汗のにおいを抑える
30の対策

6
5

汗には
「よい汗」と
「悪い汗」がある。

汗には「よい汗」と「悪い汗」がある。 | 汗のにおいを抑える30の対策

スポーツをするときにかく汗は、気持ちいいものです。

さほど、におわず、すぐ乾きます。

一方、満員電車の中でかく汗は、じめじめしていて乾きにくく、においやすいものです。

こうした違いを経験したことはありませんか。

この違いのことを、俗に「よい汗」と「悪い汗」といいます。

「え? 汗に種類なんてあるの」と驚く人もいるのではないでしょうか。

よい汗は、蒸発しやすく、においにくいのが特徴です。

悪い汗は、蒸発しにくく、においやすいのが特徴です。

なぜ、こうした違いが生まれるのでしょうか。

その違いの鍵を握るのは、汗に含まれる「ミネラル分」です。

本来、汗の99.5パーセント以上は水分であり、残りはミネラル分です。

体の温度が上がると、体温を低下させるために、汗をかきます。

汗をかくとき、水分と一緒にミネラル分も出ますが、ここで面白い人間の機能があります。

汗と一緒にミネラル分が排出されても、再吸収されるのです。

ミネラルは、体の調整に必要な貴重な資源であるため、排出しても取り戻そうとします。

その結果、水分と塩分だけが残ります。

もともと肌は、菌を殺菌するため弱酸性です。

汗をかいても再吸収の機能によって、肌には水分と塩分だけが残るため、弱酸性を維持できます。

弱酸性の肌を保つことで、汗をかいても菌が繁殖しにくく、においにくくなるのです。

またミネラル分が少ないため、蒸発がしやすくなります。

一方、悪い汗は、ミネラル分を含みます。

悪い汗は、脂っこい食事に偏っていたり、運動不足で汗をかく習慣がなかったりする人が、よくかきます。

肉食で脂肪分が多いうえ、汗をかく習慣がないため、汗腺の機能が弱くなります。

いざ、汗をかくとき、ミネラル分が排出されやすいのです。

再吸収されればいいのですが、大量のミネラルであるため、再吸収が追いつきません。

汗腺の機能も低下しているため、再吸収の力も弱っています。

汗をかいたとき、ミネラル分が残りやすくなります。

残ったミネラル分の影響で、肌がアルカリ性に傾き、肌の殺菌力が低下します。

殺菌力が低下すれば、菌の繁殖がどんどん進むため、においやすくもなるのです。

これが、よい汗と悪い汗をかくメカニズムです。

現代人は、悪い汗をかきやすくなったと言われます。

昔に比べて運動量が減り、食の欧米化に伴って油分を多く含んだ食事を口にする機会が増えたからです。

油分を多く含んだ食事は、できるだけ控えます。

その上で、定期的な運動を心がけ、よい汗をかけるようにしましょう。

汗のにおいを抑える対策(6)
  • 悪い汗より、よい汗をかく。
汗の種類は、リトマス試験紙で確認できる。

汗のにおいを抑える30の対策
汗のにおいを抑える30の対策

  1. ある程度の体臭は、誰にでもあるもの。<br>違いがあるのは、体臭に対するエチケット。
    ある程度の体臭は、誰にでもあるもの。
    違いがあるのは、体臭に対するエチケット。
  2. 実は、汗そのものに、においはない。
    実は、汗そのものに、においはない。
  3. 実は「汗かき」という明確な定義はない。
    実は「汗かき」という明確な定義はない。
  4. 人の体から出る汗には2種類ある。<br>エクリン腺とアポクリン腺。
    人の体から出る汗には2種類ある。
    エクリン腺とアポクリン腺。
  5. 汗をかく状況を理解することは、体臭を抑えるポイントを理解すること。
    汗をかく状況を理解することは、体臭を抑えるポイントを理解すること。
  6. 汗には「よい汗」と「悪い汗」がある。
    汗には「よい汗」と「悪い汗」がある。
  7. 汗の種類は、リトマス試験紙で確認できる。
    汗の種類は、リトマス試験紙で確認できる。
  8. いい汗をかくためには、トレーニングが必要だ。
    いい汗をかくためには、トレーニングが必要だ。
  9. 朝のシャワーを習慣にするだけで、体臭のほとんどは解決できる。
    朝のシャワーを習慣にするだけで、体臭のほとんどは解決できる。
  10. 抗菌タイプの下着は、やみつきになるくらい効果がある。
    抗菌タイプの下着は、やみつきになるくらい効果がある。
  11. これというほど汗をかかなくても、汗臭さは目立つもの。
    これというほど汗をかかなくても、汗臭さは目立つもの。
  12. 汗をほったらかす習慣が、体臭の原因になる。
    汗をほったらかす習慣が、体臭の原因になる。
  13. 乾いたハンカチで、汗を拭くと、においは余計に強くなる。
    乾いたハンカチで、汗を拭くと、においは余計に強くなる。
  14. 水を飲む量を減らしても、汗の量は変わらない。
    水を飲む量を減らしても、汗の量は変わらない。
  15. からいものや熱いものを、食べすぎない。
    からいものや熱いものを、食べすぎない。
  16. においやすさには、個人差がある。
    においやすさには、個人差がある。
  17. 服の代えを持っていけば、大量の汗も、怖くない。
    服の代えを持っていけば、大量の汗も、怖くない。
  18. 脱ぎ終わった替えの下着をどうするかが、大切だ。
    脱ぎ終わった替えの下着をどうするかが、大切だ。
  19. においの種類によって、デオドラントを使い分ける。
    においの種類によって、デオドラントを使い分ける。
  20. 制汗スプレーは、使い方を誤れば、逆効果。
    制汗スプレーは、使い方を誤れば、逆効果。
  21. 定期的な半身浴で、汗腺機能を高めよう。
    定期的な半身浴で、汗腺機能を高めよう。
  22. 冷え性と汗かきの、意外なつながり。
    冷え性と汗かきの、意外なつながり。
  23. 汗は、悪者ではない。
    汗は、悪者ではない。
  24. 顔にかく汗を、一時的に汗を止める裏技。
    顔にかく汗を、一時的に汗を止める裏技。
  25. 全身の発汗を抑えるには、首筋を冷やそう。
    全身の発汗を抑えるには、首筋を冷やそう。
  26. 緊張したときほど、まず深呼吸。
    緊張したときほど、まず深呼吸。
  27. デリケートな、においの問題は、誰に話せばいいのか。
    デリケートな、においの問題は、誰に話せばいいのか。
  28. 精神的な汗がひどく目立つなら「体質の問題」より「心の問題」かもしれない。
    精神的な汗がひどく目立つなら「体質の問題」より「心の問題」かもしれない。
  29. 心療内科の先生に、話を聞いてもらうだけで、意味がある。
    心療内科の先生に、話を聞いてもらうだけで、意味がある。
  30. 緊張して汗が止まらないなら、開き直るのが一番。
    緊張して汗が止まらないなら、開き直るのが一番。

同じカテゴリーの作品

3:36

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION