、失敗したときの様子をイメージしてしまいます。 失敗している場面を考えると、余計に不安が大きくなるため、緊張感が高まって手足が震えます。 「やはり復縁は辞めたほうがいいのではないか」と、行動する前からおじけづいてしまいます。 失敗する様子を思い浮かべると、かえって復縁の失敗率が高くなります。 考えるなら、復縁に成功している場面を考えましょう。 話し合いがスムーズに進んでいる様子。 自分のアプローチがうまくいき、OKをもらっている様子。 再び交際が始まり、デートを楽しんでいる様子。 復縁に成功している様子を思い浮かべると、だんだんテンションが上がっていきます。 「頑張ろう」という勇気も出て「うまくいきそうな気がしてきた」という自信も出てくるでしょう。 気持ちを高められるだけでなく、イメージトレーニングにもなり、一石二鳥です。 「単なる想像ではないか」とばかにしてはいけません。 想像する力には、実現に導く力があります。 エジソンもライト兄弟もアインシュタインも、まず成功している場面を想像することから始まりました。 想像力を最大限に活用して、人生を幸せに導きましょう。 考えていることが実現するのです。 復縁に失敗している場面ではなく、成功している場面を想像する。

24
★0

寂しいから復縁したいのか。
好きだから復縁したいのか。

復縁したいなら動機が大切です。 なぜ動機が大切なのか。 それは、復縁の成功率だけでなく、復縁した後にも影響するからです。 「復縁してみないと分からない」と思いますが、実際は動機によって、復縁後の関係が予想できます。 自分に問いかけ、復縁したい理由をよく考えてみましょう。 注意したいのは「寂しいから復縁したい」という理由です。 寂しさから逃れるためでは、関係が戻ったとしても、再び別れる可能性があります。 自分の心の穴を埋めるためなら、本当の復縁とは言えません。 自分本位のわがままです。 「相手を幸せにしたい」という考えが足りないため、復縁しても、良好な関係は続きにくい。 復縁すれば寂しさは消えますが、相手を幸せにしたい気持ちがないため、再び揉めることになるでしょう。 寂しさから逃げるために復縁したいなら、早めに諦めておくほうが賢明です。 復縁は、寂しいからではなく、好きだからするものです。 相手を愛しているからこそ「絶対相手を幸せにする」「同じ失敗は二度と繰り返さない」という考えも生まれます。 復縁してからも、一緒に乗り越える覚悟があるため、お互いが協力できます。 1人でできないことも、2人が協力すれば乗り越えられます。 どのくらい相手を愛しているのか、自分と向き合って確かめてください。 きちんと相手への愛があるから、復縁の成功率も高くなります。 寂しいからではなく、好きだから、復縁をする。

25
★0

「復縁の連絡は、別れ話を切り出した側からすべきだ」と決めてつけていないか。

自分が振られた立場のとき、復縁の連絡の順番に困ります。 「別れ話を切り出したのは相手だから、復縁の連絡も相手からすべきだ」 そう決め付けていませんか。 たしかに別れ話を切り出したのが相手なら、別れの撤回も相手からしたほうがスムーズに復縁しやすいでしょう。 相手から「自分が悪かった。間違いだった。やり直そう」という連絡があれば、すぐ復縁できそうです。 振った側から連絡があれば、どれだけ楽でしょうか。 しかし、待っているだけでは進展しません。 電話がかかっているのを待っているだけでは、貴重な時間が過ぎるばかり。 時間はあっという間に過ぎていきます。 つまらない意地を張っていると、復縁のチャンスを逃します。 もたもたしていると、完全に復縁のチャンスをなくしてしまうでしょう。 連絡する順番にルールはありません。 常識を気にしないことです。 復縁の連絡は、どちらからしてもいい。 正しい順番もなければ、理想の順番も関係ありません。 本気で復縁を考えているなら、自分から積極的に連絡をしましょう。 本気で「復縁したい」と思った側から、連絡をすればいいだけです。 積極的な行動をするたびに、夢の実現に近づけます。 復縁の連絡の順番にこだわらない。

26
★4

あなたから連絡が来るのを、相手は待っているかもしれない。

お互い復縁したい気持ちがあっても、偶然お互いとも連絡をためらう状況があります。 別れたものの、以前は付き合っていた関係です。 情も絆もあるでしょう。 消えない思い出もたくさんあるでしょう。 別れてから、お互いが存在の価値に気づくことがあります。 別れたときはよくても、後から悔いるのはよくあること。 しかし、復縁をしたくても「今さら連絡するのはおかしいかな」と思い悩み、最後の1歩が踏み出せない。 「本当に連絡してもいいのだろうか」と迷います。 偶然にもお互いが同じ状況になっている可能性もあります。 だからこそ、やはり行動しなければ分かりません。 勇気と行動なくして、復縁は不可能です。 復縁したい気持ちがたしかなら、無理を承知で連絡してみましょう。 冷たく拒絶されるかもしれませんが、歓迎される可能性もあります。 「実は自分も同じことを考えていた」と言ってくれるかもしれません。 「連絡が来るのを待っていた」と喜んでくれるかもしれません。 あなたが「まさか」と思っているなら、相手も「まさか」と思っている可能性もある。 「まさか」と思うことが、現実では起こりえます。 あなたから連絡が来るのを、相手は待っているかもしれないのです。 「連絡が来るのを相手は待っているかもしれない」と考え、連絡の勇気を振り絞る。

27
★2

「幸せにしたい」と思っているうちは、復縁できない。
「絶対幸せにする」と思うとき、復縁できる。

復縁をするときには、相手を幸せにする気持ちが大切です。 幸せにしたい気持ちは、どんな復縁でも必要です。 相手の幸福と幸運を願う気持ちがあってこそ、相手の気持ちを引き寄せられます。 さて、相手を幸せにする気持ちとはいえ、強さに幅があります。 「幸せにしたい」 そう思っているうちは、残念ですが、復縁できないでしょう。 相手を幸せにしたい気持ちは素晴らしいのですが、まだ弱い。 復縁には、大きな愛と強い覚悟が必要です。 「幸せにしたい」という考えは、本気で相手を思う気持ちが足りません。 愛も覚悟も中途半端。 「できれば復縁してみたい」「復縁できればラッキー」「自分なりに努力する」という程度では復縁できません。 中途半端な気持ちは、すぐ見抜かれます。 愛も覚悟も中途半端では、むしろ復縁がうまくいくほうが不思議です。 当然のごとく、復縁で失敗するのです。 復縁は「絶対幸せにする」と思うときにできます。 「絶対」と断言する。 「幸せにする」と言い切ってしまう。 「何が何でも幸せにしたい」と本気で思う気持ちがあるからこそ、相手の心を動かします。 復縁は、大きなパワーが必要です。 だからこそ、大きな愛と強い覚悟を持って挑まなければいけません。 愛も覚悟も本気なら、むしろ復縁がうまくいかないほうが不思議です。 「絶対幸せにする」と思うとき、復縁できるのです。 「幸せにしたい」ではなく「絶対幸せにする」と本気で考える。

28
★1

少し沈んでいるくらいでちょうどいい。
沈まないと、うまく泳げない。

「気持ちが晴れない」 「なかなか元気が出ない」 「心の中に不安や心配がある」 気持ちが沈んでいるときは、体が少し重く感じ、動きも鈍くなる。 人生を悲観しがちです。 しかし、ここに誤解があります。 本当は、少し沈んでいるくらいでちょうどいいのです。 水泳を思い出してください。 まったく沈んでいない状態では、うまく泳ぐことができません。 少し沈んでいる状態だから、うまく水をかくことができ、前に進めます。 人生でも同じです。 人生をうまく泳いでいくには、少し沈んでいなければいけません。 沈んでいるのがいけないと思いがちですが、とんでもありません。 実は気持ちが少し沈んでいるくらいでちょうどいいのです。 気持ちが沈んでいるときのほうが、よく反省できます。 謙虚になれるので、成長もできる。 油断しないので、トラブルも防げる。 だから、人生という大きな海をうまく泳いでいくことができるのです。 気持ちが沈んでいますか。 それは最高の状態です。 おかげでどんどん人生を前に進めるでしょう。 気持ちが沈んでいるから停滞していると思うのは勘違い。 「気持ちが沈んでいるから停滞している」と思っているだけ。 今なら、人生の駒を前に進めることができます。 何かを新しく始めるなら、気持ちが沈んでいる今がチャンスです。 少し気持ちが沈んでいる状態は、ちょうどいい状態だと考える。

29
★2

復縁してうまくいく保証はない。
別れて後悔している気持ちが、唯一の保証。

もし復縁ができたとして、本当にうまくいくのでしょうか。 それは分かりません。 うまくいく保証なんてありません。 実際に復縁してみないと、うまく関係が続くのかは未知数。 そもそも完全な保証なんて、どこにもありません。 完全な保証を求め始めると、何もできなくなります。 保証がないながらも、希望を持って進まなければいけません。 しかし、完全な保証はありませんが、保証の代わりになるものが1つあります。 別れて後悔している気持ちです。 別れて後悔している気持ちこそ、唯一の保証。 後悔する気持ちが本物なら、反省も改善もなされるため、復縁してもうまくいくはずです。 別れてどのくらい後悔しているか、自分の気持ちを振り返ってみてください。 一過性の後悔ではなく、心の底から別れたことに後悔しているなら、それが一番の保証です。 後悔は、すさまじいパワーを生み出します。 本当に後悔しているなら、少しくらいうまくいかない状況があっても「うまくいかせる」と考えられるはずです。 後悔は、くよくよするためではなく、なくすためにあります。 別れたことに後悔しているなら、その後悔をぬぐい去るために行動しましょう。 別れて後悔している気持ちが、唯一の保証なのです。 別れて後悔している気持ちを保証にする。

30
★0

別れの原因が相手にあっても、許す準備はしておきたい。

「相手が謝るまで、絶対許さない」 それも1つの考えでしょう。 心が深く傷つく出来事があり、忘れたくても忘れられない。 相手に致命的な落ち度があれば、許せなくて当然です。 しかし「謝るまで絶対許さない」と考えるなら、相手が謝らないかぎり、復縁もできません。 最初から完璧を求めるのは、少し酷ではないでしょうか。 人は誰でも過ちを犯します。 ここで思い出したいキーワードが、2つあります。 「若さ」と「未熟」です。 あなたも若かった時期があるでしょう。 未熟だった時期があるでしょう。 あなたがそうであるように、相手も同じです。 だからこそ、別れの原因が相手にあっても、許す準備はしておきたい。 「若さ」と「未熟」は、すべての人が通る道だからです。 「若気の至りだったね」 「あのときは、お互いに未熟だったね」 若さや未熟でごまかすわけではありませんが、人は誰でも、若い状態・未熟な状態から始まります。 そう考えると「若かった」「未熟だった」という理由も、一理あると言えるのではないでしょうか。 「自分も人のことは言えない」と思えば、別れた原因が相手にあっても、許しやすくなるでしょう。 別れの原因が相手にあっても、許す準備はしておきたい。 相手を許せないなら、許す準備だけでもしておきたい。 それが、寛大な大人になることでもあります。 相手を許せるようになれば、復縁の可能性も見えてくるのです。 「若かった」「未熟だった」と考え、許せなくても、許す準備はしておく。

同じカテゴリーの作品