健康

物忘れを防止する
30の方法

読んだ お気に入り2
6

語呂合わせで覚える。

語呂合わせで覚える。 | 物忘れを防止する30の方法

物覚えがいい人は、語呂合わせが得意です。

語呂合わせはかっこ悪いとはいえ、優れた効果があります。

数字の呼び方を、覚える事柄にうまく結びつけると、複雑な内容もすぐ覚えられます。

  • 593年 聖徳太子が摂政になる

→コックさん、太子が政治をする

  • 710年 平城京に遷都

→なんと(南都)きれいな平城京

  • 1853年 ペリー率いる黒船来航

→いやあ、ごみのない、よい国だ

歴史の年号を覚えるときには、このように語呂を使って覚えるのは、受け入れやすく、覚えやすいです。

実際に、歴史上の人物がそうしているところを想像すれば、なお強烈に印象に残ります。

思わず、笑ってしまいますね。

無理やりこじつけたほうが「意外性」ができ、面白い内容になります。

私は昔「あおむけ」と「うつぶせ」をうまく区別できない時期がありました。

どちらが上を向いて、下を向くのかがすぐ区別ができなくて、恥ずかしい思いをしました。

そこで、語呂を使って覚えました。

  • 青い空は、上を向く。だから「あおむけ」
  • 鬱の人は、元気がないから、下を向く。だから「うつぶせ」

私が勝手に考え出したオリジナルの覚え方でした。

 

しかし、この覚え方のおかげで、以後「あおむけ」と「うつぶせ」を間違えることはなくなりました。

ばかばかしいと思える覚え方ほど、侮れません。

あなたもぜひ、面白おかしい語呂を作って、物覚えの達人になりましょう。

まとめ

物忘れを防止する方法 その6
  • 語呂合わせで、覚える。
歌で覚えると、忘れない。

もくじ
物忘れを防止する30の方法
語呂合わせで覚える。 | 物忘れを防止する30の方法

  1. 頭のよさは、生まれつきではない。
  2. グループとしてまとめると、覚えやすくなる。
  3. 関連づけると、覚えやすくなる。
  4. 人は、7桁以上の数字が苦手。
  5. 読めないと覚えられない。
    読めるから覚えやすくなる。
  6. 語呂合わせで覚える。
  7. 歌で覚えると、忘れない。
  8. 覚える前に、好きになることから始める。
  9. いきなり分厚い本を手にしない。
    薄い本から手をつける。
  10. 言葉の由来を知ると、覚えやすくなる。
  11. 理解をすると覚えやすくなる。
    暗記より理解を優先させる。
  12. 物覚えがいい人は、目的を意識する。
  13. メモ用紙に書いてしまえば、頭で覚える必要はない。
  14. 異なる科目を勉強すれば、気分転換になる。
  15. 場所を変えるだけで、集中力が戻ってくる。
  16. コーヒーを飲めば、脳の働きが活発になる。
  17. 昔話が多いのは、インプットが足りない証拠。
  18. あくびをして問題があるのは、生徒ではなく、先生である。
  19. あくびをすると、頭の回転がよくなる。
  20. 分かったふりをしない。
  21. 強いストレスは、脳に悪影響を与える。
  22. 人に説明をすればするほど、頭がよくなる。
  23. 目をつぶると、記憶に残りやすく、思い出しやすくなる。
  24. 書くと、覚えやすくなる。
  25. 第一印象と名前をイメージにして、結びつける。
  26. 教科書の「章」を上手に活用する。
  27. 分からないところは、読み飛ばしていい。
  28. 知識が豊富になっている将来の自分を想像する。
  29. 2つ持っていれば、持ち帰り忘れることはない。
  30. 恥ずかしい経験がないと、人間は本当に成長できない。

同じカテゴリーの作品