上手にわかりやすく説明する
30の方法

3
9

鉛筆より、
ボールペンを使うほうがいい。

鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。 | 上手にわかりやすく説明する30の方法

話がわかりにくい人の書く字は、特徴があります。

鉛筆で「薄い字を書く」ということです。

文字を書くときに、間違えたときに消しゴムで消しやすいように、力をあまり入れないで文字を書きます。

いわば「逃げやすくするための準備」です。

頭のどこかで「間違えたらすぐ消して、なかったことにしよう」という考えがあります。

自分の言葉や発言に自信がないので、その心理状態が文字に反映されています。

自分のメッセージに自信がないくらいですから、説明もわかりにくいものです。

間違えたら消せばいいと思っているので、適当な発言をしがちです。

話がわかりにくくなります。

間違えたら、消しゴムで消してなかったことにしようと思っていては、責任のあるメッセージを発言することはできません。

こういう人が自分のメッセージに自信を持つためには、どうすればいいのでしょうか。

鉛筆をやめて、ボールペンを使えばいいのです。

ボールペンを使えば、消しゴムで消すことはできません。

それでいて、力を入れなくても、濃い字を書けます。

自分から発せられるメッセージの一つ一つに責任を持つということです。

消せない文字を書くようになると、書く前に、言葉を考えるようになります。

「この言葉で間違っていないか」

「ほかの表現はないか」

「もっとわかりやすい言葉はないか」

消せない文字を書こうとすると、人間誰しも、責任を感じるようになります。

たわいない一言でさえも、消せない文字となると、頭を回転させて真剣に考えます。

言葉に間違いがないか、慎重になります。

こういう練習をしていると、話のポイントを押さえることができるようになります。

消しゴムで消すことができる鉛筆の字は、尻込みしがちです。

どこかで「逃げ」があります。

逃げられないようにするために、ボールペンで文字を書き、消すことができないようにするのです。

まず、自分の書く文字に責任を持つ練習をしましょう。

鉛筆はやめて、ボールペンで文字を書けばいいのです。

上手にわかりやすく説明する方法(3)
  • 鉛筆はやめて、ボールペンを使って、文字を書く。
小さな声で発言しない。
大きな声で発言する。

上手にわかりやすく説明する30の方法
上手にわかりやすく説明する30の方法

  1. 言葉を短くするだけでいい。
    言葉を短くするだけでいい。
  2. 大切なことから話し始める。<br>足りなければ、後から付け加えればいい。
    大切なことから話し始める。
    足りなければ、後から付け加えればいい。
  3. 鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
    鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
  4. 小さな声で発言しない。<br>大きな声で発言する。
    小さな声で発言しない。
    大きな声で発言する。
  5. 読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
    読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
  6. 本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
    本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
  7. 「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
    「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
  8. 長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
    長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
  9. 「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
    「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
  10. 日記は短いほうが、説明もうまくなる。
    日記は短いほうが、説明もうまくなる。
  11. 社会人になると日記を書く暇すらない。<br>学生時代こそ、日記を書くチャンス。
    社会人になると日記を書く暇すらない。
    学生時代こそ、日記を書くチャンス。
  12. 結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
    結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
  13. じらさない。<br>回りくどい話をしない。
    じらさない。
    回りくどい話をしない。
  14. 否定した説明は、わかりにくい。<br>肯定した説明が、わかりやすい。
    否定した説明は、わかりにくい。
    肯定した説明が、わかりやすい。
  15. 「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。<br>「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
    「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。
    「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
  16. 説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
    説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
  17. 説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
    説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
  18. 「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
    「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
  19. 強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
    強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
  20. 説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。<br>具体的な言葉を使って説明する。
    説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。
    具体的な言葉を使って説明する。
  21. 接続助詞を使わず「。<br>(句点)」を使えばいい。
    接続助詞を使わず「。
    (句点)」を使えばいい。
  22. 固有名詞を、いきなり使わないこと。
    固有名詞を、いきなり使わないこと。
  23. 「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
    「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
  24. 先に結論を、黒板に書く。
    先に結論を、黒板に書く。
  25. 著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
    著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
  26. カタカナ言葉を使いすぎない。
    カタカナ言葉を使いすぎない。
  27. 「あり得ない表現」を使わない。
    「あり得ない表現」を使わない。
  28. 誰もが知っている言葉を使う。<br>専門的な用語は使わない。
    誰もが知っている言葉を使う。
    専門的な用語は使わない。
  29. 落ち着いた話し方は、自信の表れ。
    落ち着いた話し方は、自信の表れ。
  30. 大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。
    大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION