上手にわかりやすく説明する
30の方法

26
1

カタカナ言葉を使いすぎない。

カタカナ言葉を使いすぎない。 | 上手にわかりやすく説明する30の方法

外国から入ってきた言葉を、日本語では一般的に「カタカナ」で表記します。

物語を意味する「ストーリー」という単語は、英語の「story」からきています。

携帯を意味する「モバイル」という単語も、英語の「mobile」からきています。

わかりやすい説明を心がけるとき、このカタカナ言葉には要注意です。

使いすぎると、一部の人たちに理解できない場合があるからです。

カタカナ言葉を避ける理由は、以下のとおりです。

  • カタカナ言葉を知らない人は、理解できない
  • 適当に意味を解釈して、理解してしまう場合がある
  • 理解できても、理解度の差が大きい
  • 何だか話が偉そうに聞こえる

たとえば、以下のような説明を聞いて、どのような印象を受けますか。

「今回のトークでは、こうしたシーケンスでストーリーをスローに進めたいと思います」

「このユニークなツールは、タイムマネジメントを必要とするビジネスパーソンにマッチしています」

「モバイルではデフォルト・セッティングのため、ボタン操作の前にはディスプレイもダブルチェックしてください」

外国語に堪能な人なら理解できますが、わからない人は理解できません。

特に外国語が得意な人は、自分の語学力をひけらかそうと、積極的にカタカナ言葉を使いたがります。

そういう人に限って、わかりにくい説明になっている場合があるのです。

わかりやすい説明を心がけるなら、カタカナをできるだけ使わず、ひらがなを使った説明を心がけることです。

「スロー」と言いたくても「ゆっくり」という表現を使います。

「ストーリー」と言わず「物語」という単語を使います。

「シーケンス」は使わず「流れ」という言葉を使います。

「トーク」という言葉も一般的ですが「話」というほうがすっと頭に入ってきます。

もちろん外国の言葉がいけないと言っているわけではありません。

ただ、外国語を知らない人もいるということです。

そういう人のために、使いすぎには気をつけることです。

「わかりやすい説明」をする人は、カタカナ言葉を使いすぎないように気をつけましょう。

上手にわかりやすく説明する方法(26)
  • カタカナ言葉を使いすぎないように、気をつける。
「あり得ない表現」を使わない。

上手にわかりやすく説明する30の方法
上手にわかりやすく説明する30の方法

  1. 言葉を短くするだけでいい。
    言葉を短くするだけでいい。
  2. 大切なことから話し始める。<br>足りなければ、後から付け加えればいい。
    大切なことから話し始める。
    足りなければ、後から付け加えればいい。
  3. 鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
    鉛筆より、ボールペンを使うほうがいい。
  4. 小さな声で発言しない。<br>大きな声で発言する。
    小さな声で発言しない。
    大きな声で発言する。
  5. 読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
    読書の際の線引きで、大切な部分を見抜く練習をする。
  6. 本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
    本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。
  7. 「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
    「箇条書き」を使えば、わかりやすい説明になる。
  8. 長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
    長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。
  9. 「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
    「ですます口調」で言い切ると、わかりやすくなる。
  10. 日記は短いほうが、説明もうまくなる。
    日記は短いほうが、説明もうまくなる。
  11. 社会人になると日記を書く暇すらない。<br>学生時代こそ、日記を書くチャンス。
    社会人になると日記を書く暇すらない。
    学生時代こそ、日記を書くチャンス。
  12. 結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
    結論から話をすると、説明がわかりやすくなる。
  13. じらさない。<br>回りくどい話をしない。
    じらさない。
    回りくどい話をしない。
  14. 否定した説明は、わかりにくい。<br>肯定した説明が、わかりやすい。
    否定した説明は、わかりにくい。
    肯定した説明が、わかりやすい。
  15. 「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。<br>「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
    「してはいけない」で説明すると、元気がなくなる。
    「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
  16. 説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
    説明する側が、要点を強調する工夫を凝らす。
  17. 説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
    説明は、足りないくらいで、ちょうどいい。
  18. 「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
    「順番の流れ」より「気持ちの流れ」で、説明をする。
  19. 強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
    強調言葉を使いすぎるくらいなら、言わないほうがまだいい。
  20. 説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。<br>具体的な言葉を使って説明する。
    説明が上手な人は、抽象的な言葉は使わない。
    具体的な言葉を使って説明する。
  21. 接続助詞を使わず「。<br>(句点)」を使えばいい。
    接続助詞を使わず「。
    (句点)」を使えばいい。
  22. 固有名詞を、いきなり使わないこと。
    固有名詞を、いきなり使わないこと。
  23. 「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
    「要は」という表現は、1つの説明で1回しか使えない表現。
  24. 先に結論を、黒板に書く。
    先に結論を、黒板に書く。
  25. 著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
    著者の体験を交えて話をすると、忘れにくくなる。
  26. カタカナ言葉を使いすぎない。
    カタカナ言葉を使いすぎない。
  27. 「あり得ない表現」を使わない。
    「あり得ない表現」を使わない。
  28. 誰もが知っている言葉を使う。<br>専門的な用語は使わない。
    誰もが知っている言葉を使う。
    専門的な用語は使わない。
  29. 落ち着いた話し方は、自信の表れ。
    落ち着いた話し方は、自信の表れ。
  30. 大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。
    大げさな表現を使って、相手の心を衝動的にさせない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION