人生の教科書



睡眠
夜に会った人とは、短いお付き合いになる。
朝に会った人ほど、長いお付き合いになる。
食事マナー
学校の給食は、私たちの食事の原点だ。
人生論
頭がよければ、幸せになれるわけではない。
成功哲学
すでに生活のどこかで、やりたいことをやっている。
恋愛学
愛は、量より質のほうが大切。
勉強法
学校ほど、学びを凝縮させた場所はない。
健康

物忘れを防止する
30の方法

お気に入り0 読んだ
29

2つ持っていれば、
持ち帰り忘れることはない。

2つ持っていれば、持ち帰り忘れることはない。 | 物忘れを防止する30の方法

持参しなければならないとき、うっかり忘れてしまうことがあります。

 

たとえば、教科書です。

教科書を家で使い、学校でも使うので学校へ持参します。

毎日、カバンに教科書を入れて、家と学校とを往復して持ち運ぶのは、面倒ですし、カバンも重くなります。

1教科だけならまだいいでしょう。

 

しかし、5教科くらいになると、本の量も多くなり、かなり重くなります。

よくありがちな「うっかり置いてきたままにしてしまう」ということもあるでしょう。

学校に教科書を置いてきたままにしてしまうと、家で勉強ができなくなります。

家に置いたまま登校すると、学校で勉強ができません。

気をつければいいですが、人間ですから、うっかり忘れることもあります。

こういうときに、絶対に忘れないいい方法があります。

同じ教科書を2冊買って、家と学校の両方に置いておけばいい。

持ち帰り忘れるという失敗は、絶対になくなります。

教科書を持ち帰る必要がなくなるので、カバンが軽くなります。

カバンが軽いだけで、疲れにくくなります。

自分の疲れは、いかにカバンの重さが原因であったか知ることでしょう。

カバンはとても軽くなって疲れにくくなれば、家に帰ってからの勉強が集中しやすくなります。

教科書を2冊買うのがもったいない人は、体力を温存するためにお金を払う、と思ってください。

教科書を2冊買うと、お金もかかりますが、持ち帰り忘れや、体力の温存に貢献できることを考えれば、むしろ安いのです。

まとめ

物忘れを防止する方法 その29
  • 教科書を2冊買って、
    家と学校の両方に置く。
恥ずかしい経験がないと、人間は本当に成長できない。

もくじ
(物忘れを防止する30の方法)

同じカテゴリーの作品