執筆者:水口貴博

物忘れを防止する
30の方法

16
6

コーヒーを飲めば、
脳の働きが活発になる。

コーヒーを飲めば、脳の働きが活発になる。 | 物忘れを防止する30の方法

仕事のできる人を見ると、コーヒーを飲んでいる人をよく見かけます。

もちろん必ずしもその限りではありませんが、その傾向は強いようです。

事実、コーヒーには頭をすっきりさせるカフェインが含まれています。

カフェインには、脳を興奮させる作用があり、だらだらした脳がしゃきっとします。

また、コーヒーの香ばしい香りは、快感神経と呼ばれる「A10神経」を刺激する作用があります。

「A10神経」を刺激すると、神経伝達物質もたくさん分泌され、脳の働きが活発になります。

そんなコーヒーですが、一方で副作用があることも忘れてはなりません。

カフェインには覚醒作用があるため、寝る前に飲んでしまうと、寝つきが悪くなります。

私が学生時代、コーヒーの飲みすぎで、カフェイン中毒になっている友人がいました。

コーヒーを飲まないと、手がぶるぶる震え始めて、逆に勉強に集中できない様子でした。

たしかに濃いコーヒーを何杯か飲んでいると、初めはすっきりしますが、だんだん落ち着かなくなります。

刺激が強すぎて、頭がえすぎて、逆効果になってしまいます。

コーヒーは、お酒と似ている部分を持つようです。

適度さを守れば、まさに「百薬の長」となりますが、過度になると「万病の元」です。

お酒のように適量を守っていれば、適度な効果を期待できます。

私もコーヒー好きの人間として、こうしたコーヒーの長所と短所の両方を認識しています。

そんな私が工夫している、コーヒーの飲み方があるので、ぜひ紹介させてください。

コーヒーにお湯を加え、薄めにするという工夫です。

たとえば、コーヒーショップで注文するときには、いつも「アメリカン」で注文しています。

アメリカンとは、豆の煎り方を浅くし、お湯を加えて、薄くしたコーヒーのことです。

水のようなコーヒーと思えば、イメージが湧きやすいのではないでしょうか。

私が初めて飲んだときの印象は「コーヒーにお湯を加えた」というより「お湯にコーヒーを加えた」という印象でした。

そのくらい薄い味に驚くことでしょう。

しかし、コーヒーとしての成分はきちんと含まれているので、頭はしゃきっとします。

通常のコーヒーより水分が多いので、コーヒーの飲みすぎで起こるいらいらも軽くなります。

もし、通常のコーヒーしかなければ、店員にお水をもらって、自分で加えます。

まさに「自家製アメリカン」です。

コーヒーを愛飲している人ほど、アメリカンはお勧めなのです。

物忘れを防止する方法(16)
  • コーヒーは、アメリカンを注文する。
昔話が多いのは、インプットが足りない証拠。

物忘れを防止する30の方法
物忘れを防止する30の方法

  1. 頭のよさは、生まれつきではない。
    頭のよさは、生まれつきではない。
  2. グループとしてまとめると、覚えやすくなる。
    グループとしてまとめると、覚えやすくなる。
  3. 関連づけると、覚えやすくなる。
    関連づけると、覚えやすくなる。
  4. 人は、7桁以上の数字が苦手。
    人は、7桁以上の数字が苦手。
  5. 読めないと覚えられない。<br>読めるから覚えやすくなる。
    読めないと覚えられない。
    読めるから覚えやすくなる。
  6. 語呂合わせで覚える。
    語呂合わせで覚える。
  7. 歌で覚えると、忘れない。
    歌で覚えると、忘れない。
  8. 覚える前に、好きになることから始める。
    覚える前に、好きになることから始める。
  9. いきなり分厚い本を手にしない。<br>薄い本から手をつける。
    いきなり分厚い本を手にしない。
    薄い本から手をつける。
  10. 言葉の由来を知ると、覚えやすくなる。
    言葉の由来を知ると、覚えやすくなる。
  11. 理解をすると覚えやすくなる。<br>暗記より理解を優先させる。
    理解をすると覚えやすくなる。
    暗記より理解を優先させる。
  12. 物覚えがいい人は、目的を意識する。
    物覚えがいい人は、目的を意識する。
  13. メモ用紙に書いてしまえば、頭で覚える必要はない。
    メモ用紙に書いてしまえば、頭で覚える必要はない。
  14. 異なる科目を勉強すれば、気分転換になる。
    異なる科目を勉強すれば、気分転換になる。
  15. 場所を変えるだけで、集中力が戻ってくる。
    場所を変えるだけで、集中力が戻ってくる。
  16. コーヒーを飲めば、脳の働きが活発になる。
    コーヒーを飲めば、脳の働きが活発になる。
  17. 昔話が多いのは、インプットが足りない証拠。
    昔話が多いのは、インプットが足りない証拠。
  18. あくびをして問題があるのは、生徒ではなく、先生である。
    あくびをして問題があるのは、生徒ではなく、先生である。
  19. あくびをすると、頭の回転がよくなる。
    あくびをすると、頭の回転がよくなる。
  20. わかったふりをしない。
    わかったふりをしない。
  21. 強いストレスは、脳に悪影響を与える。
    強いストレスは、脳に悪影響を与える。
  22. 人に説明をすればするほど、頭がよくなる。
    人に説明をすればするほど、頭がよくなる。
  23. 目をつぶると、記憶に残りやすく、思い出しやすくなる。
    目をつぶると、記憶に残りやすく、思い出しやすくなる。
  24. 書くと、覚えやすくなる。
    書くと、覚えやすくなる。
  25. 第一印象と名前をイメージにして、結びつける。
    第一印象と名前をイメージにして、結びつける。
  26. 教科書の「章」を上手に活用する。
    教科書の「章」を上手に活用する。
  27. わからないところは、読み飛ばしていい。
    わからないところは、読み飛ばしていい。
  28. 知識が豊富になっている将来の自分を想像する。
    知識が豊富になっている将来の自分を想像する。
  29. 2つ持っていれば、持ち帰り忘れることはない。
    2つ持っていれば、持ち帰り忘れることはない。
  30. 恥ずかしい経験がないと、人間は本当に成長できない。
    恥ずかしい経験がないと、人間は本当に成長できない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION