汗のにおいを抑える
30の対策

8
4

いい汗をかくためには、
トレーニングが必要だ。

いい汗をかくためには、トレーニングが必要だ。 | 汗のにおいを抑える30の対策

汗には「いい汗」と「悪い汗」があります。

いい汗は、水のようにさらっとしていて、においにくい汗のことです。

汗腺の機能が高いので、汗をかいても、汗に含まれるミネラル分が汗腺から再吸収されます。

水のように、汗がさらさらで、においも抑えられます。

しかし、悪い汗は、べたつきとにおいが目立ちます。

汗腺の機能が弱っているので、ミネラルの再吸収がされず、汗がべたつきやすく、においやすくなるのです。

よい汗をかけるかどうかは、汗腺が鍛えられているかどうかです。

汗腺が鍛えられているかどうかは、日頃の習慣です。

だらだらかく汗がいけないのです。

たとえば、暑い夏にもかかわらず、エアコンの効いた部屋ばかりにいると、汗腺の機能は低下します。

外は暑くて、部屋の中は寒い。

1日のうちに、暑い状況と寒い状況が交互にやってくると、体は「今は汗をかくべき瞬間なのかな」と困ってしまいます。

暑いのか寒いのかよくわからない状態が続くと、自律神経と交感神経のスイッチがうまくいかず、体調を崩しやすくなります。

汗腺の機能も低下して、ミネラル分を再吸収する力が低下するのです。

いけないのは、だらだらかく汗です。

汗をかくときには、メリハリが大切です。

汗を流すときには、したたり落ちるくらいたっぷり汗をかきましょう。

たとえば、運動やサウナです。

「今は汗をかくべき時間」をはっきりさせて、しっかり汗をかくほうが、自律神経も汗腺も鍛えられます。

汗腺を鍛えるいいトレーニングになります。

メリハリをつけることで、自律神経と交感神経のスイッチがスムーズになります。

汗腺を鍛えることで、ミネラルの再吸収が行われるので、汗をかいてもにおいにくくなります。

メリハリのある汗をかく習慣があれば、においの小さな汗をかけるようになるのです。

汗のにおいを抑える対策(8)
  • スポーツやサウナで、たっぷり汗を流し、汗腺を鍛える。
朝のシャワーを習慣にするだけで、体臭のほとんどは解決できる。

汗のにおいを抑える30の対策
汗のにおいを抑える30の対策

  1. ある程度の体臭は、誰にでもあるもの。<br>違いがあるのは、体臭に対するエチケット。
    ある程度の体臭は、誰にでもあるもの。
    違いがあるのは、体臭に対するエチケット。
  2. 実は、汗そのものに、においはない。
    実は、汗そのものに、においはない。
  3. 実は「汗かき」という明確な定義はない。
    実は「汗かき」という明確な定義はない。
  4. 人の体から出る汗には2種類ある。<br>エクリン腺とアポクリン腺。
    人の体から出る汗には2種類ある。
    エクリン腺とアポクリン腺。
  5. 汗をかく状況を理解することは、体臭を抑えるポイントを理解すること。
    汗をかく状況を理解することは、体臭を抑えるポイントを理解すること。
  6. 汗には「よい汗」と「悪い汗」がある。
    汗には「よい汗」と「悪い汗」がある。
  7. 汗の種類は、リトマス試験紙で確認できる。
    汗の種類は、リトマス試験紙で確認できる。
  8. いい汗をかくためには、トレーニングが必要だ。
    いい汗をかくためには、トレーニングが必要だ。
  9. 朝のシャワーを習慣にするだけで、体臭のほとんどは解決できる。
    朝のシャワーを習慣にするだけで、体臭のほとんどは解決できる。
  10. 抗菌タイプの下着は、やみつきになるくらい効果がある。
    抗菌タイプの下着は、やみつきになるくらい効果がある。
  11. これというほど汗をかかなくても、汗臭さは目立つもの。
    これというほど汗をかかなくても、汗臭さは目立つもの。
  12. 汗をほったらかす習慣が、体臭の原因になる。
    汗をほったらかす習慣が、体臭の原因になる。
  13. 乾いたハンカチで、汗を拭くと、においは余計に強くなる。
    乾いたハンカチで、汗を拭くと、においは余計に強くなる。
  14. 水を飲む量を減らしても、汗の量は変わらない。
    水を飲む量を減らしても、汗の量は変わらない。
  15. からいものや熱いものを、食べすぎない。
    からいものや熱いものを、食べすぎない。
  16. においやすさには、個人差がある。
    においやすさには、個人差がある。
  17. 服の代えを持っていけば、大量の汗も、怖くない。
    服の代えを持っていけば、大量の汗も、怖くない。
  18. 脱ぎ終わった替えの下着をどうするかが、大切だ。
    脱ぎ終わった替えの下着をどうするかが、大切だ。
  19. においの種類によって、デオドラントを使い分ける。
    においの種類によって、デオドラントを使い分ける。
  20. 制汗スプレーは、使い方を誤れば、逆効果。
    制汗スプレーは、使い方を誤れば、逆効果。
  21. 定期的な半身浴で、汗腺機能を高めよう。
    定期的な半身浴で、汗腺機能を高めよう。
  22. 冷え性と汗かきの、意外なつながり。
    冷え性と汗かきの、意外なつながり。
  23. 汗は、悪者ではない。
    汗は、悪者ではない。
  24. 顔にかく汗を、一時的に汗を止める裏技。
    顔にかく汗を、一時的に汗を止める裏技。
  25. 全身の発汗を抑えるには、首筋を冷やそう。
    全身の発汗を抑えるには、首筋を冷やそう。
  26. 緊張したときほど、まず深呼吸。
    緊張したときほど、まず深呼吸。
  27. デリケートな、においの問題は、誰に話せばいいのか。
    デリケートな、においの問題は、誰に話せばいいのか。
  28. 精神的な汗がひどく目立つなら「体質の問題」より「心の問題」かもしれない。
    精神的な汗がひどく目立つなら「体質の問題」より「心の問題」かもしれない。
  29. 心療内科の先生に、話を聞いてもらうだけで、意味がある。
    心療内科の先生に、話を聞いてもらうだけで、意味がある。
  30. 緊張して汗が止まらないなら、開き直るのが一番。
    緊張して汗が止まらないなら、開き直るのが一番。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION