言葉

会話をもっと豊かにする
30の方法

お気に入り10 読んだ
30

「くだらない」と言わないほうがいい。
くだらない人間と思われるから。

「くだらない」と言わないほうがいい。くだらない人間と思われるから。 | 会話をもっと豊かにする30の方法

「くだらない」

この口癖に心当たりがある人は、要注意です。

もしかすると「くだらない」と言った瞬間、人間関係にひびを入れているかもしれません。

「くだらない」とは「価値がない」「無益」「ばかばかしい」という意味です。

 

しかし、価値がないかどうかは、人それぞれです。

自分にとって価値がなくても、ほかの人には価値があるかもしれません。

「漫画はくだらない」と思っても、自分だけがそうであって「漫画は素晴らしい」という人はいます。

「古物はくだらない」と思っても、自分だけがそうであって「古物は素晴らしい」という人はいます。

自分に見識や教養がないから、価値を理解できないだけです。

「くだらない」という口癖の人は、周りの人からばかにされます。

自分の未熟さをさらけ出してしまうからです。

「それが理解できないほど自分はおろかです。理解しようとする努力すらありません」と公言しているようなものです。

「くだらない」と言えば言うほど「くだらない人間」と思われるのです。

何かを軽蔑するつもりで言った一言は、自分が軽蔑される一言になるため、人間関係にひびが入ります。

だから「くだらない」とは言わないほうがいい。

自分が損をします。

「自分はまだ勉強不足」「自分とは好みが異なる世界」などと謙遜しておくほうが、無難です。

まとめ

会話をもっと豊かにする方法 その30
  • 「くだらない」と思っても「くだらない」と言わないようにする。
まとめ

もくじ
会話をもっと豊かにする30の方法
「くだらない」と言わないほうがいい。くだらない人間と思われるから。 | 会話をもっと豊かにする30の方法

  1. 会話全体の雰囲気を決めるのは、第一声。
  2. 相手の自慢話に不快になるようでは、器が小さい。
  3. 得をする話だけ反応する自分になっていないか。
  4. 役立たない話にほほえむ人の周りに、人が集まる。
  5. 「おすすめはありますか」という一言が、あなたの生活を豊かにする。
  6. 環境の変化が伴う相談は、反対されるのが定番。
  7. 会話がうまくなるコツは、相手の立場を考えること。
  8. 会話は「半分伝わればいい」と考える。
  9. きちんと相手の目を見ながら「ありがとう」を言っていますか。
  10. 用事があるときだけ話しかける姿勢は、実は危険。
  11. 営業の電話に引っかかる本当の原因は、見栄。
  12. あらゆる会話の中で最も重要なキーワードは、相手の名前。
  13. 分かっている話に「分かっている」とは言わない。
  14. 「私は運が悪い」と考えるから、運が悪くなる。
  15. お礼を言い忘れたら、追いかけても、言う。
  16. 友達の髪型が急に変わっていたとき、どう声をかけるか。
  17. 弱点を突かれたら、にっこりするのがマナー。
  18. 言葉とは、包丁のようなもの。
    喜ばせることもできるが、傷つけることもできる。
  19. 「言いすぎた」と考えられる人は、必ず言葉遣いがうまくなる。
  20. 話の先が予想できても、話を遮らない。
  21. 「縁を感じますね」と言っていますか。
  22. いい話だから、メモをするのではない。
    メモをするから、いい話が聞ける。
  23. 「楽しい話をしなければいけない」と考える必要はない。
    よい印象は、平凡な会話で十分伝わる。
  24. いらいらしているときは、無理に会話をしない。
  25. 「お忙しいところ失礼します」は、話しかけるときの決まり文句。
  26. 「今日は何の日」と聞かれたときの返事。
  27. 楽しませてもらうより、楽しませるほうが、楽しい。
  28. デリケートな話題で返事に困ったとき。
  29. 価値観の違う人がいないと、見識は広くならない。
  30. 「くだらない」と言わないほうがいい。
    くだらない人間と思われるから。

同じカテゴリーの作品