自分磨き

自分を高める
30の方法

1
16

遅刻してきた人に
「来るのが遅い!」と怒るのではない。
「大丈夫でしたか」と優しく接する。

遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。「大丈夫でしたか」と優しく接する。 | 自分を高める30の方法

遅刻してきた人に怒るのは、余裕がない

 

遅刻してきた人にどんな対応をするか。

余裕のある人とない人の違いが見られる場面です。

 

遅刻してきた人にどんな対応をしていますか。

もちろん非があるのは間違いありません。

待たされた時間が長ければ長いほど、ストレスがたまっていらいらしてきます。

「時間泥棒」と呼びたくなるのも仕方ありません。

遅刻してきた相手が現れるやいなや「来るのが遅い!」と怒鳴り散らしているかもしれません。

ここが改善ポイントです。

怒るのは普通の対応です。

遅刻してきた時点で、相手は「申し訳ないことをした」と反省しているでしょう。

心の中では「叱られるに違いない」とびくびくしているに違いありません。

遅刻のお説教から始まると、出合い頭から険悪になります。

雰囲気も悪くなると、コミュニケーションが取りにくくなります。

遅刻してきた人に怒るのは余裕がありません。

 

「来るのが遅い!」と怒るのではなく「大丈夫でしたか」と心配する

 

相手が遅刻してきたときこそ大切な場面です。

余裕のある人になりたいなら「寛大な対応」を心がけましょう。

「来るのが遅い!」と厳しく接するのではありません。

「大丈夫でしたか」と優しく接しましょう。

待たされていらいらしているかもしれませんが、こういうときこそ相手の事情を察する余裕を持ちたい。

相手は急いでいて体調を崩していたかもしれません。

走ってきたせいで呼吸が乱れているかもしれません。

満員電車の中で缶詰め状態になり、気分が悪くなっているかもしれません。

まず相手に寄り添って、優しく声を掛けるのがいいでしょう。

遅延や交通渋滞で遅れたなら「大変でしたね」「災難でしたね」と同情するのもいいでしょう。

ちょっとした一言で相手は救われ、平和的な空気が広がるでしょう。

これが余裕のある対応です。

 

 

遅刻をされていらいらしそうなときこそ、仏の心

 

遅刻をされても、寛大な精神で接しましょう。

怒りをぶつけるのではなく、大きな心で優しく接しましょう。

誰もが怒りそうな場面だからこそ、仏になったつもりで優しく接することです。

叱られそうな場面で逆に優しくすることで、相手ははっとするでしょう。

冷静に自分の行いを振り返れます。

反省の気持ちが強くなり、改善が促されるでしょう。

余裕のある人であれば、仕事も余裕を持って進めているでしょう。

遅刻したせいで仕事が遅れることになりますが、致命的にはならないはずです。

遅刻した相手に怒るのは、余裕がある人ではありません。

余裕のある人になりたいなら、怒らない人になることです。

遅刻をされていらいらしそうなときこそ、仏の心です。

自分を高める方法(16)
  • 遅刻してきた人には「来るのが遅い!」と怒るのではなく「大丈夫でしたか」と優しく接する。
同じ靴を2日続けて履かない。
昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。

もくじ
自分を高める30の方法
遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。「大丈夫でしたか」と優しく接する。 | 自分を高める30の方法

  1. 向上心を持つことも、向上の1つ。
    向上心を持つことも、向上の1つ。
  2. 「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
    「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
  3. 「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。<br>「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
    「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。
    「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
  4. 「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
    「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
  5. 「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
    「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
  6. 見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
    見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
  7. くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。<br>仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
    くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。
    仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
  8. 応援されないとできないことは、好きなことではない、才能は、応援されなくてもできるところにある。
    応援されないとできないことは、好きなことではない、才能は、応援されなくてもできるところにある。
  9. 何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
    何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
  10. 決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
    決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
  11. 眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
    眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
  12. 譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
    譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
  13. 心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
    心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
  14. 人の悪口を言うのはNG。<br>自分の悪口を言うのもNG。
    人の悪口を言うのはNG。
    自分の悪口を言うのもNG。
  15. 体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
    体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
  16. 遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。<br>「大丈夫でしたか」と優しく接する。
    遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。
    「大丈夫でしたか」と優しく接する。
  17. 同じ靴を2日続けて履かない。<br>昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
    同じ靴を2日続けて履かない。
    昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
  18. 不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
    不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
  19. 負けてもいい。<br>損をしてもいい。<br>トータルで勝って、得をすればいい。
    負けてもいい。
    損をしてもいい。
    トータルで勝って、得をすればいい。
  20. 落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。<br>元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
    落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。
    元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
  21. 準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
    準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
  22. 本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
    本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
  23. 初対面から深い話をしてもいい。
    初対面から深い話をしてもいい。
  24. 小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
    小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
  25. どん底ではない。<br>どん底にいると思い込んでいるだけだ。
    どん底ではない。
    どん底にいると思い込んでいるだけだ。
  26. いつも無難な服ばかりになっていませんか。<br>たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
    いつも無難な服ばかりになっていませんか。
    たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
  27. 抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
    抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
  28. 嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。<br>理由は後から考える。
    嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。
    理由は後から考える。
  29. 相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。<br>相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
    相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。
    相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
  30. 残り時間は少なくてもいい。<br>時間が限られているほうが、たくさんのことができる。
    残り時間は少なくてもいい。
    時間が限られているほうが、たくさんのことができる。

同じカテゴリーの作品