人生の教科書



暮らし
自然に出るあくびは、体からの大切なメッセージ。
緊張・あがり症
あくびの真似をするだけで、緊張がほぐれる。
緊張・あがり症
なぜ緊張したとき、あくびが出るのか。
家族運営
家族とは、鍋料理。
あくが出れば、取り除こう。
健康

物忘れを防止する
30の方法

お気に入り2 読んだ
19

あくびをすると、
頭の回転がよくなる。

あくびをすると、頭の回転がよくなる。 | 物忘れを防止する30の方法

ぼうっとしたときにあくびをすると、頭の回転がよくなります。

あくびに対して、よくない印象を持っている人が多いようですが、実は逆です。

そもそも、あくびは生理現象であることを思い出しましょう。

生理現象とは、体の悪い異変を、正常に戻そうとする生理調整機能のことです。

あくびが出る理由は、脳への酸素が不足しているからです。

酸素が不足する理由は、さまざまです。

睡眠不足だったり、疲れていたり、あるいは何かに集中して呼吸が浅くなっていることなどです。

不足して鈍くなった脳の働きを元に戻そうとするために、生理的にあくびをして息を吸い込み、酸素を取り入れようとします。

したほうがいい。

事実、あくびをした後は、眠気や疲れが軽減され、頭の回転がよくなります。

  • 「でも、わざとあくびをするのは、不自然ではないか」

私も、同じことを考えました。

そこで思いついた方法は「深呼吸」です。

あくびがダメなら、深呼吸をすればいい。

わざとらしいあくびが不自然であるならば、深呼吸なら自然です。

私は勉強をするときに、よく深呼吸をします。

大きく息を吸い込むと、脳の状態が晴れやかになり、勉強も覚えやすくなります。

少なくとも、気分はよくなるはずです。

物覚えをよくするために、まず大きく息を吸い込んでみてはいかがでしょうか。

何かに集中していると、つい呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、酸素が不足して、脳の働きが鈍くなる悪循環です。

その悪循環を断ち切るために、深呼吸をしましょう。

まとめ

物忘れを防止する方法 その19
  • 「積極的なあくび」ではなく
    「積極的な深呼吸」をする。
分かったふりをしない。

もくじ
(物忘れを防止する30の方法)

同じカテゴリーの作品