公開日:2024年6月9日
執筆者:水口貴博

趣味の素晴らしさに気づく30の言葉

11

こそこそ楽しんでいることこそ、本当の趣味だ。

こそこそ楽しんでいることこそ、本当の趣味だ。 | 趣味の素晴らしさに気づく30の言葉

こそこそ楽しむ趣味もあっていいのです。

むしろこそこそ楽しんでいることこそ、本当の趣味です。

本当の趣味は、人から認められるためにやりません。

あくまで自分の楽しみのためにやります。

そこには純粋な気持ちしかありません。

「人に認められたい」「収入を増やしたい」「人気者になりたい」といった下心はありません。

打算もありません。

「ただ楽しいからやる」

それだけです。

楽しければそれでいいのです。

楽しいだけで、趣味の目的を100パーセント達成できています。

趣味が大成功しているのです。

本当に愛している趣味は「聖域」です。

誰にも邪魔されたくありません。

とやかく言われたくありません。

集中して、全身全霊を傾け、それに触れている1分1秒を大切にしたいと思います。

自分にとって大事なものであり、それがない人生、それができない人生は考えられません。

人に知られると、笑われたり、ばかにされたり、邪魔をされたりするリスクがあります。

不可抗力を招く恐れがあります。

予想できないことが起こる可能性があります。

それでは趣味のペースが乱れるのです。

だからこそ「こそこそ」楽しみます。

こそこそ楽しむほうが、集中しやすくなります。

知られなければ、邪魔されません。

自分のペースを守れるのです。

趣味の世界に入り込めます。

無意識のうちに、趣味はこそこそ楽しむのが一番と思うようになります。

愛している趣味は、心の支えです。

「ほかには何もいらない」「これさえあれば生きていける」「人生の楽しみそのもの」と思えます。

愛している趣味には、時間もお金もたくさん投下できます。

趣味のためなら「時間がかかる」「お金がかかる」ではなく「時間をかける」「お金をかける」という思考になります。

時間やお金を投下できることに、むしろ喜びを感じます。

育てるような気持ちになるので、時間やお金がかかることを前向きに受け入れられるのです。

こそこそ楽しんでいるからといって「中途半端な気持ち」「中途半端な趣味」というわけではありません。

むしろ逆です。

こそこそ楽しんでいるからこそ「本気の気持ち」「本当の趣味」です。

こそこそしているので応援はされません。

応援されなくても続けられるのは、相当好きなことでなければできません。

内発的モチベーションがすこぶる高いということ。

本物の気持ちである証拠なのです。

あなた今、こそこそ楽しんでいることは何ですか。

それこそ本当の趣味です。

心の支え、人生の宝物です。

愛する趣味を大事にしていきましょう。

趣味の素晴らしさに気づく言葉(11)
  • こそこそ楽しんでいる趣味を大切にする。
10年以上続いている趣味があるとき、気づいてほしいこと。

趣味の素晴らしさに気づく30の言葉

  1. 趣味には、立場や年齢差を超える力がある。
  2. 趣味は、意識してするものではなく、無意識にしてしまうもの。
  3. 全力で趣味を楽しむのも素晴らしい。
    のんびり趣味を楽しむのも素晴らしい。
  4. 実益のない趣味は、1つもない。
  5. 趣味は、心の万能薬。
  6. 次々課題が見つかるのは、趣味がレベルアップしている証拠。
  7. 団体だからといって、楽しめるとは限らない。
    個人だからといって、楽しめないわけでもない。
  8. 趣味を聞かれたときは、堂々と答えるのが良い。
    オタク趣味でもサブカル趣味でも、堂々と答えよう。
  9. 趣味があるだけで、幸せなこと。
  10. 趣味を楽しむことは、自分らしく生きることだ。
  11. こそこそ楽しんでいることこそ、本当の趣味だ。
  12. 10年以上続いている趣味があるとき、気づいてほしいこと。
  13. 人の趣味に対して、否定的なことを言っていないか。
  14. 「そんなの趣味じゃない」と否定されても、ひるまない、落ち込まない。
  15. 人は裏切っても、趣味は裏切らない。
  16. 趣味を一生懸命楽しんでいる人は、ぼけない。
    趣味も楽しみもなく、ぼうっとしている人がぼける。
  17. モチベーションが上がらないときは、趣味に打ち込んでいる自分をイメージしよう。
  18. 変化とチャレンジをためらわないことが、趣味上達のコツ。
  19. なぜ趣味の時間を無駄と思ってはいけないのか。
  20. 趣味に飽きることを、ネガティブに捉えない。
  21. 趣味は狂気になってこそ本望。
    狂気になれるのは、才能があるということだ。
  22. 「多芸は無芸」というが、多芸多才の成功者はいる。
  23. 「楽しいけど大変」は素晴らしい。
    「大変だけど楽しい」はもっと素晴らしい。
  24. 自分が楽しいからといって、人に強要するのはよくない。
  25. 趣味の悩みは、誰もが通る登竜門。
  26. 「そんなことやって何の意味があるんですか」という一言ほど、野暮な質問はない。
  27. 趣味の時間を確保するために、残業や休日出勤はできるだけ断ろう。
  28. 趣味で注意したいのは、夜更かし。
  29. 「何も残らない趣味は無駄」というのは大きな誤解だ。
  30. 趣味のために生きているのではない。
    趣味に生かされているのだ。

同じカテゴリーの作品

3:43

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION