生き方

人生に疲れたときの
30の言葉

読んだ お気に入り45
23

ダメな自分を、
愛してしまおう。
それが優しさだ。

ダメな自分を、愛してしまおう。それが優しさだ。 | 人生に疲れたときの30の言葉

人間とは、面白いものです。

天は人に、いくつもの長所を与えてはくれません。

誰にでもできないことは、1つや2つ、あるものです。

勉強ができる人は運動が苦手であったり、運動ができる人は勉強が苦手であったりします。

うまくバランスが取れています。

ダメな自分に気づいたとき、どう思いますか。

ダメな部分を、どう思うかです。

できないところを見つけたとき「ダメな自分」と思うのは、よくありません。

「ダメな自分」をダメと思うのは、ただの冷たい人間です。

逆です。

「ダメな自分」と思ったときに、そういう自分を愛してしまいましょう。

できないところを見つけたとき「かわいいやつだ」「大丈夫だよ」と思いましょう。

自分で自分を、元気づけたり励ましたりします。

優しいから、ダメな自分を愛せるのではありません。

ダメな自分を愛するから、優しい人になれるのです。

どれだけダメな自分を愛することができるかで、優しさが決まります。

まとめ

人生に疲れたときの言葉 その23
  • ダメな自分を愛して、優しい人になる。
違和感は、道路標識と同じ。
「注意が必要」というサイン。

もくじ
人生に疲れたときの30の言葉
ダメな自分を、愛してしまおう。それが優しさだ。 | 人生に疲れたときの30の言葉

  1. 期待するから疲れる。
    期待しないと疲れない。
  2. 限界に達しているのではない。
    スランプに陥っているだけ。
  3. 人生は、有限だから、素晴らしい。
  4. 忙しいだけはよくない。
    余裕ばかりもよくない。
    理想は「余裕のある忙しさ」だ。
  5. 「人生は短い」そう思ったほうが、素晴らしい生き方ができる。
  6. 自己啓発書は、心の掃除機だ。
  7. 人生は、学校の授業と同じ。
    真っ先に手を挙げた人ほど、当ててもらいやすくなる。
  8. 大空は、家の屋根と同じ。
    同じ屋根の下にいるから、仲間意識が生まれやすい。
  9. 人生は、走り幅跳び。
    崖があっても、助走をつければ、飛び越えられる。
  10. 目は、あらゆる生き物と会話ができる、共通言語だ。
  11. 重い荷物も、2つに分ければ、軽くなる。
  12. 未来が分からなくてよかった。
    未来は、分からないから、素晴らしい。
  13. 夢に向かう道のりはヒッチハイク。
    必要なのは、お金より、度胸。
  14. 人生における一番の楽しみは、失敗だ。
  15. 急なトラブルは、にわか雨のようなもの。
    いきなり降っても、すぐやむ。
  16. 人生の分かれ道は、特定の瞬間だけではない。
    常に分かれ道の連続。
  17. 人生では、嫌われる覚悟が必要。
  18. 雨の日は、世界最高の癒しの音楽を、無料で楽しめる日。
  19. どんな完全犯罪でも、罰から逃れる方法はない。
  20. 人生は「個性」が出ていれば、それでいい。
  21. 楽しようとするから、うまくいかない。
    楽しもうとすると、うまくいく。
  22. 寂しさや切なさは、我慢して乗り越えるものではない。
    明るいことで吹き飛ばすものだ。
  23. ダメな自分を、愛してしまおう。
    それが優しさだ。
  24. 違和感は、道路標識と同じ。
    「注意が必要」というサイン。
  25. 遠回りが、実は一番の近道になることもある。
  26. 緊張は、否定するのではなく、肯定するもの。
  27. 嫌いなことばかりしていると、罪を犯しやすくなる。
  28. 後悔する癖がついていると、何をやっても後悔する。
  29. 勝てるかどうかではなく、輝けるかどうか。
  30. 自分に正直になったときから、本当の人生が始まる。

同じカテゴリーの作品