上手にわかりやすく説明する
30の方法

4
15

小さな声で発言しない。
大きな声で発言する。

小さな声で発言しない。大きな声で発言する。 | 上手にわかりやすく説明する30の方法

学校に入学したばかりの小学生は、先生からこう言われます。

「発表するときには小さな声ではいけません。大きな声で発表しましょう」

手を挙げて、みんなの前で発言するときに言われる決まり文句です。

私も小学生のころ、先生からだけでなく、親からも言われました。

幼いころは「教室の奥に座っている人まで声が届くようにするため」という単純な理由だと思っていました。

しかし、自分が社会人となったとき、大きな声で発言する「もう1つの真意」を知ります。

むしろ、この意味のほうが、より重要であることに気づきます。

「自分の発言に責任を持ちなさい」という意味です。

自信がない発言は、小さな声で言葉をごまかせます。

聞こえにくい言葉でとりあえず発言しているふりをして、その場を取り繕います。

しかし、大きな声だと、そうはいきません。

大きな声で発言しようとすると、相手に聞こえやすくなるため、逃げられなくなります。

聞き間違い、いい間違い、言い逃れができなくなります。

逃げない姿勢を作るために「大きな声で発言しなさい」と教えられているのです。

小学生に「逃げてはいけません」と言われても、抽象的で曖昧な説明です。

しかし「大きな声で発言しなさい」と言われると、具体的です。

自分の発言に責任を持つ大切さを、小学生にも実践しやすくわかりやすいように、先生は教えてくれていたのです。

自信のある発言だけでなく、自信がない発言のときにも、大きな声で発言しましょう。

自信がなくても、大きな声で発言することは大切です。

間違っていれば、すぐ反応が返ってくるからです。

「それは違うと思うよ。こうすればいいよ」

間違った発言は反応が返ってくるものですから、自分のためになります。

人のために、自分のためにも、発言するときは大きな声のほうが得をします。

悪いところ、間違っているところをわざわざ指摘してくれるのですから、大きな声で発言したほうが自分の成長のためになるのです。

上手にわかりやすく説明する方法(4)
  • 大きな声で発言する。
読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。

上手にわかりやすく説明する30の方法
上手にわかりやすく説明する30の方法

  1. 言葉を短くするだけでいい。
    言葉を短くするだけでいい。
  2. 大切なことから話し始める。<br>足りなければ、後から付け加えればいい。
    大切なことから話し始める。
    足りなければ、後から付け加えればいい。
  3. 鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
    鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
  4. 小さな声で発言しない。<br>大きな声で発言する。
    小さな声で発言しない。
    大きな声で発言する。
  5. 読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
    読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
  6. 本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
    本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
  7. 「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
    「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
  8. 長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
    長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
  9. 「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
    「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
  10. 日記は短いほうが、説明もうまくなる。
    日記は短いほうが、説明もうまくなる。
  11. 社会人になると日記を書く暇すらない。<br>学生時代こそ、日記を書くチャンス。
    社会人になると日記を書く暇すらない。
    学生時代こそ、日記を書くチャンス。
  12. 結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
    結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
  13. じらさない。<br>回りくどい話をしない。
    じらさない。
    回りくどい話をしない。
  14. 否定した説明は、わかりにくい。<br>肯定した説明が、わかりやすい。
    否定した説明は、わかりにくい。
    肯定した説明が、わかりやすい。
  15. 「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。<br>「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
    「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。
    「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
  16. 説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
    説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
  17. 説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
    説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
  18. 「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
    「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
  19. 強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
    強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
  20. 説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。<br>具体的な言葉を使って説明する。
    説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。
    具体的な言葉を使って説明する。
  21. 接続助詞を使わず「。<br>(句点)」を使えばいい。
    接続助詞を使わず「。
    (句点)」を使えばいい。
  22. 固有名詞を、いきなり使わないこと。
    固有名詞を、いきなり使わないこと。
  23. 「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
    「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
  24. 先に結論を、黒板に書く。
    先に結論を、黒板に書く。
  25. 著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
    著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
  26. カタカナ言葉を使いすぎない。
    カタカナ言葉を使いすぎない。
  27. 「あり得ない表現」を使わない。
    「あり得ない表現」を使わない。
  28. 誰もが知っている言葉を使う。<br>専門的な用語は使わない。
    誰もが知っている言葉を使う。
    専門的な用語は使わない。
  29. 落ち着いた話し方は、自信の表れ。
    落ち着いた話し方は、自信の表れ。
  30. 大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。
    大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。

同じカテゴリーの作品

2:51

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION