復縁
復縁には2種類ある。
よい復縁と悪い復縁。
復縁
復縁で一番大切なのは、誠意。
復縁
すでに相手がほかの人と付き合っているとき。
復縁
よい友達関係を続けていれば、復縁のチャンスに恵まれることもある。
復縁

振られた後、
復縁のアプローチをする
30の方法

  • 復縁とは何か。
振られた後、復縁のアプローチをする30の方法

もくじ
  1. 復縁とは何か。

    「復縁をしたい」
    そう思ったとき、まず考えたいことがあります。
    「復縁とは何か」です。

  2. 振られた後の復縁を、諦めない。

    「一度振られたら、復縁はできない」
    そう思い込んでいませんか。
     

  3. 復縁には2種類ある。
    よい復縁と悪い復縁。

    復縁には2種類あります。
    「よい復縁」と「悪い復縁」です。
    同じ復縁でも、それぞれ似て非なるもの。

  4. 本当に復縁をしたいのか、よく確認する。

    復縁の行動をする前に、まず自分に問いかけてみてください。
    「本当に復縁をしたいのか」と。
    あらためて考えると、不純な動機で復縁しようと気づくことがあります。

  5. すでに相手がほかの人と付き合っているとき。

    元恋人は、すでに誰かと付き合っているかもしれません。
    「相手の恋愛を邪魔して破局させることができれば、自分のところに戻ってくるのではないか」
    よからぬ発想をする人もいるかもしれません。

  6. 復縁をするとき、第三者に協力を求めるのはありか。

    「誰かに復縁を手助けしてほしい」
    自分だけの力の限界を感じたとき、第三者に協力を求めたくなるときもあるでしょう。
    復縁に適した状況を演出するのは、なかなか難しい。

  7. 振られた直後の復縁は難しい。

    振った側がする復縁と、振られた側がする復縁。
    同じ復縁であっても、それぞれに大きな違いがあります。
    自分から振った復縁なら、まだ行動が簡単です。

  8. 復縁の成功率を上げたければ、焦らないこと。

    復縁に、焦りは禁物です。
     
    たしかに早く元の関係に戻りたくて、うずうずする気持ちはあるでしょう。

  9. 復縁には、心に余裕が必要。
    余裕を作る方法とは。

    復縁には、心の余裕が必要です。
    心に余裕がない状態で復縁を迫ると、強引で必死な様子が目立ち、痛々しくなります。
    相手からすると、必死になって追いかけてくる人ほど怖いものはありません。

  10. 復縁で一番大切なのは、誠意。

    別れた後の復縁で一番大切なことは、何でしょうか。
    それは、誠意です。
    誠意とは、相手の気持ちや立場を考えながら、真剣な気持ちで物事に当たろうとする気持ちのこと。

  11. 別れた原因が改善されないまま復縁を切り出しても、断られる可能性は高い。

    復縁を切り出す前に考えておきたいことがあります。
    「別れた原因は何だったのか」という点です。
    別れの原因を思い出してください。

  12. 復縁のタイミングは、バレンタインやクリスマスの前が狙い目。

    復縁は、アプローチのタイミングで成功率が変わります。
    タイミングによって、成功率が下がることもあれば、上がることもあります。
    復縁をするなら、やはり成功率が高くなりやすいタイミングを狙いたい。

  13. 復縁したい気持ちを伝えるには、どんな手段が適切なのか。

    復縁したい気持ちを伝えるには、いくつか手段があります。
    電話・メール・SNS・対面などです。
    あなたなら、どの手段で復縁のアプローチをしますか。

  14. 「会う」という言葉を使わずに誘うのも、いいアイデア。

    強引に会うのはNGです。
    強引に会おうとすると「怖い」「身勝手」「しつこい」など、ネガティブな印象を与えます。
    欲望や執着の印象が強くなり、相手は警戒するでしょう。

  15. 身だしなみで、復縁の成功率が変わる。

    復縁で相手と会うときは、身だしなみが大切です。
    身だしなみで、復縁の成功率が変わるからです。
    もちろん身だしなみは個人の自由です。

  16. できれば、次のターゲットがいると安心。

    復縁を心がけるとき、できれば次のターゲットがいると安心です。
    つまり、復縁がうまくいかなかったときの第2候補です。
    もちろんターゲットとはいえ、強い恋愛感情が必要というわけではありません。

  17. 復縁の成功率は、話し合う場所で変わる。

    復縁の成功率には、場所が影響します。
    復縁を切り出すとき、どんな場所がいいでしょうか。
    復縁はデリケートな話ですから、場所が大切です。

  18. 反省の言葉は、省略せず、丁寧に伝える。

    復縁を迫るとき、どんな言葉で説得するかが大切です。
    やはり欠かせないのは、反省の言葉。
    別れて後悔していることをしっかり伝えます。

  19. 自己中心的な理由は、復縁の成功率を下げるだけでなく、嫌われてしまう。

    復縁では、復縁したい理由が大切です。
    まず理由として不適切なのは、自己中心的な理由です。
    「恋人がいないと寂しいから復縁したい」

  20. 復縁のアプローチでは、情熱が伝わる言葉を使おう。

    復縁は、どれだけ気持ちを伝えられるかで、成功率が変わります。
    まず曖昧な言葉は厳禁です。
    「まだ好きな気持ちが残っているような気がする」

  21. どんな復縁でも使える、定番のセリフ。

    復縁のアプローチでは、どんな言葉で説得しますか。
    言葉は力です。
    言葉は、説得の成功率に大きく影響します。

  22. 復縁の成功率を上げる約束とは。

    復縁の成功率を上げる約束があります。
    「相手が嫌がっていたことはしない」という約束です。
    元恋人と付き合っていたとき、相手がどんなことを嫌がっていたのか思い出してください。

  23. 相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為であり、犯罪。

    復縁のアプローチの中で、やってはいけない方法があります。
    それは、相手の弱みにつけ込んだ復縁です。
     

  24. 手紙を使えば、復縁の成功率を高められる。

    復縁のアプローチのとき、気持ちを込めた手紙を渡すのも1つの方法です。
    復縁のアプローチで会って話すとき、言いたいことをうまく伝えられないこともあるでしょう。
    会うと緊張して、その場でスムーズに言いたいことが言えないこともあります。

  25. 相手が復縁に取り合ってくれなくても、感情的にならないこと。

    丁寧に謝っても、許してもらえない。
    素直に反省しても、無視される。
    気持ちを伝えても、まったく無反応。

  26. 保留の要求があっても、せかさない。

    急に復縁を切り出しても、相手はすぐ返事ができず、保留をお願いされるかもしれません。
    「今すぐ返事ができない。しばらく考えさせてほしい」
     

  27. 復縁は、複数回アプローチしてもいい。

    「夢は、諦めなければいつか達成できる」と言います。
    復縁を迫って断られても、諦めずにアプローチを繰り返せば、いつか復縁ができると思うかもしれません。
    もちろんアプローチが複数回あるのはいいのです。

  28. 世の中には、どんなに努力しても、不可能な復縁も存在する。

    復縁の成功率は、あなたの努力しだいです。
    相手から嫌われたとしても、誠意を持ってアプローチすれば、望みはあります。
    きちんと自分の間違いを認め、素直に謝り、深く反省する。

  29. 復縁が無理だと分かっただけでも収穫。

    丁寧に謝った。
    素直に反省した。
    気持ちもきちんと伝えた。

  30. よい友達関係を続けていれば、復縁のチャンスに恵まれることもある。

    略奪愛は、卑劣な行為。
    略奪愛が美しいのは、映画やドラマだけの話です。
    現実の略奪愛は、醜くて、残酷で、どろどろしたものばかり。

同じカテゴリーの作品