人生の教科書



復縁
復縁には2種類ある。
よい復縁と悪い復縁。
復縁
復縁で一番大切なのは、誠意。
復縁
すでに相手がほかの人と付き合っているとき。
復縁
よい友達関係を続けていれば、復縁のチャンスに恵まれることもある。
復縁
復縁は、ゴールではなく、通過点。
復縁
寂しいから復縁したいのか。
好きだから復縁したいのか。
復縁

振られた後、
復縁のアプローチをする
30の方法

  • 復縁とは何か。
振られた後、復縁のアプローチをする30の方法

もくじ

1
★1

復縁とは何か。

「復縁をしたい」 そう思ったとき、まず考えたいことがあります。 「復縁とは何か」です。 ただ元の関係に戻すだけと思いますが、きちんと考えてみましょう。 復縁とは、何らかの事情で関係を絶っていた者同士が、再び元の関係に戻る状態のことです。 恋人関係だけでなく、夫婦関係にも使われる言葉です。 そのため復縁は、お互いの同意が必須です。 自分は元の関係に戻りたくても、相手が拒めば復縁できません。 復縁をしたければ、とにかく相手の同意を得ることが必要不可欠。 お互い思い合う気持ちが戻り、相手の同意を得てこそ、復縁が成立します。 復縁では「関係が戻る」という以前に「気持ちが戻る」ということが大切です。 復縁は、断られた告白の、敗者復活戦のようなもの。 もう一度、自分を好きになってもらうために、好意をしっかり伝えて説得することが必要です。 そしてなにより「復縁できる」と信じることが最も大切です。 それが復縁の条件であると同時に、コツでもあります。 復縁の意味をきちんと理解する。

2
★3

振られた後の復縁を、諦めない。

「一度振られたら、復縁はできない」 そう思い込んでいませんか。 たしかに相手に嫌われたせいで振られたなら、復縁は難しいかもしれません。 わざわざ相手から別れ話を切り出されたくらいですから、別れの決意も固いはず。 一定期間は話すことすらままならず、疎遠の状態が続くでしょう。 しかし、復縁が不可能とは言い切れません。 復縁できる可能性が低くても、ゼロではない。 別れた後、自分の過ちに気づくこともあるでしょう。 少し気づくのが遅いかもしれませんが、手遅れではありません。 振られてから気づく相手の存在価値もあるでしょう。 失ってから大切さに気づくのは、人生ではよくあること。 恋人関係が終わってから、どれだけ支えられていたか再確認できることもあります。 「別れて存在価値に気づいた」「やり直そう」と誠意を持って説得すれば、気持ちを引き寄せられるでしょう。 「やっぱり好き」「他の人は考えられない」としっかり愛を伝えれば、相手の心が変わることもあるでしょう。 「自分が悪かった」「反省する」と素直に謝れば、相手は許してくれるかもしれません。 別れても、仲直りできれば、再び付き合えるかもしれません。 振られた後の復縁を、諦めないことです。 振られた後のあなたしだいです。 努力しだいで、成功率を上げていけます。 きちんと反省して、素直に気持ちを伝えれば、復縁できる可能性も高くなります。 振られた後の復縁を、諦めない。

3
★3

復縁には2種類ある。
よい復縁と悪い復縁。

復縁には2種類あります。 「よい復縁」と「悪い復縁」です。 同じ復縁でも、それぞれ似て非なるもの。 違いを区別しておかなければ、お互い損をする可能性があります。 「復縁できれば、すべてよし」と考えていないでしょうか。 たしかに復縁できるのは素晴らしいこと。 しかし復縁できても、かえって悪い結果をもたらす場合があるため注意が必要です。 ●よい復縁 よい復縁とは、復縁した後、以前と同じ関係に戻る、もしくは以前より関係がよくなることを言います。 一度別れると、お互い客観的に見ることができるようになり、相手の存在価値に気づくことがあります。 自分が間違っていたことに気づくこともあるでしょう。 付き合っていれば、誰でも過ちはあります。 素直に自分の過ちを認めて素直に反省すれば、復縁できた後、良好な恋人関係を再スタートできるでしょう。 ●悪い復縁 悪い復縁とは、動機が不純で、反省もないまま元の関係に戻る状態をいいます。 たとえば、一時的な欲求を満たすために復縁です。 「ただ寂しさを紛らわせたい」 「スキンシップがなくて寂しい」 「誰かと付き合っていないと恥ずかしい」 動機も不純で反省もないと、復縁はできても、根本的な問題解決がされていないため、再び不仲になるでしょう。 せっかく復縁できても、再び別れることになる。 お互いに取って不毛な時間を送ることになるのです。 さて、悪い復縁が予想されるなら、そもそも復縁をしないほうが賢明です。 復縁を迫るなら、悪い復縁ではなく、よい復縁を目指すこと。 挑もうとしている復縁は、よいのか悪いのか、しっかり区別しておくことが大切です。 悪い復縁ではなく、よい復縁を目指す。

4
★1

本当に復縁をしたいのか、よく確認する。

復縁の行動をする前に、まず自分に問いかけてみてください。 「本当に復縁をしたいのか」と。 あらためて考えると、不純な動機で復縁しようと気づくことがあります。 自分に次の言葉を問いかけてみてください。 ・心の穴を埋めたいだけではないか ・スキンシップがほしいだけではないか ・テレビや雑誌に影響されているだけではないか ・周りのカップルに影響されているだけではないか ・衝動的な感情に流されているだけではないか ・恋人がほしいだけではないか 当てはまる点があれば、要注意です。 たとえ復縁できたとしても、同じ失敗を繰り返す可能性があります。 不純な動機での復縁はおすすめしません。 復縁したい気持ちが中途半端なら、まだ復縁をしないほうがいい。 「復縁できて、またすぐ別れる」という状況は避けたい。 お互い不毛な時間を過ごすだけで、いいことはありません。 「二度と同じ失敗をしない」という覚悟があるかどうかです。 復縁は、本気の気持ちがあって迫るもの。 復縁に向けて動くなら、同じ失敗は二度と繰り返さない覚悟が必要です。 もうつまらないことで喧嘩をしません。 お互い笑って過ごせるように、最大限の努力をします。 きちんと相手を愛して、一生一緒に生きる覚悟を決めます。 こうした意識があれば、復縁もうまくいくでしょう。 時間がかかってもかまいません。 本当に復縁したい気持ちがあることを確認してから、具体的な行動に移すようにしましょう。 本当に復縁をしたい気持ちがあるのか、よく自分に問いかける。

5
★2

すでに相手がほかの人と付き合っているとき。

元恋人は、すでに誰かと付き合っているかもしれません。 「相手の恋愛を邪魔して破局させることができれば、自分のところに戻ってくるのではないか」 よからぬ発想をする人もいるかもしれません。 「何とかして奪いたい」と思うかもしれませんが、思うだけにしましょう。 略奪愛はいけません。 すでに成立しているカップルを壊すのは、卑劣な行為。 略奪愛が美しいのは、映画やドラマだけの話。 現実の略奪愛は、どろどろしたものばかりです。 しかも略奪愛は、事件に発展しやすいのが特徴です。 相手の恋人関係を壊すと、壊された人から恨まれ、取り返しがつかないほどトラブルが深刻になります。 元恋人を奪ったところで、幸せにはなれないでしょう。 「自分さえよければいい」という考えを持っているかぎり、どこかで関係がつまずきます。 すでに相手がほかの人と付き合っているときは、残念ですが、復縁は潔く諦めるのが賢明です。 「別れて、自分のところに戻ってきてほしい」と思うまでにして、実際の行動は慎みます。 できることなら、むしろ元恋人の新しい恋愛を応援するのがスマートです。 相手の幸せを願うなら、応援するのが大人です。 そうすれば引き続き、よい友達関係として関係を続けていけます。 すでに相手がほかの人と付き合っているなら、潔く諦める。

6
★0

復縁をするとき、第三者に協力を求めるのはありか。

「誰かに復縁を手助けしてほしい」 自分だけの力の限界を感じたとき、第三者に協力を求めたくなるときもあるでしょう。 復縁に適した状況を演出するのは、なかなか難しい。 たとえば、友達の協力です。 共通の友達を通して、あなたの気持ちを代弁してもらったり、2人きりの場面を演出してもらったりなどです。 あなたの印象が回復するような話を伝えてもらうのも、いいアイデアです。 友達の協力が得られれば、1人では難しいことも実現しやすくなるのは事実。 また復縁を専門とする業者もあります。 プロには、プロなりのノウハウもあるでしょう。 費用はかかりますが、プロに依頼すれば、手際よく対処してもらえるはずです。 第三者の協力が得られれば、復縁をスムーズに進めやすくなるでしょう。 さて、復縁で第三者に協力を求めるのはありでしょうか。 「相手に迷惑をかけない」という条件なら、協力を求めるのはありでしょう。 あくまで「サポート」という範囲なら、第三者の協力は頼りになります。 プロに依頼するのも選択肢の1つです。 あくまで成功率を高めるお手伝いの範囲なら、強力な助っ人になるでしょう。 「相手に迷惑をかけない」という条件さえ守っていれば問題ありません。 第三者の協力に対する考え方は、人によって差があります。 最終的には、自分の良心がどこまで許すかです。 良心が許すなら、第三者の協力も1つの方法として頼ってもいいでしょう。 自分の良心が許すなら、第三者の協力も検討する。

7
★0

振られた直後の復縁は難しい。

振った側がする復縁と、振られた側がする復縁。 同じ復縁であっても、それぞれに大きな違いがあります。 自分から振った復縁なら、まだ行動が簡単です。 相手に嫌われて別れたわけではないため、振られた直後でも、すぐ復縁できる可能性があります。 もちろん最終的には相手しだいですが、可能性は高いと考えていいでしょう。 しかし、振られた場合は違います。 振られた場合、相手から嫌われている状況が一般的です。 付き合いの我慢の限界に達した結果、相手に振られた状況が多いと考えられます。 すると、振られた直後に復縁を迫っても、嫌悪感や苦手意識が強いため、なかなか応じてもらいにくい。 不可能ではありませんが、難易度が高いと考えていいでしょう。 復縁を迫るなら、振られてから少し時間を置くのが賢明です。 どのくらい時間を置くかは状況によりますが、数週間から数カ月は必要でしょう。 相手から普通に嫌われているなら、数週間。 相手からひどく嫌われているなら、数カ月。 嫌われている度合いが強いほど、冷却期間も長いほうがいいでしょう。 時間が経つにつれて、だんだんお互い冷静に見ることができるようになります。 ただし冷却期間が長すぎると、相手が別の人と付き合い始める可能性もあります。 冷却期間は長いほうがいいわけではないため、適度な時期を見計らった上で、復縁のアプローチをするのがいいでしょう。 復縁は、振られた直後より、少し時間をあけてからにする。

8
★1

復縁の成功率を上げたければ、焦らないこと。

復縁に、焦りは禁物です。 たしかに早く元の関係に戻りたくて、うずうずする気持ちはあるでしょう。 復縁では、熱意や意欲が大切です。 気持ちが熱いうちに行動したほうが、パワーが出やすくなります。 冷却期間があまり長くなると、相手は他の人と付き合ってしまう不安もあります。 しかし焦ると、かえって復縁の成功率を下げます。 焦れば焦るほど、正しい判断を誤りやすくなる。 アプローチを間違えて失言や失態が増えたり、相手を困らせたりする場面が増えるでしょう。 早まった行動は失敗を招き、復縁が難しくなるのです。 復縁はデリケートなアプローチです。 復縁のすべてにおいて、落ち着いた行動が大切です。 たとえば、別れた直後の復縁は避け、冷却期間を置く。 相手と話し合うときも、早口は避け、ゆっくり丁寧に話す。 復縁の返事をせかさない。 相手から返事の保留をお願いされても、快く受け入れる。 返事はせかさず、気長に待つ。 ゆっくり時間をかけたほうが、復縁の成功率は高くなります。 最初は落ち着いていて、途中から焦るのもよくありません。 焦りそうになれば「焦らない。落ち着け」と自分に言い聞かせるといいでしょう。 興奮気味になれば、一度立ち止まって深呼吸をしましょう。 冷静な気持ちが戻りやすくなります。 1歩ずつ近づくイメージで、少しずつ前に進めていきましょう。 復縁のすべてにおいて、焦らない。

9
★2

復縁には、心に余裕が必要。
余裕を作る方法とは。

復縁には、心の余裕が必要です。 心に余裕がない状態で復縁を迫ると、強引で必死な様子が目立ち、痛々しくなります。 相手からすると、必死になって追いかけてくる人ほど怖いものはありません。 復縁のアプローチをするなら、事前に心の余裕を作っておくことが必要不可欠です。 余裕があればあるほど、おおらかでゆったりした雰囲気が出るので、復縁の成功率も高くなります。 さて、本題はここからです。 どうすれば余裕を作れるのか。 それは、たっぷり遊ぶことに尽きます。 自分の趣味を楽しんで、心に栄養を与えましょう。 本を読んだり、映画を見たりする。 楽しければ、散歩やウォーキングも立派な遊びです。 自分が「楽しい」「面白い」と思えることに没頭しましょう。 友達と食事やカラオケに出かけるのも、心に余裕を作る効果があります。 たくさん遊ぶと、楽しさで心が満たされ、余裕ができるようになります。 「遊ぶのが仕事」と思うくらいに遊ぶこと。 余裕は、なくて困ることはあっても、あって困ることはありません。 できるだけたくさん遊んで、大きな余裕を作るようにしましょう。 心が満たされると、にこにこした笑顔も自然と出るようになります。 「復縁がうまくいかなくても大丈夫」と思えるくらい余裕ができれば、合格ラインです。 「復縁がうまくいかなくても大丈夫」と思えるくらいのほうが、かえって復縁がうまくいきます。 たくさん遊んで、心に余裕を作る。

10
★2

復縁で一番大切なのは、誠意。

別れた後の復縁で一番大切なことは、何でしょうか。 それは、誠意です。 誠意とは、相手の気持ちや立場を考えながら、真剣な気持ちで物事に当たろうとする気持ちのこと。 嘘偽りのない心を表現して、真心を持って接する気持ちや行為のことです。 復縁をするにあたり、どれだけ相手に誠意があるか、自分に問いかけてみてください。 復縁したい気持ちが弱いのではないか。 一時的な感情で復縁を迫ろうとしていないか。 相手に自分の都合を押し付けようとしていないか。 復縁を成功させるには、どれだけ誠意を持って、やり直したい気持ちを伝えられるかが重要です。 復縁では、とにかく誠意が大切です。 一番大切なことが抜けていると、何をやってもうまくいきません。 誠意がないまま復縁を迫っても、相手は見向きもしてくれないでしょう。 「反省したい」「やり直したい」と気持ちがあっても、真剣な気持ちが抜けていると、なかなかうまくいきません。 復縁の方法や言葉を考えるのは、後でもかまいません。 むしろ本当に誠意があれば、話や説得が下手でも、態度や雰囲気を通して相手に伝わります。 最初に意識しておきたいのは、とにかく誠意。 本当に誠意があるなら、復縁の半分は成功したようなものです。 復縁を考えるときは、誠意を一番大切にする。

11
★0

別れた原因が改善されないまま復縁を切り出しても、断られる可能性は高い。

復縁を切り出す前に考えておきたいことがあります。 「別れた原因は何だったのか」という点です。 別れの原因を思い出してください。 別れの場面は思い出したくないかもしれませんが、復縁を叶えるには大切な作業です。 別れた原因が改善されないまま復縁を切り出しても、断られる可能性は高いでしょう。 原因が放置されたまま切り出しても、相手はすぐ誠意がないと見抜き、断るに違いありません。 復縁は、別れた原因を改善してから切り出したほうが、成功率が高くなります。 たとえば、別れの原因が身勝手な行動だったとします。 今後は身勝手な行動は慎むことを誓った上で、復縁を切り出すようにします。 復縁で話をするときも、きちんと「今後は身勝手な行動は慎む」と強調しておくと、説得力が増します。 もちろん中には完全に改善するのが難しい問題もあるでしょう。 しかし、完全に改善ができなくても、できる範囲で改善をしておくことです。 もしくは改善している様子を見せるだけでもいいでしょう。 別れた原因を改善しておくことは、復縁を切り出す前の大前提です。 相手が復縁を拒む理由を減らすことです。 別れた原因が改善できれば、相手の拒む理由を1つ減らせます。 別れた原因を突き止め、復縁を切り出す前に、できるだけ改善しておく。

12
★1

復縁のタイミングは、バレンタインやクリスマスの前が狙い目。

復縁は、アプローチのタイミングで成功率が変わります。 タイミングによって、成功率が下がることもあれば、上がることもあります。 復縁をするなら、やはり成功率が高くなりやすいタイミングを狙いたい。 そんな成功率を上げやすいタイミングの1つが、バレンタインやクリスマスの前です。 バレンタインやクリスマスは、世間が賑わうイベントの1つ。 特に日本では「恋人」や「カップル」に関係するイメージが定着しています。 相手にまだ交際相手がいないと、バレンタインやクリスマスの前は、少し寂しくなっていることがあります。 世間がイベントで盛り上がりつつある中、一緒に祝うパートナーがいないと、誰でも寂しく感じやすいでしょう。 「1人で生きていく」と意地を張っていても、世間が賑わっているとだんだん心を動かされる。 そのタイミングで復縁のアプローチをすれば、相手の心を動かしやすくなります。 「いい思い出を作ろう」 「一緒に楽しく過ごしませんか」 前向きなアプローチをすれば、成功率が高くなるでしょう。 もちろん確実にOKしてもらえるとは限りませんが、復縁のタイミングを考える目安の1つとしてください。 もしダメなら「一緒におしゃれなレストランで食事だけでもしたい」と言えば、応じてくれるかもしれません。 相手が寂しがっているときにアプローチするのは、恋愛の定番です。 タイミングをうまく利用すれば、大きな努力がなくても、自然と復縁の成功率が上げられます。 復縁のアプローチは、バレンタインやクリスマスの前を狙う。

13
★1

復縁したい気持ちを伝えるには、どんな手段が適切なのか。

復縁したい気持ちを伝えるには、いくつか手段があります。 電話・メール・SNS・対面などです。 あなたなら、どの手段で復縁のアプローチをしますか。 もちろんどの手段でも気持ちは伝えられますが、それぞれ表現力は異なります。 まず、久しぶりに連絡を取るときは、電話・メール・SNSなどでもいいでしょう。 あくまで久しぶりの連絡なら、手軽な通信手段でも自然です。 近状を報告し合えば、だんだん打ち解けた雰囲気になるでしょう。 しかし、いざ復縁の話を切り出すときは、やはり会っているときがベストです。 電話・メール・SNSもいいのですが、復縁したい本気をしっかり伝えるには、会って話す以上の手段はありません。 会って話すと、お互い細かいニュアンスも伝えやすく、誤解も減らせます。 言葉だけでなく、表情や態度などを通して、復縁したい熱意や意欲を伝えやすくなります。 なにより会うことで誠意も伝わりやすくなるため、復縁の成功率も高くなります。 復縁で一番大切なのは、誠意。 誠意を伝えることを考えれば、会って復縁を迫ったほうがいいでしょう。 ただし、相手に会うのを断られたときは、その限りではありません。 別れ方によっては、抵抗感を持たれ、相手が会ってくれないこともあるでしょう。 会うのを断られたときは、電話・メール・SNSを使って気持ちを伝えるのも許容範囲です。 会うのに比べて表現力は限られますが、できるかぎり復縁したい気持ちが伝わるように言葉を工夫しましょう。 きちんと誠意のある対応ができれば、電話・メール・SNSでも復縁は可能です。 復縁を迫るときは、できるだけ直接会って話すようにする。

14
★3

「会う」という言葉を使わずに誘うのも、いいアイデア。

強引に会うのはNGです。 強引に会おうとすると「怖い」「身勝手」「しつこい」など、ネガティブな印象を与えます。 欲望や執着の印象が強くなり、相手は警戒するでしょう。 誘うときは「都合はいかがですか」「時間があれば会いましょう」など、相手の都合を聞いた上で会うのが適切です。 さて、中には「会う」という言葉に抵抗感を持つ人もいるでしょう。 もし「会う」という言葉に抵抗があるなら、別の口実で誘ってみてはいかがでしょうか。 たとえば「食事」や「おしゃべり」という口実です。 「もしよかったら、一緒に食事に行きませんか」 「久しぶりにたっぷりおしゃべりをしましょうよ」 大げさな口実より小さな口実のほうが好都合です。 あくまで日常生活の延長として誘えば、相手も抵抗感が小さくなり、会いやすくなるでしょう。 「食事・おしゃべりをするくらいなら会ってもいいかな」と思うはずです。 食べたり話したりするのは誰もが持っている欲求なので、自然と前向きな気持ちになるでしょう。 2人の関係が許せるなら「一緒に映画を見に行く」「2人で水族館に行く」という口実で会うのもOKです。 できるだけ「楽しそう」「会ってもいいかな」と思わせる口実で誘うのがポイントです。 少し頭を働かせるだけで、復縁の成功率が高まります。 「会う」というキーワードに抵抗があるなら、別の口実で誘ってみる。

15
★1

身だしなみで、復縁の成功率が変わる。

復縁で相手と会うときは、身だしなみが大切です。 身だしなみで、復縁の成功率が変わるからです。 もちろん身だしなみは個人の自由です。 自分の好きな格好でいいでしょう。 ビジネスの場ではないのですから、普段着で十分です。 しかし、いくら自由とはいえ、だらしない身だしなみだけは避けたほうがいいでしょう。 たとえば、ぼさぼさの髪・ノーメイク・不衛生な服装などです。 だらしない身だしなみは、真剣な雰囲気を妨げます。 真剣な復縁のつもりでも、誠意が足りないと誤解されやすい。 久しぶりに会って、相手の外見がぱっとしなければ、元恋人をがっかりさせるでしょう。 身だしなみは個人の自由ですが、本気で復縁したいなら、せめて身だしなみは最低限整えておくほうがいいでしょう。 スーツまで着る必要はありませんが、悪い印象を与えない程度の身だしなみを心がけます。 髪を整え、爪を切り、清潔感のある服装を心がけます。 男性なら、ひげの手入れをしておきます。 女性なら、最低限のメイクはしておきたい。 余裕があれば、シンプルな腕時計をしておくと、真剣な印象を強調できます。 身だしなみが整っていれば、復縁の言葉がいっそう相手に響くのです。 最低限、整った身だしなみを心がける。

16
★2

できれば、次のターゲットがいると安心。

復縁を心がけるとき、できれば次のターゲットがいると安心です。 つまり、復縁がうまくいかなかったときの第2候補です。 もちろんターゲットとはいえ、強い恋愛感情が必要というわけではありません。 「何となく気になるな」「もう少し仲良くなりたい」と思うくらいで十分です。 気になる人がいない状態で復縁しようとすると「必ず復縁を成功させないといけない」と必死になるでしょう。 失敗すると後がないので、余裕が失われます。 もちろん努力をするのはいいのですが、余裕のないときの努力は、がつがつしたアプローチになりやすい。 崖っぷちの状況なので、焦りや動揺が増幅されやすいのです。 そんなとき、気になる別の異性がいれば、心持ちが変わります。 「もしうまくいかなくても大丈夫」と思えるようになるため、心に余裕をもたらします。 これは浮気ではありません。 「気になる」という程度なら、誰にでも経験があること。 恋に落ちているわけでもなければ、まだ具体的な恋愛のアプローチをしているわけでもありません。 あくまで恋愛感情の一歩手前ですから、不貞行為とは違います。 強引に見つける必要はありませんが、できれば見つけておくと安心です。 あなたの周りに気になる人がいれば、次の候補としておくといいでしょう。 もちろん復縁がうまくいかなかったときは、次のターゲットに向けてアクセルを踏めばいいだけです。 できれば次のターゲットを見つけておく。

17
★1

復縁の成功率は、話し合う場所で変わる。

復縁の成功率には、場所が影響します。 復縁を切り出すとき、どんな場所がいいでしょうか。 復縁はデリケートな話ですから、場所が大切です。 まず避けたいのは、落ち着いて話せない場所です。 うるさい場所では話し合いができません。 お互い声が聞き取りにくく、集中が妨げられます。 落ち着いて話せないばかりか、うるさい音のせいでいらいらしやすくなります。 言いたいことも言えないばかりで、復縁に失敗しやすくなるのです。 選ぶなら、落ち着いて話せる場所がおすすめです。 たとえば、自宅・車の中・レストラン・公園などです。 落ち着いた場所なら、居酒屋の個室も許容範囲です。 落ち着いた場所のほうが真面目で真剣な雰囲気も出やすいため、誠意が伝わりやすくなります。 場所代が必要であっても、復縁の成功率に関わると考えれば、お金をかける価値はあるでしょう。 場所の選び方で、成功率が変わります。 適当に選ぶのではなく、慎重に選びましょう。 場所を選ぶときも、自分が一方的に決めるのではなく、話し合って決めるのがマナーです。 落ち着いて話せる場所を目安にしながら、2人にとって都合のよい場所を選びましょう。 「落ち着いて話せる場所がいいよね」と提案すれば、スムーズに決まるはずです。 復縁を切り出すときは、落ち着いて話せる場所を選ぶ。

18
★0

反省の言葉は、省略せず、丁寧に伝える。

復縁を迫るとき、どんな言葉で説得するかが大切です。 やはり欠かせないのは、反省の言葉。 別れて後悔していることをしっかり伝えます。 素直に自分の過ちを認め、改善を心がけることを約束します。 このとき、反省の言葉は一切省略してはいけません。 たとえば、早口で伝えたり、曖昧な謝り方をしたり、自分の行いを省みなかったりなどです。 たしかに早く復縁したい気持ちが強いと、焦り気味になるでしょう。 しかし相手は、こうした場面の言葉に敏感です。 反省の言葉を省略すると、余計な誤解を招きます。 相手は「本当に反省しているのだろうか」「中途半端な気持ちではないか」と疑い始めるでしょう。 気持ちの伝わり方が半減して、説得力が下がる。 すでに別れた関係ですから、ちょっとした誤解が致命的になりかねません。 反省の言葉は省略せず、丁寧に伝えましょう。 言葉を選びながら、一言一言丁寧に伝える。 「時間がかかる」と考えるのではなく「時間をかける」と考えるとうまくいきます。 時間をかけて伝えたほうが誠意も伝わりやすくなり、ますます説得力が上がります。 反省の言葉は、省略せず、きちんと伝える。

19
★0

自己中心的な理由は、復縁の成功率を下げるだけでなく、嫌われてしまう。

復縁では、復縁したい理由が大切です。 まず理由として不適切なのは、自己中心的な理由です。 「恋人がいないと寂しいから復縁したい」 「クリスマスに1人で過ごすのは恥ずかしい」 「私をもっと幸せにしてほしい」 復縁したい目的が、相手のためではなく、自分のためであることが分かります。 相手への愛情も感じられません。 当然、相手から断られるでしょう。 時には、相手を傷つけることもあります。 そのほか、非常識な理由も不適切です。 「私を養ってほしい」 「私の子供をたくさん産んでほしい」 「私みたいないい人は、もう二度と現れないよ」 身勝手な内容に、相手はあきれ果てるでしょう。 非常識な理由は、復縁の成功率を下げるだけでなく、嫌われます。 復縁したい理由として適切なのは、相手に愛情があると分かる内容です。 「自分の人生には、あなたが必要」 「別れてから、あなたの存在の大きさに気づいた」 「ようやく気づいた。あなたほど素晴らしい人はいない」 愛情が感じられる内容なら、相手も振り向いてもらえるでしょう。 復縁は第2の告白です。 誠意と同じく、愛情も必要不可欠です。 相手を幸せにしたい気持ちは、どんなに伝えても伝えすぎることはありません。 最終的な判断は相手しだいですが、少なくとも復縁したい理由に愛情が感じられるなら、復縁の可能性があるでしょう。 復縁したい理由の善しあしが判断しにくければ、信頼できる異性の友達に確認してもらうのも1つの方法です。 復縁したい理由は、自己都合や自己中心的な内容ではなく、愛情が感じられる内容にする。

20
★0

復縁のアプローチでは、情熱が伝わる言葉を使おう。

復縁は、どれだけ気持ちを伝えられるかで、成功率が変わります。 まず曖昧な言葉は厳禁です。 「まだ好きな気持ちが残っているような気がする」 「暇だったら、また付き合ってほしい」 「新しい恋人が見つからなければ、私がいるよ」 自信のない言い方では、誠意も本気も愛情も伝わりません。 「本当にやり直したいのだろうか」と疑われ、復縁は失敗に終わるでしょう。 かといって、普通の伝え方でも不十分。 「元の関係に戻りたい」「また付き合おう」と伝えるだけでは、平凡です。 まだまだ言葉が弱い。 意味は分かっても、強い気持ちが感じられないと、なかなか復縁に踏み切ってくれないでしょう。 復縁のアプローチで大切なのは、どれだけ本気を伝えられるか。 特に大切なのは、情熱です。 復縁のアプローチでは、情熱が伝わる言葉を使いましょう。 「やっぱりあなたが好き。大好き!」 「もう一度付き合おう。お願いします!」 「今度は必ず幸せにする! 約束する」 情熱が伝わるよう、力強い言葉を使うことが大切です。 おどおどせず、相手の目を見て、堂々と伝えます。 早口ではなく、ゆっくり一言ずつ伝えておきます。 恥ずかしがらずに、はっきり言い切ります。 復縁の最後の決め手になるのは、あなたの情熱です。 心を動かすのは心です。 情熱こそ、相手の心を動かします。 会って話ができるなら、情熱がしっかり伝わるように心がけましょう。 しっかり情熱が伝わる言葉を使う。

21
★4

どんな復縁でも使える、定番のセリフ。

復縁のアプローチでは、どんな言葉で説得しますか。 言葉は力です。 言葉は、説得の成功率に大きく影響します。 プレゼンは話し方で説得力が変わるように、復縁でも話し方で成功率が変わります。 説得の言葉だけで成功率が変わりますから軽視できません。 さて、そんな説得のセリフの中で、どんな復縁でも使える定番のセリフがあります。 「1人になって、あなたの存在の大きさに気づいた」といったニュアンスのセリフです。 この言葉をそのまま使ってもOKです。 もしくは、同じようなニュアンスを伝える言葉も使えます。 別れ方に関係なく、おおむねどんな復縁でも使える一言のはずです。 すべての人に「自分の存在価値を認めてもらいたい」という承認欲求があります。 この一言を言われた相手は「自分を理解された」「存在価値を認められた」と嬉しくなります。 ぐいっと相手の心を動かせるため、復縁の成功率が上がるでしょう。 熱意と意欲を持って語ると、いっそう効果的です。 さらにその根拠も加えれば、ますます説得力が上がるでしょう。 たとえば、付き合っていた頃にもらったプレゼントを、今でも大事に持っている話などです。 状況が許せば、そのプレゼントを復縁の場で見せてもいいでしょう。 実物を見せれば、復縁の気持ちが本気であると分かり、決定的な説得材料になります。 復縁のアプローチでは「1人になって、あなたの存在の大きさに気づいた」といったニュアンスの内容で説得する。

22
★0

復縁の成功率を上げる約束とは。

復縁の成功率を上げる約束があります。 「相手が嫌がっていたことはしない」という約束です。 元恋人と付き合っていたとき、相手がどんなことを嫌がっていたのか思い出してください。 思い出せば、復縁の話し合いのとき、相手が嫌がっていたことはしないと約束しましょう。 たとえば、嘘をついて困らせていたなら「これからは嘘をつかない」と誓います。 身勝手な行動で迷惑をかけていたなら「独りよがりな行動は慎む」と約束します。 暴言で相手を不快にさせていたなら「今度は丁寧な言葉遣いを心がける」と説得するといいでしょう。 相手が嫌がっていたことが2つあれば2つ約束して、3つあれば3つ約束します。 復縁のアプローチでは、相手が断る理由を1つでも減らすようにします。 断る理由がなくなれば、相手は復縁への抵抗感が小さくなるため、OKしやすくなります。 あえて「嫌がっていたことはしない」という意志表示をすることが大切です。 本気であることが伝わり、相手の心を動かします。 口約束だけで十分ですが、さらに説得力を高めたければ、書面にして見せてもいいでしょう。 少々堅苦しいですが、わざわざ書面にする様子から強い決意が伝わり、相手の心を動かせます。 少なくとも書面がプラスに働くことはあっても、マイナスに働くことはないはずです。 当然ですが、約束だけで終わらせるのではなく、きちんと約束を守ることも大切です。 約束を破ったときのペナルティーの話もしておけば、さらに不安が減るため、ますます相手の心を動かせます。 相手が嫌がっていたことはしないと約束をして、説得する。

23
★0

相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為であり、犯罪。

復縁のアプローチの中で、やってはいけない方法があります。 それは、相手の弱みにつけ込んだ復縁です。 たとえば、あなたが相手の重大な秘密を知っていたとします。 どんな人にも、知られたくない秘密はあるもの。 「復縁しないと秘密をばらすぞ」と脅せば、嫌がる相手を無視して、強引に復縁させることもできるかもしれません。 しかし、これは絶対にいけません。 相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為。 嫌がる相手を強引に復縁させたところで、形は戻っても、心は戻りません。 むしろどんどん心が離れていくでしょう。 また相手の弱みにつけ込んで復縁を迫るのは、恐喝や脅迫になります。 つまり、恐喝罪や脅迫罪などの犯罪になり、後から大きなトラブルに発展する可能性があります。 復縁方法は自由ですが、相手を脅すような強硬手段は絶対やってはいけません。 復縁ができるかどうかは、相手しだいです。 復縁は、やり直したい気持ちを真剣に表現するのが一番。 相手の気持ちを尊重してこそ、復縁の意味があります。 相手の弱みにつけ込んだ方法で復縁のアプローチをしない。

24
★2

手紙を使えば、復縁の成功率を高められる。

復縁のアプローチのとき、気持ちを込めた手紙を渡すのも1つの方法です。 復縁のアプローチで会って話すとき、言いたいことをうまく伝えられないこともあるでしょう。 会うと緊張して、その場でスムーズに言いたいことが言えないこともあります。 特に恥ずかしがり屋にとっては苦手な場面でしょう。 そんなときは、手紙を使う方法があります。 もちろん復縁のアプローチが手紙だけでは不十分。 復縁では誠意を見せることが最重要であり、会って話すのがベストです。 しかし、会って話すとき、説得を補うものとして手紙を使う分には悪くありません。 古典的で形式張っていますが、だからこそ有効です。 手紙なら、時間をかけて書くことができるので、言いたいことを漏れなく伝えられます。 恥ずかしがり屋でも、自分の思いをきちんと整理して書けます。 相手も時間があるときにゆっくり読めます。 会って話をした後の手紙だからこそ、じんと心が伝わるでしょう。 おそらく手紙の内容は、会って話をした内容と重なる部分が多くなるはずですが、それでかまいません。 むしろそれができるからいいのです。 同じ内容を2回で伝えることで、復縁したい決意を強調して伝えられます。 会って話が終わって別れ際にこっそり手紙を渡すと、かっこよく決められるでしょう。 必須ではありませんが、余裕があれば、復縁の成功率を高める工夫として取り入れてみてはいかがでしょうか。 復縁で会って話すとき、余裕があれば、復縁したい気持ちを込めた手紙を渡す。

25
★0

相手が復縁に取り合ってくれなくても、感情的にならないこと。

丁寧に謝っても、許してもらえない。 素直に反省しても、無視される。 気持ちを伝えても、まったく無反応。 頑張った、努力をした、誠意も見せた。 復縁を迫っても、相手は取り合ってくれず、拒否の一点張りということがあります。 この瞬間、ふと怒りがこみ上げるかもしれません。 「こんなに頑張っているのに、無視するなんてひどい」 「これほど誠意を見せているのに、なぜ応えてくれないのだろう」 努力が報われないと、愛が憎しみに変わり、感情的になりがちです。 復縁できないのは残念ですが、大切な場面です。 復縁できなくても、相手を憎んだり怒ったりしません。 粘り強いアプローチはいいのですが、しつこいアプローチはいけません。 相手がNOと言っているにもかかわらず、しつこく復縁を迫るのは相手の迷惑になります。 余計に相手から嫌われる原因になり、せっかくの別れの後味が最悪になります。 残念ながら、世の中には、どんなに頑張っても不可能な復縁も存在します。 復縁では、諦めも大切です。 自分なりにベストを尽くした結果、うまくいかなくても、相手を憎んだり怒ったりしないこと。 復縁の最終的な決定権は、相手にあります。 復縁が不可能であると確信すれば、素直に現実を受け入れ、諦めることも必要です。 復縁を迫ったとき、拒否の一点張りでも、相手を憎んだり怒ったりしない。

26
★0

保留の要求があっても、せかさない。

急に復縁を切り出しても、相手はすぐ返事ができず、保留をお願いされるかもしれません。 「今すぐ返事ができない。しばらく考えさせてほしい」 たしかに急に復縁を切り出されても、相手は考えや気持ちの整理が追いつかないでしょう。 「本当に復縁していいのだろうか」という戸惑いがあるでしょう。 「また同じ失敗を繰り返すのではないか」という不安があるでしょう。 「今度はうまくいくかもしれない」という期待もあるでしょう。 不安と期待が入り交じりながらいろいろな考えが頭をよぎると、すぐ正式な返事ができません。 そんなときは、快く保留を受け入れましょう。 このとき「いつ返事がもらえるか」とせかすのはよくありません。 結論を急がせると印象がよくないため、復縁のチャンスを逃しかねません。 あくまで復縁の最終的な決定権は、相手にあります。 早く返事がほしくても「いつまでも待つよ」「期待して待っているね」と謙虚に言うくらいがいいでしょう。 どうしても一言言いたければ「できるだけ早めに返事があると嬉しい」という程度にしておきます。 気長に待つ気持ちでいたほうが、復縁のチャンスを生かせます。 保留の要求があっても、せかさないようにする。

27
★1

復縁は、複数回アプローチしてもいい。

「夢は、諦めなければいつか達成できる」と言います。 復縁を迫って断られても、諦めずにアプローチを繰り返せば、いつか復縁ができると思うかもしれません。 もちろんアプローチが複数回あるのはいいのです。 一度断られたくらいで諦めず、折を見て、再びアプローチするのも悪くないでしょう。 2回目のアプローチで誠意が伝わり、相手が復縁に応じてくれるかもしれません。 2回目がダメなら、3回目があってもいいでしょう。 しかし、際限なく復縁のアプローチをするのはよくありません。 断られているにもかかわらず、しつこく復縁のアプローチを繰り返すと、相手の迷惑になります。 相手から「復縁はできない」と断られているにもかかわらず、しつこく復縁を迫るのは、トラブルに発展することがあります。 状況によっては、ストーカーと間違えられる可能性もあるでしょう。 世の中には、どんなに頑張っても不可能な復縁も存在します。 何度アプローチしても復縁に応じてくれないなら、どこかで諦めなければいけません。 回数は決まっていませんが、何度か復縁のアプローチをして手応えがなければ、潔く諦めたほうがいいでしょう。 ただし、例外があります。 相手から「もう二度と連絡をしないでほしい」と完全に拒まれた場合、余計なアプローチは不要です。 残念ですが、復縁は潔く諦め、別の新しい道を歩み始めるのが得策です。 際限なく復縁のアプローチをするのではなく、手応えがなければ、潔く諦める。

28
★0

世の中には、どんなに努力しても、不可能な復縁も存在する。

復縁の成功率は、あなたの努力しだいです。 相手から嫌われたとしても、誠意を持ってアプローチすれば、望みはあります。 きちんと自分の間違いを認め、素直に謝り、深く反省する。 態度に誠意があればあるほど、復縁の成功率も高くなるでしょう。 しかし努力すれば、必ず復縁できるとは限りません。 世の中には、どんなに努力しても、不可能な復縁も存在します。 別れの原因が致命的である場合、どんなに謝ってもどれだけ反省しても、復縁は難しいでしょう。 たとえば、浮気・暴力・借金などの問題です。 非常に大きな問題があった場合、復縁は極めて難しい。 2人の間に複雑な過去があるなら、会って話すだけでもやっとでしょう。 生理的に受け付けないほど嫌われた場合、どれだけアプローチをしても、復縁できる可能性は低いでしょう。 もちろん謝罪や賠償などは必要ですが、余計な悪あがきはお互いつらい過去を増やすだけ。 悪あがきをすることで、複雑な関係を余計に悪化させる可能性もあります。 自分が考えている復縁は、実現可能な範囲なのか、一度冷静になって考えてみましょう。 明らかに不可能な復縁なら、最初から復縁を諦めるのも1つの方法です。 本当に相手のためを思うなら、そっとしておくのも優しさです。 不可能な復縁は、最初から諦める。

29
★0

復縁が無理だと分かっただけでも収穫。

丁寧に謝った。 素直に反省した。 気持ちもきちんと伝えた。 にもかかわらず、復縁が無理だと分かることがあります。 自分なりにベストを尽くしても、無理なものは無理。 復縁は不可能だと確信することがあります。 さて、このとき、どうするかです。 復縁が無理だと分かれば、落ち込まず、前向きに受け止めるようにしてください。 人生には、仕方ないこともあります。 悪あがきも大切ですが、無理だと分かっただけでも収穫です。 無理だと分かったことも、1つの前進です。 復縁が無理だと分かったなら、別の方向に歩むことがはっきり分かりました。 「復縁を迫って無理だと分かれば、潔く諦め、新しい道を歩むようにする」 この切り替えが大切です。 相手がはっきり拒むのは「別の道に歩んだほうが幸せになれるよ」と教えてくれているのと同じです。 あなたが無駄な時間や労力を費やさないように促している、と考えることもできます。 不可能な復縁に執着するのは不毛です。 不可能だと分かれば、そのパワーを次のステップに向けて使ったほうが建設的です。 さあ、気持ちを切り替えようではありませんか。 じわじわ切り替えるより、さっと切り替えたほうが、痛みも小さくて済みます。 切り替えが早ければ早いほど、新しい道を気持ちよく歩み始められます。 復縁が無理だと分かれば、潔く諦め、新しい道を歩むようにする。

30
★2

よい友達関係を続けていれば、復縁のチャンスに恵まれることもある。

略奪愛は、卑劣な行為。 略奪愛が美しいのは、映画やドラマだけの話です。 現実の略奪愛は、醜くて、残酷で、どろどろしたものばかり。 略奪愛をしたところで、そのときはよくても、後から悔やむ結末を迎えるでしょう。 元恋人がすでにほかの人と付き合っているなら、復縁したくても、潔く諦めるのが賢明です。 状況が許せるなら、元恋人とはよい友達関係でいるといいでしょう。 関係が続いていれば、話し相手になってもらったり、情報交換ができたりするでしょう。 いつか助けてもらえる場面もあるかもしれません。 さて、友達関係を続ける理由は、もう1つあります。 「もし相手が破局したとき、あなたに復縁のチャンスが訪れる」ということです。 どんな恋人関係も、いつまでもスムーズに続くとは限りません。 いつの日か相手が失恋したとき、あなたがそばにいれば、力強く励ませるでしょう。 落ち込んでいる相手を優しく励ませば、ほろりと心が動く。 友達関係から恋人関係に昇格できるチャンスが得られるのです。 可能性は低いですが、ゼロではありません。 もちろんわざわざ破局のチャンスを待つのは大げさですが、そうした可能性も考慮しておくといいでしょう。 すでに相手がほかの人と付き合っているときは、友達として関係を続け、相手の破局のチャンスを待つ。

同じカテゴリーの作品