人生の教科書



ファッション
香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。
自信がなければ、つけない。
ストレス対策
アロマセラピーで疲れを取ろう。
食事マナー
どぎつい香水やオーデコロンは、食欲を減退させる。
体臭対策
香りの付いた整髪料は、体臭と誤解されやすい。
緊張・あがり症
本物の花の美しさと香りには、緊張をほぐす力がある。
スキンケア
大人のにきびに悩んだら、お風呂に入浴剤を入れる。
体臭対策

口臭を抑える
30の対策

  • 口臭は、
    人間関係を妨げる、
    見えない壁だ。
口臭を抑える30の対策

もくじ

1
★3

口臭は、人間関係を妨げる、見えない壁だ。

「なぜか、人から避けられているようだ」 そう思うきっかけは、口臭なのかもしれません。 1つ、興味深いデータがあります。 芳香剤を販売する、ある会社によって、好きな香りを調査したデータです。 好きな香りのベスト3は、納得できる結果が出ました。 「3位は焼きたてのパン、2位は花、1位は石鹸」 うなずける内容ですね。 たしかに石鹸の香りが嫌いという話は、めったに聞きません。 花の香りはリラックスさせてくれ、香ばしいパンの香りは食欲が湧いてきます。 逆に、嫌いな香りのベスト3もあります。 「3位は体臭、2位は生ごみ、1位は口臭」という結果が出ました。 注目してほしいのは、口臭です。 驚くべきことに、嫌われやすいのは、体臭より口臭なのです。 会話中、相手の口からくさいにおいがして、顔を背けた経験がある人も多いのではないでしょうか。 一瞬、息ができなくなる。 会話を早々に打ち切りたくなりますし、弾む会話も弾まなくなります。 くさい息をする相手に対しても、よくない印象が湧いてきます。 会話中、相手の口からくさいにおいがすると、楽しい会話どころではなくなるのです。 口臭の問題は、人間関係に大きな影響を及ぼすことが分かります。 口臭は、人間関係を妨げる、見えない壁です。 口から吐く透明の息が、人間関係に大きな障害をもたらしていることがあるのです。 いま一度、自分の口臭は問題がないか、確認してみましょう。 なぜか、人から避けられているのは、見えない口臭が原因なのかもしれません。 いま一度、自分の口臭を、確認してみる。

2
★6

自分の息をチェックする、2つの方法。

「口臭はするだろうか」 「口臭は、どんなにおいがするのだろうか」 口臭問題は、まず自分の息をチェックすることから始まります。 自分の息の状態を知ってこそ、口臭対策も正しく進められますね。 においとはいえ、どういうにおいなのかを自分で知ることも大切です。 自分の息をチェックするには、2つの方法があります。 (方法1)においのないナイロン袋やコップを使う方法 一番おすすめなのは、ナイロン袋やコップを使う方法です。 汚れたものではなく、においのない、清潔なものを使いましょう。 ナイロン袋やコップに向かって自分の息を吹きかけた後、鼻で嗅ぐと、口臭の状態がよく分かります。 (方法2)手に息を吹きかける ナイロン袋やコップでは、少々手間がかかるという人は、手を使った方法もあります。 単純です。 落ちてくる水をすくうような手の形を作ります。 そこに息を吐いてから、自分でにおいを嗅いでみればいいのです。 ナイロン袋やコップほど正確には分かりませんが、いつでもどこでも確認できるメリットがあります。 まず、自分の息をチェックする。

3
★4

口臭予防の最も基本となる習慣は、食後の歯磨きだ。

口臭対策の第1は、食後の歯磨きです。 一番大切なポイントです。 これをなくして、口臭予防は語れません。 ほとんどの口臭は、食後の歯磨きだけで、大幅に改善します。 口臭の原因になるのは、歯と歯の間の食べかすです。 食事の後は、歯の間に食べかすが詰まります。 実は、食べかすそのものからは、あまり、においません。 しばらく経つと、だ液に含まれる酵素や細菌によって、歯垢ができます。 この歯垢から、独特の異臭が漂い、口臭になるのです。 歯垢の発生を抑えるためには、もととなる食べかすを取り除くことです。 歯と歯の間の食べかすは、自然に取れるものではありません。 歯と歯の間の食べかすは、きちんと歯ブラシを使うことで、取り除けます。 食後の歯磨きを習慣にしましょう。 歯磨き粉を使って歯を磨くことで、虫歯と口臭の両方の対策ができます。 食後に歯磨きの習慣がある人は、大丈夫です。 食後の歯磨きを忘れている人は、今日から習慣にしましょう。 難しいことは考えず、食後の歯磨きを習慣にすればいいだけです。 口臭予防の最も基本となる習慣なのです。 食後の歯磨きを、習慣にする。

4
★5

歯磨きの主役は、歯磨き粉ではない。
歯ブラシだ。

歯ブラシと歯磨き粉。 薬局で買い物をするとき、どちらに重点を置いて選んでいますか。 歯磨き粉は、商品ごとに、個性があります。 虫歯ができにくくなる「フッ素」。 歯の再石灰化を促す成分「ハイドロキシアパタイト」。 歯茎の血行をよくしてくれる「ビタミンE」。 そのほか、ホワイトニング効果のある成分、歯垢を分解する酵素、歯石の沈着を防ぐ成分、口臭を予防する成分などがあります。 歯磨き粉ごとに、成分や機能が異なっていて、どの歯磨き粉を買おうかと、かなり迷ってしまうのではないでしょうか。 一方、歯ブラシはどうでしょうか。 歯ブラシといえば、どれも似たような形をしています。 もちろんブラシごとに、毛の硬さ、弾力、太さなど異なりますが、値段が安いためか、軽く考えてしまいがちです。 薬局で、歯ブラシと歯磨き粉を選ぶときに注意が向きやすいのは、やはり歯磨き粉ではないでしょうか。 しかし、ここがポイントです。 歯ブラシと歯磨き粉。 歯磨き粉のほうが重要であるように思えますが、実のところ、本当に重要なのは、圧倒的に歯ブラシです。 歯を磨くときの主役は、あくまで歯ブラシです。 主役は歯ブラシで、歯磨き粉は補佐役です。 歯磨き粉の成分に効果があるのは事実ですが、歯ブラシがきれいに使えていなければ、意味がありません。 自分の歯の形に合った歯ブラシをしっかり選び、磨きやすい歯ブラシを選ぶことが大切です。 自分の歯に合った歯ブラシ、磨きやすい歯ブラシ、奥歯まで届きやすい歯ブラシを選びましょう。 そのための選ぶ時間は、惜しむべきではありません。 しっかり時間をかけて、ベストな歯ブラシを選びましょう。 もし、歯並びや形状が特殊なら、無理をして1本に絞る必要はありません。 「歯ブラシは1本でなければならない」という固定観念はありませんか。 いいえ、1本である必要はありません。 1本で不十分なら、異なった種類の歯ブラシを、使い分ければいいのです。 歯ブラシで、歯の隅々まで本当にきれいに磨くことができれば、歯磨き粉は不要だと主張する専門医師もいます。 歯磨きの主役は、あくまで歯ブラシなのです。 歯磨き粉より、歯ブラシを慎重に選ぶ。

5
★5

面倒な食後の歯磨きは、ダブル効果を想像するのがコツ。

歯磨きをするタイミングは、2パターンあります。 「食後にも寝る前にも歯磨きをする人」と「寝る前だけ歯磨きをする人」です。 徹底する人と、必要最小限で抑えようとする人です。 だいたい、どちらかです。 あなたはどちらですか。 歯磨きと言えば、多くの人が寝る前だけの1回だけです。 寝る前だけの歯磨きで、満足していませんか。 たしかに「食事ごとに歯磨きをするのは面倒だ」と思います。 虫歯予防だけと思うと面倒だと思い、なかなか重い腰が上がりません。 そういうとき、ダブル効果を想像するのがポイントです。 寝る前の歯磨きの効果は、単に「虫歯予防」だけです。 一方、食後の歯磨きは「虫歯予防」と「口臭対策」の2つが実現できます。 歯磨き1回で、2つのことを同時に済ませているのです。 一石二鳥だと思えば、歯磨きをしようとするモチベーションが上がるのではないでしょうか。 面倒な面ばかりを見るのではなく、メリットに注目すれば、歯を磨きたくなるのです。 「虫歯予防」と「口臭対策」を想像しながら、食後の歯磨きを楽しむ。

6
★5

歯磨きのとき、舌の上を磨き忘れていると、口臭になる。

歯を磨くとき、忘れやすいことがあります。 「歯磨き」という言い方のためでしょうか。 その名のとおり、歯だけを磨く人がいます。 歯を磨くのはいいのですが、大切なところを忘れていませんか。 舌の上です。 食べかすは、歯と歯の間だけでなく、舌の上にもたっぷりこびりついています。 舌の上の食べかすも、しばらくすると歯垢に変わり、異臭を放ち始めるのです。 歯磨きをしているにもかかわらず、虫歯や口臭になりやすい人は、舌を磨き忘れているケースがあります。 舌の上の汚れも、きちんと取りましょう。 舌の上の汚れは、舌専用の歯ブラシを使うのが一番です。 もし、手元にない場合は、歯ブラシを使って優しくこするだけでも結構です。 強くごしごしこすると舌を傷めてしまうので、軽い力で優しくなでる程度にしましょう。 口臭は抑えられ、吐く息はすっきりします。 歯磨きのときは、舌の上も、きれいにする。

7
★2

歯磨きで大切なのは、時間より、磨き方。

「歯磨きしても、口の中にねばねばが残る。すぐ口臭がする」 そんな状況に心当たりがあるなら、磨き残しがあるのかもしれません。 「そんなはずはない。歯磨きにはしっかり時間をかけている」 歯を磨く時間が長いほど、きれいに磨けるとは限りません。 いくら歯磨きの時間が長くても、磨き方が悪ければ意味がありません。 磨き残しがあると、口の中が汚れやすくなったり、異臭が発生しやすくなったりします。 むしろあまり歯磨きに時間をかけすぎると、歯ブラシが歯茎を傷つけ、歯茎から出血しやすくなります。 傷ついた歯茎に溝ができやすくなるので、食べかすがたまりやすくなるのです。 歯磨きで大切なのは、時間より、磨き方です。 「歯を磨いた」という行為だけで満足していませんか。 歯を磨いた後、鏡で歯を確認してみましょう。 磨いたにもかかわらず、歯と歯の間に食べかすが詰まっていないでしょうか。 歯の裏側もチェックしましょう。 さすがに鏡で歯の裏側は見えませんが、指で触ってみたり爪でこすったりすると、歯の磨き残しを確認できます。 普通の歯ブラシと電動歯ブラシのどちらのほうがきれいに磨けるかという議論が出ます。 自分に合ったものなら、どちらでも結構です。 歯ブラシのタイプより気にしてほしいのは、磨き方です。 磨き方がよく分からず自信がなければ、歯科検診の際、歯科医師に診てもらいましょう。 食べかすが残らないように、きれいに歯の磨き方を身につける。

8
★1

腫れた歯茎と魚の血生臭いにおいは、歯肉炎と歯槽膿漏を疑う。

コーヒーによる口臭は、コーヒーのにおいがします。 アルコールによる口臭は、アルコールのにおいがします。 コーヒーやアルコールが原因となる口臭は、におえば分かります。 しかし、口臭とはいえ、魚の血生臭いにおいに心当たりがあれば、食べ物以外が原因である可能性があります。 歯茎を見てみましょう。 歯ではなく、歯茎です。 歯茎が赤く腫れているなら「歯肉炎」や「歯槽膿漏」の可能性が考えられます。 年齢を重ねると、歯茎が痩せます。 歯と歯茎の間に、隙間ができやすくなります。 そこに食べ物の食べかすがたまって発酵すると、周辺の歯茎が炎症を起こしてしまうのです。 歯の土台である歯茎が炎症を起こすと、歯茎から膿が出てきます。 膿からは「メチルカプタン」と呼ばれるガスを排出して、ひどい口臭になるのです。 単に「くさい」というレベルではなく、魚の血生臭いにおいが特徴です。 一般的には、40代以上の人によく見られる症状ですが、若い人にも見られることがあります。 歯の磨き方が悪ければ、年齢にかかわらず、歯茎に炎症を起こしやすくなるのです。 歯を磨くとき、単に歯だけをこするだけでは不十分です。 歯の生え際から、きちんと磨くようにしましょう。 その上で、定期的に歯科検診を受ければ、事前に予防できます。 歯肉炎や歯槽膿漏ではないか、チェックする。

9
★2

いくら歯を磨いても口臭がするなら、内臓疾患を疑う。

口臭対策は、実行だけして、終わりではありません。 歯磨きが終わった後「息がきれいになっているだろう」と思い込みはありませんか。 実行した後、効果があることをもう一度確かめることが大切です。 歯磨きの後に、念のため、自分の息の状態を再確認してみましょう。 もしかしたら、まだにおい続けているかもしれません。 歯をきれいに磨いても口臭が続くなら、まず疑うべきは、食事内容です。 ニンニク、ネギ、タマネギなど、においやすい食べ物を食べた心当たりはありませんか。 もし、食べ物も心当たりがないなら、残る可能性はただ1つ。 内臓疾患です。 口臭の原因は、必ずしも口の中とは限りません。 内臓の異常による異臭が、口から出ていると考えていいでしょう。 胃潰瘍や胃炎になると、臓器から出てくる異臭が口を通して出てきて、においやすくなるのです。 糖尿病、慢性肝炎など、代謝系の不具合がよく見られます。 体の内側ですから、見た目だけでは分かりません。 この場合は、歯科ではなく、内科になります。 内科の病院に行って、内臓に異常がないか、きちんと診てもらうことをおすすめします。 場合によっては、何らかの異常がかなり進行している可能性もあります。 「時間があるとき」と思わず、気づいたらすぐ診てもらうようにしましょう。 いくら歯を磨いても口臭が収まらないなら、内科の病院で内臓を診てもらう。

10
★3

だ液の役割は、消化を促すだけではない。
口臭を抑える効果もある。

口は、噛む動作を繰り返すと、だ液が分泌されるようになります。 だ液の1日の分泌量は、1~1.5リットルといわれています。 だ液に味はありません。 においも、色もありません。 水のようですが、大切な役割があります。 小学生のころ、理科の勉強で「だ液の働き」について、勉強したのを覚えていますか。 だ液の働きを思い出してみましょう。 だ液の主な作用とは、食べたものの消化を助けたり、口の中を潤して飲み込みやすくしたりすることです。 だ液に含まれる「アミラーゼ」という酵素には、でんぷんの分解を促す働きがあるのです。 噛めば噛むほど消化が促されるため、健康的です。 これが、一般的なだ液の役割です。 しかし、これだけではないのです。 実は、小学生の理科の教科書にも載っていない、意外なだ液の役割があります。 口臭を抑える作用です。 だ液の中には、口臭を抑える消臭物質が含まれています。 噛めば噛むほど、口の中のにおいが抑えられるのです。 普段から、口のにおいを抑えるなら、食事をするときによく噛むことが大切です。 単に消化が促されるだけでなく、口臭を抑えることができるのです。 食べるときはよく噛んで、口の中のにおいを抑える。

11
★4

食後の眠気と口臭は、ガム1つで、解決できる。

口臭対策は、食後の歯磨きです。 歯を磨くことで、歯にたまっている食べかすが取り除かれ、きれいになります。 歯磨き粉の成分によって、口の中のにおいもすっきりします。 食後にきちんと歯を磨けば、大きな口臭にはならないのです。 しかし、うっかり歯磨きを忘れていたり、歯磨きができなかったりする状況もあります。 そういうときは、ガムを噛みましょう。 だ液には、口の中のにおいを抑える消臭作用があります。 たくさん噛めば噛むほど、だ液が分泌されるため、口の中のにおいが抑えられます。 私もよくガムを噛みます。 実は今も、ガムを噛みながら執筆しているところです。 ガムを噛んでいると、頭の回転もよくなるので、いろいろとアイデアが浮かんできます。 ガムを噛むことで、食後の眠気を抑える効果もありますから、昼食後にうってつけと言えるでしょう。 口臭が予防できたり、眠気を吹き飛ばしたり、仕事がはかどったりする効果があるのです。 食後の眠気対策と口臭対策に、ガムを噛む。

12
★3

ガムを噛むとき「キシリトール」がキーワード。

ガムを噛むなら、ガムの種類にもポイントがあります。 できるだけ糖類が含まれていない「シュガーレスのガム」がおすすめです。 砂糖が多く含まれていると、糖分が歯垢に変わり、口臭の原因になります。 ガムにはさまざまな種類がありますが、最もおすすめなのは「キシリトール」です。 キシリトールは、虫歯予防に効果があります。 砂糖と同じ甘みにもかかわらず、カロリーがおよそ75パーセントで少なめです。 にもかかわらず、砂糖とは違い、歯垢を作りません。 歯を溶かす酸も生成しないのです。 キシリトールのガムを噛むと、歯垢をつくらずにだ液の分泌が促されます。 だ液に含まれるカルシウムが、歯の再石化を促して、虫歯の発生を抑えます。 歯垢をつくらずにだ液の分泌を促すため、口臭対策にも効果的です。 ただし一度に摂取しすぎると、一時的におなかが緩くなる場合もあるので、量と頻度には注意しましょう。 キシリトールのガムを噛んで、だ液の分泌を促す。

13
★5

奥歯には、だ液の分泌を促すスイッチがある。

近々、ガムを噛む機会があれば、次のような比較実験をしてほしいです。 ガムを前歯だけで噛む場合と、奥歯だけで噛む場合を比べてみましょう。 もちろんどちらもだ液は分泌されますが、分泌量が違うはずです。 奥歯で噛むほうが、だ液がたっぷり分泌されることでしょう。 なぜかというと、奥歯には、だ液の分泌を促すスイッチがあるからです。 奥歯を使うほど、顎をよく使っている刺激を脳に伝えることができます。 脳は「硬いものが口の中に入ってきたぞ。柔らかくするためにたくさんだ液を分泌させないといけない」と判断します。 その結果、だ液の分泌量が増えるのです。 このポイントを利用して、ガムを噛むときは、できるだけ奥歯で噛むようにしましょう。 少し大げさに顎を動かして奥歯で噛むと、口の中で水たまりができるほど、だ液がよく分泌されます。 食事をするときにも、奥歯をしっかり使って噛み砕きましょう。 消化にもいいです。 だ液もよく分泌されるのです。 奥歯で、ガムを噛む。

14
★0

きちんと口を閉じてガムを噛む人からは、配慮と知性が、感じられる。

ある日のことです。 職場で、ガムを噛みながら仕事をしている人がいました。 別にそれはいいのです。 噛む人からは、熱意が感じられます。 一生懸命に頭を働かせようとする前向きな姿勢が感じられます。 ガムを噛むことは、口臭対策や、眠気覚ましであり、虫歯予防でもあります。 食後に襲ってくる眠気に流されるままうたた寝するくらいなら、ガムを噛んで、効率を上げたほうが効果的です。 ガムを噛んでいる人は、しっかり者です。 ガムを噛んでいるから、しっかりしているのかもしれませんね。 しかし、その人は、ただ1つだけ、残念な点がありました。 口を開けながら、ガムを噛んでいるのです。 「くちゃ、くちゃ、くちゃ」 ささいな音ですが、噛む音が気になって仕方ありません。 口の中が見えるので、上品さに欠けるのです。 口を開けながらガムを噛むと、だらしなく見えます。 ささいな違いですが、雰囲気がまったく変わります。 ガムを噛むときには、きちんと口を閉じた状態で噛むようにしましょう。 もぐもぐと噛むほうが、周りへの配慮が感じられ、知性的に見えるのです。 きちんと口を閉じて、ガムを噛む。

15
★3

ガムを噛んでいるのに、だ液が分泌されない意外な理由とは。

だ液は、1日におよそ500から1,500ミリリットル、分泌されています。 ビールびん、2本分です。 量が多いと感じませんか。 だ液には、口臭を抑える大切な役割があります。 だ液の分泌が減ってしまうと、口臭がひどくなるのです。 そういうときこそ、ガムです。 ガムを噛むことで、だ液の分泌を促せます。 顎の筋肉を使うため、ストレス解消にも効果があります。 しかし、ガムを噛んでいるにもかかわらず、なかなかだ液が分泌されないことがあります。 基本的なことが抜けているのかもしれません。 水分不足です。 だ液のもとになる水がなければ、だ液を作ることはできません。 汗は「体温調整」という生死に関わる役目があるため、水分不足の影響はあまり受けませんが、だ液は影響します。 体が水分不足に陥ると、だ液の量が減ってしまうのです。 口臭対策の1つは、こまめな水分補給です。 できれば、1日に1.5リットルは飲みたいところです。 喉が渇いてから水を飲むのではなく、喉が渇く前に水を飲みましょう。 十分に水分を取ることで、だ液の分泌も活発になります。 口臭が抑えられるのです。 1日に1.5リットル以上の水分を、取る。

16
★3

よく話す人は、口臭になりにくい。

口臭に悩む人が、ふと思い浮かべる、単純な解決策があります。 「口臭の悩みは、黙ってさえいればいいのではないか」という発想です。 たしかに考え方としては間違っていません。 無口になっていれば、口から息を吐くことがないです。 次に、こう思うのです。 「口臭が気になるから黙っていよう。黙っていれば、口臭で迷惑をかけることもないだろう」 こう考えて、できるだけ無口でいようとするのです。 口臭の悩みは一件落着、と言いたいところですが、そうではありません。 むしろ、これは逆効果です。 無口になると、口臭は余計にひどくなります。 黙ってばかりで口を動かさないでいると、だ液の分泌が少なくなるからです。 口臭はだ液の量が減ると、どんどん強くなります。 寝起きの口がくさいのは、睡眠中に口を動かさないからです。 口を動かさないとだ液の分泌が少なくなり、口の中のにおいが強くなるのです。 口臭を抑えるなら、できるだけおしゃべりになるほうがいいのです。 おしゃべりな人のほうが、口臭になりにくくなります。 よく話して口を動かすことで、だ液の分泌が促されるからです。 もちろん周りの迷惑を考えずに話してばかりではいけませんが、無理をしてまで、無口になる必要はありません。 周りの人との適度なコミュニケーションは、口臭だけでなく、人間関係の悩みも小さくしてくれるのです。 よく話して口を動かし、口臭を抑える。

17
★6

口の体操は、口臭予防に効果がある。

無口な人ほど、口がくさくなりやすいのは本当です。 黙ってばかりで口を動かさないでいると、だ液の分泌が減って、口臭が強くなるのです。 適度に話すことで口を動かして、だ液の分泌を促すことが大切です。 おしゃべりな人ほど、口臭が小さくなるのです。 しかし、現実問題として、いつも話してばかりではいられません。 単なるおしゃべりは、口臭で嫌われなくても、うるさいことで嫌われるかもしれませんね。 無口でも、口臭を抑える方法はないのでしょうか。 実はあるのです。 こういうときにおすすめなのが「口の体操」です。 たとえば、ガムを噛んでいるかのように、歯を上下に噛み合わせてみましょう。 ガムを噛んでいるふりです。 噛み合わせているうちに、だ液がじわりじわりと出てくるはずです。 口の中で、舌をぐるぐるとかき回してみるのも、いい方法です。 目立たず、こっそりしてみましょう。 口の体操をすることで、意図的にだ液の分泌を促すことができ、口臭を抑えることができるのです。 ばかばかしいと思わず、ぜひ一度やってみましょう。 いつでもどこでも、自分でマウスウォッシュができるのです。 無口のときは、口の体操をして、だ液の分泌を促す。

18
★5

口を動かすことなく、だ液の分泌を促す方法。

だ液には、口臭を抑える消臭効果があります。 たとえば、ガムを噛むと、だ液の分泌が促されるので、口臭が抑えられるのです。 また、ガムがなくても、歯を上下に噛み合わせたり、口の中で舌を動かしたりする方法も効果的です。 しかし、口をもぞもぞ動かすのが、恥ずかしい場面もあります。 デート中、口をもぞもぞさせるのも「何をしているの?」と思われ、不自然に見られるでしょう。 大事な会議で口を動かしていると、ガムを噛んでいるのと間違われたり、別のことを考えていたりなど、誤解されるかもしれません。 口を動かさずに、だ液の分泌を促す裏技があります。 酸っぱいものを想像すればいいのです。 単にレモンを食べたり、梅干しを食べたりしているところだけでは、まだ甘いです。 思いきって大胆に、酸っぱさを感じているところを想像してしまいましょう。 たとえば、塩を振りかけたレモンを梅干しと一緒に食べ、さらにお酢を飲んでいる自分を想像しましょう。 かなり無理のあるシチュエーションですが、想像だからいいのです。 これくらい酸っぱいものを想像すれば、かなりだ液が出てくるはずです。 私も今書きながら、口の中がじわりじわりとしてきました。 「そんなふざけたシチュエーションはない」と思いながら、口の中はびしょびしょです。 単純な方法ですが、効果があります。 だ液を分泌する方法として、時と場合に応じて、ご活用ください。 口を動かさずにだ液の分泌を促すときは、酸っぱいものを想像する。

19
★4

口のにおいがするのは、口で呼吸をするから。

私は実家で、クッピーという名前の犬を飼っています。 クッピーとじゃれ合っているとき、ときどき口のにおいが気になることがあります。 「虫歯なのかな」と、歯を除いてみますが、その様子はありません。 もともと犬は、口で呼吸するのが基本なので、口のにおいがしやすいのです。 特にクッピーがドッグフードを食べた後は、においやすいと感じます。 歯と歯の間に詰まっている食べかすなどから、においがぷんぷん出ています。 これは、犬ばかりではありません。 人間でも、犬のように口で呼吸をすると、息がにおいやすくなります。 口で呼吸すると、口の中のにおいが外に出て、口臭へと変わるのです。 口で呼吸すると、口の中が乾いてしまいます。 だ液には消臭効果があります。 口が渇いてしまうと、だ液がにおいを消してくれなくなるため、においが強くなってしまうのです。 口をぼうっと開けているのは、だらしないように見え、外見としてもスマートとは言えません。 犬のようです。 周りの人からは、口がくさいだけでなく「犬みたいな人だ」と思われることでしょう。 口呼吸より、鼻呼吸です。 口を閉じて鼻から呼吸すれば、空気が口を通過しないので、口臭が抑えられます。 また鼻の毛が、空気中のごみやちりを取り除いてくれるので、免疫力も向上するのです。 あなたはいかがでしょうか。 今、この記事を読んでいるあなたは、口呼吸ですか。 鼻呼吸ですか。 しっかり口は閉じて、呼吸は鼻でしましょう。 呼吸は、口ではなく、鼻でする。

20
★5

口が寂しくなったとき、何に手を差し出すか。
それが問題だ。

口の中が汚れるのは、食事だけとは限りません。 見落としがちなのは、飲み物です。 食後、口が寂しいので、飲み物へ手が伸びることがあります。 「食後だけど、何かを口にしていないと、落ち着かないなあ」 特にストレスが多いときは、心のわだかまりを紛らすため、無意識にそうした行為に出ることがあります。 ストレスが多いときほど、タバコを吸ったり飲み物を飲んだりなど、何かを口に入れたくなるのです。 水を飲んだりガムを噛んだりするならいいのですが、タバコやソフトドリンクには注意が必要です。 タバコなら、口からニコチンのにおいが漂いやすくなります。 タバコに含まれるニコチンやタールは、健康に害を及ぼします。 ソフトドリンクには、糖分がたっぷり含まれています。 食後にせっかく歯を磨いても、ソフトドリンクによって歯が汚れるのです。 ソフトドリンクに含まれた糖分がだ液と混ざると、歯垢が発生し、口臭の原因にもなるのです。 たとえば、コーラ1本には、30グラム以上もの砂糖が含まれています。 これは、人の片手1杯分の砂糖にあたります。 すごい量です。 仕事中にソフトドリンクを2本も3本も飲めば、普通に食事をするより多いカロリーを取ってしまいます。 もちろん大量の砂糖で、口の中はねばねばするでしょう。 飲み物は、頻繁に口にすればするほど、歯垢が発生しやすくなります。 口の中の環境が悪くなり、口臭が漂いやすくなるのです。 まったく飲まないのは難しいですが、飲む量を減らすことならできるのではないでしょうか。 口が寂しいときは飲み物より、ガムを噛みましょう。 顎を動かすことで、いらいらを吹き飛ばしましょう。 カロリー摂取を抑えられ、健康的です。 だ液の分泌が促され、口臭予防にも効果的なのです。 口が寂しくなったとき、何に手を差し出すか。 それが問題なのです。 口が寂しくなったときは、タバコやソフトドリンクではなく、ガムを噛む。

21
★5

口臭の原因になる飲み物もあれば、口臭を予防する飲み物もある。

ソフトドリンクを飲むと、吐く息が臭います。 たっぷり含まれる糖分によって歯垢ができて、口の環境が悪化するのです。 コーヒーやお酒などには、飲み物そのものに、においがあります。 たとえ糖分が含まれていなくても、飲んだ後、口の中がにおいやすくなるのです。 「それなら水しか飲めないじゃないか」と思いますよね。 いいえ、違います。 すべての飲み物が、においの原因になるとは限りません。 においの原因になる飲み物もある一方、においを消す飲み物もあります。 お茶なのです。 お茶の渋み成分である「カテキン」や「フラボノイド」には、大変強力な消臭効果があります。 中国料理では、お茶は食後に出るのが一般的です。 ウーロン茶やジャスミン茶などです。 食後のお茶は「食後の一服」や「脂肪の分解」という意味だけでなく「口臭予防」の意味もあります。 食後のお茶によってお互いの口臭を抑えられることで、食後の会話を弾みやすくさせるのです。 「なぜお茶は食後に出るのか」という理由が分かると、深い歴史と先人の知恵に驚かされます。 食後の飲み物の選択は自由ではありますが、口臭予防なら、お茶に勝る飲み物はありません。 食後はお茶を飲む習慣によって、吐く息がすっきりするのです。 口臭対策として、食後に飲み物を飲むなら、お茶にする。

22
★2

ストレスと口臭には、意外なつながりがある。

ストレスと口臭。 一見、関係ないように思えますが、つながりがあります。 ストレスの多い生活を送っていると、口の中がにおいやすくなります。 だ液そのものには、口臭を抑える消臭作用があります。 ストレスがかかると、だ液の分泌量が減り、口の中がにおいやすくなるのです。 映画館で激しいアクションシーンを見ていると、喉が渇いた経験はありませんか。 人間は、強い精神的抑圧を感じると、緊張によって体が硬直し、口の中が乾燥しやすくなります。 激しいアクション映画を上映する映画館ほど、飲み物がよく売れます。 ストレスによる悪影響は、これだけではありません。 ストレスによってだ液の分泌が少なくなると、虫歯にもなりやすくなります。 だ液は、弱アルカリ性です。 食事をすると、一時的に口の中が酸性に傾きますが、大量のだ液も分泌されるため、うまい具合に中和されます。 しかし、ストレスによってだ液が少なくなると、口の中のペーハーが酸性に傾いたままになります。 歯が溶けやすい状態のため、虫歯が発生しやすくなります。 虫歯が増えれば、口臭はさらにひどくなる、という悪循環です。 ストレスは、口臭を悪化させる悪循環の始まりなのです。 現代社会は、ストレス社会とも呼ばれます。 適度なストレスは、人間にいい刺激を与えますが、過度になると、かえってダメージになります。 仕事の進め方を工夫して、できるだけストレスが小さくなるようにしてみましょう。 ストレスとの付き合い方を考えることで、口臭を抑えられるのです。 ストレスが小さくなるように、仕事の進め方を工夫する。

23
★3

いい香りがするコーヒーも、口臭の原因の1つになる。

コーヒー豆には、消臭効果があるのをご存知ですか。 「コーヒー」ではなく「コーヒー豆」です。 煎ったコーヒー豆の表面をよく見ると、小さな穴がたくさん開いていることが分かります。 ここの穴からにおいの成分が吸収され、消臭効果を生むのです。 驚くべきことに、消臭効果があるのは、コーヒー豆だけではありません。 使い終わったコーヒーの残りかすにも、消臭効果があります。 余った残りかすを乾燥させて布の袋に入れると、消臭剤になります。 靴の中、げた箱、トイレに置いておくと、においをきれいに取ってくれるのです。 コーヒー豆の再利用にもなり、エコですね。 では、肝心のコーヒーそのものは、どうなのでしょうか。 たしかにひいたばかりのコーヒーは、豆の香ばしい香りがします。 しかし、コーヒー豆や残りかすに消臭効果があるとはいえ、コーヒーそのものは、口臭の原因になります。 コーヒーを飲んだとき、コーヒー豆の小さな微粒子が、舌の上に残ります。 すると、口の中のペーハーが酸性に傾き、だ液の分泌が減ってしまうのです。 さらに砂糖やミルクを入れると、状況はもっと悪くなります。 砂糖やミルクを入れると、歯垢を作る原因になり、口臭は余計に悪化するのです。 ブレークタイムに楽しむコーヒーも、量や頻度は、ほどほどにしておきましょう。 口臭を予防するなら、コーヒーは控えめにする。

24
★5

どうせコーヒーを飲むなら、ブラックが一番。

他人と話をしているとき、相手の口からコーヒーのにおいを感じることがあります。 私は毎日コーヒーを飲んでいるので、コーヒーの口臭は、ぴんときます。 「飲んだコーヒーはモカだね」と、頭の中で考えることがあります。 まあ、面白半分ですが、気晴らしです。 ちなみに今も、ひいたばかりのコーヒーを飲みながら書いています。 私にとってコーヒーは、ガソリンのようなものです。 自慢ではありませんが、相手が飲んでいるコーヒーが、ブラックなのかどうか、かぎ分けることができます。 別に難しいことではありません。 においの質が違うのです。 ブラックのコーヒーの場合、口臭とはいえ、まだ許せる口臭です。 純粋に、コーヒーのひいた香りが、そのままに近い状態で漂ってきます。 普通の人はこれでもNGかもしれませんが、私はコーヒーが好きなので「まあいいか」と思えます。 もちろんいい香りとは言えませんが、まだ許せるのです。 しかし、そんな私でも、コーヒーと砂糖の混ざったにおいは、苦手です。 においのきつさが違います。 砂糖が口の中に入ると、口の中で歯垢が発生します。 この歯垢から、独特の異臭が発生するのです。 コーヒーに含まれるコーヒー豆の粒子が、歯垢からの異臭と混ざると、泣く子も黙るほどの口臭になります。 好みの問題もありますが、コーヒーを飲むなら、できるだけ砂糖なしのブラックで飲むのがいいでしょう。 純粋なコーヒーの渋みがよく伝わり、コーヒーそのものを味わいやすくなります。 コーヒーを飲んだ後の口臭も、違うのです。 コーヒーを飲むなら、できるだけブラックにする。

25
★5

コーヒーと水は、相性がいい。

コーヒーも、口臭の原因になります。 コーヒーの苦みが口の中に残ったままになると、吐く息もくさくなります。 私はコーヒーが好きなので、コーヒーだけはやめられません。 コーヒーは、私にとってガソリンのようなものです。 では、口臭対策はどうしているのかというと、水を使っています。 私がコーヒーを飲むとき、よく水を用意しています。 コーヒーショップでコーヒーを注文するときも、水をよく一緒にいただきます。 コーヒーと水は、相性がいいです。 コーヒーを飲んだ後、水を含ませると2つのメリットがあります。 「水分補給」と「口臭防止」です。 水を口に含ませると、口の中がきれいになり、コーヒーのにおいが抑えられます。 同時に水分も補給できますから、一石二鳥なのです。 もちろん完璧に口臭を抑えられるわけではありませんが、においを抑える効果があります。 コーヒーの苦みが、水によって和らぐ変化が、特に好きです。 気持ちのいい映画を見た後のような余韻が、口の中で再現されるのです。 コーヒーを飲んだ後、水を飲んで、口臭を抑える。

26
★2

フルーツの甘酸っぱい刺激が、だ液の分泌を促す。

食後のデザートにケーキを食べるか、フルーツを食べるか。 あなたはどちらが好みですか。 食後のデザートに何を食べるかで、口臭も変わります。 デザートの好みは人それぞれですが、口臭を抑えるなら、選択肢はただ1つです。 迷わず、フルーツを選びましょう。 ケーキには、たっぷり砂糖が使われています。 食後のデザートとしてケーキを口にすると、たっぷり使われている砂糖が、大量の歯垢へと変わります。 歯垢から異臭が漂い、口臭の原因になるのです。 食後のデザートには、ケーキよりフルーツがおすすめです。 リンゴ、パイナップル、グレープフルーツ、ブドウ、オレンジなどです。 フルーツの甘酸っぱい刺激が、だ液の分泌を促します。 柑橘系のフルーツには、クエン酸が含まれています。 クエン酸は消臭・殺菌効果に優れているため、食後の口をすっきりさせてくれるのです。 食事のデザートには、ケーキより、フルーツを食べる。

27
★2

愛情を伝えるつもりの寝起きのキスは、かえって嫌われることもある。

愛し合っている夫婦なら、寝起きのキスで起こすこともあるでしょう。 愛する人からキスで起こされると、いい1日を始められそうですね。 しかし、愛情を伝えるつもりの寝起きのキスは、かえって嫌われることもあります。 寝起きの口は、くさいにおいがしやすいからです。 寝る前に歯をきれいに磨いているから、寝起きも口も息がすっきりしているだろうと思うのは、早合点です。 睡眠中は、口をまったく動かさないため、だ液の分泌量が低下しています。 だ液の分泌が少なくなると、口の中の殺菌力が低下して、細菌が繁殖します。 睡眠している間に、少しずつ繁殖しているのです。 たとえ寝る前に歯を磨いても、寝起きは、口臭があって当然なのです。 信じられないなら、明日の朝、寝起きに自分の息をにおってみましょう。 寝起きは口の中が乾いていますし、ねばねばしているはずです。 思いのほか、ひどい口臭に自分で驚くはずです。 愛するパートナーのために寝起きのキスをすると、ひどい口臭で嫌われるかもしれません。 キスをするなら、寝起きに歯を磨いたり、マウスウォッシュで口をゆすいだりしてからにしましょう。 朝こそ、口をきれいにする必要があるのです。 寝起きのキスは、口をきれいにしてからにする。

28
★5

朝食を抜くと、かえって口臭は、ひどくなる。

口臭における、単純な発想があります。 「食事を抜けば、口臭も抑えられるだろう」 発想としては分かります。 たとえば、朝食を抜けば、口が汚れませんから、口臭予防につながると思うのも不思議ではありません。 しかし、残念ですが、無意味です。 むしろ朝食を抜けば、かえって口臭がひどくなります。 空腹の状態が続くと、すい臓で作られるすい液が、胃で分解され始めます。 すい液が胃の中で分解される際、独特の異臭が出ます。 胃から出た異臭が、食道を逆流して口へと出やすくなるため、口臭の原因になるのです。 朝は、口臭が最もひどい時間帯です。 睡眠中はだ液の分泌が抑えられているため、朝の口臭がにおいやすいのです。 朝食を抜けば、だ液が少ない状態が続きます。 胃の中からにおいが漂ううえ、だ液の分泌量も減るため、朝はとても口がくさいのです。 だからこそ、きちんと朝食を食べましょう。 朝の食事をよく噛んで食べることで、たっぷりのだ液が分泌され、口臭も抑えられるのです。 もちろん朝食を食べた後も、きちんと歯磨きをしましょう。 朝食を抜くのは、やめる。

29
★4

おなかがすいたときの口臭対策。

朝食を抜くと、かえって口臭はひどくなります。 空腹の状態が続くと、胃の中で分泌されたすい液が分解され、独特の異臭が発生します。 異臭が胃から口へと逆流して、吐く息がくさくなるのです。 しかし、それでも、空腹で我慢しなければいけないこともあります。 おなかがすいているからとはいえ、職場や学校では、我慢することもあるでしょう。 もし、空腹で我慢しなければならないときに、してほしいことがあります。 コップ1杯の水かお茶を飲めばいいのです。 水分が口に含まれることで、口の中をきれいにする効果があります。 お茶なら、カテキンやフラボノイドには殺菌と消臭効果があるため、口臭が抑えられるのです。 胃の中に水分が入ると、すい液が薄まり、胃に発生するガスの発生も抑えることができるのです。 おなかがすいたときは、コップ1杯の水かお茶を、飲む。

30
★4

梅干しの組み合わせには、強力な口臭防止効果がある。

以前、水口家の冷蔵庫を開けると、梅のにおいがするのが定番でした。 冷蔵庫の中に、大量の梅干しが詰め込まれた、一回り大きな箱があったからです。 なぜかというと、祖父と祖母は生前、梅干しを大量に消費していたからです。 いろいろなところで使っていました。 お茶漬けに入れたり、お茶に入れたり、お漬物に加えたりしていました。 さまざまな場面で梅干しを使っていたので、専用の箱が用意されていたのです。 祖父も祖母も「酸っぱい」が口癖でした。 その光景は、今でもよく覚えています。 しかも面白いことに、祖父も祖母も、梅干しを食べた後に残ったタネを、ガムの代わりにします。 硬いタネを、噛んでいるのです。 私にとって、お茶に梅干しを入れたり、ガムの代わりにしたりする様子は、不思議な光景でした。 「なぜ、梅干しをよく食べるのか」と尋ねたところ「健康にいいから」と言っていました。 その言葉のとおり、祖父も祖母も、めったに風邪を引かない人でした。 ほとんど記憶にありません。 私が大人になってから知ったのですが、この梅干しには、秘めたる力があります。 梅干しには、血液を弱アルカリ性にしてくれる働きがあります。 血液が弱酸性になることで、体全身の免疫力が向上します。 梅干しに含まれる「クエン酸」には、口の中に残ったタンパク質を分解する働きがあり、消臭や殺菌の効果があるのです。 昔から、お弁当の白いご飯の真ん中に、梅干しを入れていたのは、殺菌の効果があるからです。 なにより「酸っぱい」という刺激によって、だ液の分泌量が増えるのです。 大量のだ液によって口臭は抑えられるのはもちろん、消化もよく促します。 昔は、梅干しが薬の代わりとして使われていたといわれています。 祖母も祖父も、日頃から梅干しをよく口にしていたので、いつも元気に畑仕事をしていました。 息もすっきりしていました。 梅干しは、さまざまな場面に活用できます。 お茶漬けにも、お茶にも、お漬物にも合います。 食事を組み合わせることで、風味が豊かになることに加え、健康増進や口臭予防にもなるのです。 めったに風邪を引かない祖父と祖母が、梅干しの力を証明してくれています。 いつもの食事に、梅干しを加える。

同じカテゴリーの作品