人生の教科書



プラス思考
「だから」の後に続く言葉で、人生が変わる。
暮らし
「素晴らしい」という言葉ほど、素晴らしい褒め言葉はない。
生き方
30代から言い訳が、通用しなくなる。
子育て
「たまには休憩もしなさい」
言葉

会話をもっと豊かにする
30の方法

お気に入り9 読んだ
30

「くだらない」と言わないほうがいい。
くだらない人間と思われるから。

「くだらない」と言わないほうがいい。くだらない人間と思われるから。 | 会話をもっと豊かにする30の方法

  • 「くだらない」

この口癖に心当たりがある人は、要注意です。

もしかすると「くだらない」と言った瞬間、人間関係にひびを入れているかもしれません。

「くだらない」とは「価値がない」「無益」「ばかばかしい」という意味です。

 

しかし、価値がないかどうかは、人それぞれです。

自分にとって価値がなくても、ほかの人には価値があるかもしれません。

「漫画はくだらない」と思っても、自分だけがそうであって「漫画は素晴らしい」という人はいます。

「古物はくだらない」と思っても、自分だけがそうであって「古物は素晴らしい」という人はいます。

自分に見識や教養がないから、価値を理解できないだけです。

「くだらない」という口癖の人は、周りの人からばかにされます。

自分の未熟さをさらけ出してしまうからです。

「それが理解できないほど自分はおろかです。理解しようとする努力すらありません」と公言しているようなものです。

「くだらない」と言えば言うほど「くだらない人間」と思われるのです。

何かを軽蔑するつもりで言った一言は、自分が軽蔑される一言になるため、人間関係にひびが入ります。

だから「くだらない」とは言わないほうがいい。

自分が損をします。

「自分はまだ勉強不足」「自分とは好みが異なる世界」などと謙遜しておくほうが、無難です。

まとめ

会話をもっと豊かにする方法 その30
  • 「くだらない」と思っても
    「くだらない」と言わないようにする。
まとめ

もくじ
(会話をもっと豊かにする30の方法)

同じカテゴリーの作品