上手にわかりやすく説明する
30の方法

12
10

結論から話をすると、
説明がわかりやすくなる。

結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。 | 上手にわかりやすく説明する30の方法

説明が下手な人は、結論を後回しに話す癖があります。

私も、その気持ちがわかります。

大切なことを最初に言うのがもったいないと思い、じらして、最後に言いたくなります。

あとに持ってくればくるほど、重要であるようなアピールができるからです。

結論を最後に持ってくる話し方は、聞いている人が飽き飽きしてしまいます。

結論を待ちくたびれて、あくびをしているときに、小さな声で結論を言うのです。

説明の最後に結論を持ってきてしまうと、聞いている人は疲れ、集中力がなくなっているので、聞き逃してしまいます。

話の途中で、聞くのをやめてしまうかもしれません。

テレビなら「この番組つまらない」と思い、チャンネルを変えてしまっていることでしょう。

あなたは、結論を、話のはじめに言っていますか。

それとも話の最後に言っていますか。

わかりやすい説明をするためには、まず結論から話し始めることが大切です。

最初に結論を話すことで「どんな話が始まるのか」とイメージがしやすくなるため、後に続く説明がわかりやすくなります。

結論を聞いて「つまらなそうだな」と思えば、聞いている人は次の行動に移ることでしょう。

初めに口にした結論で興味がないと思えば、立ち去ってもいい機会を作ってあげることも、説明する人の仕事です。

相手の時間を大切にするためにも、まず結論から話し始める癖をつけるようにしましょう。

私の文章も、常に、結論は文章のはじめに持ってきています。

この文章の結論は、最初にあります「結論から話をすると、説明がわかりやすくなる」という一言です。

結局これが、まとめの一言であり、結論です。

その後に続く言葉は、すべて結論を補足する説明です。

表題を見て「興味ない」と思えば、次の文章に移れます。

しかし「おや、どんな話だろう。興味があるな」と思えば、そのまま文章を読み続けていけます。

読む人、聞く人のことを考えた結果、こうした文章構成にしています。

聞いている人を釘付けにするためにも、まず結論から話すようにすればいいのです。

上手にわかりやすく説明する方法(12)
  • 結論から話をする癖をつける。
じらさない。
回りくどい話をしない。

上手にわかりやすく説明する30の方法
上手にわかりやすく説明する30の方法

  1. 言葉を短くするだけでいい。
    言葉を短くするだけでいい。
  2. 大切なことから話し始める。<br>足りなければ、後から付け加えればいい。
    大切なことから話し始める。
    足りなければ、後から付け加えればいい。
  3. 鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
    鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
  4. 小さな声で発言しない。<br>大きな声で発言する。
    小さな声で発言しない。
    大きな声で発言する。
  5. 読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
    読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
  6. 本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
    本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
  7. 「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
    「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
  8. 長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
    長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
  9. 「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
    「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
  10. 日記は短いほうが、説明もうまくなる。
    日記は短いほうが、説明もうまくなる。
  11. 社会人になると日記を書く暇すらない。<br>学生時代こそ、日記を書くチャンス。
    社会人になると日記を書く暇すらない。
    学生時代こそ、日記を書くチャンス。
  12. 結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
    結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
  13. じらさない。<br>回りくどい話をしない。
    じらさない。
    回りくどい話をしない。
  14. 否定した説明は、わかりにくい。<br>肯定した説明が、わかりやすい。
    否定した説明は、わかりにくい。
    肯定した説明が、わかりやすい。
  15. 「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。<br>「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
    「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。
    「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
  16. 説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
    説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
  17. 説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
    説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
  18. 「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
    「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
  19. 強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
    強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
  20. 説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。<br>具体的な言葉を使って説明する。
    説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。
    具体的な言葉を使って説明する。
  21. 接続助詞を使わず「。<br>(句点)」を使えばいい。
    接続助詞を使わず「。
    (句点)」を使えばいい。
  22. 固有名詞を、いきなり使わないこと。
    固有名詞を、いきなり使わないこと。
  23. 「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
    「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
  24. 先に結論を、黒板に書く。
    先に結論を、黒板に書く。
  25. 著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
    著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
  26. カタカナ言葉を使いすぎない。
    カタカナ言葉を使いすぎない。
  27. 「あり得ない表現」を使わない。
    「あり得ない表現」を使わない。
  28. 誰もが知っている言葉を使う。<br>専門的な用語は使わない。
    誰もが知っている言葉を使う。
    専門的な用語は使わない。
  29. 落ち着いた話し方は、自信の表れ。
    落ち着いた話し方は、自信の表れ。
  30. 大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。
    大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION