会話

説得力を高める
30の方法

  • 説得力があると、
    話を聞いてもらえるようになる。
説得力を高める30の方法

もくじ

説得力があると、話を聞いてもらえるようになる。

説得力があると、話を聞いてもらえるようになる。

人間は、自分の話は聞いてもらいたいけれど、人の話はなかなか聞こうとしません。
「愛されたい。認められたい」という欲求があるからです。
自分の主張はしても、人の主張は聞こうとしないのです。

話の面白さは、話す内容より話し方。

話の面白さは、話す内容より話し方。

私は、多くの読者に読んでもらえるよう、説得力を意識しています。
話す内容より、話し方に気を使っています。
話す内容は、大した問題ではありません。

「事実だけを述べる話し方」より「イメージのできる話し方」。

「事実だけを述べる話し方」より「イメージのできる話し方」。

感動は、事実だけを述べた内容にはありません。
事実だけを述べている話し方は「説明書」です。
間違ってはいませんが、面白くありません。

体験談は、何でも面白い。

体験談は、何でも面白い。

説得力のある話し方を心がけるために、初心者が取り組みやすい方法を紹介します。
「自分の体験談を紹介すること」です。
体験談を話す口調は、説得力のある話し方になっています。

表情は、言葉より語る。

表情は、言葉より語る。

話をするときの表情は大切です。
「表情は、言葉より、語る」と言われます。
表情は、言葉以上にパワーを持つメッセージです。

わかりやすい例を挙げると、説得力が増す。

わかりやすい例を挙げると、説得力が増す。

話をするときに、淡々と事実だけを述べる話し方は、上手な話し方とは言えません。
正しいけれど、説得力がなければ、聞いている人の気持ちをつかむことはできません。
校長先生のつまらない話と同じです。

相手の話を3度受け入れてから、Butで反論。

相手の話を3度受け入れてから、Butで反論。

相手の話を聞いていると「それはちょっと違うな」と思うことがあります。
特に自分の話に自信を持っている人は、当たり前であるかのように話を進めます。
しかし、納得できないあなたは、こう言います。

相手の心に突き刺さる話し方のほうが、メッセージ性は高くなる。

相手の心に突き刺さる話し方のほうが、メッセージ性は高くなる。

私はいつも自分の文章の説得力を上げるために「言い切る」というスタイルで書いています。
自信を持ち言い切った話し方は、説得力が向上する話し方です。
「~します」

説得力のある言葉は、短い。

説得力のある言葉は、短い。

ときどき、話の長い人がいます。
言いたい気持ちが度を越えて、くどくど話を長く続ける人です。
本当に聞いてもらいたい話は、長くてはいけません。

説得力のある人は、経験が豊富な人。

説得力のある人は、経験が豊富な人。

私の職場に、説得力のある話し方をする人がいます。
話の一つ一つに説得力があり、ついうなずいてしまいます。
「なぜだろうか」と振り返ったとき、彼の話の共通点に気づきました。

納得させるために、わかりやすい例を出そう。

納得させるために、わかりやすい例を出そう。

言いたいことをダイレクトに言っても、説得力がないと、弱いメッセージになります。
そのままを口にするのもいいのですが、説得力を加えるためには、もう少し工夫が必要です。
私がいつも行っている説得力を上げるための工夫を紹介しましょう。

あらゆる話に、善も悪もない。
説得しだいの話である。

あらゆる話に、善も悪もない。説得しだいの話である。

私は書けば書くほど、浮き彫りのように気づいてしまうことがあります。
「世の中には、善も悪もない」という事実です。
気づきたくないですが、これだけたくさんの文章を書いていると、気づいてしまいます。

比べると、説得力が生まれる。

比べると、説得力が生まれる。

1本足のやじろべえは、足が1本しかないだけに、不安定です。
転げやすくなります。
しかし、2本足の人間は、左右に足がありますから、2本足で安定しています。

逃げ道があると、逃げたくなくなるのが人間。

逃げ道があると、逃げたくなくなるのが人間。

私が仕事で、部下にお願いするときのことです。
ある仕事のお願いをしたときに、ちょっと苦手そうな顔をするときがあります。
私は直感的に「あまりやりたくないんだな」とわかりますが、おかまいなしに続けていつも言う言葉があります。

精神論で語らない。
方法論で説得する。

精神論で語らない。方法論で説得する。

説得する言葉には「精神論」と「方法論」があります。
精神論で説得する言葉には、次のような語り文句があります。
「もっと頑張ろう」

「ここだけ」「今だけ」限定を設けると説得できる。

「ここだけ」「今だけ」限定を設けると説得できる。

人間は、限定に弱い生き物です。
限定を感じると、焦り始め、行動をしたくなります。
デパートで「今だけ30パーセントオフ」と書いていると「今だけなら買っておこうかな」と思います。

相手を認める表現を使うと、説得ができる。

相手を認める表現を使うと、説得ができる。

「今日、残業してくれない」
こう言われると、誰もが嫌がります。
その気持ちは、よくわかります。

褒められて、悪い気分になる人はいない。

褒められて、悪い気分になる人はいない。

説得力とは「いかに押すのか」ではありません。
「いかに、その気にさせるか」です。
その気にさせるために、まずは相手を褒めちぎって、元気になってもらうことがポイントです。

相手のところへ出向くと、お願いも通りやすくなる。

相手のところへ出向くと、お願いも通りやすくなる。

お願いのポイントは、あなたが相手のところへ出向くことです。
お願いをするからとはいえ、相手を自分のところへ呼び寄せるのでは失礼です。
あなたが相手のところまで、わざわざ出向きます。

説得するときの服装は、重要。

説得するときの服装は、重要。

説得をしているときの、あなたの服装をチェックしましょう。
説得といえば、話術ばかりに気を向けてしまいます。
しかし「話術」だけでなく「外見」も重要なポイントです。

丁寧な言葉を使う人のお願いを、聞きたくなる。

丁寧な言葉を使う人のお願いを、聞きたくなる。

説得させようとするときは、言葉と態度が重要です。
しかし、ときどき、相手にYesを言わせるために、わざと威圧的な言葉を使う人がいます。
「やれ!」

「あなたじゃないといけない!」

「あなたじゃないといけない!」

説得するとは、相手を愛することです。
相手を愛することが、説得することにつながります。
愛のない説得は、単なる自分都合の話です。

お世話をする側に立つから、お世話をされるようになる。

お世話をする側に立つから、お世話をされるようになる。

「ギブ&テイク」という言葉は、よく耳にします。
しかし「テイク&ギブ」という言葉は、不思議と耳にしません。
物事のやりとりの基本は「まず与えてから受け取る」という流れだからです。

元気という燃料で、今日も明るく突っ走る。

元気という燃料で、今日も明るく突っ走る。

私は文章を書くときには、前向きな言葉をたくさん使うようにしています。
元気になるような言葉です。
明るく積極的になる言葉です。

説得させるために、まず自分が元気であるところを見てもらおう。

説得させるために、まず自分が元気であるところを見てもらおう。

あなたが誰かを説得するためには、まずあなたが元気になっておきましょう。
あなたが元気になっていると、そのオーラは必ず相手に伝わります。
元気になっているあなたを見て「同じようになりたい」と思い始めるからです。

大事な話・お願い・説得ほど、直接会うのがベター。

大事な話・お願い・説得ほど、直接会うのがベター。

説得が必要な場面では、謙虚になることが大切です。
偉そうな態度を取らない。
腰を低くしながら丁寧にお願いをするほうが、相手の心を動かしやすくなるため、説得に応じてもらいやすくなります。

説得は、午前10時前にしよう。

説得は、午前10時前にしよう。

私は仕事上、人を説得して、お願いをすることがあります。
もちろん私は説得をする立場なので、十分に相手に気を使って説得をしようと思います。
自分の経験から、午後になってお願いをすると、なかなか説得がしにくくなる法則を感じています。

人の数が説得力に変わる。

人の数が説得力に変わる。

説得とはいえ、相手が自分より年上であったり、身分が高い人であったりする場合があります。
当然ですが、自分より立場の高い人にお願いをしても、断られるケースが多くなります。
そうは言っても、年上の人や身分の高い人を説得しなければならない場合があることでしょう。

相手の目を見ないと、説得ができない。

相手の目を見ないと、説得ができない。

私が以前に、ある人から説得を受けたときのことです。
大きな仕事をするときに、複数のグループを作りました。
1人ではできない内容だったので、グループをいくつか作って、仕事を分けて処理しようと思ったときのことです。

「見つめる」「にらむ」「凝視」は、敵対のサイン。

「見つめる」「にらむ」「凝視」は、敵対のサイン。

説得をするときに、相手の目を見ることは大切です。
しかし、目を見るとはいえ、適度さが必要です。
目を見ることを「見つめる」「にらむ」「凝視」と大げさにする人が、ときどきいます。

同じカテゴリーの作品