人生の教科書



体臭対策
糖尿病による体臭もある。
体臭対策
乾いたハンカチやタオルなどで拭くと、余計ににおいが強くなる。
体臭対策
体臭問題を生み出しているのは、現代の技術進歩。
体臭対策
汗は、悪者ではない。
体臭対策
加齢臭は、努力しだいで、治せる体臭だ。
体臭対策
自分の体臭を、客観的に確かめる方法。
体臭対策

汗のにおいを抑える
30の対策

お気に入り6 読んだ
13

乾いたハンカチで、
汗を拭くと、
においは余計に強くなる。

乾いたハンカチで、汗を拭くと、においは余計に強くなる。 | 汗のにおいを抑える30の対策

汗をかいてしばらく経つと、異臭が漂い始めます。

皮脂が酸化したり、汗の中で雑菌が繁殖したりする影響です。

汗をかいたら、異臭を放つ前に、汗をこまめに拭き取ることで、体臭を抑えることができます。

汗をこまめに拭き取るのは、体臭対策の基本ですね。

 

しかし、なかなか思うようににおいが消えてくれないことがあります。

こまめに汗を拭き取っているにもかかわらず、体臭が改善しない。

それどころか、においが強くなっているような気さえするのです。

  • 「こまめに汗を拭き取っているのに、なぜにおい続けるのかな」

おそらくこの場合、拭き取り方に問題があるのではないでしょうか。

大切なのは「拭き取り方」です。

あなたは汗を、どういう方法で拭き取っていますか。

まず乾いたハンカチやタオルでは、汗を拭かないようにしましょう。

乾いたハンカチで汗を拭く光景が定番ですが、本当はあまりよくないのです。

乾いた布を使ったほうが、水分をよく吸収するため、においも抑えられるような気がします。

 

たしかに乾いた布のほうが、水分は効率よく吸い取ってくれる反面、意外な弱点があります。

水分は吸い取っても、肝心のにおいの成分までは吸い取ってくれず、肌に残ったままになるのです。

乾いた布を使っていると、汗を拭くたびににおい成分の濃度が、濃くなります。

汗を拭けば拭くほど、体臭も強くなってしまう悪循環になるのです。

では、どうすればいいのかというと、湿ったものを使えばいいのです。

湿らせたハンカチやウェットティッシュなどを使えば、汗もにおいも、きれいに取り除けます。

まとめ

汗のにおいを抑える対策 その13
  • 乾いた布を使って、
    汗を拭き取らないようにする。
水を飲む量を減らしても、汗の量は変わらない。

もくじ
(汗のにおいを抑える30の対策)

同じカテゴリーの作品