健康

物忘れを防止する
30の方法

読んだ お気に入り2
25

第一印象と名前をイメージにして、
結びつける。

第一印象と名前をイメージにして、結びつける。 | 物忘れを防止する30の方法

社会人は、初対面の際、名刺交換は欠かせません。

自分のことを紹介するために、名刺を使って自己紹介をします。

 

しかし、初めての相手は、顔と名前を同時に覚えることが難しいです。

1人と挨拶をするときには、まだいいでしょう。

 

しかし、社会では、一度に5人以上と挨拶することも珍しくありません。

5人以上も同時に挨拶をすると、後からどの顔の人が、どの名前か分からなくなります。

顔は出てきても名前が分からなかったり、名前を知っていても顔が一致しなかったりします。

こんなとき、一発で顔と名前を覚えるいいアイデアがあります。

名前と顔をイメージとして、強烈に結びつける工夫をすればいい。

 

たとえば、石田さんという人と会ったとします。

「顔の大きい人だな」という第一印象だったとします。

顔が大きいので石頭のようであり、その「石頭」に「石田さん」という名前を結びつけます。

顔が大きな石でできている石田さんを想像すると、愉快で面白いため、すぐ覚えられます。

花田さんという名前の人がいたとします。

花田さんの第一印象は「たれ目で優しい顔をしているなあ」と思ったとします。

その第一印象を使って、あなたが勝手に面白いイメージを作ります。

その優しい顔をした花田さんは、実は花が大好きで、たれ目で優しい顔をしながら花畑で遊び回っている姿を想像します。

顔と名前が一致して、すぐ覚えます。

花畑で遊び回っているという異常な光景が、余計に印象強く残ります。

金子さんという、真面目な顔が第一印象の男性と出会ったとします。

真面目な顔なので、お金の計算をしている金子さんを、勝手に想像します。

このようにすれば、顔と名前が一致して、すぐ覚えられます。

自分なりの想像でかまいませんから、一致させるように工夫します。

完全に想像の世界ですが、名前と顔とを一致させる工夫をすれば、人を覚えるのが楽しくなるでしょう。

まとめ

物忘れを防止する方法 その25
  • 第一印象と名前を想像して、結びつける。
教科書の「章」を上手に活用する。

もくじ
物忘れを防止する30の方法
第一印象と名前をイメージにして、結びつける。 | 物忘れを防止する30の方法

  1. 頭のよさは、生まれつきではない。
  2. グループとしてまとめると、覚えやすくなる。
  3. 関連づけると、覚えやすくなる。
  4. 人は、7桁以上の数字が苦手。
  5. 読めないと覚えられない。
    読めるから覚えやすくなる。
  6. 語呂合わせで覚える。
  7. 歌で覚えると、忘れない。
  8. 覚える前に、好きになることから始める。
  9. いきなり分厚い本を手にしない。
    薄い本から手をつける。
  10. 言葉の由来を知ると、覚えやすくなる。
  11. 理解をすると覚えやすくなる。
    暗記より理解を優先させる。
  12. 物覚えがいい人は、目的を意識する。
  13. メモ用紙に書いてしまえば、頭で覚える必要はない。
  14. 異なる科目を勉強すれば、気分転換になる。
  15. 場所を変えるだけで、集中力が戻ってくる。
  16. コーヒーを飲めば、脳の働きが活発になる。
  17. 昔話が多いのは、インプットが足りない証拠。
  18. あくびをして問題があるのは、生徒ではなく、先生である。
  19. あくびをすると、頭の回転がよくなる。
  20. 分かったふりをしない。
  21. 強いストレスは、脳に悪影響を与える。
  22. 人に説明をすればするほど、頭がよくなる。
  23. 目をつぶると、記憶に残りやすく、思い出しやすくなる。
  24. 書くと、覚えやすくなる。
  25. 第一印象と名前をイメージにして、結びつける。
  26. 教科書の「章」を上手に活用する。
  27. 分からないところは、読み飛ばしていい。
  28. 知識が豊富になっている将来の自分を想像する。
  29. 2つ持っていれば、持ち帰り忘れることはない。
  30. 恥ずかしい経験がないと、人間は本当に成長できない。

同じカテゴリーの作品